あおぞら銀行BANK支店

あおぞら銀行

「あおぞら銀行BANK支店」は、普通預金と定期預金の金利がトップクラスの高さです。

メガバンクや地銀、一般的なネット銀行と比較しても、突出した好金利を提供しています。

ゆうちょ銀行ATMを手数料無料で利用できるので、全国で入出金ができるメリットもあります。

あおぞら銀行は全国に店舗がありますが、BANK支店はネット取引に特化したインターネット支店です。ネット完結で口座開設ができ、近くにあおぞら銀行の店舗がなくても全国から申し込めます。

あおぞら銀行の実店舗で口座開設すると、BANK支店のメリットは受けられないので注意です。

あおぞら銀行BANK支店 公式サイト

預金金利は業界No.1

あおぞら銀行BANK支店の目玉は、預金金利が飛び抜けて高い点です。

定期預金だけでなく、普通預金も好金利なので、貯蓄用口座に向いています。

普通預金は定期預金並みの好金利

スマホを持った男性

あおぞら銀行BANK支店は、普通預金の金利が業界No.1の好金利です。一般的な銀行の定期預金を上回る金利で、多くの利息を受け取れます。

ネット銀行は、店舗を持たないことで運営コストを抑え、大手銀行や地方銀行よりも高い金利が提供できます。そんなネット銀行の中でも、あおぞら銀行BANK支店の金利はトップクラスです。

あおぞら銀行以外にも、普通預金の金利が高いネット銀行はあります。しかし、条件付きでの金利引き上げが多く、大口取引をしないと金利が上がらないのが主流です。

たとえば、イオン銀行は一定以上の取引をする必要があったり、楽天銀行は証券口座との連携が必要だったりします。

それに対し、あおぞら銀行BANK支店は、口座を持っている人全員が好金利になります。金利引き上げのための条件がなく、わかりやすいです。

あおぞら銀行BANK支店 最新の金利はこちら

定期預金も好金利

好金利

あおぞら銀行BANK支店は普通預金だけでなく、定期預金も高い金利で利用できます。

あおぞら銀行BANK支店 ネット定期の詳細

■預入金額
50万円以上(1円単位)

■預入期間

  • 6ヶ月<単利型>
  • 1年<単利型>
  • 3年<半年複利型
  • 5年<半年複利型

→最新の金利はこちら

普段は普通預金で貯金し、まとまった金額が貯まったら定期預金に移していくのがおすすめです。

しばらく使う予定がないお金なら、「元利自動継続」方式で預け続けるのも可能です。

満期になっても自動的に定期預金を更新するので、利息を増やし続けられます。利用時点で、最も好金利な預入期間を選ぶとよいです。

3年定期と5年定期なら、複利効果で利息を雪だるま式で増やせ、よりお得です。

■定期預金の「複利効果」とは

あおぞらネット定期には、「単利型」と「半年複利型」の2タイプがあります。

3年定期と5年定期は「半年複利型」で、元利自動継続で預け入れ続けると利息が雪だるま式に増えていくのが特徴です。

半年複利型は、半年ごとに元利(元金+利息)に対して利息がプラスされるからです。満期を迎えるごとに、もらえる利息が増えます。

一方、「単利型」では、定期預金の利息が元金(もともと預け入れているお金のみ)を基準に計算します。そのため、満期ごとにもらえる利息は同額です。6ヶ月定期と1年定期は、単利型です。

あおぞらネット定期は預金保護制度(ペイオフ)の対象なので、1,000万円まで元本保証です。

インターネットの支店で定期預金を組むのに不安な人も、万が一あおぞら銀行が破綻しても預金は守られるので安心です。

「貯蓄預金」で積立貯金

積み木とカレンダー

BANK支店限定のサービスのひとつに、「BANK The Savings」という積立貯蓄預金サービスがあります。

BANKアプリでThe Savingsの積立目標額を設定すると、1円から積立預金が始められます。積立貯金に預けたお金は、普通預金からは引き出せません。普通預金と貯蓄貯金を切り分けて、別管理します。

目標達成までは原則解約できないので、お金があると使ってしまうタイプの人におすすめです。

積立ルールが複数選べるので、自分にあう貯金プランを立てやすいです。

The Savingsの積立ルール
デビット積立
あおぞら銀行BANK支店のVisaデビットで決済した金額の、一定割合を積立に回す
毎月定額積立
1円から月々の積立額を設定し、積み立てていく
手動積立
手動で積立金額を設定し、貯蓄預金に回す

普段はデビット積立や毎月定額積立で貯蓄し、お金に余裕ができたら手動積立を追加する、という使い方がおすすめです。

目標金額に達成したら、あおぞら銀行BANK支店の普通預金口座に払い戻されます。

Visaデビットカード還元率が最大1%

あおぞら銀行BANK支店キャッシュカード

あおぞら銀行BANK支店は預金金利だけでなく、デビットカードのキャッシュバック率も高いです。

デビットカードの還元率は、利用代金の最大1%と、クレジットカード並みの高還元です。

あおぞら銀行BANK支店 Visaデビット機能付きキャッシュカードの還元率

キャッシュバック率:0.25~1%

半年間の利用代金 キャッシュバック率
60万円以上 1%
30万~60万円未満 0.75%
15万~30万円未満 0.5%
15万円未満 0.25%

キャッシュバックは年に2回、2月と8月に口座にまとめて振り込まれます。

あおぞらキャッシュカード・プラスのデビット還元率は、半年ごとの合計利用額によって変わります。

還元率1%に到達するには、半年間で60万円以上の利用が条件になります。1ヶ月あたり10万円のデビット決済を行う計算になります。

ショッピングだけで毎月10万円を利用するのは難しいかもしれません。スマホ代金や公共料金など、毎月支払う料金もデビット払いにすれば、到達しやすいです。

デビットカード決済は、銀行口座から利用代金が即時に引き落としされます。後払いのクレジットカードのように使いすぎることがないので、無駄使いを防ぎやすいメリットもあります。

15歳以上なら審査不要で誰でも発行できるので、手軽に始めてみていいと思います。

Visa決済ができるお店なら、原則どこでも支払えます。国内での買い物はもちろん、海外でも利用できるので、1枚もっておくと便利です。

ATMから現金を引き出さなくても口座残高から直接支払いができるので、ATM手数料の節約にもなります。

利便性の高さ

預金金利の高さとデビットカードの還元率が、あおぞら銀行BANK支店の最も際立つメリットです。

他にも、ゆうちょ銀行のATMが無料で使えるなど、日常使いもしやすい銀行です。

ゆうちょ銀行ATMが手数料無料

ゆうちょ銀行ATM

あおぞら銀行BANK支店のキャッシュカードは、ゆうちょ銀行ATMを手数料無料で利用できます。

今まではあおぞら銀行の自社ATMがありましたが、現在は本支店内のATMは全てゆうちょ銀行ATMになっています。

ゆうちょ銀行は都心だけでなく地方にも支店が多く、使えるシーンが多く便利です。

主要なコンビニATMや銀行ATMも使えますが、ATM手数料が必要です。なるべくゆうちょ銀行ATMを使うのがおすすめです。

あおぞら銀行BANK支店 提携ATM

■手数料が完全無料のATM

  • ゆうちょ銀行ATM

■入金・残高照会・暗証番号変更のみ無料

  • セブン銀行

※ATM出金手数料は、平日8~18時は100円+税、それ以外は200円+税が必要

■手数料が有料のATM

  • ローソン銀行
  • イーネットATM(ファミリーマート系列のコンビニATM)
  • 都市銀行
  • 信託銀行
  • 商工中金

ゆうちょ銀行ATMが使えるだけでなく、コンビニATM設置台数No.1のセブン銀行も入金無料です。それだけでも、かなりのエリアをカバーしています。

ゆうちょ銀行ATMは全国で約2万台弱、セブン銀行ATMは約2万5,000台が設置されています。

振込手数料が低い

スマホを持つ男性

あおぞら銀行BANK支店で銀行振込を行う場合は、主にネットバンキングを利用します。スマホから簡単に銀行振込ができるので、銀行窓口やATMに立ち寄る時間がない人にも便利です。

振込手数料も、ATM手数料と同じく低めです。

あおぞら銀行BANK支店 振込手数料
  • あおぞら銀行宛:無料
  • 他行宛:143円+税

メガバンクの振込手数料は、ネットバンキングを利用しても200~400円かかるのが一般的です。ゆうちょ銀行では、ネットバンキングで5万円以上を振り込むと400円+税の振込手数料がかかります。

それらと比べても、あおぞら銀行BANK支店の振込手数料は格安です。

BANKアプリでいつでも残高チェック

スマホを操作する女性

インターネット取引に特化するあおぞら銀行BANK支店では、紙の通帳を発行していません。

利用明細や残高を見る時は、専用アプリ「BANKアプリ」を確認します。預金の残高や、デビットカードの利用明細などをリアルタイムでチェックできます。

紙通帳のように定期的に記帳をする必要がなく、紛失の心配もありません。

ネット定期に預け入れた利息も確認できるので、貯金のモチベーションも上がりやすいと思います。

BANKアプリは、メンテナンス時間などを除いて、原則24時間いつでも閲覧できます。

BANK支店と実店舗支店の違い

比較

あおぞら銀行には、BANK支店だけでなく、実店舗で開設する口座もあります。あおぞら銀行の支店は、東京本店を中心に全国で展開しています。

実店舗のあおぞら銀行は、BANK支店より取り扱っているサービスが多めです。しかし、預金金利はBANK支店のほうが何倍も高いなど、サービス内容に違いがあります。

好金利な定期預金を利用したい場合は、迷わずBANK支店を選ぶことをおすすめします。

■あおぞら銀行 BANK支店と実店舗支店の違い

サービス内容 BANK支店 実店舗支店
普通預金 あり あり
定期預金 あり
※好金利なネット定期
あり※金利は低め
外貨預金 なし あり
仕組預金 なし あり
個人年金保険 なし あり
投資信託 あり あり

実店舗口座では、外貨預金や仕組預金などが利用できます。しかし、商品スペックはやや低めです。

BANK支店は、業界随一の預金金利などのメリットが多くあります。BANK支店を貯蓄用口座として使い、資産運用はソニー銀行などで行うのがおすすめです。

BANK支店の口座開設は、最速1週間程度で可能です。

あおぞら銀行BANK支店 口座開設はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月23日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
ページの先頭へ戻る