楽天キャッシュと楽天ペイの違い チャージ方法やラクマとの連携、出金できるかどうか

楽天キャッシュ

2019年3月から、楽天キャッシュが楽天Payのアプリで使えるようになりました。

とは言え、楽天キャッシュは楽天スーパーポイントなどに比べると知名度が低いです。「今までの楽天ペイ決済との違いがわからない」と思う人もいるかもしれません。

楽天ペイと楽天キャッシュは使えるお店が同じなので、キャッシュレス決済をする上での使い方の違いはありません。

どちらも基本のチャージ方法はクレジットカード、という点も共通です。

一番の違いは、楽天キャッシュはラクマの売上金からのチャージと、個人間送金ができるという点です。

これは、楽天ペイや楽天スーパーポイント、Edyではできない使い方です。

一度チャージしたお金は、楽天銀行の口座に出金することもできます。

今回は楽天キャッシュの使い方を、楽天ペイとの違いもふまえてわかりやすく解説します。

そもそも楽天キャッシュとは

スマホを持つ男性

楽天キャッシュとは、楽天市場などで使える電子マネーの一つです。

今まで楽天キャッシュはオンライン決済でしか使えませんでした。しかし、アップデートによりスマホ決済「楽天ペイ」が使えるお店なら、リアル店舗でも使えるようになりました。

楽天ペイのロゴ

楽天ペイは、ローソンやファミリーマートなどのコンビニ、ジュンク堂やエディオンといった全国展開しているお店で使えます。

楽天キャッシュはラクマの売上金からチャージすることもできるので、ラクマの売上金をコンビニなどで使い切れるようになったということです。

さらに、LINE Payのように個人間送金もできるようになりました。

友人が食事代を立て替えて払ってくれた時も、楽天キャッシュからサッと送れます。

楽天キャッシュの使い方

スマホとタブレットを持つ女性

楽天キャッシュの使い方は、プリペイドカードに似ています。

基本的な使い方は、楽天カードから楽天キャッシュをチャージして支払うという方法です。

残高チャージが必要な点は、LINE Payと似ています。しかし、LINE Payはクレジットカードチャージに対応しておらず、銀行口座やATMからのチャージのみです。

クレジットカードのポイントを貯めたい人にとっては、楽天キャッシュや楽天ペイの方がおすすめです。

楽天キャッシュの具体的な使い方についても、見ていきます。

お店で支払い

スマホ決済イメージ

楽天キャッシュは、従来は楽天市場などのネット上でしか使えない電子マネーでした。

しかし、楽天ペイのアプリで楽天キャッシュが使えるようになったので、楽天ペイが使えるお店ならどこでも楽天キャッシュ払いができます。

楽天ペイが使えるお店(一部)

■実店舗

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • 上島珈琲
  • 和民
  • エディオン
  • 洋服の青山
  • AOKI
  • アーバンリサーチ
  • ジュンク堂
  • 自遊空間

■ネット通販

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • ラクマ
  • 無印良品
  • TOHO CINEMAS
  • ドミノ・ピザ

上記店舗でなら、ラクマの売上金から支払うことが可能です。

楽天ペイでラクマの売上金を使って決済するためには、楽天キャッシュに一度チャージする必要があります。

ラクマの売上金からチャージ

ラクマ

楽天キャッシュは、楽天フリマアプリ「ラクマ」の売上金からチャージすることができます。

メルカリのメルペイと同じような使い方です。

今までラクマの売上金は、ラクマの買い物で使い切るか、銀行振込をしてもらうかしか使い道がありませんでした。

振込申請をすれば銀行口座に入金してもらえますが、振込手数料がかかるというデメリットがあります。

しかし、ラクマの売上金を楽天キャッシュへチャージすれば、手数料が一切かかりません。

楽天市場でネットショッピングをよくする人や、楽天ペイが使えるお店によく行く人は、楽天キャッシュへのチャージがおすすめです。

■ラクマから楽天キャッシュにチャージする方法

ラクマアプリを立ち上げる

マイページの「売上・ポイント管理

売上金を楽天キャッシュにチャージ

楽天ポイント/キャッシュを確認する

チャージ金額を入力

チャージする」で完了

このようにチャージしておけば、ラクマの売上金をコンビニなどで使えます。

「振込手数料を取られたくない」「売上金をラクマの買い物で使い切れない」という人も、日頃の買い物で売上金を使い切れるので便利です。

個人間送金

若い親子

2019年3月のアップデートで、楽天ペイアプリから個人間送金ができるようになりました。

個人間送金とは、楽天キャッシュにチャージした残高を知人や友人に送ることができるサービスです。銀行振込に近いイメージです。

楽天キャッシュの個人間送金画面

相手も楽天キャッシュを利用していれば、かんたんにお金を送ることが可能です。

食事代を立て替えてもらった相手にその場で送金したり、遠く離れている家族に仕送りをしたりと、幅広い使い方ができます。

■個人間送金の使いみち例

  • 食事代の割り勘
  • 子どもに仕送り
  • 買い物を代行してもらった友達に送金
  • フリマや手作り市での会計

スマホのアドレス帳にメールアドレスや電話番号を登録している相手なら、楽天ペイアプリの「送り先一覧」から相手を選ぶだけで送金できます。

メールアドレスなどを知らない相手にも、「受け取りリンク」を発行してURLをラインなどで送れば、受け取ってもらえます。

銀行振込のように、支店名・口座番号を教えてもらう手間がいらないので手軽です。

現金として出金

銀行ATM

楽天キャッシュのチャージ残高は、楽天銀行の口座に出金することができます。

たとえば、楽天キャッシュで送金をしてもらったお金を現金として引き出せます。

■楽天キャッシュの出金ルール

  • 出金は1,000円単位
  • 1回の上限は10万円まで
  • 1ヶ月の上限は100万円まで

ただし、出金できるのは自分名義の楽天銀行口座のみで、他の銀行口座は使えません。

また、出金手数料が10%かかるので、個人的にはあまりおすすめできません。

できれば、ローソンやファミリーマートなど、普段の買い物で楽天キャッシュを使い切る方が良いと思います。

楽天ペイアプリを使って楽天キャッシュ支払いをすれば、手数料がかからない上に0.5%のポイント還元が受けられるのでお得です。

楽天ペイのアプリで決済をすると、支払額の0.5%がポイント還元されます。

アプリを使うのも完全無料なので、現金よりもお得なスマホ決済と言えます。

また、将来的には楽天キャッシュで現金の受け取りができるようになる予定です。

楽天キャッシュで送金したお金が現金で受け取れるようになると、楽天キャッシュから銀行口座へ換金する手間がなくなります。

今後のアップデートに期待です。

楽天ペイと楽天キャッシュの違い

比較する女性

従来の楽天ペイと楽天キャッシュは、クレジットカードでチャージして支払うという使い方は同じです。

結論から言うと、今まで楽天ペイを使っていた人は、わざわざ楽天キャッシュに切り替える必要はありません。

普段は楽天ペイをそのまま使い、ラクマの売上金がある時や個人間送金をしたい時は楽天キャッシュ、と使い分けるのがおすすめです。

楽天キャッシュをメイン使いするのもありですが、楽天キャッシュは残高を都度チャージする必要があります。

通常の楽天ペイは、支払いをすると自動的にクレジットカード決済となるオートチャージ制です。買い物でチャージ残高を気にしなくていいので、より気軽に使えます。

逆に「クレジットカードは使いすぎてしまいそうで怖い」という人は、あえて楽天キャッシュを使うのもありです。

  • 楽天ペイ:チャージの手間をかけたくない人向け
  • 楽天キャッシュ:お金を使いすぎないようにしたい人向け

ちなみに、楽天市場でネットショッピングをする時は、楽天キャッシュと楽天スーパーポイントのどちらを優先して支払うかを選べます。

「期間限定ポイントを先に使いたい」「送金予定があるから楽天キャッシュの残高を減らしたくない」など、自分の好みにあわせて使い分けられます。

電子マネーとしては楽天Edyの方が優秀

楽天Edy

楽天ペイアプリでは、楽天スーパーポイントでの支払いも可能です。

さらに楽天ペイのAndroid版なら、電子マネー「楽天Edy」での支払いもでき、1つのアプリで使える決済方法が多いです。

そのため「楽天スーパーポイント、Edy、楽天キャッシュ、どれを使えばいいかわからない」と混乱する人も多いです。私も混乱しました。

楽天のキャッシュレス決済の中でも、使えるお店が一番多いのは楽天Edyです。

楽天Edyは電子マネーの中でもトップクラスのシェアを誇り、特にリアル店舗での支払いに強いからです。

コンビニだけでなく、スーパーやドラッグストア、楽天市場以外でのネット通販でも使えます。

楽天スーパーポイントや楽天ペイで支払えるお店も増えつつありますが、まだまだ楽天Edyには届きません。

そして楽天Edyで決済をすると、0.5%の楽天スーパーポイントが貯まるというメリットもあります。

私は、楽天カードで楽天Edyにオートチャージをするように設定し、「楽天カード+楽天Edy」のポイント二重取り(還元率1.5%)をしています。

貯まったポイントは楽天市場や楽天ペイで無駄なく使う…というサイクルで回しています。

楽天キャッシュの「ラクマの売上金チャージ」「個人間送金」という新機能は便利ですが、チャージの手間がかかります。

楽天ペイアプリでの支払いに使える楽天Edy、楽天スーパーポイント、楽天キャッシュのメリット・デメリットをまとめておきます。

■楽天Edyの特徴

  • リアル店舗で使えるお店が多い
  • ポイント還元率0.5%
  • オートチャージができる
  • 楽天ペイアプリから使えるのはAndroidのみ

■楽天スーパーポイントの特徴

  • 楽天ペイの支払いに使える
  • 楽天グループの値引きに使える
  • ポイントが貯まりやすい
  • 交換できるポイントが多い

■楽天キャッシュの特徴

  • 楽天ペイの支払いに使える
  • ポイント還元はない
  • ラクマ売上金からチャージ可
  • 手動チャージが必要

ちなみに、楽天Edyと楽天スーパーポイントは相互交換ができます。

たとえば、楽天ペイに対応していないお店で支払う時、楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換して、楽天Edy支払いにあてる…ということも可能です。

ただし、楽天キャッシュはどのポイントにも交換できないので、基本的には楽天グループでのお買い物か楽天ペイ支払いでしか使えません。

楽天キャッシュは必要に応じて使うのがおすすめ

ビジネスウーマン

楽天キャッシュは、ラクマの売上金を使い切りたい時や個人間送金がしたい時など、必要な時のみ利用する使い方がおすすめです。

特に、すでに楽天ペイを利用している人は、手動チャージをしなければならない楽天キャッシュは手間だと感じると思います。

必要に応じて楽天キャッシュを使い、楽天キャッシュの残高が増えてきたら楽天ペイで使い切っていく、というやり方なら手間を最小限にできます。

楽天ペイはクレジットカードのような感覚で使えるのに対し、楽天キャッシュは事前チャージが必要なプリペイドカードのようなイメージです。

クレジットカードはお金を使いすぎそうで不安な人は、チャージ残高以上の支払いができない楽天キャッシュがおすすめです。

スマホ決済や送金に関する記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
FP(ファイナンシャルプランナー)のライター。メガバンクとネット銀行の使い分け、投資、スマホ決済でのポイ活などで資産形成中。難しそうな金融の話を、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年10月2日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る