スマホ決済・送金サービス

電子QUOカード「クオカードペイ」とは 購入・利用方法、メリット・デメリット

クオカードペイロゴ

ギフトカードの定番「QUOカード(クオカード)」に、クオカードペイという電子版が登場しました。

2019年3月下旬からローソンで使えるようになり、今後も店舗を拡大していく予定です。

受け取った側は専用アプリのダウンロードなどが必要なく、URLをタップするだけで使えてかんたんです。

現金と併用して支払うこともできるので、残高を使い切りやすいのもメリットです。

今後、新たな電子ギフトカードとしても広まりそうなクオカードペイについて、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

クオカードペイの使い方

コード決済イメージ

クオカードペイは、ギフトカード大手のQUOカードが新たにサービスを始めた「電子金券」です。

電子ギフト券という点では、Amazonギフト券やiTunesカードと似ています。

しかし、クオカードペイの使い勝手はもっとシンプルです。

初回のみ簡単な会員登録が必要ですが、次回以降はクオカードペイのURLを開いてレジで見せるだけです。

クオカードペイの画面にはバーコードが表示されているので、お店の方でバーコードを読み込めば支払いが完了します。

スマホ決済やQRコード決済になじみがない人も「URLをタップしてみせるだけ」でOKなので、わかりやすいです。

紙のクオカードをレジで出すのと近い感覚です。

クオカードペイのメリット

QUOカードPayには、他のデジタル送金サービスにはないメリットがあります。

クオカードペイのメリットを3点まとめました。

アプリのダウンロード不要

電車でスマホを操作するサラリーマン

クオカードペイを使う時には、専用アプリをインストールする必要ありません。

銀行口座の登録も不要なので、不正送金などのトラブルに遭うリスクなしで使えます。

たとえば、LINE Payでも個人に送金ができますが、受け取る側もLINE Payに銀行口座の登録をしなくてはいけません。

一方、クオカードペイはメールやメッセージで受け取ったクオカードペイのURLを開き、レジで見せるだけです。

今までもギフト券のような感覚で個人に送金をできるサービスはありましたが、クオカードペイは特に受け取り手の手間が少ないと言えます。

■クオカードペイと個人送金アプリの違い 比較

比較 クオカードペイ 一般的な個人送金アプリ
会員登録 初回のみ必要 初回のみ必要
アプリ 不要 必要
銀行口座 不要 必要

また、クオカードペイの加盟店ならどこでも支払えるので、Amazonショッピングでしか使えないAmazonギフト券よりも柔軟に使えます。

サービス開始直後の2019年3月26日時点では、ローソンでの利用が可能です。

現金との併用ができる

財布を持つ男性

さらにクオカードペイは、現金と併用できます。

たとえば、5,000円の買い物をする時に、1,000円はクオカードペイ、4,000円は現金で支払うこともできます。

もちろん、300円の支払いに1,000円のクオカードペイを使い、おつり分の700円を残高として残すことも可能です。

クオカードペイの残高が端数になってしまった時も、無理なく全額を使い切れるので安心です。

まれに電子マネーやスマホ決済にある、複数の支払い方法が使えないために端数が余ることを避けられます。

有効期限の通知を受け取れる

スマホを操作する女性

クオカードペイはアプリなしで使うことができますが、アプリをダウンロードしておくと有効期限の通知を受け取れます。

クオカードペイの有効期限は3年間と長めです。

しかし、「今すぐ使わなくて良いから」と放置しておいて、有効期限を過ぎてしまうともったいないです。

すぐに使う予定がない人は、クオカードペイアプリをインストールしておくことをおすすめします。

その他、クオカードペイアプリでは以下の便利な機能があります。

■クオカードペイアプリの機能

  • 複数のクオカードペイを一括管理
  • 有効期限の一覧チェック
  • 有効期限が早い順に使う
  • クオカードペイの利用履歴を保存

QUOカードPayアプリは、以下よりダウンロードできます。

▼Android用クオカードペイアプリ▼

▼iPhone用クオカードペイアプリ▼

クオカードペイのデメリット

一方、クオカードペイにはデメリットもあります。

他の送金サービスと共通するデメリットがほとんどですが、いざ使う時は知っておくと安心です。

クレジットカードと併用できない

クレジットカードを持つ女性

クオカードペイは、クレジットカードと併用して使うことはできません。

併用できるのは、現金のみです。

たとえば、3,000円のショッピングをする時に、1,000円をクオカード、2,000円をクレジットカードで払う、ということはできません。

また、他のキャッシュレス決済との併用もできないので注意が必要です。

例:クオカードペイと電子マネーの併用、クオカードペイと楽天ペイの併用など

ネットショッピングでは使えない

カードショッピング

紙のクオカードと同じく、クオカードペイはネット通販では使えません。

そういう意味では、紙のクオカードと同じような感覚で使える電子金券です。

一方、ネット通販の方がよく使う人にとっては、Amazonギフト券などの方が便利かもしれません。

■クオカードを通販で使う裏技

どうしてもクオカードを通販で使いたい場合は、店頭受け取りの注文で利用することが可能です。

たとえば、コンビニでクリスマスケーキを予約注文して、レジで受け取る時にクオカードで支払う、などです。

クオカードペイはまだ使える店が少ないですが、紙のクオカードならこの方法が使えるお店も比較的多いです。

念のため、予約時に確認しておくと安心です。

現金に換金できない

紙のクオカードは金券ショップなどで売ることができますが、クオカードペイは換金ができません。

基本的には受け取った人が、コンビニでの買い物などで使い切ることが前提です。

人にクオカードペイを譲りたい時は、クオカードペイのURLを教えて使ってもらえばOKです。

紙のクオカードを「私は使わないからあげる」と渡すのと同じイメージです。

企業のギフトとして広まりそう

安心している男性

現在クオカードペイの公式サイトでは、主に法人向けの使い方がメインを紹介しています。

確かに、企業が社員やお客さんに対して贈るギフトカードとして、クオカードペイが普及する可能性は高いです。

なぜなら、今まで紙のギフトカードを配布していた企業は、カードを封筒に入れる手間や送料などのコストをカットできるからです。

特に、キャンペーンの景品や株主優待、社員へのプレゼントなど、たくさんの人に一斉に贈るギフトに向いています。

もちろん、個人がクオカードペイを買うこともできるので、友人へのプレゼントやお祝いに贈るのにもおすすめです。

クオカードペイの購入や発行も無料の会員登録をするだけで可能なので、手軽に用意できます。

クオカードペイを贈る側のメリットは、以下のとおりです。

■クオカードペイを贈る側のメリット

  • 最短翌日に送れる
  • 必要な情報はメールアドレスだけ
  • 50円から発行できる
  • デザインやメッセージが設定できる
  • 「QUOカード」ブランドの安心感がある

クオカードペイは、注文して最短翌日にURLを発行できます。

そして、送りたい相手のメールアドレスさえあれば送付できるので、住所などの個人情報を集める必要もありません。

急ぎでギフト券を用意したい時にも便利です。

金額設定も幅広く、50円から10万円まで1円単位で設定できます。

また、クオカードペイのURLに表示されるページのデザインも、柔軟にカスタマイズできます。

画像やメッセージを添えることができるので、ギフトにぴったりです。

「クオカード」という知名度の高いブランドの贈り物としても、安心感のあるプレゼントだと思います。

一方、クオカードペイ購入のデメリットは、購入方法が銀行振込のみという点です。

クレジットカードでは購入できないので、普段からクレジットカードメインで決済をしている人にとってはやや不便です。

クオカードペイを買う時は、振込手数料が無料の銀行を使うのがおすすめです。

使えるお店が増えるかどうか

日本地図

クオカードペイは紙のクオカードとは別物なので、使えるお店は全く違います。

2019年3月からサービスを開始し、同月26日からローソンで利用できるようになりましたが、それ意外の使えるお店はまだリリースされていません。

現時点では、Amazonギフト券やiTunesカード、スターバックスカードなどの方が使いやすいと思います。

しかし、紙のQUOカードは全国で6万店近くの加盟店を持っており、知名度も高いギフトカードです。

クオカードブランドでこれから普及していく可能性は高いです。

QUOカードPayオンラインストアはこちら

キャッシュレス決済の人気記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行やQR決済・送金サービスについて学ぶ日々を送っています。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かし、お金に関する情報をわかりやすく提供できるよう務めます。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年3月26日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る