auを解約してもauじぶん銀行やau PAYは使える※おすすめではありません

スマホを持って困る男性

携帯キャリアのauは、ネット銀行「auじぶん銀行」や電子マネー「au PAY」など、多彩なサービスを展開しています。

スマホを契約する時に、携帯利用代金の引き落とし用にauじぶん銀行を口座開設したという人も多いかと思います(私もその一人です)。

au PAY プリペイドカードや、au PAY カードを同時に発行する人も多いです。しかし、いざauを解約する時に、これらのサービスは継続できるのかどうかという疑問が残ります。

結論からいうと、auを解約しても、auじぶん銀行やau PAYは使い続けることができます。

しかし、auユーザーだから受けられていた特典はなくなるので、使い勝手やお得感は減ります。auのスマホやタブレットと同時に解約するのもありだと思います。

auを解約した後のauじぶん銀行とau PAYのサービス内容と、解約方法を解説します。記事の最後では、au PAY 残高を使い切る方法についても説明しています。

auじぶん銀行は使い続けられる

まず、auじぶん銀行の口座はau解約後も使い続けることができます。

auじぶん銀行はauとは別運営でauユーザー以外も口座開設できるので、auを解約しても問題なく使えます。

KDDIと三菱UFJ銀行が共同設立してはいるものの、ふつうのネット銀行と思ってOKです。

実際に、スマホ完結で取引ができる点や高金利な定期預金にメリットを感じて、auユーザー以外の人がauじぶん銀行を口座開設するケースも多いです。

下記のような、auじぶん銀行の特徴をメリットと感じるのであれば、そのまま使い続けるのもありだと思います。

■auじぶん銀行の他行にないメリット

  • ATM手数料・振込手数料の無料回数が多い
  • 三菱UFJ銀行への振込が何度でも無料
  • セブン銀行のスマホATMが使える
  • 定期預金が高金利(特に1年定期)

auじぶん銀行の毎月の取引内容に応じて、ATM手数料・振込手数料の無料回数が決まる「じぶんプラス」特典は、ネット銀行の中でも手厚いです。

預金額が大きい人はATM手数料が最大月11回、振込手数料が最大月15回無料になるので、ATMや振込をよく活用している人はauじぶん銀行が合っています。

また、メガバンク最大手の三菱UFJ銀行への振込は他行あて振込手数料が一切かからない点も、大きなメリットです。

ネットオークションやフリマアプリなどをよく使う人は、他行に振込をする機会が多いと思うので、auじぶん銀行を使い続ける方がお得かもしれません。

さらに、auじぶん銀行はセブン銀行のスマホATM機能を使える珍しい銀行です。

auじぶん銀行の公式アプリがあれば、キャッシュカードがなくてもスマホだけで入出金ができます。

記事執筆時点では、スマホATMを使える銀行はまだないので、auじぶん銀行ならではの利点と言えます。

定期預金の金利も、メガバンクやゆうちょ銀行と比べると何倍も高金利です。

auユーザー特典はなくなる

驚く男性

ただし、auじぶん銀行のauユーザー特典は受けられなくなります。

■auじぶん銀行 auユーザー特典

  • au PAYのポイント還元
  • カードローンの金利引き下げ

auを解約する人にとっては関係なくなることではありますが、au PAYのポイント還元率アップはauユーザーだけの特典です。

auじぶん銀行を使っていると、Pontaポイントの還元率がアップする取引があります。

唯一、auのスマホを解約しても受けられる優遇は、auじぶん銀行・auでんき・au PAY カードを3つとも利用している人向けの優遇のみです。

これら3つのサービスをセットで利用していると、Pontaポイントが最大3倍貯まるようになります。当てはまる人は少ないかと思います。

また、auじぶん銀行のカードローン金利も、auユーザーより高めになります。

auユーザーではなくなると、この金利優遇なしの通常金利での借入になります。

auじぶん銀行カードローンの詳細はこちら

au PAYも使い続けられるがメリットは減る

au独自の電子マネー「au PAY」も、au解約後に使い続けられます。

au PAYには、プリペイドカードとクレジットカードの2種類のカードがあります。それぞれauを解約すると、どんなデメリットが生じるかを解説します。

スマホ決済au PAY

スマホ決済アプリの「au PAY」は、auスマートパスプレミアムに入会していた人は、ポイント還元率が下がります。

auスマートパスプレミアム会員は、au PAYポイント還元率1.5%です。スマホ決済のなかでも、突出した還元率の高さです。

しかし、auを解約して通常会員になると、還元率0.5%になります。PayPayの通常還元率と同じです。

スマホ決済を日常的に使いたいのであれば、使えるお店が多いPayPayのほうが便利かもしれません。

クレジットカード「au PAY カード」があれば、ポイント二重取りで還元率を引き上げられます(くわしくは後述)。

プリペイドカード

auを解約すると、au PAY プリペイドカードを「auかんたん決済」でチャージできなくなります。

プリペイドカードへのチャージ利用代金を、携帯電話利用料金と合算して支払っていた人は、今後はクレジットカードやauじぶん銀行、現金でチャージする必要があります。

auじぶん銀行も解約した場合は、クレジットカードかコンビニ、ATMでのチャージとなります。

クレジットカード

かつてau PAY カードは、auユーザー専用のクレジットカードでした。現在はau以外のキャリア利用者も利用できるため、au解約後も問題なく使えます。

ただし、au契約者以外は年会費が完全無料ではなくなります。一部の手数料支払い(遅延損害金など)を除き、1年間で一度もカード利用がないと、年会費が1,250円かかります。

au PAY カードをau利用代金の支払いにしか使っていなかった人は、カードも解約してよいと思います。ただし、スマホ決済のau PAYを使う人は、au PAY カードも使い続けるメリットがあります

au PAYカードからau PAYにクレジットカードチャージすると、チャージ額の1.0%がポイント還元されます。au PAYの通常還元率0.5%と合わせると、ポイント二重取りで1.5%還元にできます。

ふだんからau PAYをよく使う人は、年1回以上はチャージする機会があると思うので、au PAY カードも使い続けてよいと思います。

auじぶん銀行の解約方法

電話をする男性

auじぶん銀行の解約は、電話でのみ行うことができます。

普通預金に残高がある状態でも、本人名義の他行口座へ預金を振り込んでもらえるので解約可能です。

ただし、下記サービスの利用中は解約ができません。

■利用中だとauじぶん銀行の解約ができないサービス

  • 定期預金・仕組預金
  • 外貨預金
  • 定額自動入金サービス
  • 住宅ローン
  • auじぶん銀行FX
  • カードローン

定期預金に預けているお金がある場合は、満期まで待つか、中途解約をする必要があります。中途解約をすると、定期預金の金利が大きく下がってしまうので注意が必要です(→定期預金の中途解約について詳しくはこちら)。

利用中のサービスによって、解約手続きを依頼するコールセンターは異なります。以下をご参照ください。

auじぶん銀行住宅ローンを利用していた場合
auじぶん銀行住宅ローンセンター:0120-926-777(平日9~20時、土日祝9~17時)
auじぶん銀行FXを利用していた場合
auじぶん銀行FXデスク:0120-926-555(平日9~17時)
カードローンを利用していた場合
auじぶん銀行ローンセンター:0120-926-222(平日9~20時、土日祝9~17時)
上記サービスを利用していなかった場合
auじぶん銀行お客さまセンター:0120-926-111(平日9~20時、土日祝9~17時)

au PAY プリペイドカード・au PAY カードの解約方法

カードとスマホを持つ女性

au PAY プリペイドカードは、あくまでプリペイドカードなので、厳密に言うと「解約」という概念がありません。ハサミを入れて、そのまま破棄してもOKです。

サポートセンターに電話することでも利用停止できますが、スマホからも手続き可能です。マイページやスマホアプリから一時利用停止し、そのまま放置しておいても問題ありません。

クレジットカードのau PAY カードは、電話でのみ解約できます。

au PAY プリペイドカード
au PAY プリペイドカードお問い合わせ窓口:0120-977-964(9~20時、年中無休)
au PAY カード
KDDIフィナンシャルサービス コールセンター:03-6758-7388(9~18時、年中無休)

解約前にポイントを使い切る方法

au PAY ポイントイメージ

auとau PAYのカードの解約時、「WALLETポイント」がたまっている場合は使い切っておくことをおすすめします。

WALLETポイントとは、auのスマートフォン利用代金などでたまる独自のポイントです。au WALLETのPontaポイント統合前に、ポイントが貯まったままの人もいるかもしれません。

au解約後のポイントの使いみちは、au PAY 残高へのポイントチャージくらいしかありません。ほかの使い方をしたい人は、解約前に手続きする必要があります。

▼au解約後 auポイント・WALLETポイント画面
au解約後のWALLETポイント画面

WALLETポイントには、以下のような使い道があります。

au利用でたまったポイントの使い道

■au料金の値引き

  • au料金への充当
  • データチャージ
  • 機種変更やアクセサリ購入

■ショッピングや商品交換

  • au STARで商品と交換
  • au PAY マーケットやWomma!でショッピング

■その他、ポイント交換など

  • au PAY プリペイドにチャージ
  • au PAY カードの請求金額に充当
  • 他社ポイントへの交換(スターバックスカード、マツモトキヨシなど)
  • 寄付
  • 請求書をまとめている家族へのポイントプレゼント

au PAY カードを持っていれば、請求額に充当して値引きするのがおすすめです。au PAY カードを持っていない場合は、au PAY プリペイドカードにチャージしておけば、解約後に使い切れます。

他社ポイントへの移行も可能ですが、交換できる他社ポイントが少ないので使える人が限られます。

また、WALLETポイントの使える単位は最小100ポイントなので、10ポイント以下の端数は使い切ることができません。100ポイント以上の単位で、WALLETのポイント1ポイント=1円相当で使うことができます。

1円単位で使い切りたいなら、Amazonギフト券をチャージ額ぴったりで購入する方法がおすすめです。

Amazonギフト券なら、1円単位で購入することが可能です。

支払い方法で「クレジットカード」を選び、au PAY プリペイドカードの番号を入力すればチャージできます。

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。(2020年8月12日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る