ネット銀行のキャッシュカード総まとめ!デザイン重視のネットバンク選び

ソニー銀行のキャッシュカード

ネット銀行はキャッシュカードのデザインで選ぶ人は、意外と多いです。

通常は金利や手数料で比較すると思うのですが、個人的にはカードのデザインで選ぶのも良い方法だと思います。

今回は、ネット銀行各社のキャッシュカードのデザインを比較してみました。一部のネットバンクではデザインカードを提供しているため、こだわりの一枚が見つかると思います。

ネット銀行のキャッシュカードを比較

キャッシュカードの発行はいずれも無料です。ただし、再発行をする場合は、一部の銀行で手数料が必要な場合があります。

ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行のキャッシュカードは、ストライプ柄の目立つデザインです。ソニー銀行利用者の口コミでは、このデザインがカッコいいという人と、ダサいという人に分かれます。

私はこのデザインが気に入っていて、普段からお財布に入れて持ち歩いているカードです(もう何年も使っているので、ボロボロになってます)。

イメージキャラクターPostPet「モモちゃん」デザインのカードも選べます。ファミリーカードの場合は青色です。

PostPetデザインカード

ソニー銀行には、Visaデビット機能付きキャッシュカードもあります。「Sony Bank WALLET」といい、多くのソニー銀行ユーザーが所有しています。

ソニー銀行デビット付きキャッシュカード

→ソニー銀行の詳細はこちら

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のキャッシュカードは、青・ピンク・黒の3色から選べます。

サイバーな模様があしらわれ、スタイリッシュなカードです。選ぶ色によって模様は異なります。

ジャパンネット銀行キャッシュカード

以前は違うデザインでしたが、現在はすべてのキャッシュカードにVISAデビット機能が付いているため、それにともなってリニューアルされました。

私は会社用として「ビジネスカード」を使っていますが、個人用でも同じデザインです。

デビットカードとしての利用を想定しているのか、カード番号も含めてフラットな印字になっているのが特徴です。

→ジャパンネット銀行の詳細はこちら

セブン銀行

セブン銀行

セブン銀行はお馴染みのロゴマークが大きく入っているキャッシュカードを採用しています。これが通常のデザインです。

他にも、ガールズプロジェクトによる女性向けのデザインも選べます。

セブン銀行のキャッシュカード

また、セブン&アイグループが応援している「森の戦士ボノロン」デザインのキャッシュカードも選択できるので、デザインを選びたいという人におすすめです。

森の戦士ボノロン

より詳しい情報は、クートンブログの「【可愛すぎる】財布の中を着飾る!セブン銀行の女子向けのキャッシュカード」をご覧ください。

→セブン銀行の詳細はこちら

イオン銀行

イオン銀行のキャッシュカード

右側のイオンバンクカードが、通常のデザインです。

しかし、イオン銀行の場合、年会費無料のイオンカードと一体型になった「イオンカードセレクト」の特典がかなり優れているので、個人的には左側のイオンカードセレクトをおすすめします。

イオンカードセレクトには「ミッキーマウス デザイン」もあるので、ディズニー好きの方にはこちらが人気です。

イオンカードセレクト ミッキーマウス デザイン

イオンゴールドカードセレクト

他にもイオンカードセレクトには、イオン銀行の優遇サービス「イオン銀行Myステージ」のランクが上がりやすいというメリットもあります。

イオン銀行Myステージとは、取引内容に応じて普通預金の金利・ATM手数料・振込手数料が優遇される制度です。

イオンカードセレクトを持っているだけでこの優遇ランクアップのためのスコアがたまり、イオンカードセレクトで支払いをすると1円からスコア加算対象になるので、かんたんにランクアップできます。

特に、普通預金金利は業界トップクラスまで引き上げることができるので、なるべくお得に貯金したい人にもおすすめです。

→イオン銀行の詳細はこちら

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、6種類のカラーデザインが選べます。私が選んだのはシャンパンゴールドです。

これとは別に、会社用のキャッシュカードとしてホワイトを持っていますが、こちらもかなりスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

女性に人気がありそうな「パステルピンク」も選ぶことが可能です。

ピンク色のキャッシュカードが選べるネット銀行は、意外と少ないです。

→住信SBIネット銀行の詳細はこちら

楽天銀行

楽天銀行

楽天銀行のキャッシュカードは、銀色のシンプルなデザインが基本です。

JCBデビット機能つきキャッシュカードだと、楽天パンダのキャラクターカードも選べます。パンダカードを選んでも、入会費や年会費はかかりません。

楽天銀行JCBデビット パンダカード

ほかにも、シンプルなデザインのVisaデビット・Mastercardデビットも発行できます。クレジット機能付きキャッシュカードも似たデザインです。

▼楽天銀行VISAデビット
楽天デビットカード(Visa)

パンダカード以外は、スタイリッシュなカードを好む人におすすめです。

→楽天銀行の詳細はこちら

あおぞら銀行BANK支店

あおぞら銀行BANK支店キャッシュカード

あおぞら銀行のインターネット支店「BANK支店」は、ネット銀行よりも高い預金金利で人気です。

BANK支店のキャッシュカードは、通常のあおぞら銀行キャッシュカードとデザインが異なります。全面に水面をデザインした青い券面です。男女問わず使えるおしゃれなデザインです。

あおぞら銀行BANK支店のキャッシュカードは、Visaデビット機能が標準付帯しています。タッチ決済機能が使える最新のVisaデビットを使えます。

→あおぞら銀行BANK支店の詳細はこちら

新生銀行

新生銀行

新生銀行のキャッシュカードは、32種類のカラーが選べます。無地の券面に新生銀行のロゴが入った、シンプルなデザインです。

「チェリーブロッサム」「クリームブリュレ」「トワイライト」など、いずれもデザイン選びが楽しくカラー名です。同じ新生銀行の口座を使っている人とデザインが被りづらいのもメリットです。

キャッシュカードを再発行すれば、カラー変更もできます。窓口へ行かず、フリーダイヤルへの電話で変更の申請が完了します(再発行手数料は税込1,050円)。

→新生銀行についてはこちら

キャッシュカードを発行しないネット銀行もある

ネット銀行のなかには、通帳だけでなくキャッシュカードも発行しない銀行があります。

特に人気なのは、オリックス銀行です。

オリックス銀行はやや特殊なネット銀行です。入出金をする時はネットバンキングで他行口座を経由します。

(例)オリックス銀行から出金する時、楽天銀行の自分の口座に振込をして楽天銀行から出金する

オリックス銀行は定期預金の金利が突出して高いというメリットがありますが、やはり日常使いをする上ではキャッシュカードがあった方が便利です(→オリックス銀行の定期預金の詳細はこちら)。

もし、女性向けのかわいいデザインも探したい人は、下記記事もご参照ください。

関連記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年8月13日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

住宅ローン一覧
ページの先頭へ戻る