住宅ローン比較

ARUHI(アルヒ)と住信SBIネット銀行の住宅ローンを比較

住宅ローンの比較

今回は、フラット35を扱っている「ARUHI」と、大手ネット銀行「住信SBIネット銀行」の住宅ローンを比較してみました。

どちらも人気の金融機関、かつ固定金利のフラット35を扱っているので、どちらを選ぶか迷う人も多いです。

金利や手数料、特典などの違いを見ることで、どちらを選べば良いか考えてみます。

フラット35に強いARUHI

ARUHI

ARUHI(アルヒ)は、フラット35のシェアNo.1を獲得しているのが一番の強みです。

フラット35を利用している4人に1人以上は、ARUHIで契約をしているほどの人気なので、安心感があります。

住信SBIネット銀行もフラット35を扱っており、業界上位シェアではありますが、ARUHIの実績が突出しています。

ARUHIのフラット35が選ばれる理由は、業界最低水準の低金利にくわえて、審査スピードも速いことです。

低金利でなるべく早く住宅ローンを契約したい方に、特におすすめです。

さらに、個人的にアルヒの強みだと思うのは、窓口で相談できることです。

多くのネット銀行は、低金利メリットがある一方で、すべての手続がネット完結のため、対面での相談ができないデメリットを抱えています。

しかし、アルヒは全国に営業窓口を抱えているため、住宅ローンの専門家に不明点を直接相談することができます。もちろん、対面での契約が面倒な方は、ネット完結でも利用できます。

また、フラット35の人気が目立つアルヒですが、自社商品の「ARUHIフリーダム」も販売しており、変動金利・期間固定金利プランの住宅ローンも組むことが可能です。

参考:ARUHI(アルヒ)のフラット35は保証料・繰上返済手数料ゼロ!金利低すぎ

手厚い保証が魅力の住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

一方、ネット銀行で高い人気を誇る住信SBIネット銀行も、住宅ローン金利に競争力があります。

住信SBIネット銀行住宅ローンの最大のメリットは、全疾病保障が無料で付けられる点です。

全疾病保障とは、がん、脳卒中、急性心筋梗塞をはじめとする8つの重病に加え、さらにその他のあらゆる病気やケガ(※精神障害等を除く)にかかった場合のリスクに備える保障です。

上記病気によって働けなくなるなど、一定基準を満たせば住宅ローン返済が免除になるので、強力な保険と言えます。

通常、全疾病保障を付けると表示金利に+0.4%程度の上乗せが必要となるのですが、住信SBIネット銀行の場合は、この全疾病保障が無料で付帯できます。

前述の通り、住信SBIネット銀行はフラット35も扱っていますが、それにくわえて下記2種類の住宅ローンもあります。

住信SBIネット銀行の住宅ローン(フラット35以外)
ネット専用住宅ローン
三井住友信託銀行の住宅ローンを、住信SBIが代理販売している商品です。
特に、期間固定金利(5年・10年など)の低さに強みがあります。
MR.住宅ローンREAL
住信SBIネット銀行のオリジナル商品です。現在はローンプラザでの対面申込のみ。特に変動金利の低さに強みがあります。

どちらも業界最低水準の金利であり、さらに全疾病保障が付いているため人気が高いです。

MR.住宅ローンREALは、ネット銀行では珍しい対面で申込むタイプの住宅ローンです。

SBIグループが全国で運営している相談窓口「SBIマネープラザ」などで申し込めます(→SBIマネープラザの詳細はこちら

両者の主力住宅ローンを比較

比較

まず、ARUHIの主力住宅ローン「フラット35」と、住信SBIネット銀行の全疾病保障が人気の「ネット専用住宅ローン」を比較してみます。

一部、数値化できない部分には主観が含まれていますが、どの条件を重視するか?をはっきりすることで、どちらの住宅ローンを選べば良いかが見えてくると思います。

■ARUHI「フラット35」と住信SBIネット銀行「ネット専用住宅ローン」比較

手数料 ARUHI 住信SBIネット銀行
事務手数料 融資額の1~2% 融資額の2%
団体信用生命保険 融資額1,000万円あたり機構団信34,000円+税
(住宅ローン残高が減るに従って、保険料も年々低くなる)
無料
一部繰上返済手数料 無料(10万円~) 無料(1円~
審査スピード 最短4営業日 1ヶ月~1ヶ月半

ARUHIのフラット35の方がメリットがあるのは、事務手数料の安さ審査スピードです。

ARUHIの事務手数料は、窓口ではなくネットから申込む「ARUHIダイレクト」というプランで申込むと融資額の1%に引き下がります。

事務手数料は何十万円かかる大きなコストなので、アルヒの窓口申込や住信SBIネット銀行の半額で済むのは大きな利点です。

さらに、一般的に1ヶ月以上かかる住宅ローン審査が、最短4営業日で完了するという早さは、ARUHIならではのメリットです。

詳しくは後述しますが、住信SBIネット銀行もフラット35を扱っているものの、ここまでのスピード審査はできません。

一方、住信SBIネット銀行の方が優れているのは、団体信用生命保険料が無料という点と、繰上返済が1円単位でできる点です。

フラット35の場合は、最低10万円からしか繰上返済を受け付けてくれません。これはARUHIだけでなく、フラット35で共通するルールです。

一方、住信SBIネット銀行はネットから1円単位で繰上返済ができるので、マイページで残高を確認して「今月はお金に余裕があるな」と思ったら、そこから簡単に繰上返済ができます。

団体信用生命保険も、全疾病保障とあわせて無料で加入できるので、万が一に備えたい人にとっては住信SBIネット銀行がお得です。

ARUHIで疾病保障をつけると、融資金額100万円あたり600円~3,000円(年齢によって異なる)+1万円前後はかかります。

フラット35はアルヒのメリットが多いか

家族とフラット35S

続いて、ARUHIと住信SBIネット銀行がどちらも扱っている「フラット35」について比較してみます。

金利は共通ですが、それ以外の手数料などの諸条件は異なります。

結論としては、やはりフラット35についてはARUHIにやや軍配が上がる印象です。

■ARUHIと住信SBIネット銀行 フラット35比較

手数料 ARUHI 住信SBIネット銀行
事務手数料 融資額の1~2% 融資額の2%
団体信用生命保険 融資額1,000万円あたり機構団信34,000円+税
(住宅ローン残高が減るに従って、保険料も年々低くなる)
無料
一部繰上返済手数料 無料(10万円~) 無料(10万円~)
審査スピード 最短4営業日 1ヶ月~1ヶ月半

住信SBIネット銀行のフラット35のメリットは、ネット専用住宅ローンと同じく団体信用生命保険料が無料、かつ全疾病保障が無料でつけられる点です。

厳密に言うと、本来フラット35は団信保険料を自分で支払わなければいけませんが、住信SBIネット銀行が負担してくれます。

しかし、ネット専用住宅ローンで1円単位でできた繰上返済は、フラット35だと10万円からしか行なえません。

フラット35の繰上返済の条件や団信手数料などは、どの金融機関でも統一されているからです。

そうなると、融資事務手数料の引き下げができて、審査が早いARUHIの方がメリットが大きいと思います。

どちらを選べば良いか?

比較する女性

ARUHIと住信SBIネット銀行、どちらを選べば良いのかをまとめてみました。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分にあう方を選ぶと良いと思います。

■ARUHIがおすすめの人

審査が早い住宅ローンが良い人
人気物件が他の人の手に渡らないうちに契約したい人など。
アルヒ店舗でフラット35に申し込めば、最短4営業日で審査が完了します。
諸経費を抑えたい人
Web申込「ARUHIダイレクト」から申し込めば、事務手数料が融資額の1%まで引き下がるのでお得です。
もし死亡保障を生命保険などでカバーできているなら、団体信用生命保険に加入しないという選択も可能です。
フラット35を利用したい人
ARUHIはフラット35のシェアNo.1で安心感があり、実際に金利も低めです。

■住信SBIネット銀行がおすすめの人

全疾病保障を付けたい人
病気で働けなくなっても、全疾病保障を付帯すれば家族に返済負担がのしかからないので安心です。
全疾病保障が無料で付帯できるのは、住信SBIネット銀行の強みです。
団体信用生命保険に無料で加入したい人
住信SBIネット銀行なら、契約者が死亡した時にローン返済が免除される団信にも無料で加入できます。
ARUHIでは有料になるフラット35の団信も無料です。
変動金利も検討したい人
住信SBIネット銀行はフラット35だけでなく、変動金利にも強みがあるので比較検討ができます。

今回比較対象とした住信SBIネット銀行とARUHIは、どちらも人気の住宅ローンで多くの人が利用しています。

どちらも優秀な住宅ローンであることには間違いありませんが、何を重視して住宅ローンを選ぶかによって、選択が変わると思います。


あわせて読みたい:
ARUHI(アルヒ)


あわせて読みたい:
住信SBIネット銀行 住宅ローン

住宅ローン関連記事

ページの先頭へ戻る