公共料金や携帯電話料金をデビットカードで支払う節約術 定額払いできないサービスに注意

公共料金

現在はほとんどのデビットカードが、主要な公共料金携帯電話料金の支払いに対応しています。クレジットカードを使いたくない人も、毎月払いが可能です。

以前のデビットカードは、電気代やガス代のような月々の支払いは対象外でした。最近では改善され、多くの定額払いに利用できるようになっています。ポイント還元率の高いデビットカードなら、実質の料金値引きになるので節約にもなります。

ただし、公共料金や携帯電話をデビットカードで支払う際は、注意点もあります。

まだクレジットカードしか使えないお店も一部あるほか、場合によっては口座振替(銀行口座からの引き落とし)のほうがお得なケースもあります。

デビットカードが使える毎月支払い

現在はデビットカードで支払えるサービスが増え、よりクレジットカードに近い使い方ができるようになりました。

以前はデビット決済できなかった以下のようなサービスも、多くのデビットカードで利用できます。

■デビットカードで支払える毎月払いサービス例 

  • 水道光熱費
  • docomo・au・Softbankの通信料
  • 固定電話料金
  • NHK受信料

使える加盟店は、デビットカードによって異なります。デビットカードに申し込む前に、支払いたいサービスに対応しているかチェックしておくと安心です。

デビットカードが使えない支払い

多くのデビットカードに未対応の定額支払いサービスもあります。代表例はこちらです。

■デビットカードが使えない定額払いサービス例 

  • Wi-Fiや光回線の通信費
  • 格安スマホ(MVMO)利用代金
  • 動画・音楽配信サイト
  • ケーブルテレビ
  • 生命保険・損害保険の保険料
  • ウォーターサーバーなどの宅配サービス

Wi-Fiなどの通信費や、三大キャリア以外の格安スマホ利用代金は、デビットカードで支払えないケースが多めです。

サブスクリプション系の動画・音楽配信サイトなど、継続課金サービスも利用できないものが多めです。口座引落やクレジットカードなど、ほかの支払方法を検討する必要があります。

今後、これらのサービスがデビットカードで支払えるようになる可能性もあると思います。

定額払いできるサービスが多いデビットカード一覧

記事執筆時点(2020年5月19日)では、ネット銀行発行のデビットカードのほうが、使えるシーンが多い印象です。

たとえば、格安スマホの利用料金はデビット決済できない銀行が多いですが、楽天銀行やイオン銀行はYmobileのデビット決済に対応しています。

■公共料金や携帯電話に使えるデビットカード ネット銀行の例

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • ソニー銀行

銀行によっては、デビットカードを利用できない加盟店一覧を公開しています。加盟店リストを公開していない銀行は、メールや電話で問い合わせると確実です。

■デビット決済できない加盟店リストを公開しているネット銀行

上記リンクから、公式サイトのリストへ飛べます。

デビットカードを発行する金融機関は、利用できる店舗・できない店舗を随時変更します。デビット決済できない加盟店リストに載っていないサービスでも、金融機関の判断で利用できなくなる可能性はあります。

特に、「利用できない加盟店リスト」に入っている企業と同じ業種は要注意です。

※ 定期・継続的なお支払について、当社判断によりご利用いただけない加盟店があります。
ご利用いただけない加盟店は随時変更させていただく場合があります。

住信SBIネット銀行 公式サイト「公共料金等の定期払いについて注意事項を知りたい」より引用

大手銀行のデビットカードは毎月払いに弱い

メガバンクなどの大手銀行は、デビットカードを利用できない継続支払いがかなり多めです。

たとえば、三井住友銀行のVISAデビットは、docomoのスマホ代支払いに利用できません。水道光熱費でも利用できない業者が多く、定額支払いには不向きです。

みずほ銀行のJCBデビットも、公共料金や携帯電話料金などの継続支払いには原則使えません。

三菱UFJ銀行のデビットカード(VISA・JCB)は、利用できる定額支払サービスが比較的多めです。

■メガバンクのデビット決済できない加盟店リスト

上記リンクから、公式サイトのリストへ飛べます。

クレジットカードなしで毎月払いをお得にするコツ

デビットカードのみでは、すべての毎月払いサービスを支払えない可能性があります。しかし、無理にクレジットカードを作る必要はありません。

デビットカードだけでなく口座引落もうまく使えば、公共料金や携帯電話料金をお得に支払えます。

クレジットカードを使わずに毎月払いをお得にするコツを、3つ解説します。

ポイント還元率の高いデビットカードを選ぶ

毎月の定額払いをデビットカードで支払うなら、ポイント還元率にも注目して選びたいところです。

近年は、クレジットカードに近い還元率のデビットカードも増えています。より還元率の高いデビットカードで支払えば、年間でまとまったポイントが貯まります。

楽天銀行のデビットカードを例に、どれくらいのポイントが貯まるか試算してみます。

▼楽天銀行デビットカード(JCB)
楽天銀行JCBデビット パンダカード

楽天銀行のデビットカードは、クレジットカードの楽天カードと同じ1.0%還元です。100円につき1ポイント(1円相当)の楽天スーパーポイントが戻ってきます。

公共料金と携帯電話利用代金が毎月3万円かかっていれば、デビット決済によって月々300円分がポイントバックされます。

楽天銀行デビットカードは、楽天スーパーポイントを支払いに充当できるので、翌月の支払いは300円引きで支払えることになります。

公共料金は口座振替割引と比較する

水道光熱費などの公共料金は、口座振替(口座引き落とし)による割り引きを受けられる場合があります。

デビットカードの還元率と口座振替割引、どちらがお得か比較してから支払方法を決めるとよいです。

■例:東京電力エナジーパートナー・中部電力・関西電力の場合

関西電力は、一定の条件を満たしたうえで口座振替を行うと、1契約につき月55円の割り引きが適用されます。

還元率1.0%のデビットカードと比較すると、電気代が5,500円以下のときは、口座振替のほうが割安になります。電気代が5,500円を超える場合は、デビットカードのほうがお得です。

口座引き落とし特典がある銀行を使う

銀行によっては、口座引落によって特典を受けられます。デビット決済できない定額払いも、口座からの引き落としにすることでお得に支払えます。

口座振替特典があるのは、主にネット銀行です。

口座引落特典がある銀行例
楽天銀行
ATM手数料や振込手数料の無料回数が増える「ハッピープログラム」で、口座引落1件ごとにランクアップ条件に加算
イオン銀行
公共料金や携帯電話料金など、各種公共料金の支払い1件ごとに5WAONポイント付与
住信SBIネット銀行
口座引落が月1件以上あると、スマプロポイント1ポイント付与

上記3行は、デビットカードが使える加盟店も多いネット銀行です。デビットカードと口座引落を併用すれば、毎月の支払いをお得にできます。

もっともおすすめなのは、楽天銀行です。デビット還元率がもっとも高く、加盟店も比較的多めです。楽天グループで貯めた楽天スーパーポイントを、1ポイント1円でデビット支払いに充てられるメリットもあります。

楽天市場でのネットショッピング貯まったポイントを、公共料金や携帯電話料金の支払いで使うことも可能です。

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年6月24日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る