Visaデビットカードの引き落とし先口座を変更することはできますか?

支払い

クレジットカードと同じく、Visaデビットカードでも引き落とし先の口座を変更したい時があると思います。

しかし、デビットカードは銀行が発行しているため、銀行口座との結びつきが強いカードです。

デビットカードの引き落とし口座を変更できるのか、詳しく解説します。

結論から言うとできません

バツ

残念ながら、デビットカードでは引落口座の変更はできません。これは、どこの銀行でも共通です。

なぜなら、デビットカードは銀行が発行しているからです。

クレジットカード
カード会社が発行しているので、引き落とし口座を自由に変更できる。
例:楽天カードの請求は、必ずしも楽天銀行で行う必要はない。
デビットカード
銀行が発行しているので、発行元の銀行口座でしか引落できない。
例:楽天銀行デビットカードの請求は、楽天銀行の口座で行う必要がある。

引き落とし口座が制限されるのは、デビットカードのデメリットの一つです。

デビットカードを作る時は、どの銀行で発行するかをしっかり検討することをおすすめします。

デビットカードの引き落とし口座にしない方が良い銀行

悩む男性

自分にとって使いづらい銀行口座でデビットカードを一度作ると、引き落とし口座を変更できず困ることになります。

下記2つの条件にあてはまるデビットカードは、なるべく避けることをおすすめします。

■おすすめできないデビットカード

  • 普段あまり使わない銀行系列
  • 年会費が有料

まず、日常的に使わない、もしくは使いづらい銀行のデビットカードはおすすめできません。

たとえば、三菱UFJ銀行で年会費無料のデビットカードを作ったとしても、自宅や通勤ルートに店舗やATMが少なければ不便です。

デビットカードは銀行口座の残高分しか支払いができないので、使う分のお金を口座に入れておく必要があります。

「デビットカードの口座残高が減ったから入金しよう」と思った時に、ATMにすぐ立ち寄れる方が便利です。

極端な例で言うと、北海道に住んでいる人が沖縄銀行のデビットカードを作っても、近くに店舗がないと使いづらいです。

他行から振込で入金する方法もありますが、振込手数料がかかる場合が多く損です。

しかし、いつも使っている銀行のデビットカードを作るとしても、年会費がかかるかどうかは要確認です。

たとえば、給与振込などに使っているメインバンクのデビットカードは使い勝手が良いですが、年会費が有料だと損です。

特に、メガバンクのデビットカードは年会費有料のものが多いので注意です。

年会費が無料、かつ銀行としても使い勝手が良いという点では、ネット銀行の発行しているデビットカードがおすすめです。

年会費無料で便利なデビットカードカードとは

買い物

今はほとんどのネット銀行が、デビットカードを無料で発行しています。

ネット銀行は実店舗を持たないので、全国どこに住んでいても高い利便性を提供しています。

たとえば、ネット銀行は主要コンビニATMと提携しているので、近くに銀行の支店がなくてもコンビニで手軽に入金が可能です。

よって、ネット銀行で年会費無料のデビットカードを持っていれば、どこでも手軽にデビットカードが使えます。

ネット銀行の中でも、年会費無料で使い勝手が良いデビットカードを発行している銀行をピックアップしてみました。

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカード

GMOあおぞらネット銀行デビットカード

ネット銀行の中でも比較的新しい、GMOあおぞらネット銀行のデビットカードはスペックが高いと評判です。

GMOあおぞらネット銀行は、デビットカードの中でも珍しい年会費無料のVisaデビットです。

Visaブランドのデビットカードは年会費が有料のものが多い中、完全無料でVisaデビット機能を提供しています。

Visaは国際カードブランドの中でシェアNo.1で、日本国内だけでなく世界中でも広く使えます。

また、支払代金の0.6~1.5%がキャッシュバックされるので、現金で払うよりうお得です。

セブン銀行イオン銀行のコンビニATMが使えるので、全国どこでもATM入金ができます。

中でも、セブン銀行はコンビニATM設置台数No.1なので、地方でもATMが多く便利です。

GMOあおぞらネット銀行で口座を開設すると、15歳以上ならVisaデビット機能が標準付帯されます。

→GMOあおぞらネット銀行のデビットカード 詳細はこちら

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行は、VisaデビットとJCBデビットの両方を発行しています。

そのうちJCBデビットの方は、年会費が無料な上にポイント還元率が非常に高いことで評判です。

ポイント還元率は、通常で1%還元、楽天市場などのグループサイトで使った場合は2%還元と、デビットカードの中でもトップクラスです。

クレジットカード並の還元率なので、クレジットカードを持ちたくないけどポイント還元は重視したい人にもおすすめです。

クレジットカードは18歳以下の方は持つことができませんが、楽天銀行デビットカード(JCB)は、16歳以上の方なら持つことが可能です。

JCBデビットが使えるお店はVisaより少ないですが、日本国内で使う分には十分な普及率です。海外でもJCBが使える店舗は増えてきています。

→楽天銀行デビットカード(JCB)の詳細はこちら

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行でも、年会費無料のJCBデビットカードを発行しています。

口座開設をする時に「デビット機能付き」を選べば、JCBデビット機能が付いた「イオン銀行キャッシュ+デビット」というキャッシュカードを発行してもらえます。

イオン銀行は、ネット銀行ではありながらも全国のイオンモール店舗内に窓口があるので、いざという時に対面で相談できる安心感があります。

さらに、イオン銀行のJCBデビットで支払いをすると電子マネーWAONがポイントバックされます。

オートチャージ機能を使えば実質ポイント還元率が1%まで上がるので、高還元率のデビットカードです。

イオン銀行キャッシュ+デビットはWAONでの支払いもできるので、貯まったWAONでの支払いもかんたんです。

普段からイオングループでお買い物をする人は、イオン銀行のデビットカードがおすすめです。

→イオン銀行キャッシュ+デビットの詳細はこちら

ネット銀行の口座は1つ持っておくと便利

デビットカードが無料で使いやすい以外にも、ネット銀行にはメリットが多いです。

たとえば、一部のネット銀行は「自動入金サービス」を提供し、毎月一定金額をメインバンクからネット銀行に自動的に移動できます。

自動入金サービス

他行から振込をすると「振込手数料」がかかるのが普通ですが、自動入金サービスは手数料無料で使えます。

毎月のデビットカード利用額を自動入金サービスで設定しておけば、「メインバンクからネット銀行に資金移動 → デビットカード利用額引き落とし」という流れが作れます。

給与振込口座やメインバンクがネット銀行でない方でも、手間を掛けずにデビットカードを使うことができておすすめです。

自動入金サービスが使えるネット銀行は、次の記事でまとめています。

デビットカード関連記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年5月8日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
ページの先頭へ戻る