FPが教える、手取り16万~20万円・一人暮らし・貯金ゼロの人向け貯蓄テク

一人暮らしの女性イメージ

額面給料が月20万円、手取りにすると月16万円くらいの会社員にとって、貯金の仕方は大きな課題です。

実家暮らしなら、問題なく生活できる収入です。しかし一人暮らしで、ボーナスなしの会社だと、なかなか貯金まで手が回りません。貯金ゼロの人も、実際に多くいます。

貯金が苦手なタイプの人も、無理なく貯金を続けられる方法はあります。手取り16万円から20万円くらいの人が、少しずつでも確実に貯金する方法を、ファイナンシャルプランナー(FP)の立場から解説します。

キーワードは、「頑張らない」です。

実家暮らしだけど貯金が苦手、という人にも役立つと思います。早くから貯金の方法を身につけると、昇給や副業で収入が上がった際も、無理なく続けられます。

無意識に貯まる仕組みがあれば続く

スマホとタブレットを持つ女性

低収入でも貯金を続けるのに必要なのは、無理のない金額で始めることと、「気づいたら貯まっていた」と思える環境を作ることです。

貯金は本来、老後も安心して暮らしたり、趣味などをしたりするための前向きなアクションです。

貯金のために生活を切り詰めすぎると、毎日お金のことで頭がいっぱいになります。心の余裕がなくなり、本末転倒です。

エクセルやノートでの家計簿管理も、そのような作業が好きな人には向いています。しかし、貯金が苦手な人の多くは、家計簿つけに手間をかけたくないと思います。

私も、家計簿が続かないタイプです。レシートを貯めて毎日記録する時間があるなら、ゆっくりお風呂に入ったり、本を読んだり、テレビを見たりしたいと思ってしまいます。

私のような人間も、手間をなくせば貯金はできます。具体的には、以下のようにお金の管理を「自動化」し、貯金の手間を最小限にします。

■頑張らない貯金のために「自動化」するプロセス

  1. 家計簿管理
  2. 給与振込口座からの資金移動

貯金するうえで、自分がどれくらいお金を使っているか把握するのは大事です。ノートと電卓で家計簿をつけなくても、今は全自動で家計簿をつけられます。

給与振込に使っているメインバンクから、貯金のためのお金を別管理するのも、自動化できます。

貯金のために用意したいツール

貯金の自動化に必要なツールは、以下2つだけです。

■自動的にお金が貯まる仕組みをつくるツール

  1. 自動家計簿アプリ
  2. 自動入金サービス対応のネット銀行

給料日前に口座残高がほとんどなくなる人は、給与振込口座と貯蓄用口座を分けると、確実に貯金できます。

銀行口座を分けると、管理の手間がかかります。しかし、口座管理の手間は、自動家計簿アプリでなくせます。

この2つのツールがあれば、全自動で貯金する仕組みを作れます。

自動家計簿アプリ

マネーフォワードができること

自動家計簿アプリとは、銀行口座やクレジットカードを一括管理し、入出金記録をもとに家計簿を自動的に作るサービスです。

まず、自分が持っている銀行口座とカード、利用中のポイント残高(楽天スーパーポイントなど)を、家計簿アプリに登録します。あとは、放置するだけです。

メインバンクへの給与振込、銀行口座間の資金移動、クレジットカードの買い物などを、アプリがすべて記録します。入出金項目ごとのカテゴリ分けも、自動で行います。

月の入出金データをチェックすれば、自分がよくお金を使うカテゴリも一目瞭然です。

▼参考:LINE家計簿の画面
LINE家計簿アプリのグラフ

ただし、銀行口座を登録する場合は、銀行のネットバンキングに登録している必要があります。もしゆうちょ銀行口座を持っていても、ゆうちょダイレクトに申し込まないと、家計簿アプリに登録できません。

ふだんから銀行マイページやアプリで残高チェックをする人は、ネットバンキングにも登録できています。家計簿アプリに対応した銀行なら、登録できます。

ユーザーが多い自動家計簿アプリは、以下4種類です。

■代表的な自動家計簿アプリ

  • マネーフォワードME
  • マネーツリー
  • Zaim
  • LINE家計簿

現金払いの利用が多い人は、マネーフォワードMEかZaimがおすすめです。アプリからレシートを撮影すると、その内容を自動で読み取り、家計簿に反映できます。

マネーフォワード レシート撮影

マネーフォワードMEは、自動家計簿アプリ最大手なので、安心して使えます(→マネーフォワードの詳細はこちら)。

マネーツリーは、マネーフォワードMEと同じくらい高性能です。広告をいっさい表示しないのが個人的に気に入って、使っています。

LINE家計簿は、LINEのメッセージアプリから使えます。機能はシンプルですが、まずは家計簿アプリを試してみたい人におすすめです。

自動入金サービス対応のネット銀行

スマホで貯金

家計簿をつける手間を省いた次は、貯金用口座への資金移動を自動化します。

貯金用の口座におすすめなのは、以下の条件を満たすネット銀行です。

■貯金用口座向けネット銀行の条件

  • 預金金利が高い
  • 定額自動送金サービスを無料で利用できる

定額自動入金サービスとは、他行口座から自行口座へ、毎月決まった日に決まった金額を取り寄せるサービスです。

給与受取口座が三菱UFJ銀行なら、「毎月27日に、1万円を三菱UFJ銀行から出金」という設定ができます。一度設定すれば、あとは毎月自動で資金移動できます。

自動入金サービス

ネット銀行の自動入金サービスは、手数料無料です。本来、他行からの振込は振込手数料がかかります。費用の節約にもなります。

登録できる銀行口座も非常に多く、大手銀行や地方銀行はほぼ網羅しています。ただし、口座名義が同じである必要があります。

さらに効率的に貯金するなら、なるべく預金金利が高い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネット銀行の預金金利は、メガバンクやゆうちょ銀行の何十倍も高めです。店舗を持たずネット専業で運営し、コストを削減しているためです。

自動入金サービスが使える銀行のなかで、特に預金金利が高いのは、イオン銀行です。イオン銀行での取引が増えると、普通預金の金利が定期預金以上に高金利になります。

→イオン銀行の預金についてはこちら

しかし、イオン銀行以上に金利が高いネット銀行もあります。

少額の貯金では、受け取り利息の差は小さめです。けれど預金額が大きくなると、利息の差も大きくなります。

以下の記事で、自動入金サービスがないネット銀行でも、無料で資金移動する方法をまとめています。少しでも利息を増やしたい人はご参照ください。


無料の資金移動方法の解説もあり:
毎月高金利で積立預金する3つの方法

まずは月1万円から始める

人差し指を立てる男性

貯金ゼロの人は、まずは毎月1~2万円の貯金から始めるのをおすすめします。手取り16万円の人なら、月15万円の生活を続けてみます。

手取り16万円で一人暮らしする人は、なるべく節約すれば、月に3万円くらい貯めるのも可能です。しかし、まずは1万円から始めて、様子を見ながら貯金額を上げるほうが安心です。

参考:手取り16万円・一人暮らしで節約する家計モデル例

■大きな節約が難しい出費

  • 家賃:4万円
  • 水道・光熱費:1万円
  • 日用品:2万円

■努力次第で節約しやすい出費

  • 食費:4万円(1日あたり約1,300円)
  • 通信費:1万円
  • 交際費:1万円

合計:月13万円(3万円を貯金に回せる)

ひとまず30万~50万円くらい貯めれば、突然のケガや病気、冠婚葬祭などの急な出費には対応できます。

ケガや病気で医療費がかさんでも、公的な助成金などをうまく利用すれば、月の出費は十分抑えられます。低収入のうちから、無理に医療保険に入る必要はありません。

参考記事:入院費が払えない時、費用負担をなくす方法 お金がない時も大丈夫

短期・中期的な貯金ができてから、老後も見すえた長期的な貯金について考えます。

老後資金の形成は、円貯金以外の方法も取り入れていくべきです。政府が推進する、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)やつみたてNISAは、少額から始めやすくおすすめです。

どちらも、原則途中でお金を引き出さずに運用を続けます。貯金ゼロから始めるにはリスキーですが、ある程度貯金できたらチャレンジしたい資産運用です。

リスクの低い投資信託を選んで運用すれば、銀行預金よりずっと高い利回りでお金を増やせる可能性があります。

どうしても投資が怖い人は、iDeCoで定期預金を運用するのがおすすめです。iDeCoの定期預金は、銀行での定期預金と同じく、元本割れリスクがありません。

iDeCoは月5,000円から積み立てられます。60歳まで引き出せないので、無理のない金額から始めるのをおすすめします。

副業もよいが先に節税を

考える男性

低収入で苦しい生活から脱するために、転職や副業を検討する人もいます。

キャリアアップできる企業へ転職すれば、年収が上がる可能性が高くなります。副業は、空いた時間を使って自分のペースで収入を増やせます。

しかし個人的には、副業を始める前に、税金を減らせないか確認するのをおすすめします。

会社員は、月々の給料から所得税・住民税・社会保険料が天引きされます。さらに銀行預金の利息も、約20%が税金として差し引かれます。これらの税金を少しでも節約できれば、手取り収入を増やせます。

節税と副業を並行して行えば、さらに使えるお金が増えます。手軽な節税なら、毎日食べるお米をふるさと納税で買うところから始めてもよいと思います。

貯金関連コラム

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年10月9日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る