PayPay銀行 カードレスVisaデビット

PayPay銀行 ロゴ

日本で最初のネット銀行「PayPay銀行」は、PayPay銀行 カードレスVisaデビットという安全性の高いサービスを扱っています。

「カードレス」の名の通り、一般的なデビットカードのようにカードは発行せず、カード番号のみ発行するネットショッピング専用のデビットサービスです。

発行した番号はいつでも利用を停止でき、安全性の高さに定評があります。

現在、PayPay銀行のキャッシュカードにはすべてVisaデビット機能が標準装備されているので、プラスアルファのデビット機能として使えるサービスです。

PayPay銀行のVisaデビット お申込みはこちら(無料)

カードレスVisaデビットのおもな特徴

PayPay銀行の発行する、カードレスVisaデビットの特徴についてまとめます。

使える場所はネットのみ

スマホを操作する女性

カードレスVisaデビットはカードの発行がないため、使える場所がネットショッピングに限定されます。

ネットでの買い物だけでなく、オンラインゲームの課金や動画サービスの有料会員の支払いなどにも使うことが可能です。

カードレスVisaデビットは国際ブランド「VISA」が提供しているサービスなので、国内・海外を問わず「VISAカード」が使えるサイトなら、どこでも使えます。

使い捨てのカード番号で安全度が高い

セキュリティ

カードレスVisaデビットの最大のメリットは、最大4つの使い捨てカード番号が取得できることです。

カード番号を自由に変更・停止・廃止することができるので、万が一カード番号が第三者に知られても不正利用を防止できます。

これなら、今まで利用したことのない「怪しいサイト」や「信頼できないサイト」でも、カード番号をすぐに廃止すれば安心です。

また、カードレスVisaデビット番号の有効期限は発行後5年です。

カードレスVisaデビットの使い分け方

カードレスVisaデビットで一度に保有しておける番号は4つまでですが、カード番号を使い捨てるか、そのまま同じ番号を使い続けるかを、自由に選べます。

よって、デビット番号を下記のような使い分けができます。

  1. 初めて使うネットショップなどでデビット番号を使い捨てる
  2. ずっと使う通販サイトに同じ番号を登録し続ける

たとえば、楽天市場のような安全度が高いネットショップでカードレスVisaデビットを使い続けたい場合は、最大で5年間まで同じカード番号を使い続けることもできます。

万が一、不正利用で身に覚えのない支払履歴があることに気付いたら、すぐにカード番号をリセットすれば被害を最小限に抑えられます。

一度に4つまでのカード番号を持てるので、たとえば、使うショップごとにカード番号を設定するような使い方もできます。

また、カード番号をしばらく使わないときは、カード番号ごとにロックをかけることもできます。

ネットサービスでの利用において、クレジットカードの何倍もの安全性を確保できるのが特徴です。

年会費は完全無料

電卓

カードレスVisaデビットは、PayPay銀行に口座を持っている人なら誰でも年会費永年無料で利用できます。

また、PayPay銀行の口座開設や利用にあたっても、手数料は一切必要ありません。

PayPay銀行の口座開設の条件は「満15歳以上」のみなので、年齢さえクリアしていればカードレスVisaデビットが利用できます。

クレジットカードは18歳以上でないと持てないので、15歳以上の学生がゲーム課金用にカードを持ちたいときなどにも使えます。

ネットで買い物をするときくらいしかカード決済は使わないという人であれば、カードレスVisaデビットの方が手軽、かつ安全性においてメリットがあります。

キャッシュバックは0.2%

シニア男性

Visaデビットの利用額に応じて、500円につき1円(0.2%)のキャッシュバックがあります。

0.2%というのは決して還元率のいいほうではありませんが、ポイントではなくキャッシュバックなので、手間がかかりません。

また、ネットショップでデビット決済をすると「クレジット決済」扱いになるので、振込手数料や決済手数料がかからないのもメリットです。

万が一の保障つき

安心

PayPay銀行では「第三者不正使用保険」で、第三者による不正利用による被害を受けた際は1口座あたり年間500万円を保証してもらえます。

カードレスVisaデビットは、ネットショッピングにおいて非常に安全性が高い支払方法ですが、さらに万が一に備えることができます。

たとえば、使い捨ての番号が使い捨てられる前に不正利用される可能性もゼロではありません。

もしくは、安心できると思っていた大手ネットショップがカード番号を流出させてしまった場合などです。

自分で「カード番号を使い捨てる」という対策を出来るだけでなく、PayPay銀行も補償体制を整えている安心感は大きいです。

PayPay銀行 Visaデビットカードとの違い

比較する女性

カードの現物が発行される、「PayPay銀行 Visaデビットカード」との違いについて簡単にまとめます。

■PayPay銀行 Visaデビットカード カードありとカードレスの違い

カードの有無
PayPay銀行に口座開設をすると、全員がVisaデビット機能付きのキャッシュカードを持てます。さらにカードレスVisaデビットも発行すると、PayPay銀行 VisaデビットカードとカードレスVisaデビットの両方を利用できるようになります。
使える場所
PayPay銀行 Visaデビットカードは、コンビニやスーパーと言った実店舗やネットショップで支払い可能で、海外ATMから現金を引き出すことも可能です。一方カードレスVisaデビットは実店舗で見せるカードは発行されないので、ネットショップでの利用に限定されます。
有効期限
PayPay銀行 Visaデビットカードの有効期限は10年間ですが、カードレスVisaデビットの有効期限は最大5年です。有効期限が来ても新しい番号をすぐに再発行できるので、有効期限が短いからと言って特にデメリットは感じません。

個人的には、PayPay銀行 カードレスVisaデビットは非常に優れたサービスだと思います。

カード番号をいつでも使い捨てられるので、海外通販など「ちょっと不安だな」と思うサイトで買い物をするときに力を発揮します。

また、あくまでクレジットカードではなく「デビットカード」なので、支払いができるのは銀行口座残高での範囲内で使いすぎの心配もありません。

カードレスVisaデビットを使う上で追加料金がかかることもないので、PayPay銀行で口座開設をしたら積極的に活用することをおすすめします。

カードレスVisaデビットを活用している人は多く、口コミでも大変評判のサービスです。

お申込みはこちら(無料)

カードレスVisaデビットの口コミ

口コミ

実際にカードレスVisaデビットの口コミを、ネット上でチェックしてみました。

やはり、カード番号を使い捨てられるという安全性の評価が高く、多くの人が「良いサービス」と話していました。

カードレスVisaデビットの評価として、カード番号がすぐ発行できるというスピードについての評判もありました。

通常、クレジットカードなら申込んでからカードを受け取るまで1~2週間かかります。

PayPay銀行のカードレスVisaデビットなら、新しいカード番号が約1分で発行できるので、ネットで買物をしようと思ったらすぐに利用できます。

PayPay銀行でカード型のPayPay銀行 Visaデビットとうまく使い分ければ、安全なキャッシュレス生活を送ることができそうです。

お申込みはこちら(無料)

PayPay銀行の人気記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。(2021年9月3日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る