【楽天ペイ】店舗での使い方、チャージ方法やポイント還元の仕組みをシンプル解説

楽天ペイのロゴ

楽天ペイやの使い方を、「いまさら聞けない」という人向けに、わかりやすく解説します。

楽天ペイは、クレジットカードやデビットカードを登録して使うスマホ決済アプリです。現在は、銀行口座からもチャージできるようになりました。

独自メリットは、楽天スーパーポイントやフリマアプリ「ラクマ」の売上金から支払える点です。楽天の期間限定ポイントや、ラクマ売上金を使い切りたい人にもおすすめです。

ローソンやマクドナルドなど、全国展開の店舗を中心に利用できます。

記事の最後には、楽天ペイで支払いができない時のトラブル解決法もまとめました。

まずは支払い方法の設定

楽天ペイは、下記の3点を持っていれば誰でも使えます。

■楽天ペイを使うために必要なもの

  1. スマートフォン
  2. 楽天ID
  3. クレジットカードか楽天銀行口座

※クレジットカードのかわりに、一部デビットカードやプリペイドカードでもOKです(詳しくは後述)

スマホに楽天ペイアプリをインストールし、楽天IDでログインすればすぐに使えるようになります。

→楽天ペイアプリの入手はこちら(公式サイト)

次に、アプリ入手後の使い方を順に見ていきます。

チャージ方法を設定

カードとスマホを持つ女性

アプリをインストールしたら、まずはチャージ設定をします。

楽天ペイのチャージ方法は、2通りあります。

■楽天ペイのチャージ方法

  1. クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードのいずれか
  2. 楽天キャッシュに登録した銀行口座

楽天ペイには、VISAもしくはMasterCardのカードを登録できます。

クレジットカードを登録すると、楽天ペイ決済額はカード利用代金として、他の決済と合わせて後日請求となります。後払いなので、支払い時点で現金が足りなくても支払えます。

楽天IDにクレジットカードを登録している人は、登録カードをそのまま楽天ペイに引き継げます。私も、楽天市場の決済に使っているカードを、楽天ペイで使っています。

クレジットカードの使いすぎが心配な人は、デビットカードやプリペイドカードを登録すると安心です。例:楽天デビットカード、au WALLET プリペイドカードなど

ただし、以下のカードは楽天ペイでは使えません。

■楽天ペイにチャージできないカード

  • 楽天以外のJCBカード
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • ダイナースクラブカード
  • ディスカバー
  • 海外で発行したカード

VISAとMasterCard以外の国際ブランドは、クレジットカードもデビットカードも使えません。例外として、楽天銀行のJCBデビットカードは、楽天ペイに登録することができます。

楽天JCBデビットは、クレジットカード並のポイント還元率を持つのデビットカードとして評判です。

→楽天JCBデビットの詳細はこちら

2019年8月末からは、楽天キャッシュ経由で銀行口座チャージも利用できるようになりました。

楽天キャッシュとは、フリマアプリ「ラクマ」の売上金を買い物で使ったり、個人間送金したりできるサービスです。

今までは、楽天キャッシュの残高チャージは「楽天カード」でしか行なえませんでした。今は楽天銀行でも、1,000円以上1円単位でチャージできます。

まず、楽天ペイのトップ画面右上の「チャージ」をタップし、楽天キャッシュのチャージ画面に移ります。

楽天キャッシュのチャージ方法1

楽天アカウントにカードを登録していると、初期設定ではカードチャージになっています。ここで、楽天アカウントに登録の銀行口座を選びます。

楽天キャッシュのチャージ方法2

楽天キャッシュのチャージ方法3

これで、楽天銀行の口座から楽天キャシュにチャージできます。あとは、楽天ペイ支払い時に、「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れれば、楽天キャシュ残高から支払えます。

ラクマの売上からチャージ

ラクマ

基本的な楽天ペイの支払い方法はクレジットカードですが、フリマアプリ「ラクマ」の売上金からも支払えます。

たとえば、コンビニの買い物に、ラクマの売上金を使うことも可能です。フリマでの売上金を使い切りるのに便利です。

ラクマの売上金で支払いたい場合は、売上金を楽天キャッシュにチャージします。すると、楽天ペイで会計をする際に「楽天キャッシュから支払う」を選べるようになります。

■ラクマから楽天キャッシュへのチャージ方法

ラクマアプリを立ち上げる

マイページの「売上・ポイント管理

売上金を楽天キャッシュにチャージ

楽天ポイント/キャッシュを確認する

チャージ金額を入力

チャージする

ラクマ売上金のチャージ完了

ラクマから楽天キャッシュへのチャージには、手数料がかかりません。

今まで、ラクマの売上金を実店舗で使うためには、現金として出金するしかありませんでした。その際には、出金手数料がかかります。

楽天ペイアプリを使えば、手数料をかけずにラクマの売上金を店舗で使い切ることができます。

店舗での使い方

支払い方法の設定が完了したら、いつでも店舗での楽天ペイ支払いができます。

具体的な使い方を見ていきます。

支払い方法は3種類

コード決済イメージ

店舗で楽天ペイ決済をする方法は、3通りです。お店によって、支払い方法が違います。

会計時に「支払いは楽天ペイで」と言えば、店舗が扱っている支払い方法を提示されます。

楽天ペイの支払い方法
バーコード決済
楽天ペイアプリから支払い用コードを表示し、お店にスキャンしてもらう方法コンビニなど、バーコードスキャナーがある店舗はほとんどバーコード決済
QRコード決済
お店が提示した専用QRコードを、楽天ペイアプリでスキャンする方法レストランなど、飲食店に多い
セルフ支払い
支払うお店と金額を自分で入力する支払い方法カフェの席に座ったまま会計を終えられる。飲食店やエステなどに多い

バーコード決済とQRコード決済では、アプリを立ち上げたトップ画面の「コード・QR払い」から、かんたんに手続きできます。

バーコード決済の場合、楽天ペイアプリを立ち上げて「タップしてコードを表示」をタップし、コードを店員に見せるだけでOKです。

QRコード決済では、その下の「QR読み取り」をタップしてカメラを起動し、店舗が提示するQRコードをスキャンします。

楽天ペイのQR決済画面

セルフ決済では、アプリ画面の左側からスライドしてメニューを表示し、「セルフでお支払い」をタップします。

現在地周辺の、セルフ決済をできるお店が一覧表示されるので、支払う店舗を選んで金額を入力すればOKです。

たとえば飲食店では、会計用の伝票を受け取って金額をチェックし、自分で決済する流れになります。

万が一、金額を間違って入力しても、修正できるので安心です。

ポイント・楽天キャッシュも使える

楽天スーパーポイント

上記3つの支払い方法は、いずれも楽天スーパーポイント楽天キャッシュ残高から支払えます。

特に、有効期限までに楽天の期間限定ポイントを使い切るのに便利な機能です。

アプリトップや支払い確定前の画面にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」という欄にチェックすれば、ポイントとキャッシュから優先的に支払われます。

支払い金額がポイント・キャッシュ残高より大きいと、差額分がクレジットカード支払いになります。

例:2,000円の支払いをする場合

ポイント・キャッシュ残高が計1,500円なら、残額の500円がクレジットカード決済に回ります。

もし、ポイントやキャッシュ残高を使いたくないなら、支払い時に「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れないようにします。登録クレジットカードからのみ支払えます。

楽天ポイントカード機能もあり

ポイント

さらに楽天ペイには、楽天ポイントカード機能も搭載されています。

楽天ペイアプリを持っていれば、紙の楽天ポイントカードを持ち歩く必要がありません。

アプリトップの「ポイントカード」アイコンをタップすれば、ポイントカード用のバーコードが表示されます。

レジでポイントカード用バーコードを表示すれば、店員がスキャンしてくれます。

楽天ペイのポイントカード機能

また、楽天ポイント払いができる実店鋪では、楽天スーパーポイント支払いができます。

たとえば、マクドナルドやミスタードーナツでは、楽天スーパーポイント1ポイント=1円として使えます。レジで、楽天ペイのポイントカード画面を提示し、「楽天ポイントで支払います」と言えばOKです。

楽天スーパーポイント支払いができる代表的なお店は、以下のとおりです。

■楽天スーパーポイントで支払いができる実店舗(一例)

  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • ロイヤルホスト
  • プロント
  • 大戸屋
  • リンガーハット
  • コーナン
  • 大丸・松坂屋
  • ビックカメラ

楽天ペイだけでなく、楽天ポイントカードに対応しているお店を含めると、楽天ペイが使える実店舗は非常に多くあります。

楽天ペイが使える店舗

スマホとタブレットを持つ女性

楽天ペイが使えるお店も、続々と増えてきています。

セブンイレブンを除く主要なコンビニはほぼ網羅しており、全国規模のドラッグストアや飲食店も、多く加盟しています。

楽天ペイが使えるお店(一部)

■コンビニ

  • ローソン・ローソンストア100・ナチュラルローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ポプラ

■ドラッグストア

  • ウェルシアグループ
  • ドラッグイレブン
  • 薬王堂
  • くすりのハッピー

■飲食店

  • 上島珈琲
  • 和民
  • 白木屋
  • はなの舞
  • 松屋

■アパレル

  • 洋服の青山
  • AOKI
  • はるやま
  • アーバンリサーチ
  • ライトオン
  • Step
  • メガネスーパー

■その他の実店舗

  • エディオン
  • ジョーシン
  • ケーズデンキ
  • ジュンク堂
  • 自遊空間
  • ジャンカラ

これらのお店では、レジで支払い方法を聞かれた時に「楽天ペイで」と言えば、スマホ決済が利用できます。

ネット通販にも一部対応

多くのスマホ決済は、実店舗での利用がメインですが、楽天ペイはネットショッピングでの支払いにも使えます。

たとえば、以下の店舗のオンライン決済で、楽天ペイが選べます。

■楽天ペイでオンライン決済ができる店舗

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • ラクマ
  • 無印良品
  • TOHO CINEMAS
  • ドミノ・ピザ

オンラインショッピングをよく利用する人は、クレジットカードやデビットカードを使うケースが多いかと思います。

しかし、楽天ペイに対応している店舗では、楽天ペイ決済を選んだ方がお得です。

楽天ペイは、登録クレジットカードとのポイント二重取りができ、クレジットカード払いより多くのポイントが還元されるからです。

ポイント二重取りで高い還元率

女性

楽天ペイは、利用金額に応じてポイント還元を行っています。

基本のポイント還元率は0.5%で、楽天スーパーポイントとして返ってきます。

しかし、楽天ペイで支払うとポイント二重取りができるので、実質の還元率はもっと高くなります。

たとえば、還元率1.0%の楽天カードを楽天ペイに登録すると、実質還元率は1.5%です。

平日のランチ700円をすべて楽天ペイ支払いにすれば、1年で2,500円以上のポイントが還元される計算になります。

さらに、ポイント還元率がアップするキャンペーンも積極的に行っています。

「対象店舗で10%ポイントバック」など、10%を超えるキャンペーンも開催されたことがあります。

ポイントアップキャンペーンの告知は、楽天ペイアプリのトップからチェックできます。

Suicaが発行できるように

楽天ペイSuica

2020年春からは、楽天ペイアプリからSuicaを発行できるようになる予定です。

モバイルSuicaのように、スマホをかざすだけで改札を通れるようになります。もちろん、電子マネーとして買い物にも利用できます。

楽天ペイアプリからSuicaを発行し、残高チャージをすると楽天スーパーポイントが貯まるようになる仕組みも導入予定です。

楽天ペイと登録クレジットカードのポイント二重取り効果で、通常のモバイルSuicaより高いポイント還元率に期待できます。

ただし、楽天ペイから発行したSuicaでは、定期券やSuicaグリーン券の発行ができません。

現在、モバイルSuicaで定期券を使っている人は、そのまま使い続けても良いと思います。

現時点では、おサイフケータイ機能があるAndroidのみ導入の予定です。iPhoneでの導入も期待したいところです。

よくあるトラブル

最後に、楽天ペイで支払いができなくなるトラブルの解決方法をまとめます。

困った時に参考にしていただければと思います。

上限金額に達してしまった

上限グラフイメージ

楽天ペイには、楽天会員ランクや店舗によって利用上限額があります。

個人の利用上限額は、以下の最高利用上限額内で決まります。

■楽天ペイの利用上限額(支払い1回あたり)

  • 基本の利用上限:50万円
  • コンビニの利用上限:4,000円

※登録クレジットカードの利用限度額に達した場合も、それ以上の支払いはできません

利用上限額がどのように決まっているのかは、セキュリティに関わるので非公開です。

楽天ランクや楽天市場での買い物履歴、楽天カードローンの返済実績などが関係していると考えられます。

バーコードが読み取れない

QPコード決済ができないイメージ

お店が楽天ペイに対応しているのにもかかわらず、バーコードが読み取れない時は、スマホの液晶画面に原因があるかもしれません。

下記のような画面では、バーコードを読み取りづらくなります。

■楽天ペイでコード読み取りができない原因(一例)

  • 画面が暗い
  • 画面にヒビや傷が入っている
  • 液晶保護フィルムの気泡が入っている

明るくてきれいな液晶でバーコード決済をすれば、基本的には決済できます。

画面が暗い場合には、明るさを最大にしてみると、読み取れることが多いです。

楽天ペイアプリを立ち上げて画面をタップすると、自動的に画面の明るさが最大になるので、タップしてみることをおすすめします。

覗き見防止やブルーライトカットのアプリを入れている場合は、アプリを一旦止めておくと安心です。

それでも読み取れない場合は、スマホ画面の傷やフィルムの気泡が原因かもしれません。

ネット通信エラーが出る

楽天ペイの通信エラー画面

スマホ決済をするにはインターネット通信が必要で、楽天ペイもネットが繋がっていないと利用できません。

上記のようなエラー画面が表示される場合は、機内モードになっていないか確認します。

まれなケースですが、かつてPayPayの還元キャンペーン中にソフトバンク回線の通信障害が起きました。

一時的にスマホ回線そのものが使えなくなったので、PayPayも使えなくなってしまいました。

地下などの電波が入りにくいお店では、バーコード読み取りができない可能性もあります。

画面スクショでは支払えない

「スマホ決済のバーコードを保存しておけば、いつでも支払えるのでは」と、楽天ペイなどの支払いバーコードをスクリーンショットで保存する人がいます。

しかし、楽天ペイのバーコードは一定時間ごとに更新されるため、画面スクショでは支払えません。

支払いバーコードが定期更新されるのは、セキュリティ上の理由です。

万が一バーコードが流出すると、支払いバーコードが第三者に悪用され、上限額まで決済されてしまう可能性があるからです。

楽天ペイ公式サイトはこちら

楽天関連のマネーコラム

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年9月13日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る