あおぞらキャッシュカード・プラス

あおぞら銀行BANK支店キャッシュカード

あおぞら銀行では、Visaデビット機能付きキャッシュカード「あおぞらキャッシュカード・プラス」を発行しています。

最大キャッシュバック率1%という高還元率で、あおぞら銀行ユーザーに評判のカードです。

デビットカードのキャッシュバック率1%とは、Visaデビットの中でもトップクラスの高さです。クレジットカードにも匹敵する還元率ともいえます。

今回は、あおぞらキャッシュカード・プラスのメリットを、最大限に引き出す方法を中心に解説します。

あおぞらキャッシュカード・プラスのメリット

あおぞら銀行キャッシュカード・プラス最大のメリットは、キャッシュバック率の高さです。

世界シェアNo.1のVisaブランドで、国内外で使えるお店が多くあります。

デビットカードは、銀行口座の残高までしか使えません。クレジットカードのように使いすぎる心配もありません。

キャッシュバックで実質の値引きが受けられるうえ、お金の使いすぎを防げます。現金で買い物するよりもお得です。

キャッシュバック率0.25~1.0%という高さ

財布を持つ女性

あおぞらキャッシュカード・プラスは、キャッシュバック率0.25~1.0%の高還元率Visaデビットです。

自社ポイントではなく、純粋な現金還元です。ポイントバックを受けたけれど、使い道に困るようなこともありません。

キャッシュバック率は、利用金額によって変わります。2月・8月の年2回、まとめて普通預金口座への入金になります。

■あおぞらキャッシュカードプラスの還元率

半年の利用代金 毎月の利用額目安 キャッシュバック率
15万円未満 ~2.5万円 0.25%
15~30万円未満 2.5~5万円未満 0.5%
30~60万円未満 5~10万円未満 0.75%
60万円以上 10万円~ 1.0%

キャッシュバック率を1.0%に引き上げるには、半年で60万円以上の支払いが必要です。月に10万円ペースで決済の必要があり、ややハードルは高めです。

公共料金などの固定費をデビット決済にすれば、毎月まとまった支払いができます。

家賃をクレジットカード払いできるなら、あおぞら銀行のVisaデビットも使える可能性が高いです。

■1ヶ月に10万円をデビット決済する例

  • スマホ代:1万円
  • 光熱費:1万円
  • 家賃:5万円
  • 食費:2万円
  • その他の買い物:1万円

※スマホ代は三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のみ利用可能

※光熱費などの公共料金は、PayPal(ペイパル)Yahoo!公金支払いなどのおまとめ支払いが利用可能

半年で60万円のデビット払いが難しくても、毎月2.5万円以上使えば、あおぞらキャッシュカード・プラスの還元率は0.5%になります。デビットカードの中では、十分高いキャッシュバック率です。

デビットカードで買ったものは、すべて実質0.5%値引きになります。現金払いよりもずっとお得です。

ATM手数料を節約できる

スマホを持った男性

デビット決済を中心に支払うと、現金を使う機会が減ります。ATMで現金を引き出す回数も減り、ATM手数料の節約にもなります。

デビットカードの利用代金は、銀行口座から直接引き落しです。現金感覚で利用でき、ATMで現金を引き出さずに済みます。

ATMで現金の入出金が必要なときは、あおぞらキャッシュカード・プラスならゆうちょ銀行ATMを手数料無料で使えます。

ゆうちょ銀行ATMを、無料で使える他行キャッシュカードは珍しいです。あおぞら銀行のメリットの一つです。

ゆうちょATMは全国で約3万台、都心・地方にも幅広く設置しています。

コンビニATMや、その他の銀行ATMでも、あおぞらキャッシュカード・プラスで入出金できます。

セブン銀行ATMは、入金なら手数料無料です。

→あおぞら銀行で使えるATMの詳細はこちら

ネットショッピングにもおすすめ

カードを持つ女性

あおぞらキャッシュカード・プラスは、ネットショッピングで使うのもおすすめです。

デビットカードはネット通販では、クレジットカードと同じ扱いです。Visaカード決済ができる通販サイトなら、原則どこでも使えます。

ネットショップで、銀行振込やコンビニ支払い、代引きなどを使っていた人は、手数料を節約できます。ほとんどのネット通販サイトで、カード決済は手数料無料です。

ネット通販で銀行振込やコンビニ払いを利用すると、支払い完了まで商品が発送されないというデメリットもあります。

カード決済なら、決済完了後すぐに発送手配になります。

クレジットカードをネットで使うのに抵抗感がある人も、デビットカードなら口座残高までしか利用できないので安心です。

振込手数料不要の銀行振込とイメージすると、わかりやすいかもしれません。

あおぞら銀行の口座開設はこちら

海外で現地通貨が引き出せる

旅行中の女性

あおぞらキャッシュカード・プラスは日本国内だけでなく、海外でもVISAマークのお店で支払えます。

Visaは、世界シェアNo.1の国際ブランドです。使えるお店が多く便利です。

さらにVISAマーク(PLUSマーク)のATMで、現地通貨を引き出せるのも、大きなメリットです。

両替やクレジットカードの海外キャッシングより、手数料を低く抑えられます。

あおぞらキャッシュカード・プラスの手数料は、メガバンクなどの他行よりも低めです。

■あおぞらキャッシュカード・プラスを海外で使うときの手数料

  • Visa指定レート+海外事務手数料2.57%
  • ATM手数料:200円+税

自分の円預金を、外貨に替えて引き出せます。「円預金の残高以内で支払う」のは、国内利用時と同じです。

クレジットカードでも、海外ATMで「海外キャッシング」を利用すれば、現地通貨を引き出せます。

キャッシングは、使いすぎリスクがあるうえ、返済時に利息も払う必要があります。

あおぞらキャッシュカード・プラスなら、使いすぎ防止にもなり金利もかかりません。

しかし、ATMで現地通貨を引き出した分はキャッシュバック対象外です。あおぞらキャッシュカード・プラスを海外で使う際は、なるべく「デビット決済」の利用をおすすめします。

海外ショッピングでデビット決済すれば、キャッシュバック対象になります。ATM手数料を節約し、キャッシュバックも受けられ、一石二鳥です。

キャッシュバック率1%に到達していたら、実質の海外事務手数料を、1.57%まで抑えられる計算になります。

欧米圏は、日本よりカード決済が普及しています。あおぞらキャッシュカード・プラスを利用できるシーンも多いと思います。

15歳以上なら審査不要で発行できる

財布を持つ男女

あおぞらキャッシュカードプラスは、審査不要で15歳から利用できます。

デビットカードは、利用代金が銀行口座から即時引き落としで、審査の必要がありません。クレジットカードは後払いで、審査が必要です。

さらに年会費無料なので、今から口座開設するなら、あおぞらキャッシュカード・プラスがおすすめです。

口座開設と同時に申込めば、通常の銀行キャッシュカードと同様に郵送で受け取れます。

Visaブランドのカードがない人は、カード決済が必要なときのために1枚持っておくと便利です。

私自身もVISAブランドのカードを使っていますが、コンビニやスーパーなどほとんどの店舗で使え、不便を感じたことはありません。

セキュリティ対策が厳重

安心

あおぞらキャッシュカード・プラスは、Visaカードのセキュリティ対策もあり安心です。

不正利用を防ぎ、万が一盗難などの被害に遭っても、補償を受けられます。

あおぞらキャッシュカード・プラスのセキュリティ対策
1日の利用限度額を設定できる
「1日1万円まで」など、利用金額を制限し、ムダづかい防止+紛失時の損害を最小限に抑えられます。
Visa認証サービス
ネットショッピングでVisaデビット決済の際、自分で設定した「Visa認証パスワード」を入力します。第三者の不正利用を防ぎます。
セキュリティ対策ソフトを無料配布
「SaAT Netizen」というセキュリティソフトで、あおぞら銀行経由の不正送金などの対策ができます。
Visaタッチ払いに対応
Visaタッチ払い対応のお店では、カードをスキャンせずに、かざすだけで決済可能。スキミング被害に遭うリスクがなくなります。
1日500万円までの不正利用補償
万が一カードの紛失などで不正利用に遭っても、最大1日500万円までの補償があります。

デビットカードを紛失した際、自分に過失がなければ1日500万円までの補償があります。

あおぞらキャッシュカード・プラスは、カードを使うとメール通知が届きます。身に覚えがない決済メールが届いたら、すぐにカスタマーセンターへの連絡をおすすめします。

利用履歴は、あおぞら銀行の「BANKアプリ」からも、いつでもチェックできます。

予防策として、1日の利用限度額を設定するのもおすすめです。

あらかじめ「1日1万円まで」などと設定しておけば、使いすぎる心配がありません。不正利用被害に遭っても、損害額を1日1万円以内に抑えられます。

あおぞらキャッシュカード・プラスの口コミ

口コミ

実際に、あおぞらキャッシュカード・プラスを使う人の口コミも調べてみました。

ツイッターでは、年会費無料という点やキャッシュバック率の高さについての評判が高かったです。

「年会費無料・高い還元率・VISAブランド」という3点がそろうデビットカードを発行する銀行は、意外と少ないです。

JCBブランドのデビットカードは、年会費無料が多いです。あおぞら銀行以外のVISAデビットは、年会費が有料のものが多いです。

メガバンク最大手の三菱UFJ銀行のVISAデビットは、初年度は年会費0円ですが、次年度からは一定の条件を満たさないと、1,000円+税の年会費がかかります。

あおぞらキャッシュカード・プラスは、シェアNo.1のVISAデビットを無料で持てるだけでも、優位性があります。

最高キャッシュバック率も、クレジットカード並みで、優秀なデビットカードです。

結論:Visaデビットとしてかなり優秀

女性

管理人は、あおぞらキャッシュカード・プラスは、隠れた名カードだと感じています。

あおぞらキャッシュカード・プラスは、現金払い中心の人も、手軽にカード決済できるようになります。

キャッシュバックでコツコツと貯金や節約したい人や、海外旅行に行く機会が多い人におすすめです。

あおぞらキャッシュカード・プラスを持つには、あおぞら銀行で口座開設の必要があります。

あおぞら銀行で口座開設する方法は、2通りあります。全国にある実店舗、もしくはネットで手続きします。

おすすめは、ネット完結の「BANK支店」での口座開設です。あおぞらキャッシュカード・プラスを持てるだけでなく、普通預金・定期預金ともに業界No.1の好金利で利用できます。

実店舗で口座開設すると、BANK支店の好金利な預金は利用できません。

あおぞら銀行BANK支店の詳細はこちら

あおぞら銀行の関連記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年8月28日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る