三菱UFJ銀行のATM・振込手数料を無料にする方法はスーパー普通預金だけじゃない

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は、メガバンクのなかでシェアNo.1の大手銀行です。メインバンクとして使う人も多くいます。

しかし、三菱UFJ銀行は自社ATMを使っても、ATM時間外手数料がかかる場合があります。コンビニ出金でも、ATM手数料がかかります。振込手数料も、他行宛だと高くつきます。

三菱UFJ銀行のATM手数料・振込手数料を無料にするには、スーパー普通預金(メインバンク プラス)が必要です。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)の使い方から、他の手数料節約テクニックまで、くわしく解説します。

ATMを無料にする方法

主婦

三菱UFJ銀行のATM利用手数料は、以下のとおりです。

■三菱UFJ銀行 自社ATM手数料

三菱UFJ銀行のATM 入金 出金
8:45~21:00 0円 0円
それ以外の時間帯 110円 110円

平日だけでなく土日祝日も、自社ATMを無料で使えます。早朝と夜間のみ、時間外手数料が必要です。

提携先コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、E-net)の手数料は、もう少し高めです。

■三菱UFJ銀行 コンビニATM手数料

コンビニATM 入金 出金
平日8:45~18:00 110円 110円
それ以外の時間帯 220円 220円

1回あたりの手数料は少額ですが、1年で利息以上のATM利用手数料を支払っている人も多くいます。ATM手数料を無料にできれば、大きな節約になります。

今回は、三菱UFJ銀行のATM手数料を無料にする方法を解説します。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)の優遇

メインバンクプラスで手数料無料

三菱UFJ銀行のスーパー普通預金(メインバンク プラス)を使うと、ATM手数料と振込手数料を無料にできます。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)とは、取引状況に応じて、手数料優遇を受けられるサービスです。利用には「三菱UFJダイレクトへの無料登録」が必要です。

すでに三菱UFJダイレクトの初回登録が完了していれば、追加手続きは不要です。

スーパー普通預金(メインバンク プラス)には3つのステージがあります。ステージごとに、優遇特典が異なります。

ホワイトステージ(簡単に到達可能)

以下の条件のうち、いずれか1つを満たせば適用

  • インターネット通帳を利用する
  • 対象クレジットカード利用請求額の引き落としがある
  • 三菱UFJデビットの利用金額の引き落とし
  • 預金残高10万円以上

上記のうち、いずれか1つの条件を満たせばホワイトステージに昇格。

※対象のクレジットカードはDCカード、NICOSカード、MUFGカード

■優遇特典

  • 三菱UFJ銀行の時間外ATM手数料が無料(三菱UFJ銀行ATMをいつでも無料で使える)

■昇格のポイント

紙通帳を普段使わない人は、紙の通帳を廃止してインターネット通帳に切り替えるのがおすすめです。

シルバーステージ(ある程度の取引が必要)

以下の条件のうち、いずれか1つを満たせば適用

  • 給料受取口座に使う(月10万円以上の入金が必要)
  • NISA口座の投信積立を自動振替で継続購入する
  • 対象クレジットカード利用請求額の引き落としがある
  • 預金残高30万円以上
  • (18歳~23歳以下の方限定)三菱UFJダイレクトの初回登録+三菱UFJデビットの利用金額の引き落とし

上記のうち、いずれか1つの条件を満たせばシルバーステージに昇格。

※対象のクレジットカードはDCカード、NICOSカード、MUFGカード(スマート、イニシャル、ゴールド、ゴールドプレステージ、プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、ディズニー・デザイン、スヌーピーカード)、ICクレジットカード・スーパーICカード(クレジットカード機能)のみ

■優遇特典

  • 三菱UFJ銀行ATMの時間外手数料が無料
  • コンビニATM利用手数料が毎月2回無料

■昇格のポイント

三菱UFJ銀行を給与受け取り口座として設定できれば、取引額にかかわらず優遇をキープできます。

プラチナステージ(大きな取引が必要)

以下の条件のうち、いずれか1つを満たせば適用

  • 住宅ローンの借入残高が500万円以上
  • 借入残高500万円以上
  • MUFGプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの利用金額の引き落とし

■優遇特典

  • 三菱UFJ銀行ATMの時間外手数料が無料
  • コンビニATM利用手数料が毎月3回無料
  • 三菱UFJダイレクト経由の他行宛振込手数料が毎月3回無料

■昇格のポイント

プラチナカードは、年会費2万円のクレジットカードです。空港ラウンジやコンシェルジュサービスが利用でき、海外によく行く人に向いています。

ATM相互利用の提携金融機関を利用

イオン銀行ATMで三菱UFJ銀行の手数料が無料

三菱UFJ銀行キャッシュカードを手数料無料で使えるのは、三菱UFJ銀行のATMだけではありません。

ATM相互利用の提携ATMで出金する際も、一部の時間帯で手数料無料です。

特に、イオン銀行ATMを、平日日中は手数料無料で使えるのは便利です。イオン銀行ATMはイオンモールだけでなく、ミニストップや駅構内にもあります。

■平日8:45~18:00は無料

  • 三菱UFJ信託銀行
  • イオン銀行
  • JAバンク
  • 大正銀行

■平日8:00~18:00は無料

  • 十六銀行
  • 愛知銀行
  • 中京銀行
  • 名古屋銀行
  • 百五銀行

上記時間外や休日は、ATM時間外手数料がかかります。時間外手数料は、利用ATMによって異なります。

たとえば、イオン銀行ATMで三菱UFJ銀行キャッシュカードを時間外に使うと、110円の手数料がかかります。

デビットカードの活用

三菱UFJ-VISAデビットでお買い物がお得

ATM手数料の節約には、デビット機能付きキャッシュカードを使う方法もおすすめです。

三菱UFJ銀行のキャッシュカードは、VISAデビットとJCBデビットを付帯できます。どちらもクレジットカードと同じように、実店舗やネット通販でカード決済できます。

後払いのクレジットカードと違い、デビットカードは銀行口座からの即時引き落としです。支払うと、三菱UFJ銀行の口座からすぐに引き落としになります。決済手数料はいっさいかかりません。

日常的に三菱UFJ銀行のデビットカードを使うと、お財布の現金を使わずに済みます。ATMに行く回数が確実に減り、ATM手数料の節約に繋がります。

三菱UFJデビットは、年会費が1,100円かかります。しかし、以下の条件を満たせば、実質年会費無料で使えます。

■三菱UFJデビットの年会費が無料になる条件

  • 初年度年会費無料
  • 15歳(中学生は除く)から23歳まで年会費無料
  • 24歳以降は、年間10万円以上の利用で次年度年会費無料

デビットカードを毎年10万円以上使えば、実質無料で使えます。毎日280円の支払いをすればクリアできます。毎日のランチ代を三菱UFJデビットで支払うなど、日々の買い物に使うのがおすすめです。

2019年7月1日~2020年6月30日までの新規入会者は年会費無料(カード有効期間5年間)
※優遇対象となる入会期間(2019年7月1日~2020年6月30日)や年会費の無料期間(カード有効期間5年間)は継続する可能性があります。
※5年後に年会費が発生する場合は、カード更改事前通知状でお知らせ予定です。

三菱UFJデビットは、利用額に応じたキャッシュバックもあります。現金払いよりお得に買い物できるのも、大きなメリットです。

コンビニATM中心ならネット銀行も検討

主にコンビニATMを利用するなら、ネット銀行への切り替えもおすすめです。

ネット銀行は、コンビニATMが無条件で無料となっているところも多いです。

コンビニATM手数料の節約におすすめなのはソニー銀行です。条件なしで、毎月4回までコンビニATM手数料が無料です。


他のネット銀行も比較するならこちら:
コンビニATMが手数料無料で使えるネット銀行一覧

振込手数料を無料にする方法

三菱UFJ銀行の振込手数料は、同行宛であればかんたんに無料にできます。

他行宛を無料にするには、スーパー普通預金(メインバンク プラス)で大きな取引をする必要があります。

もしくは、ネット銀行「じぶん銀行」を併用すれば、三菱UFJ銀行で大きな取引をしなくても、他行宛振込手数料を無料にできます。

三菱UFJダイレクトから振込

スマホとタブレットを持つ女性

インターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」で振り込めば、同行宛振込手数料が無料です。

他行宛振込手数料も割安になります。三菱UFJ銀行からの振り込みは、スマホから行うのをおすすめします。

■三菱UFJ銀行 振込手数料

振込方法 同行宛振込手数料 他行宛振込手数料
三菱UFJダイレクト 無料 220~330円
ATMでのカード振込 無料~110円 275~440円
ATMでの現金振込 220~440円 440~660円

ATMからの振り込みは、キャッシュカードを使い、三菱UFJ銀行の同一支店宛へ振り込めば無料です。他店宛への振り込みだと、110円の手数料がかかります。

三菱UFJダイレクトなら、三菱UFJ銀行のどの支店宛でも、振込手数料が無料です。

スーパー普通預金プラチナステージに到達

積立

スーパー普通預金(メインバンク プラス)の最高ランク、プラチナステージに到達すると、他行宛振込手数料が月3回無料になります。

しかし、プラチナステージのハードルは高めです。年会費2万円のプラチナカードを持つか、大きなローン契約が必要です。

三菱UFJ銀行住宅ローンの契約中は、無条件でプラチナステージに上がります。マイホーム購入を検討するなら、三菱UFJ銀行の比較もおすすめします。

三菱UFJ銀行住宅ローンの契約は、ネットから行うのをおすすめします。三菱UFJ銀行には「ネット専用住宅ローン」があり、窓口契約よりも金利が低めです。返済時の利息負担を減らせます。

ネットから住宅ローンを契約しても、窓口相談はいつでも利用できます。事前予約すれば、土日祝日も対応してもらえます。

→三菱UFJ銀行住宅ローンの詳細はこちら

じぶん銀行との併用

じぶん銀行

三菱UFJ銀行ユーザーは、じぶん銀行と併用すると、他行宛振込が無料になる方法があります。

じぶん銀行は、三菱UFJ銀行とKDDI(携帯キャリアauの会社)が共同設立したネット銀行です。三菱UFJ銀行への振り込みがいつでも無料など、三菱UFJ銀行との相性は抜群です。

じぶん銀行も三菱UFJ銀行と同じく、ランク制の手数料優遇サービスがあります。「じぶんプラス」といい、ATM手数料は最大で月11回無料、振込手数料は最大で月15回まで無料になります。

5段階ランクのうち、振込手数料が無料になるのは「じぶんプラス3」からです。じぶんプラス3に上がる条件のうち、クリアしやすいのは以下の取引です。

■じぶん銀行 じぶんプラス3に上がる条件の一例(いずれか1つ満たせばOK)

  1. 預金残高50万~100万円未満
  2. 預金残高10~50万円以上、かつ定額自動入金サービスで5万円以上の入金
  3. 預金残高10~50万円以上、クレジットカードなどの口座引き落としがある

預金が50万円以上あれば、それだけで「じぶんプラス3」以上に上がります。10~50万円未満だと、もう一つ取引条件を満たす必要があります。

定額自動入金サービスとは、毎月決まった日に、決まった金額を他行から取り寄せるサービスです。他行からの取り寄せでも、振込手数料はいっさいかかりません。

自動入金サービス

三菱UFJ銀行から毎月5万円をじぶん銀行に取り寄せ、他行宛振込をじぶん銀行から行うようにすれば、他行宛振込手数料がかかりません。

三菱UFJ銀行の口座残高が必要なときは、じぶん銀行からの振込でいつでも資金移動できます。じぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込は、いつでも手数料無料です。

もしくは、クレジットカードや公共料金など、じぶん銀行からの引き落とし(口座振替)でも、じぶんプラス3の取引条件を満たせます。

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。(2019年10月23日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る