VisaデビットTカード(スルガ銀行)

デビットTカード スルガバンク

スルガ銀行では、Tポイントが貯まるデビットカード「VisaデビットTカード」(正式名称:デビットTカード スルガバンク)を発行しています。

記事執筆時点では、唯一Tポイントを貯められるVisaデビットです。

このVisaデビットは、「スルガ銀行 Tポイント支店」という、スルガ銀行のインターネット支店が発行しています。

スルガ銀行は、静岡地盤の地方銀行です。Tポイント支店は、全国どこからでもネットで口座開設できます。使い勝手は、ネット銀行に似ています。

年会費や発行手数料は不要です。15歳以上の方なら誰でも発行可能です。日ごろからTポイントを貯めたい人におすすめです。

すでにTポイントカードを持っていれば、ポイントの統合、移行も簡単にできます。

VisaデビットTカードのまとめ

VisaデビットTカードは、スルガ銀行デビットカードに、Tポイント機能がついたカードです。

利用代金に応じてTポイントが貯まるうえに、このカード自体がTカードの役割を果たします。Tポイント加盟店で提示すると、カード提示ポイントが貯まります。

利用代金のポイント還元と、カード提示ポイントを二重で貯められるVisaデビットは、スルガ銀行でしか発行できません。

Tポイントをガンガン貯める方法

Tポイント

スルガ銀行Tポイント支店では、デビットカード支払い時だけでなく、銀行取引によってもTポイントを貯められます。

スルガ銀行Tポイント支店で、Tポイントを貯める方法は、以下2通りです。

「デビット決済」でTポイント二重取り

VisaデビットTカードを使って支払うと、200円ごとに1ポイントが貯まります。

Tポイント加盟店で使えば「カード提示分」も受け取り、ポイント二重取りになります。

デビット支払いは、レジでの実店鋪会計だけでなく、Amazon.co.jpや楽天市場などのネット通販も対象です。

Visaが使えるお店なら、コンビニでもネット通販でも海外でも、デビットカードによる支払いが可能です。

決済の仕組みはクレジットカードと同じです。しかし、デビットカードは「即時引き落し」が基本です。口座残高以上に使いすぎる心配がありません。

銀行取引でポイントバック

スルガ銀行Tポイント支店ならではのメリットは、銀行取引でもTポイントが貯まる点です。

ポイントを簡単にもらえる取引は、以下2つです。

  • 給与振込口座に使うと毎月50ポイント
  • 定期預金(期間1年)10万円ごとに60ポイント

スルガ銀行Tポイント支店を給与振込口座に指定するだけで、毎月50ポイントがもらえます。年間で、600ポイント貯まる計算です。

ほかにもTポイントを受け取れる銀行取引はあります。スルガ銀行を利用するほど、Visaデビット決済もお得になります。

Tポイントは、Tポイントカードの提示だけではなかなか貯まりません。銀行取引も並行して行うと、より早くポイントが貯まります。

日ごろの買い物でデビット決済し、Tポイント加盟店でポイント二重取りすれば、多くのTポイント獲得が期待できます。

海外ATMで現地通貨を出金

スマホを持った男性

スルガ銀行のデビットTカードは、海外ATMで現地通貨が引き出せます。国内で、キャッシュカードを差し込んでお金を引き出すのと、同じ感覚です。

世界200カ国以上に設置されている、VisaまたはPLUSマークのATMなら、原則どこでも利用可能です。

海外ATMで出金すると、自動的にその国の通貨に両替し、現地通貨として出金します。海外旅行で、現金が必要な際に役立ちます。

手数料は、ATM利用料200円+税に加えて、Visaの為替レートに3.00%を乗せた金額がかかります。両替所で両替してもらうより、ずっと低コストです。

海外で現地通貨を入手する方法は4通りあります。最も手数料がお得なのは、デビットカードでの現地通貨引き出しです。

■海外で現地通貨を手に入れる方法

  1. クレジットカードの海外キャッシング(短期なら一番お得)
  2. Visaデビットカード(お得)
  3. 両替所を使う(手数料が高い)
  4. トラベラーズチェック(一般的ではない)

クレジットカードの海外キャッシングは、短期間で返済すれば、手数料を安く抑えられます。しかし、留学など長期の渡航で返済が遅くなると、利息が膨らみます。

キャッシングの利息は、日割り計算で増えていきます。返済が1日延びるごとに、利息は積み上がるので要注意です。カードローンの利息と同じ仕組みです。

長期的に海外現地通貨を利用する際や、クレジットカードを持ちたくない場合は、デビットカードが最もお得です。

デビットカードでの現地通貨の引き出しはキャッシング、つまり「借金」ではありません。あくまで、自分の口座からお金を引き出すだけです。

日々手数料が増えることはなく、返済手続きを取る必要もありません。

ATM手数料0円でコンビニATMが使える

コンビニATMに足を運ぶ男性

スルガ銀行 Tポイント支店は、コンビニATMやゆうちょ銀行ATMを全国で利用できます。近所にスルガ銀行ATMがなくても、入出金しやすく安心です。

以下のATMなら、平日 7:00~18:00、土曜 9:00~14:00の時間帯は、ATM手数料0円で入金・出金ができます。

■スルガ銀行 提携ATM

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E-net(ファミマなどに設置)
  • タウンネットワークサービス
  • スルガ銀行
  • ゆうちょ銀行

特に、コンビニATM設置台数No.1のセブン銀行ATMや、全国展開のゆうちょ銀行ATMが使えるのは便利です。都心でも地方でも、手軽に入出金できます。

一定条件を満たしてスルガ銀行の優遇ステージが上がると、ATM手数料を完全無料にするのも可能です。ATM時間外手数料や、他社金融機関のATM出金手数料が無料になります。

けれども、ふだんからデビット払いをすれば、ATMに行く機会はかなり減ります。財布の中の現金が減らなくなるからです。

特に、スルガ銀行のVisaデビットTカードは、国内外ともに多くのお店で利用できます。

Visaデビットは、カード国際ブランド「Visa」で決済できるお店なら、原則どこでも利用できます。Visaは国際ブランドシェアNo.1で、多くのお店に対応しています。

盗難補償で万が一にも備える

安心

Visaデビット Tカードには補償制度もあります。セキュリティやサポート面にも、安心感があります。

15歳以上なら誰でも使えるデビットカードなので、未成年の子どものおこづかい管理にも向いています。

Visaデビット Tカードのサポート・補償制度
盗難補償
Visaデビット Tカードが盗まれたり、カード番号が漏れて第三者に不正利用されたりしても、61日前までさかのぼって全額を補償
利用限度額設定
一日の利用限度額を自由に設定可能(例:一日あたりの5,000円まで、など)。
お買い物安心サービス
Visaデビットカードを使って購入した商品が盗難や破損にあった場合、購入後60日以内であれば損害額を補償するショッピング保険。

利用限度額の設定は、スルガ銀行マイページからいつでも可能です。お金の使いすぎ予防になり、不正利用時も被害を最小限に抑えられます。

お買い物安心サービスは、不注意で購入商品を破損してしまったときも補償対象です。カバー範囲はかなり広いと思います。

Tポイントはデビットカードで貯めづらい

財布を持つ女性

スルガ銀行Tポイント支店は、記事執筆時点で唯一、Tポイントが貯まるVisaデビットです。

しかしポイント還元率は、ほかのネット銀行のデビットカードと比べると、やや低めです。

Tポイントに交換可能なポイントが貯まるデビットカードもありますが、年会費無料のVisaデビットでは少ないのが現状です。

Tポイントが貯まるデビットカードは、ジャパンネット銀行のファミマTカードが好評でした。

しかし、ジャパンネット銀行のファミマTカードは、新規受付を終了しました。現時点で、Tポイントが貯まるデビットカードを発行しているのは、スルガ銀行のみです。

個人的には、現金によるキャッシュバックがあるデビットカードの検討がおすすめです。

利用代金に応じたキャッシュバックが、定期的に銀行口座へ入金となります。ポイントのように、使いみちに悩む必要がありません。

Tポイント加盟店では、今までどおりTカードを提示して、ポイントを貯めます。もしくは、モバイルTカードに切り替え、アプリから提示するようにすれば、財布がすっきりします。

キャッシュバック率が高いと評判のVisaデビットは、GMOあおぞらネット銀行のVisaデビットです。

誰でも0.6%還元で、預金残高や取引内容によっては1.5%還元まで引き上がります。

GMOあおぞらネット銀行は、比較的新しいネット銀行です。デビット還元率だけでなく、預金金利の高さも人気です。

Visaデビット関連リンク

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年10月9日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る