借入・返済のATM手数料が無料のカードローン比較をしてみました

ATM

カードローンで借入・返済する方法として「ATM」を使う人は非常に多いです。ATMを使うと、すぐに現金が引き出せますし、返済時も手持ちのお金をすぐに入金できるので、簡単です。

銀行カードローンは、

に分かれます。
しかし、ATM手数料は意外と高いです。こまめに借りたり、返したりするカードローンでは、ATM手数料も金利と同じぐらい気にするべきです。

例えばATM手数料は1回あたり100円+税です。しかしこの金額は、10万円を借りた場合の金利0.1%に相当します。金利が低いカードローンでも、ATM手数料が有料では意味がないのです。

ATM手数料が無料のカードローン比較

今回は、ATM手数料がかからない銀行カードローンを比較してみました。手数料を気にすることなく利用できるので、こまめに借りたり、積極的に随時返済することで、利息も小さくできるのがメリットです。

ATMの中でも最も利用しやすいのは、原則として24時間使える「コンビニATM」です。ここでは、「セブン銀行」、「ローソン」、「E-net(ファミマなどに設置)」の3つを、「主要なコンビニATM」と言います。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行

非常にスペックの高い「新しいカードローン」として誕生したのが「ソニー銀行カードローン」です。

「主要なコンビニATM」の他に、イオン銀行、ゆうちょ、三井住友、三菱東京UFJ銀行のATMでキャッシングができます。

このうちイオン銀行ATMとセブン銀行ATMに関しては、借入・返済ともに何度でも手数料はかかりません。しかし、それ以外の提携ATMでは、返済は何度でも無料、借入は毎月4回まで無料、5回目以降は1回ごとに100円+税のATM手数料が必要です。

ソニー銀行は、最短60分で審査、すでに口座を持っている人なら、最短即日融資が受けられます。口座を持っていない人でも「初回振込サービス」を活用することで、最短翌日融資が受けられるのがメリットです。(※お申し込み状況によって、審査に60分以上かかる場合がございます。)

原則として提出書類は不要で、専業主婦の方でも借りれます。(専業主婦の場合は限度額50万円に設定)また、安定収入があれば学生の方でも利用可能です。

銀行カードローン業界トップクラス(年2.5%~13.8%)の低金利となっているため、初めてキャッシングをする方、すでに他社で借りていて「借り換え」をする方にもおすすめです。

→ソニー銀行カードローンの詳細はこちら

新生銀行カードローン レイク

レイク

新生銀行カードローンの「レイク」は、初回に限り借入額5万円までは180日無利息、それ以上の金額についても30日無利息サービスを展開していることで有名です。

「主要なコンビニATM」やレイクATMで、借入・返済ともに手数料無料で使えます。

よって実質的には、セブン銀行、ローソン、E-net(ファミリーマート)のいずれかのATMを利用することがほとんどになると思います。(現在は新生銀行の店舗内にもセブン銀行ATMが設置されています)

レイクもその他の銀行系カードローンと同様に、配偶者に安定収入があれば、専業主婦の方でも利用できるのが特徴です。

金利は他社と比較するとやや高め(年4.5%~18.0%)ですが、30日~180日の無利息期間を考えると、短期での返済を想定しているのなら、お得感は一番大きいです。

→新生銀行カードローン レイクの詳細はこちら

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行

楽天銀行のカードローンとなるのが「楽天銀行スーパーローン」です。

提携ATMは、「主要なコンビニATM」と、イオン銀行、みずほ銀行、そして三井住友銀行ATMなどです。これらのATMを使う場合は、借入・返済ともに手数料は一切かかりません。(最近は一部の地方銀行ATMとも提携しています)

それ以外の全国の銀行ATMでも利用できますが、所定の手数料がかかってしまうので、おすすめはできません。

楽天銀行スーパーローンは、本人に収入のない専業主婦に対しても、50万円まで融資をしていることから、人気です。最短即日融資は行っていませんが、比較的低めの金利(年1.9%~14.5%)で融資が受けられるのがメリットです。

保証会社が楽天銀行、セディナの2社であることも、楽天銀行スーパーローンの特徴となっています。

→楽天銀行スーパーローンの詳細はこちら

MR.カードローン(住信SBIネット銀行)

住信SBIネット銀行

即日融資はできないものの、圧倒的な低金利(年1.89%~7.99%)で融資を行ってくれる住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」。

ATM手数料が完全無料なのはセブン銀行とイオン銀行、そしてビューアルッテ(引き出しのみ対応)となります。しかし、その他の「主要なコンビニATM」とゆうちょ銀行も利用でき、毎月5回までは無料、6回目以降は100円+税なので安いです。

毎月5回も借入・返済をする人は少ないと思いますが、もし制限に達してしまったら、翌月になるまではセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMを使えば、手数料がかかることはありません。

審査難易度は高めと言われていますが、審査に通れば利用限度額も最大1,000万円と十分な金額を貸してくれます。

また、グループ会社のSBI証券との連携によって、無料の証券口座を開くと、金利がさらに0.5%下がるため、他社の金利が比較にならないぐらいお得なカードローンとなっています。

→MR.カードローンの詳細はこちら

スルガ銀行 リザーブドプラン

リザーブドプラン

静岡の地方銀行であるスルガ銀行が展開するカードローンは「リザーブドプラン」と呼ばれています。

最短1分で審査、即日融資も可能という気前の良さが人気、申込はWEB完結で来店不要なので、全国どこにお住まいの方でも利用できます。

利用可能なATMは、「主要なコンビニATM」に加えて、ゆうちょ銀行、イオン銀行ATMが使えます。いずれの場合も借入・返済ともにATM手数料は0円です。(ローソンATMは利用不可)

申込はネットで、借入・返済はネットかATMで行うので、近所にスルガ銀行の店舗がなくても、問題なく使えます。

申込に必要な本人確認書類も、携帯の写真機能で撮影してアップするだけなので、かんたんです。原則として、お昼の12時までに契約を完了すれば、即日融資が受けられます。

これから期待したい銀行カードローンの一つですが、審査でお急ぎの方にも試してもらいたいローンの一つです。銀行系で最短1分審査は、かなり珍しいです。

→スルガ銀行カードローンの詳細はこちら

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行

CMでもおなじみの「オリックス銀行カードローン」は手数料が無料で使えるATMが多いのが特徴です。

「主要なコンビニATM」の他に、イオン銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ、そして西日本シティ銀行、セブン銀行ATM、ローソン、EnetこれらすべてのATMが手数料0円で使えます。

圧倒的なオリックスブランドと、年利3.0%~17.8%の低金利で、海外旅行や教育資金の他、使い道の自由なローンとして多くの人に利用されています。(事業資金には使えません)

ただし、申込基準は少し高めです。収入がない専業主婦の方は申し込めません。また、即日融資を受けるのも、厳しいです。

オリックス銀行カードローンは、ある程度計画性のある大きなお金を借りる場合や、ローンのおまとめ・一本化に活用するのに向いています。

→オリックス銀行カードローンの詳細はこちら

セブン銀行カードローン

セブン銀行

セブン銀行カードローン」は、提出書類不要、専業主婦OK、セブンイレブン設置のATMで出し入れできる。という使いやすさがウケて、初めてカードローンを使う人にも評判です。

融資限度額は10万円・30万円・50万円の3段階となっており、毎月の返済額も一定額なので分かりやすいです。また、金利も15.0%と一律なので、非常にシンプルです。

しかし、セブン銀行ローンサービスの問題点は、セブン銀行ATMしか使えないことです。ATM手数料はいつでも無料なのですが、近所にセブンイレブンがない場合は、利便性に少し欠けるかもしれません。

最短10分で審査完了し、最短即日融資ができる点も、セブン銀行カードローンのメリットです。銀行キャッシュカードを使うので、知り合いにも気づかれにくく、使いやすいローンサービスだと思います。

→セブン銀行カードローンの詳細はこちら

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行

セブン銀行ローンサービスと同じく、申込時の提出書類が不要な「じぶん銀行カードローン」は主にauユーザーを対象としたカードローンです。

じぶん銀行カードローンは、「主要なコンビニATM」の他に、ゆうちょ銀行、そして三菱東京UFJ銀行のATMが使えます。いずれも、借入・返済ともに手数料はかかりません。

金利は年2.4%~17.5%と低めに設定されていますが、auユーザーが対象となる、「au限定割」を使うと、さらに借り換えなら0.5%ダウン(新規の場合は0.1%ダウン)となります。

じぶん銀行は専業主婦への貸し出しも行っています。主婦や学生の方でも歓迎ということです。

→じぶん銀行カードローンの詳細はこちら

カードローンのその他の記事

イオンカードセレクト