電子QUOカード「クオカードペイ」とは 購入・利用方法、メリット・デメリット

クオカードペイロゴ

ギフトカードの定番「QUOカード(クオカード)」に、電子版のクオカードペイが登場しました。

リリース当初の2019年3月下旬は、ローソンでしか使えませんでしたが、サンドラッグや東急ハンズでも使えるようになりました。徐々に店舗を拡大中です。

クオカードペイは、メールで受け取ったURLをタップするだけで支払えます。専用アプリもありますが、アプリがなくても支払い可能です。

現金との併用もできるので、残高を使い切りやすく便利です。

新たな電子ギフトカード「クオカードペイ」のメリット・デメリット、使い方や贈り方を、わかりやすく解説します。

クオカードペイの使い方

コード決済イメージ

クオカードペイは、ギフトカード大手のQUOカードが新たに始めた「電子金券」です。Amazonギフト券や、iTunesカードと似ています。

しかし、クオカードペイの使い勝手は、もっとシンプルです。

初回のみ簡単な会員登録が必要ですが、次回以降はクオカードペイのURLを開いてレジで見せるだけで決済できます。

クオカードペイの画面には、決済用バーコードが表示されています。それを見せると、お店でバーコードを読み込ってもらえます。

URLをタップして見せるだけなので、スマホ決済になじみがない人でもかんたんです。

私も上島珈琲店でクオカードペイを使いました。

「QUOカードペイでお願いします」と言うと、すぐに店舗用のiPadでこちらのコードを読み取ってもらえ、3秒ほどで支払いが完了しました。

ちなみに上島珈琲店には、クオカードペイのブランドキャラクター「クオとペイ」のポップもありました。

コアラがモチーフで「QUO」というロゴが目立っていたので、すぐに気付けます。

クオカードペイ

クオカードペイの購入方法

スマホとタブレットを持つ女性

クオカードペイを贈るときは、公式オンラインストアで無料会員登録をします。

会員登録をしたら、クオカードペイの券面デザインや金額を選んで、すぐに注文できます。

クオカードペイの購入方法
無料会員登録
名前やメールアドレスなどを登録します。2~3分ほどで完了します。
注文内容を選択
金額や数量だけでなく、クオカードを送るときに表示されるタイトルやメッセージも自由に入力できます。券面デザインも選ぶことができ、オリジナルの画像も使えます。
注文
注文後、登録メールアドレスあてに振込先などの情報が届きます。
銀行振込で支払い
銀行振込時は、必ず「注文番号」の記入をします。
クオカードペイURL発行
入金が確認でき次第、クオカードペイを送れるURLを発行してもらえます。

金額設定は幅広く、50円から10万円まで1円単位で設定できます。ただし、一度の注文につき、購入金額は3,000円以上である必要があります。

100円のクオカードペイを30件発行しても、3,000円のクオカードペイを1件注文してもOKです。

注文後の支払い方法は、銀行振込のみです。

入金後、最短で翌営業日に発行することも可能なので、すぐに電子ギフトカードを贈りたいときにも便利です。

クオカードペイを発行するときは、6%+税の発行手数料がかかります。

たとえば、5,000円分のクオカードペイを注文すると、324円の手数料が必要です。

→クオカードペイ 公式オンラインストアはこちら

クオカードペイのメリット

QUOカードPayには、他のスマホ決済やデジタル送金サービスにはないメリットがあります。

専用アプリが必要ないうえに、現金と併用もできるので、使い勝手は紙のクオカードと似ています。

アプリのダウンロード不要

電車でスマホを操作するサラリーマン

クオカードペイを使う時には、専用アプリをインストールする必要ありません。これは、LINE PayやPayPayの個人間送金との大きな違いです。

銀行口座やクレジットカードの登録も不要なので、不正送金などのリスクなく使えます。

LINE Payでも個人に送金ができますが、受け取る側もLINE Payに銀行口座を登録しなくてはいけません。クオカードペイは、メールで受け取ったクオカードペイのURLを開き、レジで見せるだけです。

■クオカードペイと送金アプリの違い 比較

比較 クオカードペイ 一般的な送金アプリ
会員登録 初回のみ必要 初回のみ必要
アプリ 不要 必要
銀行口座 不要 必要

送金サービスの中でも、クオカードペイは特に受け取り手の手間が少ない送金方法です。

現金との併用ができる

財布を持つ男性

クオカードペイは、現金と併用できます。

5,000円の買い物をする時に、1,000円はクオカードペイ、4,000円は現金で支払うことも可能です。

クオカードペイ全額を一度に使い切れないときは、残高を次回の支払いまで残すのもOKです。

1,000円のクオカードペイを使って300円の買い物をすれば、おつり分の700円が残高として残ります。

電子マネーやスマホ決済は、複数の支払い方法と併用できないケースが多く、チャージ残高の端数が余りがちです。

現金と併用できるクオカードペイなら、端数の残高も使い切れます。

有効期限の通知を受け取れる

スマホを操作する女性

クオカードペイの専用アプリには、有効期限の通知を受け取る機能があります。

クオカードペイの有効期限は3年間です。有効期限は長めですが、「今すぐ使わなくて良いから」と放置しておくと、有効期限を過ぎてしまうかもしれません。

すぐにクオカードペイを使う予定がない人は、クオカードペイアプリのインストールをおすすめします。

他にも、クオカードペイのアプリには便利な機能があります。

■クオカードペイアプリの機能

  • 複数のクオカードペイを一括管理
  • 有効期限の一覧チェック
  • 有効期限が早い順に使う
  • 利用履歴を保存
  • クオカードペイの券面デザインを保存

いずれも、クオカードペイを使い切りやすくするための機能です。特に、複数のクオカードペイを、有効期限が早い順に使えるのは便利です。

デジタルカードの券面デザインも保存しておけるので、お気に入りのデザインのカードを見返すこともできます。

クオカードペイアプリ

QUOカードPayアプリは、以下のページからダウンロードできます。

▼Android用クオカードペイアプリ▼

▼iPhone用クオカードペイアプリ▼

クオカードペイのデメリット

クオカードペイにはデメリットもあります。

他社デジタルギフト券や紙クオカードでは可能でも、クオカードペイではできないこともあるので、要注意です。

クレジットカードと併用できない

クレジットカードを持つ女性

クオカードペイは、現金以外の支払い方法との併用ができません。併用できるのは、現金のみです。

■クオカードペイと併用できない支払い方法

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済
  • 金券

クオカードペイの残高を使い切るときは、残高を超えた差額の現金を用意しておく必要があります。

ネットショッピングでは使えない

カードショッピング

紙のクオカードと同じく、クオカードペイはネット通販では使えません。

ネット通販の方がよく使う人にとっては、Amazonギフト券などの方が便利です。

■クオカードを通販で使う裏技

どうしてもクオカードを通販で使いたい場合は、店頭受け取りで注文する方法があります。

コンビニのクリスマスケーキをネット予約して、レジで受け取る時にクオカードで支払う、などです。

クオカードペイはまだ使える店が少ないですが、紙のクオカードならこの方法が使えるお店も比較的多いです。念のため、予約時に確認しておくと安心です。

加盟店が少ない

コード決済イメージ

クオカードペイ最大のデメリットは、使えるお店が非常に少ないことです。

クオカードペイは紙のクオカードとは別物で、使えるお店は全く違います。

サービス開始当初は、ローソンでしか使えませんでした。その後、サンドラッグや上島珈琲、東急ハンズなどで利用できるようになりましたが、大手スマホ決済と比べるとまだまだ少なめです。

現時点では、Amazonギフト券やiTunesカードなどの方が、使えるシーンは多い状況です。

しかし、クオカードは知名度が高く、紙のQUOカードは全国で6万店近くの加盟店を持っています。クオカードのブランド力で、これから普及していく可能性もあります。

現在もキャンペーンを打ち出しながら、知名度を上げている状況です。

▼キャンペーン例:上島珈琲店
クオカードペイキャンペーン

現金に換金できない

紙のクオカードは金券ショップで売ることができますが、クオカードペイは換金ができません。基本的には、受け取った人が使い切ることが前提です。

人にクオカードペイを譲りたいときは、クオカードペイのURLを教えるだけでOKです。紙のクオカードを「私は使わないからあげる」と渡すような感覚です。

企業のギフトとして広まりそう

安心している男性

現在、クオカードペイの公式サイトでは、法人向けの使い方を中心に紹介しています。

クオカードペイは手軽に発行できるうえに、「クオカード」というブランドに安心感もあるので、顧客に安心して贈れるギフトといえます。

特に、キャンペーンの景品や株主優待など、多くの人に一斉に贈りたいシーンに向いています。最短翌営業日に発行できるので、急いで用意したいお詫びの品にも最適です。

今まで紙のギフトカードを配布していた企業は、カードを封筒に入れる手間や送料をコストカットできます。

もちろん、個人から個人への贈り物にもおすすめです。

クオカードペイの購入方法は銀行振込のみなので、振込手数料が無料の銀行を使うのがおすすめです。

参考記事:他行への振込手数料が無料の銀行リスト!お金のムダ遣いをなくそう

QUOカードPayオンラインストアはこちら

キャッシュレス決済の人気記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
FP(ファイナンシャルプランナー)のライター。メガバンクとネット銀行の使い分け、投資、スマホ決済でのポイ活などで資産形成中。難しそうな金融の話を、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月11日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る