デビットカード活用法

デビットカードを海外で使う時のメリット・デメリット

海外で買い物

デビットカードの中でもVisaデビットJCBデビットは、国内だけでなく海外でも使えます。

※ゆうちょ銀行などが扱う「J-Debit」は国内のみの利用

海外でもデビットカードの「即時引き落とし」が使えるので、海外旅行での使いすぎを防げます。

両替手数料の節約にもなるので、海外に行くときにはデビットカードを1枚持っておきたいところです。

今回は、海外でVisaデビットを使う場合のメリット・デメリットについて考えてみます。

海外でデビットカードを使うメリット

まずは、海外でデビットカードを使うメリットを3つ解説します。

海外でカード決済をするという点においては、個人的にはクレジットカードよりデビットカードの方がおすすめです。

海外でも即時引落

デビットカード

特にVisaデビットカードは、海外のレストランやショップでも広く使えます。

Visaブランドの普及率は世界No.1なので、海外に行くことが多い人はVisaを選んでおくのが無難です。

海外通販でも使えるので、国内で海外サイトのネットショッピングを利用するのにもおすすめです。

海外で使った場合も国内と同じく、銀行口座から使った分だけが即時引落されます。

クレジットカードのように後払いの仕組みではないので、使いすぎることがなく安心です。

海外でVisaデビットカードを使った場合は、自動的にその時の為替の円換算レートが適用され、国内の口座から引落がおこなわれます。

キャッシングせずに現地通貨を調達

スマホを持った男性

デビットカードを持っていると、海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

海外では、たくさんの現金を持ち歩くと盗難などのリスクが高いので、現金は最小限しか持ち歩かないことが望ましいです。

デビットカードなら、普段はデビット決済を利用し、現金が必要になったらATMから引き出す、という使い分けができます。

この場合、ATM手数料と円換算レート+3%程度の手数料がかかります。

しかし、空港や国内の銀行で両替することに比べると、手数料は格安です。

また、クレジットカードも海外ATMで現金引き出しに使えますが、手数料はデビットカードの方が安くつくことが多いです。

なぜならクレジットカードは、海外ATMで現金を引き出すと海外キャッシングを利用することになるからです。

キャッシングとは借金のことなので、カードローンと同じように年15~18%ほどの利息がかかります。

クレジットカードの海外キャッシングより、デビットカードの利用手数料の方が割安です。

また、デビットカードによる現地通貨の引き出しも「即時引落」なので、口座残高以上の現金は引き出せません。

クレジットカードの海外キャッシングは利用限度額までお金を引き出し続けられてしまうので、お金の使いすぎが不安な人はデビットカードの方が安心かもしれません。

利用明細も自動記録

スマホを操作する女性

デビットカードは利用明細がすべて自動で記録されていくので、海外で受け取ったレシートを捨てても問題ありません。

海外のレシートは日本より大きいものが多いので、たくさん買い物をすると財布を圧迫しがちです。

私の場合は、数日海外に行っただけでも、レシートが驚くほどかさばってしまいます。

デビットカード払いをメインにすれば、何にお金を使ったか確認したい時はスマホからすぐに利用明細をチェックできます。

レシートを保管するよりも、使ったお金の管理がしやすく確実です。

そして、デビットカードを使う度にメール通知が届くので、万が一不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。

デメリットは、ホテルのデポジットに使えないこと

海外ホテルのフロント

わずかながら、デビットカードを海外で利用するデメリットもあります。

特にクレジットカードとの大きな差になるのが、ホテルのデポジットとして使えないということです。

海外のホテルでチェックインをする際は、デポジット(預り金)を求められることが多いです。

デポジットは何もしなければ返ってくるお金なので、請求されることはありません。

例えば、ホテルの部屋の冷蔵庫に入っているジュースなどを飲むと、その分が後日デポジットから差し引かれる仕組みです。

デポジットはクレジットカードでは支払えますが、デビットカードでは支払えません。

ホテルに泊まる場合は、クレジットカードも持っておくと便利です。

不正利用の心配は?

不正利用イメージ

海外でデビットカードを使うことに対して、「補償制度は大丈夫なのか?」という意見もよく聞きます。

クレジットカードの場合は、不正が起こった日までさかのぼって補償をしてくれます。

一方、デビットカードの場合は即時引き落としなので、補償してもらえないのではないか不安に感じるのかもしれません。

しかし、デビットカードの補償については、各銀行がそれぞれ対応しているので安心です。

特に補償が手厚いのは、ジャパンネット銀行のJNB Visaデビットカードです。

JNB VISAデビットカード

ジャパンネット銀行のデビットカードは、第三者不正使用保険付帯が1口座あたり年間500万円付いています。

万が一海外で不正利用されてしまっても、ジャパンネット銀行では500万円まで補償をしてくれます。

ジャパンネット銀行はかねてよりセキュリティ強化に精力的なネット銀行なので、特に補償関係は手厚いです。

ジャパンネット銀行はすべてのキャッシュカードにデビット機能を付けているので、手軽にVisaデビットを持つことができます。

あわせて読みたい記事

ページの先頭へ戻る