デビットカードはどこの銀行がおすすめ?現金からキャッシュレス決済へ移行する人向け

GMOあおぞらネット銀行デビットカード

徐々にデビットカードのラインナップも充実してきており、最近では多くの銀行が自社のデビットカードを発行しています。

その中でも、管理人が特におすすめしたいデビットカードを、私の勝手なランキングで紹介してみます。

選ぶ上での注意点として見ておきたいのは4つです。

下記のうち、上のものほど選ぶ時の重要度が高いと私は考えます。

■おすすめのデビットカードの選び方

  • VISAデビットカードであること
  • 普段から使っている銀行が発行しているもの
  • 年会費が無料のもの
  • ポイント還元率が高いもの

それぞれの詳細はランキングの後で解説します。

管理人がおすすめしたいデビットカードランキング

早速、上記の基準に基づいて管理人がセレクトした、おすすめデビットカードを6種類ご紹介します。

いずれも世界シェアNo.1のVISAデビットカードです。

1位:楽天銀行デビットカード(Visa)

楽天銀行

  • ポイント還元率1.0%
  • 楽天ポイントが貯まるので楽天ユーザーのメリットが大きい

ネット銀行の口座開設数No.1の楽天銀行は、Visaデビットカードが還元率1.0%と高還元です。

利用金額や取引内容にかかわらず1.0%還元なのは、クレジットカードにも匹敵する高還元です。

「クレジットカードは苦手だけど、高い還元率のデビットカードを使いたい」という人にもおすすめです。楽天カードの審査に落ちた人でも、デビットカードなら審査なしで発行できます。

楽天Visaデビットでたまるポイントは、楽天ポイントです。使えるシーンが多いので、ポイントの使い道に困りにくいのもメリットです。

楽天市場などはもちろん、スマホ決済「楽天ペイ」を使えば実店舗でも1円単位で使えます。

今までは、楽天銀行のVisaデビットは年会費が2,000円以上かかりました。現在は、年会費無料のVisaデビット「ベーシックデビットカード」が選べるようになっています。

楽天銀行デビットカード(Visa) 詳細はこちら

2位:GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

GMOあおぞらネット銀行デビットカード

  • 年会費無料
  • 無条件でキャッシュバック率0.6%
  • 取引に応じてキャッシュバック率0.8~1.5%に引き上げ可能

一番おすすめなのは、GMOインターネットとあおぞら銀行が共同設立した「GMOあおぞらネット銀行」です。

GMOあおぞらネット銀行は、キャッシュカードにVisaデビット機能が標準付帯しています。

Visaデビットの中では珍しい、年会費無料で使えるデビットカードです。

最大のメリットは、標準キャッシュバック率が0.6%と、通常のデビットカードの相場より高いことです。

取引内容に応じた優遇サービス「カスタマーステージ」でステージを上げると、最大還元率は1.5%まで引き上げることも可能です。

また、利用代金に応じた還元は、ポイント還元ではなくキャッシュバック(現金)です。

自分が普段よく使うポイントとの相性を考える必要がないので、誰でも使いやすいです。

他にも、日本国内ではまだ珍しいVisa「タッチ決済」(サインや暗証番号不要で決済可能)に対応し、最新技術も取り入れています。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

3位:あおぞらキャッシュカード・プラス

あおぞら銀行BANK支店キャッシュカード

  • 還元率は0.25~1.0%、利用代金に応じて変わる
  • インターネット支店は預金金利トップクラス

ネット銀行として立ち上がった「GMOあおぞらネット銀行」に対し、実店舗を持つ「あおぞら銀行」もVisaデビットを発行しています。

近くにあおぞら銀行の支店がなくても、「BANK支店」というインターネット支店の口座なら来店なしで開設できます。

その際、満15歳以上の人ならVisaデビット「あおぞらキャッシュカード・プラス」を無料で発行できます。

あおぞらキャッシュカード・プラスは、半年間の利用総額によってキャッシュバック率が0.25~1.0%になります。

スマホの利用代金や光熱費など、定額払いをデビット決済にすれば、安定して高還元率をキープできるのでおすすめです。

さらに、あおぞら銀行BANK支店は普通預金・定期預金の金利が突出して高いというメリットもあります。

記事執筆時点では、普通預金金利は0.2%です。これは、一般的な定期預金の水準を超える好金利です。

デビットカード決済用に普通預金にお金を預けているだけで、メガバンクの数百倍の利息が受け取れます。

あおぞらキャッシュカード・プラスの詳細

4位:JNB Visaデビットカード

ジャパンネット銀行デビットカード

  • ヤフオク!との連携メリットが大きい
  • 年会費が完全無料
  • 1%のキャッシュバックシステムあり

日本初のネット銀行、ジャパンネット銀行も「JNB VISAデビットカード」というデビットカードを発行しています。

年会費無料で、Visaカードが使えるお店ならネットでもコンビニでも使えます。

ジャパンネット銀行が運営するポイントモール「キャッシュバックモール」を経由してネット通販で買い物をすると、利用額の1%のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバックモールには、ビックカメラやセブンネットショッピングなどの大手ショップもあります。

1%の還元率は、他のカードと比較しても非常に大きいです。

ただし、通常ポイント還元率は0.2%と低いので、キャッシュバックモールを使わないとあまりお得感はありません。

JNB Visaデビットカードの詳細はこちら

5位:三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJ-VISAデビット

  • 年間10万円以上使えば年会費無料
  • (2020年7月1日以降は無条件年会費無料)

  • ポイント還元率は0.2%
  • 国内No.1メガバンクという安心感

大手銀行のなかでもVISAデビットに力を入れているのが、三菱UFJ銀行です。赤、黒、白の3つのカードデザインから好きな色が選べます。

年会費は初年度無料、次年度以降は23歳以下の方に限り無料です。

24歳以上は年会費1,100円、年間10万円以上カードを使えば、次年度の年会費が無料でしたが、2020年7月1日以降は無条件で年会費無料になります。

VISAデビットの利用額に応じて、キャッシュバックもあります。通常の還元率は0.2%とそこまで高くありません。しかし、利用状況によって、最大で0.5%のポイント還元が受けられます(2020年7月1日以降は基本キャッシュバック率0.2%で統一)。

メガバンク最大手の、三菱UFJ銀行をメインに使う人は多くいます。メインバンクのデビットカードを使える手軽さは魅力です。

三菱UFJ-VISAデビット 詳しい情報はこちら

6位:りそなVisaデビットカード

りそなVisaデビットカード

  • ポイント還元率0.5%
  • 交換できる他社ポイントが多い
  • 年間10万円利用すれば年会費の元が取れる

りそなVisaデビットカードは、ポイント還元率0.5%の高還元カードです。

通常カードと、JALとの提携カードが選べます。通常カードは年会費無料、JAL提携カードは年会費1,100円がかかります。しかし、年1回以上ショッピング利用すれば、年会費は無料になります。

年会費有料のデビットカードのなかでも、りそな銀行のJAL提携デビットは、年会費が無料になる条件をクリアしやすいです。

通常カードとJAL提携カードは、利用額に応じて帰ってくるポイントが異なります。通常カードは「りそなクラブポイント」という自社ポイント、JAL提携カードはJALマイルが返ってきます。

りそなクラブポイントは、交換先が多いポイントです。ドコモポイントや楽天ポイント、電子マネーのWAONと交換でき、使いみちが多いのがメリットです。

りそなVisaデビットカードについてはこちら

なぜこのような結果になったのか

財布を持つ男性

冒頭でも言いましたが、私が重視しているのは以下の4点です。

■おすすめのデビットカードの選び方

  • VISAデビットカードであること
  • 普段使いできる銀行が発行している
  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高いもの

その理由について解説します。

VISAデビットであること

VISA

現在国内で多くのシェアを占めているのが、VISAデビットです。

MasterCardデビットやJCBデビットも存在はしているものの、Visaブランドの普及率には劣ります。

また、以前からあった「J-デビット」という国内ブランドもありますが、J-Debitはさらに普及率が低いです。

Jデビットは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードなどに付いています。

これらに対して、VISAデビットはVISAマークのお店なら世界中どこでも使えます。

よって、現時点でデビットカードを選ぶなら、VISAが最もおすすめです。

普段使いできる銀行が発行している

通帳を持つ男性

デビットカードは銀行との結びつきが強いので、普段から使う銀行で発行したほうが便利です。

なぜなら、デビットカードは原則として引き落とし口座の変更ができないからです。

例えば、三井住友銀行デビットカードは、三井住友銀行の口座からしか引落ができません。

普段から三井住友銀行を使う機会がない人にとっては、定期的にお金を入金する必要があるので面倒です。

年会費が無料

0円

カードの年会費は、安いに越したことはないです。

ただ、クレジットカードと違ってデビットカードは銀行側が利益を確保しにくいため、年会費を有料にしている銀行も多いのが現状です。

特にVisaブランドのデビットカードは、JCBデビットより年会費が有料のものが多いです。

GMOあおぞらネット銀行とジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行は、年会費いっさいなしでVisaデビットを発行できます。

ポイント還元率が高いもの

ポイント

一部のデビットカードでは、利用額に応じてポイント還元キャッシュバックを行っています。

クレジットカードの場合、ポイント還元率を最重要視する人も多いと思います。

しかし、デビットカードの場合は上記のような理由から、ポイント還元率よりも使いやすさや年会費を重視した方が、結果的に活用できると思います。

メガバンクのりそな銀行も還元率はまずまずですが、年会費がかかってしまうのがネックです。

GMOあおぞらネット銀行は普段使いにもおすすめ

GMOあおぞらネット銀行

おすすめできるVisaデビットカードの条件を多く満たす銀行は、GMOあおぞらネット銀行です。

しかし、GMOあおぞらネット銀行は2018年に始まった新しいネット銀行なので、口座を持っている人はまだ少ないです。

実は、GMOあおぞらネット銀行は普段使いにも貯金用にも、非常におすすめです。

メインバンクが他にある人も、GMOあおぞらネット銀行を貯金用やデビットカード引き落とし用に使って損はありません。

目的別口座サービスもあるので、「貯金用口座」「デビットカード用口座」を分けて管理することも可能です。

預金金利も非常に高いので、メインバンクと分けて貯金をするのにも向いています。

デビットカードの使い方に関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年6月3日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る