mijica(ミヂカ)

ミジカ券面

ゆうちょ銀行は、mijica(ミヂカ)というデビットカード兼プリペイドカードを発行しています。

当初はあらかじめチャージをして使うプリペイドカードでしたが、2019年1月28日からは事前チャージをしなくてもゆうちょ銀行の口座から直接支払えるデビット機能が付きました。

プリペイドカード機能のみのミヂカを使っていた人も、新しいミヂカカードに切り替えていっています。

ミヂカは国際ブランドのVisaデビットなので、日本国内だけでなく海外でも使えるのが最大のメリットです。

支払い時に「Visaで」と言えば、クレジットカードのようにカード払いができます。

もちろん、ネットショッピングにも使えます。

デビット機能は15歳から使えるので、まだクレジットカードが申し込めない高校生にもおすすめです。

チャージ残高や銀行口座にあるお金しか使えないので、クレジットカードだと使いすぎてしまいそうで不安という人にも向いています。

ゆうちょのデビットカードは2種類ある

実はゆうちょ銀行は、ミヂカ以外にもデビットカードを扱っています。

それがJ-Debit(ジェイデビット)というカードです。

Jデビット

ジェイデビットはゆうちょ銀行キャッシュカードに標準装備できるので、すでにキャッシュカードを持っている人はジェイデビット決済ができるかもしれません。

※ゆうちょ銀行の総合口座を開設する時に「デビット機能付き」を選択すれば、審査や別途手続きなしで付帯できます。

ミヂカが「Visa」という国際ブランドのデビットカードなのに対し、ジェイデビットは日本デビットカード推進協議会という国内組織が運営しています。

結論から言うと、ゆうちょ銀行でデビットカードを作るなら、断然ミヂカの方がおすすめです。

一番の理由は、使える店舗数に圧倒的な差があるからです。

Visaデビットは全世界のVisa決済ができるお店やネットショッピングで使えます。

国際カードブランドの中でもシェア1位なので、世界中で最も普及しているカード規格です。

それに対しジェイデビットは、日本国内の限られたお店でしか使えない上に、Amazonなどのネット通販では使えません。

その他、ミヂカとジェイデビットの違いを比較してみました。

■mijicaとJ-Debitの違い

特徴 mijica J-Debit
カード規格 世界シェアNo.1のVisa 日本独自の規格
使える店舗数 全世界5,000万店以上 国内のみ4万店弱
ネットショッピング 利用可 利用不可
キャッシュバック 0.25~0.75% なし
デビット以外の機能 プリペイド機能 キャッシュカード一体型

Visaデビットよりジェイデビットの方が便利な点は、キャッシュカード一体型で財布がかさばらないことと、支払うと「現金払い」扱いになることくらいです。

Visaデビットで支払うと、決済の分類としては「クレジットカード払い」扱いとなります。

一方、ジェイデビットは「現金払い」扱いになるので、カード払いをするとポイント還元率が下がる家電量販店などで、お店のポイントがすべて受け取れます。

高額な家電を買う時にはお得になりますが、普段の買い物では不便が多いのでおすすめできません。

コンビニではローソンしか使えず、ネットショッピングや海外での支払いにも使えません。

デビットカードを日常的に使いたい人は、ミヂカを発行しておくことをおすすめします。

参考記事:ゆうちょ銀行デビットカード(J-Debit)

ミヂカのメリット

まずは、デビットカードとしても使えるようになったミヂカのメリットを見ていきます。

個人的には、コンビニやスーパーなど日常の買い物や、子供のおこづかい管理用に向いている印象です。

それだけでなく、Visaデビットなので海外旅行でも使い勝手がいいです。

12歳から無料で発行できる

親子

ミヂカは、12歳以上(小学生以外)なら誰でも発行できます。

このデビットカードの年齢制限は、どの銀行も同じです。

ゆうちょ銀行の口座とメールアドレスを持っている必要がありますが、年会費やカード発行手数料などは一切かかりません。

ただし、デビット機能が使えるのは、15歳以上からです。

12~14歳の子供が持つ場合は、ミヂカのプリペイド機能のみ利用できます。

プリペイドカードとしても使える

レジでカード決済をする女性

15歳以上でも、マイページからデビット機能をオフにすれば、ミヂカをプリペイドカードとして使うこともできます。

プリペイドカードは事前にチャージして支払うので、子供のおこづかい管理にも使いやすいです。

チャージできる金額は10万円までで、プリペイドカードとして使う場合もVisa決済ができるお店ならほぼ全て利用できます。

一度チャージした残高の引き出しには手数料が50円+税かかりますが、LINE Payなどのスマホ決済アプリより割安です。

■ミヂカのプリペイドチャージ方法

ミヂカをプリペイドカードとして使う場合は、あらかじめチャージが必要です。

ミヂカのチャージ方法は、5通りあります。

  1. ゆうちょ口座から今すぐチャージ(ネット上でチャージ)
  2. ゆうちょ銀行ATMからの現金チャージ
  3. 毎月の指定日に自動チャージ
  4. たまったポイントからチャージ
  5. 残高不足になった時のデビットチャージ

ATMに行かなくても、ミヂカのスマホアプリやWebマイページからすぐにチャージできます。

毎月決まった金額をチャージしたい場合は、1・6・11・16・21・26日のいずれかの日に決まった金額を銀行口座からチャージする設定も可能です。

おこづかい管理として使う場合は、指定日チャージがおすすめです。

15歳になったら、Visaデビット機能も使えるようになります。

中学生のうちからミヂカでカード支払いの練習をして、高校生になったらデビット機能で使える幅を広げるなど、子供にキャッシュレス支払いのトレーニングをさせるのにも便利です。

デビット機能をオンにしておけば、残高不足になった時にゆうちょ口座から自動的にチャージする「デビットチャージ」も使えるようになります。

最新のVisaタッチ決済に対応

Visaタッチ決済 加盟店のマーク

ミヂカにVisaデビット機能を付けると、Visaブランドのクレジットカードの最新機能「タッチ決済」も利用できます。

タッチ決済とは、カードを読み取り機器にスキャンしなくても、かざすだけで決済ができる機能です。

スイカやパスモなど、改札をタッチするだけで通れる交通系ICカードと同じイメージです。

タッチ決済は、下記のようなVisaロゴから電波が出ているようなマークがあるお店で使うことができます。

タッチ決済マーク

従来のデビットカードは、カードリーダーにスライドさせてからサインや暗証番号の入力を求められることがありました。

しかし、タッチ決済で支払うとサインも暗証番号も不要になり、支払いがスピーディーになります。

また、タッチ決済機能は海外を中心に広まっているので、海外旅行でも役立ちます。

日本国内でも、マクドナルドローソンツタヤなど、全国チェーンの店舗を中心に使えるお店が増えてきています。

私自身もタッチ決済を使っていますが、ローソンで支払いが一瞬で終えられた時はあまりの早さに「もう現金に戻れない」と感じました。

ATM手数料を節約できる

コンビニATM

ミヂカでコンビニなど日常の買い物をするようになると、ATMで現金を引き出す手間を減らせます。

特にデビット決済は、銀行口座から直接現金支払をしているようなイメージなので、現金感覚で使えます。

ゆうちょ銀行はコンビニなどの他行ATMを使うと手数料がかかるので、デビットカードでATM手数料を節約できるメリットは大きいです。

■ゆうちょ銀行 提携ATMでのATM手数料(税別)

  • 平日(8:45~18:00):100円
  • 土曜(9:00~14:00):100円
  • 上記以外:200円

ネット銀行のように「月2回までATM手数料無料」といったサービスもないので、ゆうちょ銀行以外のATMを使うと必ず上記手数料がかかります。

積極的にミヂカで支払いをしてお財布の現金を減らさないようにすると、「お金がない」と気づいてコンビニATMで現金を引き出す…という事態を防げます。

ミヂカ同士での送金が無料

スマホで貯金

ミヂカを持っている人同士なら、チャージしているお金を送金することもできます。

この送金機能は、「おくってmijica」と言います。

たとえば、親もミヂカを持っていれば、自分の残高から子供のミヂカへお金を送ることが可能です。

■おくってmijicaの利用条件

  • 1回あたりの送金限度額:5万円
  • 送金回数:月10回まで
  • 送金手数料:無料

※18歳未満の人は受け取りのみで、送金はできません

手続きは簡単です。スマホアプリの送金メニューから、送金相手の名前・カードID・送金額を入力するだけです。

ネットバンキングで、銀行振込をするような感覚です。

振込手数料のような費用もかからないので、手軽に利用できます。

海外でも支払いできる

旅行中の女性

ミヂカはVisa決済ができるお店なら、世界中どこでも支払いが可能です。

Visaは国際ブランドの中でもシェアNo.1なので、海外旅行でも多くのお店で利用できます。

JCBやMasterCardのカードしか持っていない人も、Visaブランドのカードを1枚持っておくと、海外で困ることが少なくなります。

注意したいのは、ミヂカを海外で使った時には為替レートに対して海外事務手数料4%が必要になることです。

たとえば、Visa決済センターに届いた支払い金額(為替レート換算済み)が10,000円だったら、ミヂカチャージ残高かゆうちょ銀行口座から10,400円が引き落とされます。

両替手数料に比べると安いですが、デビットカードの中ではやや高い方です。

ミヂカより海外事務手数料が安いデビットカードも多くあるので、海外で利用する機会が多い人はミヂカ以外も検討することをおすすめします。

特に、ネット銀行は海外事務手数料が安いです。

ちなみに、海外で現金が必要になった時には、ミヂカを使って海外ATMで現地通貨を引き出すこともできます。

海外のVisaマーク、もしくはPlusマークがついているATMであれば、デビット機能をオンにしたミヂカが使えます。

その際は、海外事務手数料4%にくわえて出金手数料50円+税がかかりますが、両替手数料よりずっと割安です。

チップなどで現金が必要になった時は、海外ATMから引き出すこともおすすめです。

ご当地デザインあり

ミヂカご当地デザイン

ミヂカには、札幌・仙台・千葉・熊本のご当地デザインカードもあります。

ゆうちょ銀行の窓口・ネットどちらで申し込む場合も、すべてのご当地デザインを選んでカードを発行できます。

たとえば、東京に住んでいる人が「くまもんが好きだから」という理由で、熊本市版を申し込むことも可能です。

ちなみに千葉県版のミヂカは、利用金額の0.1%を「千葉県安心こども基金」に寄付しています。

利用者の負担は一切なく千葉県の子育て支援ができる、独自性の強いデビットカードと言えます。

ミヂカのデメリット

さまざまなメリットがあるミヂカですが、デメリットもあります。

ポイント還元率が低かったり、使えないシーンがあったりと、デビットカードとしてのスペックは平均的、人によっては不便を感じるかもしれません。

ジェイデビットよりはおすすめですが、ポイント還元率などのお得感を重視する人は、ネット銀行のデビットカードの方がおすすめです。

ポイント還元率は高くない

電卓と財布を持つ女性

ミヂカは、デビット決済やプリペイド決済をすると「永久不滅ポイント」がたまります。

基本のポイント還元率は0.25%とそこまで高くありませんが、ポイントアップ対象店で支払えば0.75%まで還元率が上がります。

■永久不滅ポイントとは

永久不滅ポイントとは、クレディセゾンが運営するポイントサービスで、1ポイント=5円の価値があります。

その名の通り、ポイントの有効期限がないので、貯めたポイントがいつの間にか失効していたということはありません。

買い物で貯めた永久不滅ポイントは、クレディセゾンのサイトからAmazonギフト券などに交換できます。

また、ミヂカで貯めた永久不滅ポイントは、ゆうちょ銀行ATMから現金として引き出すことも可能です。

ミヂカで決済すると、2,000円につき1ポイントたまります。

還元率だけで言うと0.05%と非常に低いですが、永久不滅ポイントは1ポイント=5円に相当するので、ポイントを円換算した純粋なキャッシュバック率は0.25%です。

メガバンクのデビットカードと同じくらいの還元率ですが、ネット銀行やキャッシュレス決済アプリ(LINE Payなど)に比べると低いです。

しかし、永久不滅ポイントにはポイント還元率がアップする優待店があります。

下記のロゴがあるお店は、キャッシュバック率が0.5~0.75%になり、メガバンクのデビットカード還元率の相場を上回ります。

ミヂカポイント優待店

全国展開しているお店だと、ファミリーマートやパルコなどが対象です。

最高還元率0.75%になるお店は、熊本パルコやロフト仙台などの地元企業が多いです。

公共料金などの毎月払いはできない

光熱費

ミヂカはVisa決済ができるシーンではほぼ使えますが、一部支払ができないこともあります。

大まかに言うと、残高不足だとトラブルにつながる費用や、毎月引き落としが発生する定額払いは、ミヂカでは支払えません。

具体的には、下記のような支払が不可となっています。

■ミヂカで支払えない料金

  • 高速道路
  • ガソリンスタンド
  • インターネットのプロバイダ(Wi-Fiなど)
  • 有料視聴放送(動画サイトなど)
  • 公共料金や電話料金
  • 保険料

上記は、クレジットカードでは支払えるけど、デビット決済やプリペイド決済はできないことが多い支払いです。

ミヂカは、日々の買い物用のカードと思っておいた方が無難です。

公共料金も支払えるデビットカードもあるので、下記記事にまとめています。

参考:公共料金の支払いにも!デビットカードを使った節約術まとめ

クレジットカードからのチャージはできない

カードで買物

ミヂカはデビット機能を使ったオートチャージができますが、クレジットカードからのオートチャージ設定はできません。

クレジットカードからのチャージができるカードには、2つのメリットがあります。

■クレジットカードチャージのメリット

  • 口座残高が足りなくてもチャージができる
  • ポイント二重取りができる

クレジットカードのチャージができると、支払い時点で残高が不足していてもチャージができるようになります。

しかし、ミヂカは銀行口座・現金・ポイントからのチャージしかできないので、手持ちの現金やゆうちょ銀行口座の残高がないとチャージできません。

たとえば、高還元のプリペイドカード「au WALLET」には、クレジットカードによるオートチャージ機能が付いています。

会計時にチャージ残高が足りなくなったらクレジットカードから自動的にチャージするので、口座残高が足りなくても支払いができます。

au WALLETをauのクレジットカードでチャージすると、プリペイド支払い・クレジットカード支払いのポイントを二重取りできます。

ミヂカはクレジットカードが使えないのでポイント二重取りもできず、キャッシュバック率は0.25~0.75%から増えません。

窓口でのカード受け取りはできない

ゆうちょ銀行

ミヂカは全国のゆうちょ銀行窓口で発行できますが、カード受け取りは原則として郵送です。

主な理由は、タッチ決済ができる最新のVisaデビットカードは、その場ですぐに発行できないからです。

ミヂカは非接触ICカードの中でも、セキュリティの高いカードなので、発行に時間がかかります。

そのため、ゆうちょ銀行窓口で申し込んだ場合も、簡易書留郵便で後日カードが送られてきます。

ネット申し込みの場合も同じく郵送でカードを受け取るので、申し込むなら24時間いつでも申し込めるネットがおすすめです。

カードは約1週間ほどで届きます。

ゆうちょPayの方が便利になるか

スマホ決済イメージ

ちなみに、ゆうちょ銀行は2019年2月から、スマホ決済アプリ「ゆうちょPay」をリリースしています。

LINE Payや楽天ペイのように、スマホアプリでコードを読み込むことで支払いが完結する、キャッシュレス決済です。

ゆうちょPayも、ゆうちょ銀行の口座から直接支払うという仕組みなので、いわばカードレスのデビットカードのような使い方になります。

スマホ決済が急速に普及してきている今、カードタイプのミヂカよりゆうちょPayの方が便利になっていく可能性もあります。

とは言え、まだ日本ではスマホ決済が使えるお店は少ないです。

しばらくはVisaカードとして全世界で使えるミヂカを持っておいた方が、使いどころが多く無難です。

mijica(ミヂカ)公式サイトはこちら

デビットカードの基礎知識

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行やQR決済・送金サービスについて学ぶ日々を送っています。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かし、お金に関する情報をわかりやすく提供できるよう務めます。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年6月13日 更新)

ありがとうございます。

1件のコメント

匿名さん

ミジカ使ってみました。
残金不足でもオートチャージ機能をONにしておけば支払いできると説明にありましたが、試しに税込み10円を決済したところ、使用不可のエラーメッセージがメールに届きました。
2店舗で試しましたが同じ結果だったので、サポートデスクに問い合わせたところ、少額には対応できないとの回答でした。
参考までに投稿します。

質問・コメントはこちら
ページの先頭へ戻る