私がイオン銀行の定期預金の金利に満足しないたった1つのワケ

定期預金

銀行預金を効率的に運用する方法として、最も代表的なのは定期預金です。

総じてネット銀行は、大手銀行よりも定期預金の利率が高いです。

イオン銀行も例外ではなく、ネット銀行ならではの利率で定期預金を提供しています。

しかし、私はイオン銀行の定期預金金利に満足していません。

特に3年以下の短期定期は、あまりおすすめできません。

イオン銀行で短期定期預金を組むくらいなら、イオン銀行Myステージで優遇金利の「普通預金」を使うほうが、利子が多くもらえます。

私がイオン銀行の定期預金をすすめない理由と、普通預金の優遇金利の方がおすすめする理由を説明します。

3年以上の定期預金には強いが…

イオン銀行の店舗

イオン銀行は、3年以上の長期の定期預金に力を入れています。

イオン銀行では、

  • スーパー定期(300万円未満)
  • スーパー定期300(300万円以上)
  • 大口定期(3,000万円未満)
  • 大口定期(3,000万円以上)

と、4段階に利率が分かれています。

小口から大口まで、幅広い層に高い金利を提供しているのが、イオン銀行の特徴です。

しかし、3年以下の短期定期預金には力を入れていません。

特に1年ものや3ヶ月もののような短期の定期では、他のネット銀行よりも利率が劣ります。

イオン銀行Myステージの金利が優秀

イオン銀行Myステージ2019

一方、イオン銀行は「普通」預金金利には強みがあります。

通常の普通預金金利はそこまで高くありませんが、イオン銀行Myステージというランク制優遇サービスで金利を大幅に引き上げることができます。

■イオン銀行Myステージとは

イオン銀行Myステージとは、月々の取引内容に応じて普通預金金利・ATM手数料・振込手数料の優遇が受けられるサービスです。

取引内容に応じてスコアがたまる仕組みで、スコアの点数に応じて4段階のステージ(ランク)が決まります。

スコアを多く貯めた人ほどランクが高くなり、金利や手数料が優遇されます。

■イオン銀行Myステージ 優遇内容

ステージ 他行ATM手数料 他行宛振込手数料 普通金利(年)
プラチナ
(スコア150点~)
月5回無料 月5回無料 0.150%
ゴールド
(スコア100点~)
月3回無料 月3回無料 0.100%
シルバー
(スコア50点~)
月2回無料 月1回無料 0.050%
ブロンズ
(スコア20点~)
月1回無料 0.030%
なし
(スコア20点未満)
店頭金利

特に、普通預金の金利優遇は非常に大きなメリットです。

イオン銀行Myステージでランクを上げれば、普通預金金利が0.030%0.150%になります。

シルバーステージまでは、かんたんに到達できます。

最高ランクのプラチナステージになるのは大変ですが、ゴールドステージならそこまで大口の取引をしていない人も到達する方法があります。

ゴールドステージになると、普通預金が0.100%という、定期預金並みの高金利で利用できます。

イオン銀行の短期定期預金も上回る金利なので、定期預金に預けるよりお得です。

満期まで解約しない定期預金ではなく、いつでもATMで入出金できる「普通預金」が高金利になるので、お金が必要になったらいつでもお金を引き出せるのもメリットです。

定期預金と普通預金の金利を比較
  • 普通預金(イオン銀行Myステージ優遇金利):0.030%0.150%
  • 1年定期:年0.020%
  • 3年定期:年0.020%
  • 5年定期:年0.020%

※定期預金金利はスーパー定期(300万円未満)の金利

ゴールドステージの到達方法

電卓

イオン銀行Myステージでゴールドステージになるためには、スコアを100点以上にする必要があります。

まず、最初に登録するだけでスコア加算になる下記取引は、押さえておきたいところです。

■契約・登録だけでスコアが加算される取引

  1. イオンカードセレクト・もしくはデビットカードの契約:10点
  2. インターネットバンキング登録:30点
  3. 給与受取:30点
  4. 年金受取:30点

イオンカードセレクトとは、クレジット機能とWAON機能が付いたキャッシュカードです。

イオン銀行で口座を開設する時にイオンカードセレクトを選び、ネットバンキング(スマホから振込などができるようになるマイページ)に申し込んでおくだけで、スコア40点をゲットできます。

さらに、給与か年金の受取口座をイオン銀行に指定できれば、それだけでスコア70点がキープできるようになります。

あとは他の取引で数十点のスコアをかせげば、ゴールドステージになれます。

ちなみに、スコア配点が高い取引は、投資信託などの資産運用ローンです。

たとえば、イオン銀行の投信自動積立、イデコ(個人型確定拠出年金)、外貨普通預金積立をイオン銀行口座で引き落としてていると、それぞれ30点がプラスされます。

また、上記3つの資産運用のうち2つを利用していると、ボーナススコア10点がさらにもらえます。

住宅ローンやカードローンも、借入れ残高が1円でもあれば30点加算です。

たとえば、以下のような取引をすれば、ゴールドステージに到達します。

■ゴールドステージになる取引:資産運用メイン

  • 投信自動積立:30点
  • 投資信託残高1円~100万円:10点
  • 米ドル外貨普通預金積立:30点
  • ボーナススコア:10点
  • インターネットバンキング登録:30点

■ゴールドステージになる取引:住宅ローン契約

  • 住宅ローン残高あり:30点
  • イオンカードセレクト契約:10点
  • インターネットバンキング登録:30点
  • 給与受取:30点

しかし、資産運用やローンを利用しない場合は、少し工夫が必要になります。

イオンのクレジットカードやWAONをよく使う人は、利用金額に応じたスコア加算でスコアが貯まりやすいです。

■ゴールドステージになる取引例:クレジット決済メイン

クレジットカード・WAON決済をよく使う人の場合…

  • イオンカードセレクト契約:10点
  • イオンカード決済 月4万~6万円:30点
  • 給与振込:30点
  • インターネットバンキング登録:30点

ライトユーザーもゴールドステージになれる

財布を持つ男性

しかし、「クレジットカードもWAONも、何万円も使わない」という人もいるかと思います。

そこで、イオン銀行ライトユーザーでもゴールドステージになれる取引プランを考えてみました。

主に、イオンカードセレクトを活用します。

■ライトユーザーでもゴールドステージになる取引例

  • イオンカードセレクト契約:10点
  • 給与振込:30点
  • インターネットバンキング登録:30点
  • イオンカード決済 月1円~1万円:10点
  • WAON決済 月1円~1万円:10点
  • WAONオートチャージ利用:10点

まず、キャッシュカードはイオンカードセレクトを持ち、給与振込とネットバンキングにあらかじめ登録しておきます。

そしてイオンカードセレクトで、クレジット決済を月1円以上行います。

スマホ利用代金など、定額支払いの料金をイオンカードセレクトでクレジット決済すれば、毎月クリアできます。

そして、WAONのオートチャージが月1回以上行われるように買い物をすれば、ゴールドステージ到達です。

最も少額のWAON決済でゴールドステージになるなら、WAONを「残高が1,000円未満になったら、1,000円をオートチャージする」と設定し、毎月1,000程度のWAON支払いをすればOKです。

仮に、WAONに1,000円がチャージしてあるとします。

コンビニで300円の買い物をしたら、WAONチャージ残高が1,000円未満になるので、1,000円分がオートチャージされます。

これで、今月のオートチャージによるスコア加算は決定します。

そして翌月は、700円以上の支払いを行えばまだチャージ残高が1,000円未満になり、オートチャージされる…というサイクルを作れます。

たとえば、仕事がある日にコンビニでランチを買っている人は、ランチ代をWAON決済にすればオートチャージも利用できると思います。

このイオンカードセレクトを使った方法なら、クレジットカードやWAONでたくさん買い物をしなくても、ゴールドステージになれます。

イオンカードセレクト 公式サイトはこちら

イオンカードセレクトとは

イオンカードセレクト

ここで改めて、イオンカードセレクトとはどんなメリットがあるカードかを見ておきます。

イオンカードセレクトとは、1枚4役のクレジット・WAON機能付きキャッシュカードです。

■1枚4役のイオンカードセレクト

  • イオン銀行のキャッシュカード
  • 年会費無料のクレジットカード
  • イオングループの優待カード
  • 電子マネーWAONカード

↑これらの機能が一体型に

クレジット機能が付いていますが、年会費無料なので普通のキャッシュカードとして使う人も多いです。

イオンカードの新規会員のうち、2人に1人が「イオンカードセレクト」を選んでいるので、イオンカードとイオン銀行口座を同時に作る人も多いです。

イオングループは「イオンカードセレクト」の発行に力を入れており、イオンカードセレクト会員の優待特典をどんどん追加しています。

例えば、イオンカードセレクトで電子マネーWAONのオートチャージをすると、ポイント二重取りができるようになります。

通常のイオンカード(無料)では、電子マネーWAONチャージの際にポイントは付きません。

しかし、イオンカードセレクトでWAONオートチャージをするとポイント還元を受けられます。

オートチャージ、WAON支払いの両方でポイントがつくので、ポイントが2重取りできるというテクニックです。

通常カードからイオンカードセレクトへの切り替えも可能

現在、通常のイオンカードを持っている方でも、無料でイオンカードセレクトへの切り替えができます。

イオンカードの他の券種を使っている場合、切り替えができないことがありますが、その場合は新規会員としてイオンカードセレクトに入会できます。

カード発行で得られる特典

イオンモール

イオンカードセレクト会員の限定特典は以下のとおりです。

■イオンカードセレクト特典

  • クレジット支払いでたまる「ときめきポイント」が2倍
  • お客様感謝デー(毎月20・30日)はイオングループでの買い物5%オフ
  • WAONオートチャージ200円毎に1WAONポイント
  • 公共料金の支払いに使うと毎月5WAONポイント
  • イオン銀行を給与口座にすると毎月10WAONポイント
  • 年間100万円以上のクレジット決済など、条件を満たすとゴールドカードを無料発行

イオンカードセレクトで貯まるポイントは、ときめきポイント電子マネーWAONの2種類です。

イオンのクレジットカードで決済をするとで貯まる「ときめきポイント」は、イオンカードだとポイント還元率が2倍になります。

貯まったときめきポイントはイオンオンラインショップで1ポイント=1円で使えるほか、商品やポイント(WAONだけでなく、マイルなどの他社ポイントもあり)に交換できます。

一方、ときめきポイント以外のポイントバックは、すべてWAONポイントで受け取ります。

貯まったWAONポイントは1WAONポイント=1円で支払いで使えます。

他にも、Suica(スイカ)などの他社ポイントへ交換することも可能です。

イオン銀行は定期預金より普通預金が得

お得

イオン銀行の定期預金を考える前に、知っておきたいことは3つです。

  • 3年以上の定期預金はおすすめ
  • 3年未満の定期預金は利率が低い
  • イオン銀行Myステージで普通預金が高金利

冒頭でも紹介したとおり、イオン銀行の定期預金が強いのは3ヶ月以上の長期プランです。

短期の定期預金をしたい場合は、イオン銀行Myステージで普通預金の優遇金利を活用した方がお得です。

大きな取引をしなくても、イオンカードセレクトを活用すればステージアップもしやすいです。

「イオンカードセレクト」は年会費無料なので、発行のデメリットも特にありません。

普通預金の金利が定期預金を上回る銀行はそうないので、イオン銀行の優遇金利は非常におすすめです。

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年6月11日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る