クレジットカードいらず、Paypalでデビットカードを利用する

デビットカードとPayPal

PayPal(ペイパル)は、世界中で利用されている決済サービスです。

本来であれば、PayPalはクレジットカードを登録して使うものですが、実はVisaデビットカードも登録できるので、クレジットカードを持っていなくても、海外通販などを利用する時に安心してPayPalを使えます。

PayPalって何?

世界最大のオンライン決済代行会社です。
例えば、あまり信用できない会社の商品やサービスを買いたい時や、海外のサイトから商品を購入するとき、カード番号は知られたくないですよね

クレジットカード番号を知られると悪用される危険性がありますし、不正利用に補償が付いているとは言え、デビットカードの番号も他人には知られたくないものです。

そのような場合に、信用できない会社や海外サイトが「PayPal支払い」に対応していれば、あなたのカード番号を相手に知られることなく、PayPalが変わりに購入代金を支払ってくれます。
そして後日、購入商品の代金はPayPalから請求される仕組みです。

また、クレジットカードを使っている場合、あなたが持っているのがVISAカードで、商品を買いたいサイトがMASTERカードしか対応していないケースにおいても、PayPal支払いがあればVISAカードで決済できます。
なぜなら、PayPalはVISAやMASTERはもちろん、あらゆる支払い方法に対応しているからです。

PayPal支払いは特に海外サイトで導入されているので、海外のサービスや商品を購入する時に、役立ちます。

Visaデビットなら利用OK

Visaデビットは、クレジットカードと同じようにPayPalに登録できます。
海外通販サイトなどで「PayPal支払い」を使えば、相手にカード番号を知られることなく、以下の様な仕組みで支払いが完了します。

通販サイトの商品代金

PayPalが支払う

PayPalからの請求によって、あなたのVisaデビットを経由して、銀行口座から即時に通販サイトの商品代金が支払われる。

もちろん、Visaデビットを経由して支払っているため、ポイントサービスがあるデビットカードを使っていれば、ポイント付与も受けられます

しかし、PayPal(ペイパル)でデビットカードを使う時、注意点が2つあります。

J-debitは使えない

現在、デビットカードといえば基本的には「Visaデビット」のことを表します。
しかし、ゆうちょ銀行デビットカードのように、「J-debit」と呼ばれるまったく別の仕組みを使ったデビットカードも存在します。

しかし、J-debitではPayPalは使えません
PayPalの利用登録ができるのは、あくまでもVisaデビットに限定されるので注意が必要です。

まれに使えないカードがある

ネットの情報によると、同じVisaデビットカードでも、まれにPayPalの利用でエラーが出るカードがあるとのことです。

現在、「確実にPayPalが使えるVisaデビットカード」と言われているのが、

の2種類です。

以前は、ジャパンネット銀行が発行しているJNB VISAデビットカードが使えないという意見もありましたが、現在は問題なく利用できると公式サイトにも書かれています。(もちろん、銀行口座に購入代金相当のお金が入っていなければ使えませんが)

また、ジャパンネット銀行はカードを発行しないネット専用の「JNB カードレスVisaデビット」というサービスを展開していますが、こちらがPayPalに対応しているかどうかは未確認なのでわかりません。

このあたり、試してみて結果が分かれば、デビットカード体験記で紹介します。

イオンカードセレクト