デビットカード一覧

三菱UFJ-VISAデビット

三菱UFJデビット

三菱UFJデビットは、三菱UFJ銀行に口座を持っている人が持てるデビットカードです。

クレジットカードのような後払い方式ではなく、使ったその場で銀行口座から自動引落が実行されるので、使いすぎの心配がありません。

ATMからお金を引き出しにいく手間が省けて、お財布感覚で使えることから、現金派の人でも安心して利用できます。

クレジットカードより申込の敷居が低く、15歳以上(中学生は除く)の若年層の方から持つことができるので、学生・主婦などでも利用できます。

カードの国際ブランドはVISAJCBの2種類から選択できます。2つのカードブランドは、ポイント還元率などが若干異なります。

今回は三菱UFJ-VisaデビットとJCBデビットとの違いもふまえて、どちらがおすすめかを解説します。

お申込みはこちら(無料)

三菱UFJデビットの特徴

デビットカードは「銀行口座からの即時引き落とし」という特徴をもっており、銀行口座とひもづけて使います。

よって、三菱UFJデビットを利用するには、三菱UFJ銀行の普通預金口座が必要です。

まだ口座を持っていない人も、WEBから来店不要で口座が開設できるので安心です。

その他、三菱UFJ銀行のVisaデビット・JCBデビットに共通するメリットをまずは見ていきます。

3つのカラーが選べる

3種類のカードデザイン

三菱UFJデビットは、3種類のカードデザイン(レッド、ブラック、ホワイト)から好きな色を選ぶことができます。

個人的には三菱UFJデビットは、かなりオシャレなデザインだと思います。

三菱UFJ銀行の企業カラーは「赤色」なので、定番カラーは「レッド」になると思います。

VISAデビット、JCBデビットともに選べるカラーは同じです。

キャッシュバック・ポイント還元がある

ポイント

三菱UFJ銀行デビットカードは、VISAデビットにはキャッシュバック、JCBデビットにはポイント還元があります。

毎月のカード利用金額に応じて、自動的に還元が受けられます。

VISAデビットの場合は、基本キャッシュバック率は0.2%(1,000円ごとに2円のキャッシュバック)ですが、1年間の利用実績に応じて次年度のキャッシュバック率が変わり、最高還元率は2倍の0.4%まで上がります。

JCBデビットを選択した場合は、キャッシュバックの代わりにJCBが展開している「Oki Dokiポイント」が付与されます。

ポイントの還元率そのものは0.1%(1,000円ごとに1円のキャッシュバック)ですが、ポイント交換先によってポイントアップがあるので実質還元率は0.3%~0.5%相当です。

貯まったOki Dokiポイントは、カタログギフトや商品券と交換したり、他社ポイント(ANAマイルや楽天スーパーポイントなど)と交換したりできます。

特に、ポイントアップモール「Oki Dokiランド」を経由してネット通販などを利用すると、ポイント還元率が最大20倍になることもあるので、非常にお得です。

Oki Dokiランドには、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon.co.jpなどが参加しているため、日常のネット通販での買い物でも、より多くのポイントを獲得できます。

ATM・振込手数料を節約できる

スマホを持った男性

デビットカードを使うと、ATM手数料振込手数料を節約できます。

まず、デビット決済メインで支払いをすると現金を使う機会が減るので、ATMでお金を引き出す機会が減ってATM手数料を節約できます。

たとえば、三菱UFJ銀行はコンビニATMで出金するとATM手数料が100~200円かかります。毎月1回コンビニATMでお金を出金していたなら年間1,200~2,400円の費用がかかってしまいます。

しかし、デビットカード支払いを中心にすることで、これらの費用を大きく削減することが可能です。

さらに、もし今までネットショッピングの支払方法で「銀行振込」を利用していた場合、それをデビット支払いに切り替えるだけで振込手数料がカットできます。

デビット支払いはクレジットカード支払いと同じ扱いになるので、振込手数料などは一切発生しません。

利用明細はネットで確認できる

スマホを操作する女性

三菱UFJデビットは、利用明細をネットやスマホですぐに確認できるので、使いやすいです。

デビットカードは即時に銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みなので、クレジットカードのように使いすぎる心配はありません。

しかし、銀行残高が常に変化するので、「どれぐらい使ったのか?」をこまめにチェックしたいという人も多いです。

三菱UFJ銀行のデビットカードなら、利用明細は「いつどこでいくら使ったか?」がわかるので、レシート代わりになります。

レシートと残高を同時に見ることができるので、あとどれくらいお金が使えるかがわかりやすいです。

忙しい人も、隙間時間に支払履歴や残高をチェックできるようになるので便利です。

使いすぎたくない人は利用限度額も設定を

よりお金の使いすぎを少なくしたい場合は、同じくスマホから利用限度額を設定することをおすすめします。

三菱UFJ銀行のデビットカードは「1日5,000円まで」のような利用限度額を設けることができます。利用限度額の設定は、スマホからいつでも自由に変更可能です。

もしくは、三菱UFJ銀行の銀行口座をデビットカード用に使い、余裕資金は定期預金に預けるのもおすすめです。

普通預金から定期預金への振替も、スマホから簡単に設定できます。

海外でも使える

旅行

デビットカードは国内・海外を問わず、クレジットカード加盟店ならどこでも使えるのもメリットです。

海外でデビット決済を行うと、即時に日本の銀行口座から円換算された金額が引き落とされます。

VISAやJCBが使えるお店は世界中にあり、特にVISAは世界シェアNo.1という普及率です。

コンビニやスーパーなど、一般的なショップならほとんど利用可能です。

JCBは日本発の国際カードブランドなので国内で人気がありますが、世界各国での普及率も上がってきているので海外でも不便なく使えるようになってきました。

また、三菱UFJ銀行のデビットカードは海外ATMから現地通貨を引き出せるのも便利です。

海外で現金が必要になったら、VISAが展開しているATMネットワーク「PLUS」マークのあるATMで、銀行口座の日本円を海外通貨に替えて出金できます。

「銀行からの預金引き出し」になるので、金利などは発生しません。

下記の手数料がかかりますが、現金を両替する際の手数料よりもずっと格安です。

■三菱UFJ銀行のデビットカード 海外ATMで現地通貨を引き出す手数料

  • 海外ATM利用手数料:1回100円+税
  • 海外事務手数料:取引金額の3.0%

※一部ATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合あり

ちなみにクレジットカードも海外で通貨を引き出せますが、その場合は海外キャッシング、というカードローンに似た「借入れ」をすることになります。

海外キャッシングはいわば借金なので、金利もデビットカードより高く、年15~18%ほどの利息かかります。

「利息が高くつく海外キャッシングはしたくない」という方にとっても、デビットカードは使い勝手の良いアイテムになります。

ショッピング保険と補償制度を完備

安心

三菱UFJ銀行のデビットカードには、2つの付帯保険が付いています。

■三菱UFJ銀行デビットカード 補償制度

ショッピング保険
デビット決済で購入した商品が盗難に遭ったり、偶然破損してしまったりした時も、年間100万円まで補償してもらえます。
不正利用補償
デビットカードを紛失して悪用されてしまった場合、三菱UFJ銀行に連絡した日からさかのぼって60日前までの損失金を一定額補償してもらえます。

※ショッピング保険と不正利用補償の条件は三菱UFJ-VISAデビットと三菱UFJ-JCBデビットで異なるので、後ほど解説します。

この他にも、デビットカード利用時、メールにて利用があったことをお知らせしてくれるサービスが無料で使えます。

万が一身に覚えのない「利用通知メール」が届いたら、すぐに不正利用されたとわかるので被害を最小限にできます。

不正利用に気づいたら、すぐに銀行に連絡を入れます。

それだけで、60日前までさかのぼって補償してくれるので、安心感は非常に大きいです。

年会費は実質無料

財布を持つ男性

三菱UFJデビットの年会費は、初年度は無料ですが2年目以降は1,000円+税です。

ただし、無料条件が2つ設定されており、比較的クリアしやすい条件だと思います。

■三菱UFJ銀行デビットカード 次年度以降も年会費が無料になる条件

  • 年齢が15歳(中学生は除く)~23歳
  • 年間10万円以上の利用

23歳以下の方なら、無条件で年会費無料です。

また、「年間10万円以上使えば次年度も無料」という条件も、他社の年会費有料デビットカードに比べるとハードルは低いです。

毎月8,400円くらい利用すればOKなので、毎月のスマホ代や光熱費などの定額決済をデビットカード支払いにすればクリアしやすいです。

デビット払いをある程度活用すれば、実質年会費無料で最大手メガバンクのデビットカードが使えるというのは、大きなメリットだと思います。

三菱UFJ銀行 公式サイトはこちら

VisaデビットとJCBデビットの違い

次に、三菱UFJ-VISAデビットと三菱UFJ-JCBデビットの違いを比較していきます。

基本的な機能は同じですが、「VISAデビットを持った方が得する人」「JCBデビットの方が向いている人」はいます。

JCBデビットの方がポイント還元率は高い

三菱UFJ銀行JCBデビット

まず、VISAデビットのキャッシュバック率・JCBデビットのポイント還元率を比較すると、JCBデビットの方が還元率は高いです。

VISAの基本のキャッシュバック率は0.2%、JCBのポイント還元率は0.3~0.5%相当なので、利用額が大きい人は実質値引きの額に差が付きます。

しかし、VISAブランドの方が普及率が高いことや、VISAのキャッシュバック率を上げる方法があることも考えると、VISAを選ぶメリットもあります。

■三菱UFJ銀行Visaデビット 還元率

  • 基本キャッシュバック率:0.2%
  • 前年1年間の利用実績が20万円以上:+0.05%
  • 前年1年間の利用実績が30万円以上:さらに+0.05%
  • 誕生月:+0.1%

→最大キャッシュバック率0.4%

三菱UFJ-VISAデビットを年間30万円以上利用すれば、次年度のキャッシュバック率は0.3%まで上がり、JCBデビットに並びます。

毎月2.5万円の支払いをすれば条件を満たせる計算なので、普段の買い物に加えて定額支払も利用すればクリアできると思います。

誕生月を含めると最大0.4%となり、基本キャッシュバック率の2倍になる点も大きいです。

また、三菱UFJ-VISAデビットは、ポイント還元ではなくキャッシュバックという点も重要です。

JCBデビットは還元率が高いですが、Oki Dokiポイントの交換先が普段あまり使わないサービスだと、使い勝手が悪いかもしれません。

特に、JCBの優待サイト「Oki Dokiランド」ではポイント2倍というメリットがありますが、ネットショッピングをあまり利用しない人はこの恩恵を受けられません。

Oki Dokiポイントを支払い金額に充当することもできますが、その際の還元率は0.3%(1ポイントにつき3円分)なので、VISAデビットと同水準です。

三菱UFJ-JCBデビット Oki Dokiポイントの主な交換先(一部)

■Oki Dokiランドでポイントアップするネット通販

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo! JAPAN
  • 三越・伊勢丹オンラインストア
  • 高島屋オンラインストア
  • 大丸松坂屋オンラインストア
  • ロフトネットストア

■商品券

  • 阪急阪神百貨店
  • 高島屋(一部店舗)
  • 大丸(一部店舗)
  • アコーレ

■他社ポイント

  • JALマイル
  • ANAマイル
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • ビックポイント(ビックカメラ)
  • ジョーシンポイント

■電子マネー

  • nanaco
  • WAON
  • 楽天edy
  • スターバックスカード
  • au WALLET
  • dポイント

特に、ナナコポイント、ビックポイント、ジョーシンポイントは最高還元率の0.5%なので、相性が良いです。

もしポイント還元先があまり使わないサービスだったり、ポイント交換を面倒に感じる場合は、VISAを選ぶのもありです。

ポイント交換を忘れていて有効期限が切れてしまうくらいなら、自動キャッシュバックのVISAデビットの方がお得です。

付帯保険の内容に少し違いがある

買い物

前半でも少し触れた通り、三菱UFJ銀行デビットカードはVISAとJCBで付帯保険の条件が少し異なります。

個人的には、三菱UFJ-VISAデビットの方がおすすめです。

VISAは世界で一番普及している国際ブランドなのはもちろん、JCBデビットにはない「海外」ショッピング保険が付帯するからです。

ただし、JCBには旅行保険が付いているので、もし他に旅行保険に加入していないならJCBデビットもありだと思います。

国内・海外のショッピング保険、不正利用補償、旅行保険の条件を比較すると、下記のとおりです。

■三菱UFJ銀行デビットカード VISAとJCBの付帯保険の違い

付帯保険 VISA JCB
国内ショッピング保険 年間100万円
(1事故あたりの自己負担額5,000円まで)
なし
海外ショッピング保険 年間100万円
(1事故あたりの自己負担額5,000円まで)
年間100万円
(1事故あたりの自己負担額10,000円まで)
不正利用の補償額 年間100万円 年間500万円
旅行保険 なし 死亡後遺症障害を中心に最大3,000万円の補償

国内外どちらのショッピング保険も付帯していて、不正利用もちゃんとついているVISAデビットは、幅広いリスクに備えられます。

不正利用の補償上限額はJCBデビットより低めの100万円までですが、利用限度額を低めに設定しておくことでも不正利用リスクを低くできます。

たとえば、1日の利用限度額を5,000円までに設定しておけば、60日間お金を限度額いっぱい使われたとしても被害額を30万円までに抑えられます。これなら不正利用枠に十分収まります。

もし、すでに旅行保険が付帯されているクレジットカードを持っていたり、旅行保険に別途加入していれば、VISAを選んでいいと思います。

JCBデビットも海外ショッピング保険や不正利用の補償内容はVISAより手厚いですが、海外での普及率はVISAに劣るので、JCBデビットだけで海外に行くのはやや不安が残ります。

三菱UFJデビット、どちらがおすすめ?

ゴールドカード

ここまでの比較をふまえて、三菱UFJ銀行のデビットカードのうち、VISAデビットがおすすめの人とJCBデビットがおすすめの人をまとめてみました。

■三菱UFJ-VISAデビットがおすすめの人

  • 年間30万円くらいのカード決済をする
  • (旅行によく行く場合)旅行保険もすでに加入している
  • 支払額の還元はキャッシュバックの方が良い

■三菱UFJ-JCBデビットがおすすめの人

  • 年間10万円はカード決済をする
  • ポイント還元率が少しでも高い方が良い
  • ネットショッピングをよく利用する

Visaは世界普及率No.1の国際ブランドなので、まだVisaブランドのカードを持っていないなら1枚持っておくと便利です。

私自身、もう何年もキャッシュレスに近い生活をしていますが、Visa決済でほとんどの支払いをカバーできています。

三菱UFJ-Visaデビットのデメリットとして「旅行保険が付いていない」という点がありますが、もし他のカードなどで加入済みなら問題ありません。

三菱UFJ-JCBデビットは、何よりポイント還元率が高いのが大きなメリットです。

特にネットショッピングを利用する人は、優待サイト経由で買い物をすることで、最大20倍のポイント還元が受けられます。

ネット通販をあまりしない人はVisaデビットとの還元率の差は小さくなるので、自分にとって使いやすい方のブランドを選んでいいと思います。

いずれにしても、VISAもJCBも日本最大のメガバンクのデビットカードを持てるという安心感があるので、初めて持つデビットカードとしてもおすすめです。

また、個人的には非常にデザイン性に優れたカードだと思うので、年齢や使う場所を選ばない、良いカードだと思います。

三菱UFJ銀行デビットカード 申込はこちら(無料)

この記事を見た人がよく見ているページ

ページの先頭へ戻る