デビットカードのQ&A

未成年でも持てるクレジットカードとしてデビットカードは使えるか?

高校生

最近は、プリペイド式の電子マネーも普及してきており、未成年や学生の方でも、「現金を持たないキャッシュレスの買い物」をしている人が増えてきています。

現金は盗られる危険性がありますし、小銭を出すよりもカードを一枚出した方が支払いは楽になります。

学生や未成年のお子様を持つ親で、「未成年や学生でも持てるクレジットカードはないか?」と考えている方もいると思います。

残念ながら18歳未満の場合、クレジットカードは持つことができませんが、その代替案としてデビットカードを持つことなら可能です。

デビットカードは16歳以上の方なら誰でも持てる特徴があります。(カードによっては15歳以上から持てるものもあります)

クレジットカードは18歳以上になってから

クレジットカードを持つビジネスマン

クレジットカードは、いわゆる「つけ払い(後払い)」の仕組みなので、発行前に必ずカード発行審査が行われます。

その人につけ払いをさせても、後でちゃんと支払ってもらえるかどうか、「信用」の審査をする必要があるためです。

しかし、どれだけ信用があっても18歳未満の方はクレジットカードを持てません。これは、どこのカード会社でも共通のルールです。

また、「後払い」の仕組みであるクレジットカードは、その時お金がなくても商品を買うことができたり、分割払いによるローンを組むことができます。

つまり、「カード破産」や「支払い地獄」に陥ってしまう危険性が少なからずあります。

クレジットカードはとても便利なものですが、このような問題があるために、未成年の方に持たせるのは危険だと感じている親御さんも多いと思います。

デビットカードは審査不要

クレジットカードとデビットカードの違い

一方で、デビットカードは「審査不要で持てるカード」です。銀行口座さえ持っていれば、16歳以上の方なら誰でも持つことができます

なぜなら、デビットカードはクレジットカードのような「後払い」ではなく、「即時払い」の仕組みだからです。

財布の中にお金がなくてもデビットカードを使って買い物ができますが、銀行口座にお金がなければカードは使えません。

「銀行口座の預金残高=カードの限度額」となるため、「カード破産」や「支払い地獄」の危険性が一切ありません。

こうした理由から、誰でも使える安全なカードとして、デビットカードは16歳以上なら誰でも、審査不要で持てるのです。

使い方はクレカと同じ

ゴールドカード

デビットカードの支払方法は、クレジットカードと同じです。VISAデビットの場合、レジでの処理はクレジットカードのVISAと同じ扱いで処理します。

ネットショッピングでも使えますが、この場合もクレジットカード支払いと同じ扱いです。これは、VISAデビットが、VISAのマークがあるすべてのお店で使えるように設計しているからです。

カードを使って支払いをする時は、「VISAで支払います」といえばOKです。

コンビニでもネットでも、そして海外でも、クレジットカードと同じようにデビットカードは使えます。

すべて銀行口座からの即時払いなので、「クレジットカードよりも安全に使える、未成年や学生でも持てるカード」として活用することが可能です。

盗難・紛失の補償あり

オペレーター

学生や未成年の方がカードを持つ場合、落としてしまったり、紛失の心配があると思います。しかし、デビットカードは安全面に配慮されているので安心です。

もしカードを紛失してしまった場合は、カスタマーサポートに電話をすれば、すぐにカードを止めてもらえます。また、他人にカード番号が知られて不正利用された場合も、補償が付いているケースがほとんどです。

例えば、ジャパンネット銀行のJNB VISAデビットカードなら、第三者不正使用保険として、1口座あたり最大500万円の補償がついています。

例えば学生さんの場合、ヤンキーの人たちにカツアゲされてしまう可能性があります。しかし、現金を持っていなければ取られるものはありません。

もしデビットカードを取られてしまっても、すぐにカスタマーサポートに電話をしてカードの利用を止めてもらえば、もうそのデビットカードは機能しなくなるので、カードが不正に使われる心配はありません。

私もJNB VISAデビットを使っています。

というのも、ジャパンネット銀行はすべてのキャッシュカードにデビット機能を付けているからです

つまり、ジャパンネット銀行に口座開設をした人は、たとえ未成年でも関係なく、すべてのキャッシュカードにデビット機能が強制的に付けられます。

これは、デビットカードがそれだけ安全なものであると、ジャパンネット銀行が認めたということに他なりません。

未成年でカード支払いがしたい方へ

セキュリティ

このように、学生や未成年が持てるクレジットカードの代替案として、デビットカードは非常におすすめです。ご両親が口座を管理できる状態にしておけば、お子様がいつどこでいくらお金を使っか?も把握できます。

また、クレジットカードは「カード破産や支払い地獄」の問題があります。事前にチャージしておくタイプのプリペイドカードは「落としてしまった時のショックが大きい」です。

しかし、デビットカードにはこれといった危険性はありません。

日本では近年少しずつ普及率が高まっているデビットカードですが、実は海外ではクレジットカードよりも普及率が高く、一般的に使われています。

学生の方でカードを持ちたい方、未成年のお子さんにカードを持たせたい方、クレジットカードの代わりとしてデビットカードを検討してみてはいかがでしょうか?

ポイントやキャッシュバックのあるデビットカードも

楽天銀行デビットカード

ネット銀行のデビットカードは、

  • 未成年でも持てる
  • 年会費無料で使える
  • ポイント還元やキャッシュバックが受け取れる

といった3つのメリットがあり、特におすすめです。

例えば、楽天銀行のJCBデビットカードは、年会費無料で16歳以上の方が持てるカードです。

全国のJCB加盟店で使うことができ、デビットカードの利用金額の1%を、楽天スーパーポイントで還元してくれます。

大きな特徴として、楽天での買い物に限り「還元率が2%になる」というものがあります。楽天で買い物をすることが多い未成年の方にとっては、メリットの大きい一枚です。

主要なコンビニエンスストアなどはJCBに加盟しています。また、ネットショッピングでもJCBカードを使えるお店はとても多く、利便性の高いデビットカードとなっています。

ソニー銀行の発行しているソニーバンクウォレットは、15歳以上でも持てるVISAデビットカードです。

デビットカードの多くが16歳以上でなければ持つことができません。しかし、ソニーバンクウォレットは、15歳から申し込めます。

利用金額の0.5%相当のキャッシュバックが受けられるので、日常の買い物が実質0.5%OFFになります。

還元率は、ソニー銀行が展開している会員ランクによって異なります。会員ランクが上がると、最大でキャッシュバック率は2.0%まで上がります。

また、楽天銀行のJCBデビットよりも、VISAの方が国内外で利用できるお店の数が多いという隠れたメリットもあります。

年会費は無料、海外やネット通販でも使える便利なカードです。

その他にも、多くのネット銀行がスペックの高いデビットカードを提供しています。いずれも、未成年が持てる設計となっているので、自分にとってベストな一枚を探してみてください。

ネット銀行のデビットカードの詳細は、こちらのページでまとめています。

▼大手銀行もデビットカードを発行しています

人気のデビットカード

ページの先頭へ戻る