ARUHI(アルヒ)

アルヒは業界最低水準のフラット35住宅ローンが組める

ARUHI(アルヒ)は、住宅ローンをメインで取り扱う、日本初のモーゲージバンクです。

最長35年間の固定金利で組める住宅ローン「フラット35」のシェアNo.1で、業界最低水準の金利や審査の早さが評判です。

新築・借り換えを問わず、固定金利で安心して返済したいと考える多くの人が、ARUHIのフラット35を利用しています。

アルヒは銀行ではなく、住宅ローンに特化した金融機関です。以前は「SBIモーゲージ」という社名で営業していましたが、SBIグループではなくなったことで社名を変更しました。

ARUHIダイレクト Web割が再開しました

ARUHIダイレクトにてWEB申し込みをした方は、事務手数料が「融資金額 ✕ 1.1%」となる「Web割」の適用を受けられます

非常にお得なサービスですので、ARUHIの申し込み・契約はWebサービス「ARUHIダイレクト」の利用をおすすめします。

Web割の対象商品は、

  • ARUHIフラット35
  • ARUHIフラット35S
  • ARUHIフラット35+ARUHIフラットα

です。(ARUHIスーパーフラットは対象外)

※最低事務手数料は220,000円となります。
※全国のARUHI店舗のいずれかですでに申し込み手続き(またはその相談)をされたお客様は対象外。

ARUHI 公式サイトはこちら

※金額・手数料表記はすべて税込です。

住宅ローン金利と種類

住宅ローン

ARUHIはフラット35だけでなく、複数の住宅ローンを取り扱っています。

ARUHIが扱う住宅ローンの種類
フラット35
最長35年の長期固定金利。契約時に明確な返済計画を立てたい人向け
ARUHI スーパーフラット
頭金などの諸条件を満たし、フラット35より低金利で借り入れる
ARUHI 変動S
変動金利の住宅ローン。当初固定金利型も選ぶことが可能
ARUHI フラットつなぎ
新築の注文住宅や中古住宅のリフォームなどで、完成までに必要な費用を借り入れる

特に利用者が多いのは、フラット35です。

フラット35

フラット35

フラット35は、最大35年間の長期固定金利でローンが組めるのが特徴です。

公的機関「住宅金融支援機構」が運営するフラット35を、ARUHIが代理店のような形で販売しています。

アルヒ以外にもフラット35を取り扱う銀行はありますが、ARUHIは業界随一の低金利なので、フラット35のシェア1位をキープしています。

融資比率が9割以下の場合は、業界最低クラスの金利でフラット35が利用できます。

また、「ARUHIフラットα」を組み合わせることで、最高10割まで融資を受けることも可能です。

頭金なしで住宅ローンを組みたい人は、ARUHIでフラット35とフラットαを利用することをおすすめします。

フラット35とARUHIフラットαで最高10割まで融資が受けられる

融資額の9割はフラット35で組み、残り1割をARUHI フラットαで補てんするようなイメージです。

ARUHI フラットαは、フラット35よりも金利が高めなので、フラットαを優先的に繰り上げ返済していくことをおすすめします。

■ARUHIフラット35 今月の金利(更新日:2021/07/15

金利プラン 利率
フラット35
(15年~20年)
1.200%
フラット35
(21年~35年)
1.330%

※融資比率9割以下の場合

フラット35・フラット35 S最新の金利はこちら(ARUHI 公式サイト)

フラット35の金利は、融資比率が90%以上だと、上記の金利より少し高くなります。

逆に、省エネルギー性、耐震性に優れた優良物件を買う場合は、より低金利な「フラット35s」を利用できます。

フラット35は金利が低いだけでなく、諸費用も安いので、トータルコストを抑えられるのもメリットです。

■ARUHIフラット35の契約にかかる費用

■融資事務手数料
融資金額の2.2%

■保証料、繰上返済手数料
無料(繰上返済は10万円から利用可能)

■団体信用生命保険特約料
手数料は金利に含む(団信なしで契約すると0.28%引き下げ)
金利を年0.24%上乗せると、3大疾病付機構団信も選べる

■その他
収入印紙代や登録免許税などの諸費用

フラット35の手数料は平均的です。借り換えだと、事務手数料が半額になりお得です。

コスト面以外では、手厚い保証とスピーディーな対応も評判なので、くわしくはのちほど解説します。

ARUHIスーパーフラット

ミニチュアの家と電卓

フラット35をしたい場合、頭金を用意できるならARUHI スーパーフラットがおすすめです。

融資額の1~3割の頭金を支払うことで、フラット35より低い金利で長期固定金利ローンが組めます。

借入期間などはフラット35と同じで、頭金を多く支払うほど低金利なプランが適用されます。

耐震やバリアフリーといった住宅条件を満たせば、より低金利なスーパーフラットSも利用可能です。

ARUHIスーパーフラットとフラット35の違いは、下記でくわしく解説しています。

おもな特徴

手数料0円

ARUHIの住宅ローンは、低金利かつ、手数料が安いというメリットがあります。

保証料が0円

アルヒでは保証会社を通さないため、保証料が一切かかりません。

銀行によっては、数十万円の保証料を取られる場合もあるので、アルヒを利用することで余計な手数料を支払うことなく、コストが抑えられます。

繰上返済手数料も無料

繰上返済手数料は、一部・全部に限らず無料です。

  • フラット35:1回あたり10万円から利用可能

フラット35で繰上返済をする場合は、ある程度まとまったお金があるときに限られます。

団体信用生命保険はプランによって違う

フラット35を利用する場合は、団信への加入は任意です。すでに民間生命保険などで備えていれば、無理に加入する必要もありません。

しかし、団体信用生命保険はほぼすべての人が加入しています。生命保険料より割安なので、加入をおすすめします。

審査は最短4営業日、融資も早い

速い

アルヒは住宅ローン専門の「モーゲージバンク」なので、手続きや審査がずば抜けて早いのも大きなメリットです。

たとえば、住宅ローンの審査は1ヶ月以上はかかると言われているなか、ARUHIのフラット35は最短4営業日で審査が完了します。

ARUHIの事前審査は最短1~2営業日で結果が出て、その後の本審査も最短3営業日で回答が出ます。

もっとも早く審査を進める方法は、ARUHIの窓口で手続きをすることです。

しかし、インターネット申込「ARUHIダイレクト」から申込んでも、事前審査は同じく1~2営業日、本審査の書類を郵送~到着してから10~14日前後で結果が出るので、他社よりずっと早いです。

ARUHIダイレクトでWEB申し込みすると、融資事務手数料のWEB割引も受けられます。

Web本申込みでARUHIフラット35(借換)、またはARUHI スーパーフラット(借換)を契約した場合、融資事務手数料が「融資金額×1.1%」で利用できます。

ARUHI店舗で申し込む場合の事務手数料は、「融資金額×2.2%」です。ネットから申し込むだけで、諸費用を大きく引き下げられます。

<ARUHIダイレクトの割り引きに関する注意事項>
※対象:ARUHIフラット35(借換)、ARUHI スーパーフラット(借換)
※本割引は予告なく終了または変更する場合があります。
※最低事務手数料は220,000円です。税率の適用基準日は、融資実行日となります。
※全国のARUHI店舗のいずれかで申し込み(または相談)をした方は対象外です。
※2020年1月~3月の期間内に借換の申込・実行をした方は、Web割引対象外のため「ご融資金額×2.2%」が適用となります。

住宅ローンの審査が遅いと困ること

住宅ローンの審査が遅いと、ほしい物件が売れてしまったり、住宅ローンの返済計画が崩れたりしてしまうデメリットがあります。

人気物件のなかには、住宅ローンの審査に受からないと仮押さえができない場合があります。

あまり審査が長い住宅ローンだと、審査結果を待っている間に物件が売れてしまうかもしれません。

また、住宅ローンの金利は申込日ではなく、融資実行日の金利が適用されるという点も重要です。

申込んでから審査結果が出るまでの間に金利が上がってしまうと、当初の返済計画より多くお金が必要になってしまいます。

審査に2ヶ月くらい時間がかかると、金利が変動する可能性は十分あります。

「あっちの住宅ローンの方が安かったのに…」「返済計画を建て直さなきゃ…」という状況になるかもしれません。

フラット35 シェアNo.1

住宅ローン累計実行金額

前述しましたが、ARUHIはフラット35で10年連続シェアNo.1の実績を誇ります。

フラット35を取り扱っている金融機関は330社ほどありますが、そのなかの頂点に君臨するのがARUHIです。

住宅ローンの累計実行金額はすでに2兆円を超えていることからも、多くの人がARUHIの住宅ローンを活用していることがわかります。

選ばれる理由としてはやはり、低金利・スピード・手厚い付加サービスが大きいと思います。

関連保険サービスが充実

住宅ローン利用時には、原則として団体信用生命保険に加入しますが、それだけでは対策しきれない病気などのリスクもあります。

アルヒは、万が一に備える手厚い保険も低価格で提供しています。

全疾病保障(入院一時金付)

特約料:年齢・性別に応じて変わる

  • 特約料払い方式:融資金額100万円あたり年間500円~3,500円
  • 金利上乗せ方式:上乗せ金利 年0.075%~0.60%

重大な病気にかかって返済が難しくなった場合、ローン返済義務がなくなる保障です。

いわゆる「8疾病」などにかかってしまい、仕事ができなくなった場合、最長12ヶ月間、毎月の住宅ローンの返済をアルヒが肩代わりしてくれます。

※8疾病…ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎

また、その状態が12ヶ月続いても改善されなかった場合、住宅ローン残高相当額が保障されます。

さらに、病気やケガで入院した場合にも、10万円の一時金がもらえます。

もちろん、8疾病だけでなく、あらゆる病気・ケガが保障の対象です(精神疾患等の一部の病気を除きます)。

ARUHIの住宅ローン専用火災保険

火災や地震、盗難などの被害にあった場合、頼りになるのが火災保険です。

アルヒでは、ローン利用者限定特典として、AIU損害保険の火災保険が20%OFFで利用できます。

つなぎ融資が受けられる

アルヒでは、住宅ローンだけでなく「つなぎ融資」も同時に申し込めます。

新しく家を建てる場合、物件の引き渡しまでの間に中間資金(土地先行取得資金、着工金など)が必要となります。

このような中間資金をまかなってくれるのが、つなぎ融資です。

つなぎ融資は、資金に余裕を持たせたい場合に活用れば更にゆとりのあるローンが組めると思います。

全国の窓口で相談できる

また、アルヒはネット銀行の住宅ローンとは違い、全国に窓口店舗を展開しています。

初めての住宅ローンでわからないことがあっても店舗に足を運べば、専門家に相談できるので安心です。

特に、書類の記入方法については、直接教えてもらった方がわかりやすいことも多いと思います。

ネットでも、リアルでも柔軟に対応してくれるのは、アルヒならではの強みだと思います。

→アルヒ店舗への来店予約はこちらから

ARUHIがおすすめの人

家族

以上のARUHIの特徴をふまえて、下記に当てはまる人はARUHIを利用することをおすすめします。

■ARUHIがおすすめの人

  • フラット35を利用したい方
  • 窓口で直接相談したい方
  • 早く住宅ローンを組みたい方

フラット35を利用したい方

電卓

冒頭でも説明した通り、ARUHIはフラット35において10年連続シェアNo.1を達成しています。

それだけ多くの人がARUHIのフラット35を選ぶ理由は、それだけメリットが多いからです。

■ARUHIのフラット35のメリット

  • 業界最低水準の低金利
  • 圧倒的な審査スピード
  • ARUHIならではの充実した付加サービス
  • フラット35 シェアNo.1という安心感

また、低金利かつ「固定金利」という点も、ARUHIのフラット35に申し込む人が多い理由だと思います。

特に日本では、安定感のある固定金利の住宅ローンを好む人が多いです。

しかし、一般的には固定金利の住宅ローンは、変動金利のものより金利が高めに設定されています。

そんな固定金利の住宅ローンのなかでも、ARUHIは文句なしの低金利です。

窓口で直接相談したい方

窓口相談

アルヒは全国に多数の店舗を構えながらも、業界最低水準の金利を誇っています。

そして、住宅ローン専門業者なので、店舗にいるスタッフはすべて、住宅ローンの専門知識をもっているアドバイザーという安心感もあります。

一般的に、ネット銀行ではなく窓口店舗がある銀行での住宅ローンは、金利が高い傾向にあります。

なぜなら、窓口を構えることによって店舗代や人件費がかかるため、それらのコストを金利に反映する必要があるからです。

無店舗型のネット銀行の住宅ローンの方が金利は低いですが、相談はすべてメールや電話対応となってしまうので相談しづらいと感じる人もいます。

なぜARUHIが店舗を持ちながらも低金利なのかというと、元々住宅ローンのアドバイスをしていた店舗を、代理店としてフランチャイズ展開しているからです。

また、金融大手のSBIグループと組んで保険や資産運用のアドバイスなどを店舗で行っており、そのお店を兼用して使うことができるのも大きいです。

早く住宅ローンを組みたい方

夫婦

ARUHIは申し込みから審査、そして融資実行までのスピードが早いです。

事前審査は最短当日に結果が出ます。

本審査は、フラット35の場合は最短3営業日で結果が出てそこから融資実行まで最短5営業日です。

1週間前後で住宅ローンが組めるというスピードは、他社が真似のできないアルヒのメリットです。

ARUHI仮審査のお申込みはこちら(無料)

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。(2021年4月5日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る