auじぶん銀行の定期預金はauユーザーじゃなくてもメリットが多い 狙い目キャンペーンは?

auじぶん銀行の定期預金

長年auじぶん銀行ユーザーの私が、auじぶん銀行の定期預金の使い方や、金利アップキャンペーンが多い時期を解説します。

auじぶん銀行とは、三大携帯キャリアの1つ「au」を運営するKDDIと、メガバンクの三菱UFJ銀行が共同で設立したネット銀行です。

スマホ完結の取引に特化しており、「スマホ銀行」とも呼ばれています。

利用者はauユーザーが多いですが、他キャリアユーザーもauじぶん銀行で口座開設できます。特に、定期預金で貯蓄したい人におすすめです。

auじぶん銀行は、定期預金の金利アップキャンペーンを多く行っています。メガバンクより預金金利が高いネット銀行のなかでも、突出した金利で預けられることもあります。

auじぶん銀行は1年定期に強い

積み木とカレンダー

auじぶん銀行が特に力を入れているのは、1年定期預金です。1円から預け入れが可能なので、少額から始めてみたい人にも向いています。

auじぶん銀行は、3ヶ月定期に力を入れていた時期もありました。短期から中期の定期預金に力を入れる傾向にあります。

■auじぶん銀行 定期預金の金利(更新日:2020/09/15

期間 金利
1ヶ月 0.030%
3ヶ月 0.040%
6ヶ月 0.030%
1年 0.050%
2年 0.030%
3年 0.030%
5年 0.030%

auじぶん銀行の定期預金金利は、メガバンクやゆうちょ銀行と比べると何十倍も高いです。

とはいえ、ほかのネット銀行の定期預金と比べると、auじぶん銀行の定期預金の通常金利は、中の上くらいです。

auじぶん銀行の定期預金の魅力は、預金金利の引き上げキャンペーンが多いことです。キャンペーン金利は非常に高いので、タイミングを狙って利用することをおすすめします。

定期預金は中途解約も可能

定期預金の解約手数料

「定期預金は解約できないから、途中でお金が必要になったら困るかも」と思う人がいるかも知れません。

たしかに定期預金は、中途解約せずに満期までお金を預けるのが基本です。しかし、解約をしても、手数料がかかるわけではありません。

もともと預け入れていたお金がしっかり返ってくる、元本保証の商品です。必要に応じて解約してOKです。

ただし、定期預金ならではの高金利ではなくなり、解約時に受け取る利息は少なくなります。auじぶん銀行の中途解約利率は、普通預金と同じくらいです。

定期預金の預け入れ中に、現在より高金利な定期預金キャンペーンが出たら、一度解約して預け入れ直すのもありだと思います。解約や預け入れの手続きは、すべてスマホで完結します。

※auじぶん銀行には、中途解約すると元本割れする特殊な定期預金も一部あります(詳しくは後述)。

長期間預けるなら「元利金継続型」

定期預金の満期時の取扱比較

長期的に貯金したい人は、3年定期や5年定期なども検討するかもしれません。個人的には、auじぶん銀行では1年定期を「元利金継続型」で申し込むことをおすすめします。

元利金継続型とは、定期預金の満期日の取扱方法のひとつです。満期日の取り扱いは、定期預金の申込時に選びます。

auじぶん銀行は、満期日の取扱方法を以下3タイプから選べます。「元利金継続型」を選べば、満期を迎えたあとも定期預金に預け続けられます。

auじぶん銀行 定期預金の満期日の取扱方法
元利金継続型
「複利効果」で利子が最も増える方法
満期以降も定期預金にお金を預け続け、元金+利息の合計額を運用するため、雪だるま式に利息が増える複利効果がある。
元金継続型
継続するのは元金だけ
満期以降も「元金のみ」定期預金にお金を預け続け、利息は満期のたびに受け取り(普通預金に入金)。単利の運用方法。
自動払戻し型
満期になったら全額払戻し
定期預金の満期になったら、自動的にauじぶん銀行の元金と利息を受け取り(普通預金に入金)。

たとえば、年率0.5%の1年定期に、100万円の元金を預けるとします。1年後に5,000円の利息が受け取れる計算です。

元利金継続型で預けて1年経つと、元金と利息の合計額(100万5,000円)をもう1年運用し始めます。元金が100万円から100万5,000円に増えているので、利息も1万25円に増えます。

2年目の満期日以降も継続すると、101万25円をもう1年運用します。運用する元金が毎年増えるため、利息も複利で増えていきます。

結果的に、5年定期などの長期定期預金よりも受取利息が増えることが多いため、元利金継続型は非常におすすめです。

満期日の取り扱いは、運用中にいつでもスマホで変更できます。「次の満期日で引き出したい」と思ったら、自動払戻型に変更するだけでOKです。

金利アップキャンペーンが多い時期

タブレットを操作する男性

auじぶん銀行では、積極的に預金金利アップのキャンペーンを行っています。

auじぶん銀行が定期預金キャンペーンをすることが多い時期は、以下のタイミングです。少なくとも年に3回は、金利アップとなる可能性が高いです。

■auじぶん銀行 定期預金キャンペーンが多い時期

  • 夏のボーナス時期
  • 冬のボーナス時期
  • 誕生日月

ボーナス時期はまとまったお金を受け取る人が多いので、定期預金を検討する人も増えます。そのような人をターゲットに、キャンペーンを打ち出していると考えられます。

上記のタイミング以外にも、不定期キャンペーンをよく行っています。私自身も、auじぶん銀行のキャンペーン告知メールがよく届きます。

メガバンクからは、定期預金引き上げの案内はほとんど届きません。預金商品の力の入れ方に差があるなと感じます。

私も「そろそろボーナスがもらえるけれど、どうしよう」と思っていた時期に、auじぶん銀行から定期預金キャンペーンの案内メールを受け取りました。誕生日月にも、毎年キャンペーンの案内があります。

auじぶん銀行の定期預金の預入・解約方法

スマホを操作する女性

auじぶん銀行では、定期預金の預け入れも解約も、スマホアプリで手続きを行います。

私も、定期預金の作成・解約を両方したことがあります。どちらも1分ほどで完了しました。

■auじぶん銀行 定期預金の預入方法

  1. スマホアプリの「メニュー」をタップ
  2. 「円定期預金」から取引開始
  3. 「定期預金作成」から金額、預入期間、満期日取扱を入力
  4. 預入完了

定期預金にはメモを残すことができるので、「旅行の貯金」「結婚資金」「老後の貯蓄」など、わかりやすい名前をつけておくと便利です。

■auじぶん銀行 定期預金の解約方法

  1. スマホアプリの「メニュー」をタップ
  2. 「円定期預金」から取引開始
  3. 「定期預金明細」から規約する定期預金の「詳細(変更・解約)」ボタンをタップ
  4. 「中途解約」をタップ→OK
  5. 解約完了

定期預金を預け入れる際は、auじぶん銀行の普通預金からの振替という形で預けます。

他行の口座残高からauじぶん銀行の定期預金に預ける際は、まず普通預金口座に振り込んでから、定期預金に申し込みます。

現金をauじぶん銀行の定期預金に預け入れる際は、ATMで普通預金口座に入金後、スマホで定期預金の預入手続をします。

auじぶん銀行は、セブン銀行ATMならキャッシュカードなしで預け入れができます。セブン銀行ATMには「スマホATM」という機能があり、提携金融機関のアプリだけで取り引きできます。

その名のとおり、スマホだけでATMが使えるという独自のサービスです。

▼セブン銀行ATM トップ画面のスマホATMアイコン
スマホATM

auじぶん銀行は、ネット銀行の中でもいち早く「スマホATM」に対応しました。セブン銀行ATMはコンビニ設置台数No.1なので、使える場面も多く便利です。

事前にスマホアプリでの設定は必要ですが、手元にキャッシュカードを用意すれば2~3分で設定できます。

auじぶん銀行でスマホATMの設定をしたあとは、キャッシュカードを持ち歩いていません。

特殊な定期預金は要注意

電卓を持つ女性

auじぶん銀行で定期預金を活用するうえで、注意点があります。

以下の定期預金はいずれも非常に高金利ですが、中途解約が原則できない特殊な定期預金です。

auじぶん銀行の特殊な定期預金
プレミアム定期預金
定期預金の満期をauじぶん銀行が決める定期預金。預入期間は最短1年、最長15年。利払いは毎年行われる。
ステップアップ定期預金
定期預金の満期をauじぶん銀行が決める定期預金。預入期間は最短3年、最長10年。利払いは預入中に2回あり。
スイッチ定期預金
受取通貨をauじぶん銀行が決める定期預金。満期になったら円もしくは外貨(米ドル、豪ドル、ユーロのどれか)で受け取る。預入期間1ヶ月。

これらの特殊な定期預金は、「仕組預金(しくみよきん)」といいます。非常に高金利ですが、満期までに解約すると大きく元本割れするリスクがあります。

ただし、プレミアム定期預金とステップアップ定期預金は、常に申し込めるわけではありません。募集を行っていない時期は利用できません。

預け入れの募集があり、しばらく使わない余裕資金がある人は、利用してみてもよいかもしれません。いずれも10万円から預け入れられます。

応用編:定額自動入金サービスの併用

auじぶん銀行には、より効率的に貯金できる応用方法があります。定額自動入金サービスを併用するやり方です。

定額自動入金サービスとは、毎月決まった日に、決まった金額を他行から取り寄せるサービスです。自分名義の他行口座から、振込手数料なしで資金移動できます。

自動入金サービス

毎月決まった金額をauじぶん銀行の普通預金口座に自動入金すると、自動積立貯金のような使い方ができます。

給与振込口座から自動的にお金を移していくので、初期設定後は何もしなくてもお金が貯まっていきます。メインバンクがほかにあり、口座残高があるとつい使ってしまうタイプの人におすすめです。

例:メインバンクの三井住友銀行から、auじぶん銀行に毎月3万円を自動入金など。

■auじぶん銀行の定額自動入金サービス

auじぶん銀行の自動入金サービスは、他行の引落日を毎月6日もしくは26日で設定できます。その4営業日後に、auじぶん銀行へ入金されます。

給料日直後に引き落とすようにすれば、お金を使い込む前に貯金できておすすめです。

ふだんは定額自動入金サービスでauじぶん銀行で貯金し、auじぶん銀行の定期預金キャンペーンが始まったら定期預金に移すと、効率的に利息を増やせます。

その他、auじぶん銀行の解説記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年8月12日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

住宅ローン一覧
ページの先頭へ戻る