ポンタポイント運用の使い方 Pontaの「初心者向け投資」という使い道

ポンタポイント運用

Pontaがポンタポイント運用というポイント投資サービスを始めました。

今回は、Pontaポイント運用の使い方をわかりやすく解説します。

ポンタポイント運用は、日本で初めてポイント投資サービスを始めた「ストックポイント」と提携して運営しています。

一番の特徴は、株式やETFの銘柄を選べることです。

選んだ株式の値動きに連動して、ポイントが増えたり減ったりします。

あくまで運用するのは「ポンタポイント」なので、持ち出しのお金はありません。

投資初心者が、はじめて投資体験をするのにおすすめのサービスです。

しかし、手数料などのデメリットもあるので注意が必要です。

ポンタポイント運用の仕組み

スマホとタブレットを持つ女性

Pontaポイント運用は、ポンタ会員IDがあればいつでも始められます。

投資信託を買う時のように、証券口座の開設などは不要です。

ポンタポイント運用の専用マイページから、以下の操作をすることでポイント投資ができます。

■ポンタポイント運用の流れ

  1. 「ポイント運用通帳」を選択
  2. ポイント運用する銘柄を選ぶ
  3. 投資するポイント数を入力
  4. 「ポイント運用を申し込み」を選択

運用に回したPontaポイントは、「銘柄ポイント」という運用ポイントになります。

銘柄ポイントは、いつでもPontaポイントに戻して使うことができます。

また、運用中のポイントの銘柄を変えることも可能です。

メニューから「ポイント運用をとめる」を選択し、銘柄ポイントを一度「未運用ポイント」にしてから、新しい銘柄を選べばOKです。

Pontaポイント運用ならではのメリット

このようなポイント投資サービスは、他社もすでに始めています。

たとえば、dポイントや楽天スーパーポイント、au WALLET ポイントなどでもポイント運用が可能です。

その中でも、ポンタポイント運用ならではのメリットが3点あります。

株式やETFから銘柄を選べる

株価

ポンタポイント運用は、ポイントを運用する株などの銘柄を選べます。

選べる銘柄は、日本企業の国内株式・ETF・REITです。

日本企業の株はイメージしやすいですが、ETFやREITは投資経験がない人にとって聞き慣れない言葉かもしれません。

かんたんに言うと、ETFは上場企業の株にまとめて投資できるセット、REITは株ではなく不動産に投資するセットのイメージです。

■ETF(上場投資信託)とは

ETFとは、上場企業の株式を複数セットで投資できる金融商品です。

ETF1銘柄に投資するだけで、分散投資ができます。

同じく分散投資ができる投資信託と似ていますが、「上場企業の株式」と同じように運用できる点などが違います。

■REIT(不動産投資信託)とは

REITとは、さまざまな不動産に投資する金融商品です。

分散投資している不動産の収益(賃料など)を投資家に分配します。

プロが代わりに運用をするので、不動産投資の知識がなくても比較的安全に投資できるメリットもあります。

一般的に、国内株式1社の株だけに投資すると、経営難などで株価が下がってしまうリスクがあります。

よって、株投資は複数の企業に投資した方が、リスクを分散できて安全です。

1社の株価が下がっても、他の会社の株価が上昇していればカバーできるからです。

分散投資をしたい人は、複数の国内株式を運用するか、ETFやREITを選ぶのがおすすめです。

ポンタポイント運用で選べる具体的な銘柄は、下記のとおりです。

Pontaポイント運用で選べる銘柄

■国内株式

  • ローソン
  • リクルートホールディングス
  • 日本航空(JAL)
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • ゲオホールディングス

ローソンやリクルートなど、Pontaポイントとつながりの強い企業が中心です。

■ETF

  • 日経ダブルインバース・インデックス連動型
  • ダウ・ジョーンズ工業株30種平均
  • 上海株式指数・上証50連動型

それぞれ、日本・アメリカ・中国の代表企業に分散投資ができます。

■REIT

  • ジャパンリアルエステイト投資法人

東京を中心に、日本全国のビルに分散投資できます。

特に、ポイント運用で不動産投資ができるのは珍しいです。

一般的に不動産投資は多くの持ち出し金が必要ですが、ポンタポイント運用でREITを選べば、少額から投資ができます。

貯まった少額のPontaポイントで、間接的に不動産のオーナーになることができます。

ポイント交換の反映が早い

スピード

ポイント運用は、ポイント追加や引き出しを申請してから、反映されるまでの時間が短い方が望ましいです。

なぜなら、反映まで何日もかかってしまうと、その間に株価などが変動する可能性があるからです。

「ポイントが増えそう」と予想して引き出そうとしても、反映されるまでの間に株価が下がってポイントも減ってしまう…ということがありえます。

その点、Pontaポイント運用は反映が当日中と非常に早いです。

■ポンタポイント運用の反映スケジュール

当日申し込みの締切:営業日14:30

ポイント交換の反映:当日16:00

たとえば、国内の株取引が行われるのは、平日の15時までです。

ポンタポイント運用で当日交換ができるのは14時半までなので、ぎりぎりまで株価を予想することが可能です。

20ポイントから始められる

財布を持つ女性

ポンタポイント運用は、20ポイントから始められます。

他社のポイント運用は、100ポイントくらいからしか始められないことが多いです。

ポンタポイント運用はより少額から投資体験ができるので、手軽に始められます。

たとえば、コンビニのローソンでは、100円の買い物ごとにPontaポイントが1ポイントたまります。

よって、ローソンで2,000円の買い物をすれば、Pontaポイント運用が始められるだけのポイントが貯まります。

最初は少ないポイントから運用を始めれば、多少損をしてしまっても気楽に続けやすいです。

運用を休止できる

時計とカレンダー

ポンタポイント運用は、ポイント運用を一時休止することができます。

マイページのメニューから「運用をとめる」を選んで、銘柄ポイントを未運用ポイントにしておけば、ポイントの変動がなくなります。

いったん運用を休みたいと思った時はもちろん、ポイントが下がりそうだと予測した時に休止しておくという使い方もできます。

デメリットも多い

上記のように、Pontaポイント運用は独自性の強いポイント投資サービスです。

しかし、手数料が高い、ポイント有効期限があるなど、デメリットもあります。

手数料がかかる

電卓を持つ男性

ひとつは、Pontaポイント運用を利用するための「ポイント運用手数料」です。

ポンタポイント運用は、サービスを利用するために2種類の手数料がかかります。

ひとつは、ポイント運用を利用すると必ず発生するサービス手数料です。

他社のポイント投資では、サービスを利用するための手数料は無料のところが多いです。

ただし、ポンタポイント運用も、2019年6月30日まではサービス手数料を無料にしています。

現在はまだ手数料を公開していませんが、手数料によっては割高なサービスになってしまうかもしれません。

もう一つは、Pontaポイントに戻す交換手数料です。

交換手数料は5%かかり、Pontaポイントに戻す時に自動的に差し引かれます。

たとえば、200ポイントの銘柄ポイントをPontaポイントに戻した時、受け取れるPontaポイントは5%を差し引いた190ポイントになります。

未運用ポイントに有効期限がある

時計とカレンダー

先程、ポンタポイントはいつでも運用を休止できるというメリットがあると説明しました。

しかし、運用を休止している「未運用ポイント」には、1年間の有効期限があります。

1年以上、未運用ポイントを放置するとポイントがなくなってしまうので注意が必要です。

また、キャンペーンなどで手に入れたポイントは、それぞれ有効期限が異なることもあります。

もしポイント運用を利用しなくなったら、早めにPontaポイントに戻しておく方が安心です。

引き出しが20ポイント単位

運用ポイントは20ポイント単位で、Pontaポイントとして引き出せます。

たとえば、運用中の150ポイントをPontaポイントに戻したくても、140ポイントしか戻せません。

dポイント投資や楽天ポイント運用では、1ポイント単位で引き出すことができるので、端数が残ることがありません。

引き出しきれなかったポイントは、引き続き運用するか、未運用ポイントとして保留しておくことになります。

先程説明したとおり、未運用ポイントは有効期限が1年間なので、1年以上経つとポイントが消えてしまいます。

ポイント運用をいったんやめる時は、未運用ポイントの存在を忘れて有効期限が過ぎないように要注意です。

Pontaポイント運用 公式サイトはこちら

他のポイント投資の記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行やQR決済・送金サービスについて学ぶ日々を送っています。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かし、お金に関する情報をわかりやすく提供できるよう務めます。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年6月5日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
ページの先頭へ戻る