住信SBIネット銀行 フラット35

住信SBIネット銀行 フラット35

住信SBIネット銀行は、自社オリジナルの住宅ローンだけでなく、フラット35も取り扱っています。

フラット35とは、最長35年間の長期固定金利が続く、公的な住宅ローンです。今まではARUHIと楽天銀行の二強状態でしたが、住信SBIネット銀行が低金利で保証が手厚いフラット35で参入しました。

住信SBIネット銀行は、低金利だけではありません。無料で全疾病保障へ加入できるという、他社にはないメリットがあります。

繰上返済手数料や融資事務手数料も低く、諸費用を抑えられます。

申込みがWeb完結で、忙しい人でも来店せずに手続きを進められるのも利点です。

→変動金利も選べる、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンはこちら

住宅ローンの金利と種類

住宅ローン

住信SBIネット銀行は、フラット35を取り扱い始めたのがやや遅めでした。

しかし、それまでに独自の住宅ローンを手がけ、手厚い保障や手数料に定評がありました。フラット35でも、それらのメリットを引き継いでいます。

現在、住信SBIネット銀行が取り扱っている住宅ローンは、3種類あります。

■住信SBIネット銀行の住宅ローン

  1. フラット35:全期間固定金利
  2. ネット専用住宅ローン:変動金利あり
  3. ミスター住宅ローンREAL:対面専用

全期間固定の住宅ローンを組みたい人は、フラット35がおすすめです。業界でもトップクラスの低金利で、最長35年間にわたって固定金利で返済できます。

変動金利も比較したい人は「ネット専用住宅ローン」、ローン窓口で相談したい人は「ミスター住宅ローンREAL」を選びます。

▼住信SBIネット銀行の他の住宅ローンはこちら

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が共同で販売している住宅ローンです。住信SBIネット銀行が国と共に運営しているので、安心して申し込めます。

契約時点で返済金額を固定し、事前に返済計画を立てておきたい人におすすめです。

フラット35 今月の金利はこちら(住信SBIネット銀行 公式サイト)

買取型と保証型が選べる

フラット35買取型・保証型の違い

住信SBIネット銀行のフラット35は、「買取型」と「保証型」を選べます。保証型のフラット35を扱っているのは、銀行の中でもかなり珍しいです。

300を超えるフラット35の取扱金融機関の中で、保証型を扱っているのは約1%しかありません。

どちらも「長期固定金利のフラット35」という点は同じです。しかし、金利や手数料が異なります。

■住信SBIネット銀行「買取型」フラット35の特徴

  • 初期費用が少なめ
  • 融資比率9割以上(頭金1割未満)でも借入可能

■住信SBIネット銀行「保証型」フラット35の特徴

  • 買取型より低金利
  • 融資比率9割未満(頭金1割以上)が条件
  • 保障が手厚い

保証型のフラット35は、頭金を1割以上支払うことを条件に、買取型より低い金利を提供するのが特徴です。

保証型のフラット35は、買取型と比べて、金融機関側の運営裁量が大きめです。買取型より低金利に設計することも可能です。

買取型も、頭金を支払うと金利は下がります。しかし、フラット35のほうが低金利なので、頭金を用意できる人はフラット35がおすすめです。

フラット35は頭金を10%以上払うと金利が下がる

フラット35の保障内容にも、保証型には住信SBIネット銀行の独自色が出ています。

一般的な団体信用生命保険にはない先進医療特約をつけられたり、全疾病保障が無料で付帯したりします。

後ほど詳しく解説しますが、無料の全疾病保障は住信SBIネット銀行住宅ローンの目玉サービスです。

他の金融機関で全疾病保障をつけると、金利が0.3~0.5%ほど上乗せされるのがふつうです。

0.5%も金利が上がってしまうと、最終返済総額に数百万円の差がつく可能性もあります。

買取型のフラット35で全疾病保障に加入するには、事務手数料の0.5%上乗せが必要です。団体信用生命保険も、住宅支援機構が運営するものにしか入れません。

しかし、買取型のフラット35にもメリットはあります。頭金が少なくても借りられることと、初期費用が安いことです。

頭金が1割以下、もしくは用意できなくても、買取型のフラット35なら融資を受けられる可能性があります。初期費用も、保証型より少なく抑えられます。

住宅ローンを組むときに、まとまったお金が用意できない人は、買取型がおすすめです。

フラット35とフラット35Sの違い

フラット35Sは借り換え不可

フラット35には、通常のフラット35とフラット35Sという2タイプがあります。

フラット35Sとは、耐震性や省エネルギーに優れた物件に対して、金利を当初5~10年間引き下げるコースです。

買取型・保証型の両方に、フラット35Sがあります。最も低金利なのは、「保証型のフラット35S」です。

フラット35Sを利用するためには、

  • 省エネルギー性
  • 耐久性・可変性
  • 耐震性
  • バリアフリー性

のいずれかの基準をクリアしなければなりません。

しかし、最近の住宅は多くが上記の条件を満たしています。新築や築年数の浅い中古住宅を買う場合は、クリアできる可能性が高いです。

フラット35Sを検討する上での注意点は、借り換えには利用できないことです。

通常のフラット35は借り換えOKですが、フラット35Sは借り換えできません。

年収で返済比率が変わる

返済比率

返済比率とは、年収に対してローンの返済がどれくらいを占めるか算出した割合です。

フラット35は、年収によって申し込み可能な返済比率が変わります。年収400万円を超えていると、返済比率が高くなります。

■住信SBIネット銀行のフラット35 年収に対する返済比率

  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下

民間の銀行が融資できる返済比率は、20~25%以下くらいが平均です。年収400万円の人が、35年固定金利で3,000万円を借りるくらいの割合です。

一方フラット35は、返済比率が30~35%までの人にも融資できます。年収300万円でも、35年固定金利で3,000万円を借りられる可能性があります。

年収が低めの人や、収入に対して高額な家を買おうとしている人も、フラット35なら審査に申し込めます。

住宅ローン以外に借入があれば、返済比率を計算するときに加える必要があります。

年収が高くても、自動車ローンなどの残高が多く残っていると、住宅ローン返済にあてられる返済額は減ります。

仮審査のお申込みはこちら(無料)

住信SBIネット銀行のフラット35比較

住信SBIネット銀行のフラット35は、買取型と保証型とで手数料などが異なります。

住宅ローン金利は、保証型のほうが低めです。しかし、初期費用は買取型のほうが安いので、買取型にも選ぶメリットがあります。

保障内容にも違いが多いので、しっかりと理解した上で検討することをおすすめします。

団体信用生命保険料

病院と車椅子

どの金融機関のフラット35でも、買取型の場合は団体信用生命保険の加入が任意です。

民間住宅ローンでは、団体信用生命保険の加入を必須としているケースが大半です。一方、買取型のフラット35は、団信に加入しなくても申し込める数少ない住宅ローンです。

団信に加入せずに買取型フラット35に申し込むと、金利が下がります。

毎月の保険料は、借入総額によって変わります。住宅ローン残高が減るにつれて、毎年の保険料も安くなっていく仕組みです。

持病があり団信に加入できない場合は、未加入という選択もありです。

しかし、団信は民間生命保険より保険料が安いので、多くの方が加入しています。

買取型のフラット35で加入できる団体信用生命保険は、住宅支援機構が運営する新機構団信のみです。新機構団信では、以下のリスクに備えることができます。

新機構団信の保障内容

団信に加入した契約者が万が一以下のような状態になると、住宅支援機構が弁済を行い、住宅ローン残高が0円になります。

■「新機構団信」の保障範囲

  • 死亡
  • 高度障害(所定の身体障害)

金利を年0.24%上乗せすると、より保障範囲の広い「新3大疾病付き機構団信」にグレードアップできます。

■「新3大疾病付き機構団信」の保証範囲

  • 死亡
  • 高度障害(所定の身体障害)
  • 3大疾病
  • 要介護2~5

3大疾病とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中をさします。日本人の死因の約4割を占める、身近な病気です。

一方で、保障型のフラット35は、団体信用生命保険の加入が必須です。

住宅支援機構が運営する新機構団信ではなく、住信SBIネット銀行が独自に提供する団体信用生命保険に加入します。保険料が別途かかることはありません。

保障型は買取型より低金利なうえに、団体信用生命保険も手数料無しで加入できます。

保障の範囲は、新機構団信よりも広めです。3大疾病すべてはカバーできないものの、最も死亡率の高いがんは保障しています。

■保証型フラット35 団体信用生命保険の保障範囲

  • 死亡
  • 高度障害(所定の身体障害)
  • リビングニーズ特約
  • 重度ガン保険金前払い特約
  • 先進医療

リビングニーズ特約とは、余命6ヶ月以内と判断されたときの保障です。

がんと診断確定されたときや、先進医療を利用したときにも、住宅ローンを弁済してもらえる可能性があります。

保障型の団体信用生命保険は、すでに3大疾病に備える生命保険に加入している人にもおすすめです。

医療保険に加入してから日が経っている人は、買取型フラット35に特約をつけるほうが、保険料が割高になる可能性があります。医療保険は、加入する年齢が高いほど、保険料も高くなるからです。

保障型は全疾病保障が無料

全疾病保障の説明

住信SBIネット銀行の住宅ローンで最も好評なのは、全疾病保障が無料でつけられる点です。

保証型のフラット35は、全疾病保障が無料です。全疾病保障が無料でつけられるフラット35は、住信SBIネット銀行の保証型のみです。

一方、買取型のフラット35は、全疾病保障をつけるには借入額0.5%の手数料を事務手数料に上乗せする必要があります。

全疾病保障とは

全疾病保障とは、病気によって働けなくなった際にローンを弁済する保険です。

以下の病気によって就労不能と診断されると、1年間は毎月のローン返済が0円になります。その後も働けない場合は、団信のようにローン残高が0円になり、完済扱いとなります。

■3大疾病

  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

■5大慢性疾患

  • 糖尿病
  • 肝硬変
  • 高血圧症
  • 慢性腎不全
  • 慢性膵炎(すいえん)

その他、精神障害以外のあらゆる病気やけがで働けなくなった場合も、保障の対象です。上記以外の病気は、2年間働けない状態が続くと、全額弁済となります。

全疾病保障は、住宅ローン関連の保険のなかでも非常に強力です。

ただし、住信SBIネット銀行の全疾病保障は、「就労不能」の場合しか保障対象にならない点も要注意です。

今は医療技術が発展し、ガンは働きながらの通院治療が中心になりつつあります。「働けなくなったら」という条件は、思っている以上にハードルが高めです。

全疾病保障に入るだけではなく、入院や通院でかかる医療費にそなえることも大切です。

仮審査のお申込みはこちら(無料)

融資事務手数料は2倍の差

電卓を持つ男性

融資事務手数料(事務取扱手数料)とは、住宅ローンを契約するときに必要な初期費用のひとつです。

住信SBIネット銀行のフラット35の事務手数料は、買取型が安く、保証型が高めです。

■住信SBIネット銀行のフラット35 融資事務手数料(税別)

  • 買取型:借入額の1.0%(借換は0.9%)
  • 保証型:借入額の2.0%

※最低事務取扱手数料は10万円

新規で3,000万円を借りる場合、買取型の事務手数料は30万円(全疾病保障をつけるなら45万円)、保証型は60万円です。

初期費用をなるべく抑えたいなら、買取型を選ぶことで事務手数料を半額にできます。

住宅ローンの初期費用には、事務手数料のほかに以下のような手数料がかかります。

  • 印紙税:2,000円~60,000円
  • 登記関係費用:借入額の0.4%(減税措置あり)
  • 登記関係費用:30,000円~100,000円程度)

しかし、これらの手数料はどの銀行で住宅ローンを組んでも同じです。

初期費用を比較する際は、主に保証料と事務手数料をチェックすればOKです。

保証料・一部繰上返済手数料0円

保証料、繰上返済手数料0円

買取型も保障型も、住信SBIネット銀行のフラット35は保証料と一部繰上返済手数料が0円です。

一部繰上返済が無料だと、こまめに返済ができます。繰上返済で返済期間を短くすると、返済総額が少なくなるのでおすすめです。

繰上返済は、Webから行うのがおすすめです。買取型は、住宅支援機構の「住・My・Note」というサイトからログインして行います。保証型は、住信SBIネット銀行のマイページから手続きします。

買取型は窓口での一部繰上返済もできますが、100万円からしか受け付けてもらえません。

■住信SBIネット銀行のフラット35 繰上返済金額

  • 買取型(窓口):100万円から
  • 買取型(Web):10万円から
  • 保証型(Web):1円から1円単位

保障型のフラット35は、1円から繰上返済ができます。少しお金に余裕ができるつど返済に回せるので、少しずつローン残高を減らせます。

ローン残高をすべて完済する「全額繰上返済」も可能です。買取型は手数料無料ですが、保障型は3万円+税がかかります。

振込手数料・ATM手数料が月7回無料

住信SBIネット銀行の住宅ローン契約者は他行あて振込手数料が毎月7回無料

住信SBIネット銀行で住宅ローンに契約すると、他行あて振込手数料とATM手数料が月7回ずつ無料になります。

いずれかの住宅ローンを利用すると、住信SBIネット銀行の手数料優遇サービス「スマートプログラム」のランクが自動的に上がるからです。

スマートプログラムは4段階のランク制で、大きな取引をするほどランクが上がります。ランクが高くなるほど、振込手数料とATM手数料の無料回数が増える仕組みです。

▼住信SBIネット銀行「スマートプログラム」優遇内容
住信SBIネット銀行スマートプログラム

フラット35に契約すると、それだけでランク3に到達できます。返済中は常に、振込手数料とATM手数料が月7回まで無料です。

住宅ローンを利用するだけで、日常的に必要な手数料も無料になり便利です。

ネットと郵送のみで契約できる

WEB申込み

住信SBIネット銀行の住宅ローン「フラット35」は、WEB申込みと郵送ですべての手続を完了できます。

仕事が忙しく窓口に行く時間がない人も、空いた時間で少しずつ手続きができるので便利です。フラット35を扱う銀行のなかには、来店しないと契約手続きができない銀行もあります。

もし審査申し込みや契約手続きでわからないことがあれば、電話やメールでいつでも相談できます。

審査は1ヶ月以内という口コミも

書類を確認する男性

当サイトに投稿された、住信SBIネット銀行のフラット35の利用者の口コミで、審査期間の情報がありました。

こちらの方は、申込みから融資を受けるまで、1ヶ月以内だったとのことです。

契約時の状況
35~39歳 正社員 勤続年数3年以上
年収600万円~800万円(ペアローンの利用なし)

契約プラン
フラット35(返済期間:31年以上、35年以下)

借入金額
3,000万円以上5,000万円未満

もともと住信SBIネット銀行はメインバンクではありませんでしたが、金利が低く、ホームページもわかりやすかったので決めました。不祥事を聞かず、信用できる銀行だと思ったのも理由のひとつです。

住信SBIネット銀行の口座の使い道は、ほぼ住宅ローンの返済だけです。申込から融資実行までは1ヶ月以内でした。

  • 手続きのわかりやすさ:★★★
  • システムの使いやすさ:★★★
  • 他の人におすすめできるか:★★★

回答日:2018年3月5日(当サイトによる契約確認済み

住宅ローンの融資実行まで1ヶ月以内は、早いほうだと思います。住宅ローンの審査は、長いと2ヶ月ほどかかる金融機関もあります。

書類に不備があったり、契約のために来店する日程がなかなか調整できなかったりすると、さらに審査は長引いてしまいます。

住信SBIネット銀行は、窓口の時間を心配せずにメール相談ができ、来店せずに申し込みが完結できます。来店の都合がつかず、審査が延びることはありません。

わからないことをメールや電話で相談し、不備なく手続きが進めば、スピーディーに融資を受けられます。

フラット35の仮審査申込はこちら(無料)

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月24日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る