起業家必見!会社設立後にやるべき、かんたんな法人口座の作り方

法人口座開設

起業家の方が会社を設立した後に、一番最初にやらなければならないことが「銀行口座の開設」です。しかし、私も苦い経験をしたことがありますが、法人向け銀行口座を作るのは結構大変です。

書類に不備があったり、足りないものがあると何度も手直ししなければならず、法人口座の開設が、会社設立後の忙しい時期に、想像以上の負担になってしまう可能性があります。

そこで、私の経験を元に法人口座を簡単に作る方法をまとめました。

個人的なブログになりますが、こちらの記事も参考にどうぞ。
法人口座・法人クレジットカードの審査を通過するためのアドバイス

ジャパンネット銀行に法人口座を作る

ジャパンネット銀行

個人的に一番手軽でおすすめしたいのが、ジャパンネット銀行の法人口座(ビジネスアカウント)です。

会社設立まもなく、他行に口座を持っていなくても、自社のホームページ(またはネットショップ)があれば作れます

必要書類

ジャパンネット銀行では、任意で補助資料が添付できるので、万が一口座開設の審査に落ちてしまった場合は、個人の納税領収書や電気料金の領収書、他の法人口座の通帳コピーなどを添付してアピールしましょう。

ジャパンネット銀行は自社サイトが必須

ジャパンネット銀行に口座開設する上で、一番重要なのは「自社サイトを持っていること」です。

会社の公式ホームページや、ネットショップのサイトなどを持っている状態でなければ、ジャパンネット銀行に法人口座は開設できません

また、自社サイトはTOPページだけのペラペラのものではなく、それなりにしっかりしているものを作る必要があります。

具体的には、会社概要やプレスリリースページ、プライバシーポリシーやお問い合せページと言った自社サイトのコンテンツを充実させます。

インターネット系の事業を行なっている会社の場合は、会社の公式サイトだけでなく、実際に運営しているサイトやネットショップも合わせて、自社サイトに掲載することが必要です。

詳細については「ジャパンネット銀行 法人口座開設と審査基準」をご覧ください。

住信SBIネット銀行に法人口座を作る

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、口座開設完了までの審査が早かったです。ただ、私が会社設立した時と違い、現在はすでに他の銀行口座に口座を持っていなければ法人口座は作れません

住信SBIネット銀行に法人口座を作ろうと考えている経営者の方は、まず最初にジャパンネット銀行や都市銀行、ゆうちょ銀行などの他の金融機関に法人口座を開設する必要があります。

必要書類

謄本関係と、他の金融機関の法人口座の通帳または取引明細が提出必須です。
主要株主名簿は、私のように一人だけで起業した場合は、簡単に名前だけを記載した株主名簿をエクセルなどで作って送付すればOKです。

さらに

さらに、住信SBIネット銀行では、会社設立後6ヶ月以内の場合は下記の中から1点、追加で書類の提出が必要です。

いずれか1点のみなので、法人設立時に税務署に届け出た「法人設立届出書」のコピーあたりが、一番用意しやすいと思います。

住信SBIネット銀行は、個人向けだけでなく、法人口座でも業界最低水準の振込手数料を提供しているので、会社設立当初で経費を抑えたい時にもおすすめです。

詳細については「住信SBIネット銀行法人口座が中小企業の経営者に支持される3つの理由」をご覧ください。

都市銀行・ゆうちょ銀行に法人口座を作る

ゆうちょ銀行

最近は、法人口座のメインバンクにネット銀行を使う会社も増えてきました。

しかし、社会保険等、一部の公的料金の引落に対応していないデメリットもあるので、都市銀行または地銀、ゆうちょ銀行への口座開設もしておいたほうが無難です。

私は三菱東京UFJ銀行とゆうちょ銀行に法人口座を作りました。
三菱東京UFJ銀行は審査が厳しく時間がかかりましたが、ゆうちょ銀行は書類さえ提出できれば、比較的口座開設までのスピードは早かったと記憶しています。

都市銀行

私は三菱東京UFJ銀行に口座を作りました。
他の金融機関はどうなのかわからないのですが、審査は厳しく口座開設までに時間がかかります

手早く法人口座を作りたい場合は、ジャパンネット銀行ゆうちょ銀行への口座開設を優先することをおすすめします。

また、大手3メガバンクはいずれも、口座開設・維持費用は無料ですが、インターネットバンキングを使う場合、毎月2,000円(年間24,000円)+税が必要です。

※三菱東京UFJ銀行の法人向けネットバンキング「BizSTATION」のみ月額1,600円+税に引き下げられました。

都市銀行に法人口座を開設する時の注意点は2つ。

■会社の最寄りの支店で口座開設すること
会社の所在地から離れている支店に申し込んでも口座開設できず、断られます。

■求められた書類は全部提出すること
登記簿謄本や印鑑証明書といった基本的な書類はすべて提出します。
しかし、その後も審査の過程で後からいろいろな書類の提出を追加で求められます

私が当初会社を作ったばかりだったからという可能性もありますが、後から「あれ持ってきてください、これ持ってきてください」と言われるので、何度も銀行に足を運ぶことになり、法人口座開設までに結構時間がかかります。

これは、大手の金融機関なのである意味仕方がないことなのでしょう。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、書類の用意が大変ですが、書類さえキッチリ出せば比較的審査は早く、すぐに法人口座開設ができます。

また、ネット銀行と同様にインターネットバンキングの利用も無料なので、意外と使い勝手は良いです。

必要書類は6点。

の5点に加えて、設立後6か月以内の法人は追加で次の書類のいずれか1点が必要です。

住信SBIネット銀行の提出書類に「ご来店者と法人の関係を証する書類(社員証等)」を加えただけです。

社員証などがない場合は名刺か、もしくは何もなくても良かったと思います。

一番手軽なのはジャパンネット銀行

すでにネットショップを持っている会社や、ホームページを作ることができるのであれば、ジャパンネット銀行の法人口座が一番手軽に申し込めると思います。

ホームページやネットショップを用意するのが難しい場合は、最初に「ゆうちょ銀行」へ口座開設するのが楽だと思います。

ゆうちょ銀行に口座開設できれば、用意した書類をそのまま使って、流れで「ゆうちょ銀行 → 住信SBIネット銀行」とスムーズに2つの銀行口座が作れると思います。

お答えできるかどうかわかりませんが、もしわからないことがあれば、Twitterでつぶやいておりますので、お気軽にご質問ください。(私のTwitterアカウントは@yuya_qです(^_^)

イオンカードセレクト