au PAY プリペイドカードとは?クレジットカード代わりになり、Pontaポイントも貯まる

au PAY

au PAY プリペイドカードは、事前チャージをして使うプリペイド式の電子マネーカードです。SuicaやWAONなどとほぼ同じ使い方です。

クレジットカード代わりに使えるカードとして、auユーザーに人気です。au契約者の2人に1人がau PAY プリペイドカードを持っています。

しかし、スマホ決済「au PAY」や「au PAY カード」との違いがわかにくい、au以外のキャリアユーザーも作れるのかなど、疑問の声も見かけます。

au PAY プリペイドカードの使い方やチャージ方法を解説し、どんな人におすすめのカードかをまとめました。

au PAY カードとは別物

au PAY プリペイドカードと似たカードに、「au PAY カード」というものもあります。この2つは、全くの別物です。

  • au PAY プリペイドカード:プリペイドカード(事前チャージ式)
  • au PAY カード:クレジットカード(後払い)

au PAY カードは、以前まではau回線に契約している人しか発行できないクレジットカードでした。現在は、誰でも申し込めるようになっています。

au PAY 残高のオートチャージができ、ポイント二重取りも可能なカードなので、クレジットカードに抵抗がない人は発行する価値があります(くわしくは後述)。

au PAY プリペイドカードとは

au PAY プリペイドカードは、他社プリペイドカードにはない機能や特徴が多いカードです。

auユーザー以外にも、Pontaポイントを貯めている人や、クレジットカードが苦手だけれどキャッシュレス決済したい人におすすめです。ポイント還元率の高いスマホ決済「au PAY」との併用にも向いています。

スマホ決済au PAYと残高が連動

au PAY プリペイドカードの残高は、スマホ決済「au PAY」と連動しています。

スマホ決済au PAYと、au PAY プリペイドカードで共有する残高は「au PAY残高」といいます。チャージしたお金は、au PAY プリペイドカードでも、au PAYのコード決済でも使えます。

au PAY アプリでも、au PAY残高とプリペイドカードとしての電子マネー残高が、まとめて表示されています。

▼au PAY アプリ「お金の管理」ページ
au PAY アプリ お金の管理

au PAY で支払えるお店ではau PAY、カード決済のみのお店ではau PAY プリペイドカード、のように使い分けられます。

→スマホ決済au PAYの使い方はこちら

auユーザー以外も年会費無料で持てる

0円

au PAY プリペイドカードは、auに契約していない人も年会費無料で持てます。クレジットカードのような審査も不要です。

カード発行のためには「au ID」が必要です。auユーザーなら全員持っているアカウントですが、auユーザー以外も無料で登録できます。

ただし、auユーザー以外は、auじぶん銀行というネット銀行で口座開設し、au IDと紐付ける必要があります。

auじぶん銀行は、ATM手数料や振込手数料をかんたんに無料にできることや、三菱UFJ銀行への振り込みが完全無料という点などで人気です。auユーザー以外の口座開設者も多いです。

au PAY プリペイドカードを申し込む条件

  1. auの携帯電話や光回線の契約者
  2. auじぶん銀行の口座と紐づけたau IDを持っている人(auユーザー以外もOK)

世界中に使えるお店がある

mastercard

スマホ決済のau PAYは、日本国内の加盟店でしか使えません。対してau PAY プリペイドカードは、日本・海外のMastercard加盟店で使えます。

Mastercardは、世界トップクラスのシェアのクレジットカードブランドです。使えるお店はVISAと同じくらい多く、日本国内でクレジット決済できるお店ならほぼ使えます。

ネット通販でもクレジットカード代わりに利用できるため、利用シーンはかなり多いといえます。

ただし、公共料金や保険料、サブスクリプション系のインターネットサービスのなかには、au PAY プリペイドカードが使えないお店もあります。

→au PAY プリペイドカードが使えないお店一覧はこちら(公式サイト)

チャージ金額の上限は100万円

au PAY プリペイドカードのチャージ上限は、100万円です。プリペイドカードのなかでは、かなり大きな買い物にも対応できます。

一般的に、プリペイドカードのチャージ限度額は少なめです。プリペイド式電子マネーの代表Suica(スイカ)は、チャージ上限金額が2万円です。2万円以上の買い物には使えません。

ただし、現金チャージの上限は1日あたり最大50万円までです。

Pontaポイントが貯まる

Pontaポイント

au PAY プリペイドカードは、利用代金に応じてPontaポイントが還元されます。以前はau WALLETという独自のポイントが還元されていましたが、2020年5月21日からはPontaポイントに統一されました。

通常還元率は0.5%(200円ごとに1ポイント)です。さらに、より多くのポイントがもらえる優遇もあります。

au PAY プリペイドカードの還元率
通常:0.5%
コンビニやスーパー、百貨店、ネットショッピングなど、一般的な買い物
ポイントアップ店:1.0~1.5%
セブンイレブンやマツモトキヨシ、Joshinなど、一部のポイントアップ店ではポイント還元率の優遇あり
au携帯電話料金:1,000円ごとにポイント還元
還元されるポイントは契約プランなどによって異なる

→au PAY ポイントアップ店の一覧はこちら(公式サイト)

特にポイントアップ店では、積極的にau PAYで支払いたいところです。たとえばセブンイレブンなら、つねにポイント還元率1.0%で買い物できます。

Pontaカードを持っている人は、Ponta提携店舗での利用もおすすめです。Pontaカードを提示してからau PAY プリペイドカードで支払えば、ポイントを二重取りできます。

たとえばローソンでは、Pontaカードを提示すると、Pontaポイントが1.0%還元(100円につき1ポイント)されます。au PAYの通常還元率0.5%とのポイント二重取りで、1.5%還元で買い物できます。

すでにPontaポイントカードを持っている人は、au PAY アプリでの連携設定がおすすめです。au PAYのアプリから、デジタルPontaカードを提示できるようになります。

プラスチックカードを持っていない人は、Pontaアプリをインストールすれば、スマホでポイントを貯められるようになります。アプリからポイントが貯まるバーコードを提示すると、Ponta提携店舗でポイントが貯まります。

LINE PayやLINEアプリの「マイカード」からも、Pontaのデジタルポイントカードを発行できます。私はスマホ内のアプリを増やしたくないので、LINEからPontaポイントを貯めています。

▼LINEマイカード Pontaポイント
LINEマイカード Ponta

Apple Payに登録可

au PAY プリペイドカードは、プリペイドカードのなかでは珍しいApple Pay対応カードです。

QUICPay+で支払えるお店なら、スマホをかざすだけで支払いが完了します。

Apple Payの対応カードはクレジットカードが中心で、デビットカードにほとんど対応していません。

クレジットカードを作りたくない人でも、au PAY プリペイドカードならApple Payを活用できます。

少しややこしいチャージ方法

au PAY プリペイドカードを使うためには、au PAY 残高へチャージする必要があります。

au PAY 残高のチャージ方法は、クレジットカード、銀行口座、現金など非常に豊富です。ややわかりにくいチャージ方法もあるので、自分が使いたいチャージ方法について事前に知っておくと安心です。

au PAY カード【ポイント二重取り可能】

クレジットカードの「au PAY カード」は、au PAY 残高へのチャージに使えます。オートチャージ設定も可能です。

au PAY カードからau PAY 残高にチャージすると、ポイント二重取りが可能です。ポイント還元率重視でポイ活したい人に向いているチャージ方法です。

■au PAY カードとau PAY 残高のポイント二重取りの仕組み

au PAY カードからau PAY 残高へチャージすると、以下のポイントが両方貯まります。

  • au PAY カードからのチャージ:1.0%
  • au PAYやプリペイドカードの利用:0.5%

合計:1.5%還元

Ponta提携店舗では、Pontaカードの提示でもポイントを貯められるので、実質ポイント還元率は2.0%を超えます。

ポイント二重取り・三重取りができないキャッシュレス決済が増えてきているなか、ここまでポイントを稼げるのは珍しいです。

その他クレジットカード

他社クレジットカードでも、au PAY 残高にチャージ可能です。

利用できるクレジットカードは、Mastercard・アメリカン・エキスプレス・カードが中心で、VISAやJCBは一部のカードに限られます。

au PAY 残高にチャージできる他社クレジットカード
Mastercard・アメリカン・エキスプレス・カード
どのクレジットカードもOK
VISA
セゾンカード・UCカード・MUFGカード・DCカード・NICOSカード・TS CUBIC CARD・エポスカードのみ
JCBカード
セゾンカード・TS CUBIC CARDのみ

au PAY カード以外のクレジットカードでは、オートチャージは利用できません。

au PAY カードを持っていないけれどオートチャージを利用したい人は、auじぶん銀行がおすすめです。

auじぶん銀行

auじぶん銀行は、au PAY 残高へチャージできる唯一の銀行口座です。

チャージ方法は、都度チャージとオートチャージが選べます。クレジットカードと違い、口座残高の範囲内でのオートチャージなので、お金の使いすぎを防げます。

口座残高までしか使えないという点では、デビットカードにも似た使い方ができます。

auじぶん銀行でau PAYのオートチャージを利用すると、auじぶん銀行の手数料優遇も受けられます。

3ヶ月に1回以上、auじぶん銀行からau PAY 残高へのオートチャージを行っていると、ATM手数料が月3回無料になります。

以下の提携ATMなら、どれでも月3回無料で使えるようになり、手数料の節約になります。

auじぶん銀行の提携ATM

auじぶん銀行は実店舗や自社ATMがないため、ATMの提携に力を入れています。セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートすべてのATMが無料で使えるのは、大きなメリットです。

Pontaポイントチャージ

買い物などで貯めたPontaポイントは、au PAY 残高へ100ポイント(100円相当)からチャージできます。

使いみちがないPontaポイントも、au PAY プリペイドカードならMastercard加盟店での買い物で自由に使い切れます。

auかんたん決済

auの携帯電話やタブレットを利用している人は、キャリア決済「auかんたん決済」でのチャージも利用できます。チャージ金額は通信費とあわせての請求となります。

ただし、au PAY 残高チャージぶんの請求金額は、au利用代金のポイント還元(1,000円ごとにポイントプレゼント)の対象外です。auの携帯電話利用でポイントが貯まるのは、基本料金や通信費のみです。

現金チャージ

現金でau PAY 残高へチャージしたい場合は、セブン銀行ATMローソンのレジで行います。

セブン銀行ATMからのチャージは、au PAY プリペイドカードかau PAY アプリで行います。au PAY プリペイドカードを忘れても、アプリからチャージでき便利です。

au PAY アプリでチャージする場合は、セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」をタップして手続きします。

▼セブン銀行ATM「スマートフォンでの取り引き」
スマホATM

au PAY プリペイドカードを持っているときは、カードをATMに挿入すればOKです。キャッシュカードでお金を預けるのと同じ感覚でチャージできます。

ローソンのレジでチャージする場合は、au PAY プリペイドカードが必要です。カード読取端末にau PAY プリペイドカードをスライドさせてから、現金を支払う必要があるからです。

au PAY 残高はauじぶん銀行へ出金できる

auじぶん銀行の口座があれば、au PAY 残高へ一度チャージしたお金の払い出しも可能です。どうしても現金が必要なときに便利です。

ただし、出金手数料がかかるので、なるべくスマホ決済やプリペイドカード決済で使い切ることをおすすめします。

■au PAY 残高からauじぶん銀行への出金手数料(税込)

  • 2万円未満:220円
  • 2万円以上:払出額の1.1%

ただし、クレジットカードauかんたん決済でチャージしたau PAY 残高は、銀行口座へ出金できません。買い物で使い切る必要があります。

いざというときに現金に戻せるようにしておきたい場合は、auじぶん銀行やPontaポイント、現金でのチャージがおすすめです。

au PAY プリペイドカードは必要か?

「au PAY 残高は、スマホ決済au PAY・au PAY プリペイドカードどちらにも使える」と知ると、「プリペイドカードは必要なの?」と感じる人もいるかもしれません。

私は、クレジットカードを持ちたくない人は、au PAY プリペイドカードを使う価値があると思います。

最大の理由は、au PAY プリペイドカードがMastercard加盟店で広く使えることです。au PAYも加盟店を拡大していますが、全世界で使えるMastercardにはかなりません。

スマホ決済は使えないけれど、クレジットカード決済なら使えるお店もまだまだ多いです。

国内でクレジットカードが使えるお店のほとんどは、VISAとMastercardに対応しています。

auユーザー以外がau PAY プリペイドカードを作るには、auじぶん銀行の口座が必要です。わざわざ口座開設するのは面倒かもしれませんが、auじぶん銀行はクレジットカード嫌いの人にもおすすめできるネット銀行です。

auじぶん銀行は、ATM手数料を最大で月11回無料にできます。au PAY 残高へのオートチャージを使うだけでも、かんたんに月3回無料にできます。取り引きが増えれば、他行宛振込手数料も無料にできます。

KDDIと三菱UFJ銀行が共同設立したネット銀行、という点でも、安心して利用できると思います。

あわせて読みたい

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年8月13日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る