コンビニでのデビットカードの使い方 使えない買い物に注意すればクレジットカード代わりになる

コンビニでデビット決済

デビットカードはコンビニでも、クレジットカードと同じように決済できます。少額決済なら暗証番号入力が不要なので、数秒で会計が完了します。

デビットカードを上手に使えば、お金の使いすぎを防ぎながら、クレジットカードのようにポイントを貯められます。

ただし、デビットカードで買えない商品が一部あるので、事前に知っておくと安心です。

コンビニでのデビットカードの使い方や言い方、コンビニごとに相性のよいデビットカードを解説します。

デビットカードとクレジットカードは基本的に同じ

コンビニでのデビットカードの使い方は、クレジットカードと同じです。支払方法を「カードで」「VISAで」のように伝えればOKです。

主要なコンビニでは、VISA・Mastercard・JCBすべてのカードが利用できます。ほとんどのデビットカードはこのいずれかのブランドなので、問題なく使えます。

数千円くらいまでの少額決済であれば、サインや暗証番号入力も不要です。カードを決済端末で処理すると、すぐにレシートが出てきて会計が終了します。

その場で口座残高から利用代金が引き落とされ、デビットカードの利用通知メールが届くと思います。

200円以下の買い物など、ごく少額の決済は後日引き落としとなる場合もあります。

デビットカードとクレジットカードの違いについては、「知ってナルホド!クレジットカードとデビットカードの違いとは?」にて解説しています。

デビット決済の言い方

VISAで払います

コンビニでデビット決済する際は、「カードで払います」「JCBで」と伝えます。

コンビニ店員側は、VISAやJCBといった国際ブランドのデビットカードは、クレジットカードと同じ決済処理を行います。「デビットカードで」とは伝えなくてOKです。

むしろ、「デビットカードで」と伝えると、店員さんが「J-debit」という日本規格のデビットカードだと勘違いし、決済がうまくいかない場合があります。

■J-debitとは

J-debitとは、日本独自のデビットカード規格です。ゆうちょ銀行キャッシュカードなどに付いているデビット機能の一つです。

普及率が非常に低く、ネットショッピングや海外決済にも対応していないため、利用するメリットは薄いです。

→ゆうちょ銀行のJ-debitについてはこちら

デビットカードが使えるお店

VISA・Mastercard・JCBのデビットカードは、すべての主要コンビニで使えます。

コンビニでデビットカード決済をするうえでは、カードブランドはそこまで気にしなくてもOKです。

VISA・Mastercard・JCBデビットが使える店舗

■コンビニ
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ etc.

■スーパー
イオン、イトーヨーカドー etc.

■飲食店
ガスト、ジョナサン、マクドナルド、和民 etc.

■ネット通販
Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング etc.

その他多数の店舗、ネット通販などで使えます。

参考:【体験記】コンビニではじめてデビットカードを使って買い物してみた

コンビニでデビットカードが使えない商品

コンビニで販売する商品のうち、クレジットカードやデビットカードでは買えないものもあります。

タバコやお酒などは購入可能ですが、公共料金や金券などは現金払いが基本です。

コンビニで原則買えないもの

以下の買い物は、原則カード決済できず現金払いのみです。

公共料金・収納代行票支払い
水道光熱費や保険料など、支払い用紙でのコンビニ払い
交通機関の回数券や乗車券
電車やバスの回数券、乗車券、フリーパスなど
商品券や金券
iTunes CardやGoogle Play カード、プリペイドカード、QUOカードなどのカード類
ゴミ処理券
大型ごみを捨てる際に貼る専用用紙
電子マネー
WAONや楽天Edy、Suicaなどの電子マネーチャージ
コピー機
コピーやFAX、マルチプリントなどのコピー機利用代金

※セブンイレブンでは、上記商品を電子マネーnanacoで支払える場合があります。

切手やはがきなどは、2020年からカード決済できるようになる予定です。郵便局がキャッシュレス決済への対応を進める方針のため、コンビニでもデビットカードで買えるようになるはずです。

また、公共料金はコンビニ払いだとデビットカードが使えませんが、毎月のデビットカード決済なら利用できるケースが多いです。

口座引落に近い感覚で支払いながら、デビットカードのポイント還元やキャッシュバックも受けられておすすめです。毎月コンビニで支払う手間がなくなるうえに、現金払いよりお得です。

その他デビット決済できない場面

コンビニでの買い物においては、クレジットカードとデビットカードの違いはほとんどありません。

しかし、コンビニ以外のシーンだと、クレジットカードが使えてデビットカードは使えない場面がいくつかあります。

■デビットカードが使えない支払い例

  • 高速道路(ETC)
  • 飛行機の機内販売
  • 通信費や定額課金など、一部の月額払いサービス

デビットカードは、ETC機能に対応していません。デビットカードが残高不足だとETCの料金所を通過できず、渋滞リスクがあるからです。クレジットカードは口座残高にかかわらず決済できるため、ETCを付帯できます。

飛行機の機内は、ネットワーク接続ができないためデビット決済も利用できません。クレジットカードは後払いのため、機内でも利用できます。

通信費やサブスクリプション系サービスなど、毎月料金を支払うサービスにも利用できない場合があります。デビットカードによって支払えるサービスが異なるため、事前に調べておくと安心です。

たとえば、三井住友銀行VISAデビットでは、docomoの携帯料金は支払えません。

しかし、楽天銀行イオン銀行のデビットカードなら、3大携帯キャリアのdocomo・au・Softbankにすべて対応しています。

デビットカードが使えるお店は、年々増えてきています。今はデビット決済できない毎月払いも、将来的に対応する可能性はあると思います。

たとえば、かつてデビットカードはガソリンスタンドで使えませんでした。現在は、ガソリンスタンドで使えるデビットカードがかなり増えました。

例:楽天銀行ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行など

■デビットカードで決済できるようになりつつある支払い

  • ガソリンスタンド
  • 携帯料金などの定額支払
  • 公共料金
  • 一部のネット通販(今まではエラーが起こることがあった)

コンビニと相性がよいデビットカード

コンビニでデビットカードを使う機会が多い人は、コンビニと好相性のデビットカードを検討するのもおすすめです。

特定のコンビニで、ポイント還元率が上がるデビットカードもあります。日ごろからコンビニでよく買い物する人は、コツコツとポイ活できます。

友人は、毎月コンビニやスーパーなどでの買い物に使う金額を決め、給与受取口座とは別の「ふだん使い用口座」へ資金を移しています。

ふだん使い用口座でデビット決済するようにすれば、毎月決まった予算内で支払うクセがつきます。

今回は年会費無料のデビットカードからピックアップしました。

セブンイレブン:セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブンイレブンユーザーは持っておいて損はない

  • セブンイレブンでの支払いは1.0%還元
  • 電子マネーnanaco機能も搭載
  • セブン銀行ATMの手数料は一部有料

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、セブンイレブンでデビット決済すると利用代金の1.0%がポイント還元されます。

還元されるポイントはnanacoポイントなので、戻ってきたポイントをさらにセブンイレブンの買い物に使えます。

また、電子マネーnanacoの機能も付帯するので、デビット決済とnanaco決済を使い分けられます。

電子マネーnanacoカードは、店舗で申し込むと発行手数料が300円かかります。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードなら、ネット完結かつ完全無料で発行できます。

より多くnanacoポイントを貯めるには、1,000円以上の買い物はデビット決済少額決済とボーナスポイントがもらえる商品を買うときはnanaco、と使い分けるのがおすすめです。

■セブン銀行デビットカード・電子マネーnanaco ポイント還元の違いまとめ

特徴 セブン銀行デビットカード 電子マネーnanaco
ポイント付与単位 1,000円ごと 200円ごと
還元率 0.5~1.0% 0.5%(別途ボーナスポイントあり)

セブン銀行のデビットカードとnanacoの使い分け方は、「クレジットカードなしでnanacoポイントを最高還元率で貯める方法」でくわしく解説しています。

一方、セブン銀行ATMをよく使う人は注意すべき点があります。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、曜日関係なく7時から19時までは、セブン銀行ATMを無料で使えます。それ以外の時間帯は、ATM手数料が110円かかります。

「セブン銀行のキャッシュカードなら、セブン銀行ATMはいつでも無料だろう」と思う人が多いですが、早朝と夜間は有料です。土日祝日もATM手数料無料の時間帯がある、と考えられる人には向いています。


いつでも無料でAMTを使いたい人はこちら:
セブンイレブンATMを24時間いつでも手数料無料で使う方法

ミニストップ:イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行キャッシュ+デビット

WAONポイントの還元が大きい

  • 電子マネーWAON機能が付帯
  • WAONオートチャージで1.0%還元
  • 無料で使えるATMが多い

イオン銀行キャッシュ+デビットとは、イオン銀行で発行できる「JCBデビット機能付きキャッシュカード」です。電子マネーWAON機能も付帯されています。

ミニストップは、電子マネーWAON決済ができるうえに、WAON決済で購入するとボーナスポイントがもらえるキャンペーンを行っています。ボーナスポイントがキャンペーン中は特に、WAONで支払うことをおすすめします。

例:対象のお弁当購入で50ポイント獲得など

イオン銀行キャッシュ+デビットをおすすめする理由は、WAON決済ができるからだけではありません。WAONへのオートチャージも可能だからです。

デビットカードでのオートチャージしたWAONで支払うと、デビットカードとWAONのポイント二重取りが可能です。

■イオン銀行キャッシュ+デビット ポイント二重取りの内訳

  • デビットカード決済のオートチャージ:0.5%(200円につき1ポイント)
  • WAON決済:0.5%(200円につき1ポイント)

合計1.0%還元

電子マネーWAONは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどでも支払えます。ほかのコンビニでもオートチャージしたWAONで支払えば、1.0%還元を受けられます。

また、イオン銀行は手数料無料で使えるATMが多いというメリットもあります。現金をおろす機会が多い人にも向いています。

イオン銀行ATMは24時間無料で、三菱UFJ銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行ATMも平日日中は無料です。

イオン銀行の提携ATM

ローソン・ファミリーマート:楽天銀行デビットカード

楽天銀行JCBデビット パンダカード

WAONポイントを貯められる

  • つねにポイント還元率1.0%
  • オートチャージでポイント二重取り
  • 貯まったポイントはデビット決済で使い切れる

ローソンやファミリーマートには、セブンイレブンやミニストップのような好相性のデビットカードはありません。

なるべく多くのポイントを貯めたいなら、つねにポイント還元率1.0%の楽天銀行デビットカードがおすすめです。クレジットカードの楽天カードと同じ還元率です。

セブンイレブンやミニストップのようなボーナスポイントはありませんが、いつでも1.0%還元で買い物できるメリットは大きいです。

かつてはジャパンネット銀行が、Tポイントを貯められるVISAデビットを発行していました。

現在は新規受付を終了しています。

楽天銀行デビットカードで還元されるのは、「楽天スーパーポイント」です。楽天サービス(楽天市場や楽天ブックスなど)をふだん使わない人は、ポイントの使いみちがあるか不安かもしれません。

しかし、貯まった楽天スーパーポイントはデビット決済に使えます。コンビニなどでいつもどおり買い物をするだけで使い切れるので、心配ありません。

▼楽天銀行 デビット決済のポイント利用設定画面
楽天銀行デビット決済のポイント利用設定

楽天銀行は、VISA・Mastercard・JCBの3種類からデビットカードのブランドを選べます。特にこだわりがなければ、使えるお店がもっとも多いVISAがおすすめです。

ただし、人によってはJCBがおすすめの場合もあります。楽天銀行のデビットカードの選び方は、こちらの記事で解説ずみです。

コンビニやデビットカードの豆知識

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年5月26日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る