スマホ決済・送金サービス

ファミリーマートのスマホ決済ファミペイとは Tポイント以外のポイントも貯まるが…

ファミペイ

ファミペイとは、ファミリーマートのQRコード決済アプリです。

2019年7月からリリース予定で、新しいスマホ決済が増え続ける中ではやや遅れてのリリースです。

Tポイントとの連携やクーポン機能など、さまざまな使い方をひとつにまとめた万能アプリにする予定です。

「電子レシート機能」という新しいシステムも搭載し、紙レシートを取っておく必要がなくなるのも便利です。

しかし、使えるお店が少なそうなど、デメリットも目立ちます。

ファミマのスマホ決済進出について、調査してみました。

Tポイント・dポイント・楽天ポイントが貯まる

Tポイント

最初に驚いたのは、ファミペイを使うとTポイント以外の他社ポイントも貯まることです。

この新しい仕組みは「マルチポイント化」と言い、2019年11月から導入予定です。

普段ファミマで買い物をすると、購入代金に応じたTポイントが貯まり、貯まったポイントは会計の値引きなどに使えます。

しかしファミペイを使えば、以下3種類のポイントも同じように使えるようになります。

■ファミペイで貯められるポイント

  • Tポイント
  • dポイント
  • 楽天スーパーポイント

ドコモ系のdポイントも、楽天スーパーポイントも、ポイントが貯まりやすく利用者が多いポイントプログラムです。

ファミリーマートの買い物でこれらのポイントを貯めたり、使ったりできるのはメリットは大きいと思います。

ファミペイを使ってファミマで買い物をすれば、dポイントも楽天スーパーポイントも購入代金200円につき1ポイントが貯まります。還元率0.5%です。

そして普段どおり、1ポイント=1円として使えるようになります。

たとえばdポイントなら、コンビニやスーパーでの買い物だけでなく、ドコモのスマホ利用代金の値引きなどに利用できます。

楽天スーパーポイントも、楽天市場や楽天トラベルなどでポイント利用が可能です。

今までTポイントとの提携に特化してきたファミリーマートが、オープンな運営になってきている印象です。

とは言え、今までもファミマでは、d払いや楽天ペイなどのスマホ決済アプリで支払えました。

よって、既存のスマホ決済アプリよりメリットがないと、ファミペイの普及が送れるのではないかとも思います。

たとえば、楽天ペイでスマホ決済をした時の還元率は、ファミペイと同じ0.5%です。

個人的には、「それなら、これからも使い慣れた楽天ペイで支払おう」と思いました。

ファミマペイの使い方

マルチポイント機能の他に、ファミペイではスマホ決済や電子クーポンなどの機能が使えます。

スマホ決済でポイントを貯めるだけでなく、よりお得な使い方もできるようになります。

QRコード決済

コード決済イメージ

ファミペイでは、バーコード決済が利用できます。

LINE PayやPayPayと同じく、スマホアプリだけで支払いができるようになる仕組みです。

ファミマアプリから自分の決済用バーコードを表示し、レジで読み取ってもらうだけで支払い完了です。

わざわざ財布を出す必要がない上に、小銭を探す手間もなくなるので、スムーズに会計ができるようになります。

クレジットカードのチャージも検討

スマホ決済の仕組み

多くのスマホ決済アプリはプリペイドカードのように、残高をチャージしてから支払います。

ファミペイもリリース当初は、事前にチャージするプリペイド方式になる予定です。

銀行ATMを登録してチャージしたり、レジなどで現金を払ってチャージしたりできるようになると思われます。

しかし、クレジットカードによるポストペイ方式の導入も検討しています。

クレジットカードを登録できるようになれば、残高が自動チャージされるようになるので、チャージの手間がかからなくなります。

さらに、クレジットカードが登録できるスマホ決済のメリットである、ポイント二重取りにも期待できます。

■スマホ決済のポイント二重取りとは

多くのスマホ決済アプリは、ポイント還元があるクレジットカードを登録すると、ポイントの二重取りができます。

具体的には、スマホ決済アプリとクレカのポイントバックが、両方受けられるということです。

例:ポイント還元率0.5%のファミペイに、還元率0.5%のクレジットカードを登録すると、合計1.0%の還元が受けられるなど

ファミマでの買い物でお得なクレジットカードといえば、ファミマTカードが代表的です。

ファミマTカードでファミマのお買い物をすると、ポイント還元率が1.0%になります。

さらにポイント還元率5倍になる毎週火曜・水曜に利用したり、ファミマランクを上げたりすれば、最大還元率は3.5%まで上がります。

もし、ファミペイにファミマTカードを登録してもこの還元率がキープされるなら、ポイント二重取りで合計4.0%のポイント還元が叶うかもしれません。

ファミペイで支払えば4%引きになる、と考えると、非常にお得です。

クーポン機能

スマホクーポン

さらにファミペイでは、ファミリーマートの割引クーポンを受け取れます。

現在のファミリーマートアプリにもクーポン機能はあるので、ファミペイでも引き継ぐ形です。

使い方は、アプリから電子クーポンを表示して、レジで提示するだけです。

その他、ファミリーマートのキャンペーン情報などの配信にも期待です。

電子レシート機能

レシート

ファミペイ独自の機能、電子レシート機能も搭載予定です。

ファミペイ支払いの買い物履歴が、アプリからいつでもチェックできるようになると思われます。

紙のレシートを財布に保管しておく必要がなくなるので、家計管理にも便利です。

ちなみに電子レシートに近い機能は、ローソンのローソンスマホレジというアプリにもあります。

ローソンでは「ローソンスマホレジアプリ」を使えば、レジに並ばなくても自分で支払えるサービスを始めています。

ローソンでスマホレジ機能を使って支払うと、画面にレシートが表示される仕組みです。

まとめ払い

詳細はまだ公開されていませんが、ファミペイではまとめ払いという独自の支払い方法も提供予定です。

いくつかの会計の支払いをまとめられるサービスになるのかもしれません。

デメリットは使えるお店の少なさ

スマホを持って困る男性

一方、ファミペイには使えるお店が少ないのではないか、という不安があります。

記事執筆時点では、ファミペイが使えるお店はファミリーマートしか公表していません。

ファミリーマート系列になったドン・キホーテでは、ファミペイを導入しないと正式に決定しました。

ドンキは、すでにリリースしている自社電子マネー「マジカ」に注力する方針です。

もしファミリーマートでしか使えないなら、ファミマだけのためにわざわざスマホ決済アプリをインストールするのは手間です。

現時点でも、ファミマでは以下のキャッシュレス決済ができるので、すでに使っているサービスがあればそちらを使う人が便利です。

ファミリーマートで使えるキャッシュレス決済(一部)

■クレジットカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯

■電子マネー

  • Apple Pay
  • QUICPay(クイックペイ)
  • 楽天Edy
  • WAON
  • iD
  • 交通系電子マネー(Suicaなど)

■スマホ決済

  • LINE Pay
  • PayPay
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • アリペイ

他にも、Tポイントをメインに使うメリットは減ってきています。

たとえば、Tポイントが使えるカフェ「ドトール」では、Tポイントプログラムを終えることが決まっています。

ドンキでもファミペイが使えないことが決まり、Tポイントの使い道が狭まってきていると感じます。

そういう意味では、ファミペイでdポイント楽天スーパーポイントも貯められるのは、ありがたいメリットかもしれません。

dポイントや楽天スーパーポイントを貯めている人は、ファミマによく行くならファミペイを使うといいと思います。

しかし、すでにd払いや楽天ペイを使っているなら、そちらを継続して使ってもいいと思います。

ファミリーマートアプリ公式サイトはこちら

スマホ決済の記事はこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行やQR決済・送金サービスについて学ぶ日々を送っています。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かし、お金に関する情報をわかりやすく提供できるよう務めます。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年4月24日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
ページの先頭へ戻る