セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、JCBデビットと、nanacoカード機能が一体になったキャッシュカードです。

nanaco支払いだけでなく、JCBカードが使えるお店なら、原則どこでもデビット決済できます。コンビニやスーパーだけでなく、ネット通販や海外旅行でも、キャッシュレス決済が可能です。

カードの利用金額に応じ、nanacoポイントが貯まります。現金払いよりもお得です。

後払いのクレジットカードと違い、銀行口座から即時引き落としのデビットカードです。お金を使いすぎる心配もありません。

現金を使わなくなると、ATM使用回数も減り、ATM手数料を節約できるメリットもあります。

16歳以上なら審査不要、年会費無料で発行できます。たくさんの人が発行しています。

セブン銀行 口座開設

一度使うとハマる理由

コンビニで買物

セブン銀行デビット付きキャッシュカードに切り替えると、JCBデビット決済で、レジのお会計がスピーディになります。

コンビニで少し買い物する程度なら、サインなし・暗証番号なしで支払えスムーズです。

■デビット決済の流れ

以下の流れでデビット決済すれば、早くて3秒ほどで支払いが完了します。

  1. 店員さんにデビットカードを渡す
  2. 店員さんがレジのカードリーダーに通す
  3. レジからレシートが出てきて支払い完了

財布から小銭を探す必要はありません。レジで後ろの人を待たせずにすみます。

現金を使う機会が減る

カード払い

デビットカードを使うと、現金での支払いが極端に減ります。サイフの現金がほとんど減らなくなります。

ATMに行く機会が少なくなるのは、大きなメリットです。

手持ちの現金が少ないと気づいても、ATMに並ぶ必要はありません。セブン銀行デビット付きキャッシュカードを使うと、銀行口座から直接支払えます。

私もセブン銀行のデビットカードを使っています。もう何年も、ATMの行列に並んだ記憶がないほどです。

ATMに行く回数が減るというのは、ATM手数料を節約できるという金銭的なメリットも大きいです。

スマホアプリで管理ができる

セブン銀行 通帳アプリ

セブン銀行デビット付きキャッシュカードを、スマホアプリと連携するとアプリで明細の閲覧ができます。

つまり、レシートがなくても家計簿代わりに使えます

ヒマなときにアプリをチェックするだけで、今月どれくらいお金を使ったか、どういう内訳かを把握できます。

使ったお金を「見える化」すると、家計改善にも役立ちます。

カード払いは、実は現金払いよりもお金を管理しやすいです。これからは通帳アプリの時代です。

電子マネーnanacoも一体型

nanaco

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、

  • セブン銀行のキャッシュカード
  • JCBデビットカード
  • 電子マネーnanaco

の3つが一体になったカードです。

デビットカードで支払って獲得したnanacoポイントを、そのまま電子マネーnanacoに充当して使える手軽さがあります。

セブン銀行デビット付きキャッシュカードが1枚あれば、JCBカードとnanacoカードは持ち歩かずに済みます。サイフの中もスッキリします。

nanacoカードを別で持ちたい方には、「セブン銀行デビット付きキャッシュカード(nanaco紐付型)」もあります。

海外でもネット通販でも利用可能

旅行

クレジットカードと同じように、セブン銀行のデビットカードも、全国・世界のJCB加盟店で利用できます。

最近は、海外でもJCBカードを使えるお店が増えています。セブン銀行デビット付きキャッシュカードが使えるシーンも、多くなっています。

海外ATMで現地通貨を引き出せるのも、セブン銀行デビット付きキャッシュカードの強みです。

JCB・Cirrus(シーラス)マークのあるATMで現地通貨を引き出せば、セブン銀行の口座残高から、自動的に両替して出金できます。

ATM手数料は100円+税と、海外ATM手数料としては安めです。

海外でセブン銀行デビットカードを使うと、ショッピングでも現地通貨引き出しでも、海外事務手数料が利用金額の3%かかります。

海外事務手数料は少し高めですが、両替所での現金両替と比べると格安です。

nanacoポイントが貯まる

セブンイレブン

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、カード利用額に応じてnanacoポイントが貯まります。

ポイント還元率は、利用するお店によって異なります。

セブン銀行デビットカードの還元率
利用金額の1.0%
セブンイレブン、そごう・西武、セブンネットショッピング
利用金額の0.5%
それ以外のお店(全国のJCB加盟店)

セブンイレブンやそごう以外のお店でも、JCB加盟店なら原則どこでもデビット決済できます。

現金払いより、セブン銀行デビットカードのほうが実質0.5~1.0%お得です。

セブン銀行のJCBデビットで、月3万円ペースで支払うとします。

0.5%で計算しても、年間で1,800ポイントが還元になります。

セブンイレブンや、西武での買い物は還元率が倍増します。さらに多くのポイントバックを受けられます。

日常生活でコツコツと節約したい人は、デビットカード払いの積極的な活用をおすすめします。

デザインが豊富

セブン銀行デビット付きキャッシュカードのデザイン

セブン銀行デビット付きキャッシュカードには、3つのデザインがあります。

いずれもスペックは同じで、好きなものが選べます。

紛失や盗難は500万円まで補償

安心

これまで現金払いのみの方にとっては、カード払いへの切り替えに対する不安は、多少あると思います。

私も学生時代に初めてクレジットカードを持ったときは、サイフに入れて歩くのが怖くて、ふだんは家で保管していました。

しかし、デビットカードは万全の補償がついています。

デビット付きキャッシュカードの紛失や盗難には、1事故あたり500万円を上限に全額補償があります。

第三者にカードを使われてしまっても、被害金額を支払う必要はありません。

実際、事故の金額を支払ったという話は、聞いたことがありません。もしそのような危険性があるなら、だれもデビットカードは持ち歩きません。

カードの紛失や盗難などの事故にあったら、すぐにセブン銀行のサポートデスクに電話してください。

なんらかの理由で、すぐに電話できなくても安心です。サポートデスクへの連絡日から、60日前までさかのぼって補償する決まりになっています。

セブン銀行 口座開設はこちら

利用者の口コミ

口コミ

セブン銀行デビット付きキャッシュカードの口コミを見ると、キャッシュカードでありながら、クレジットカードのように使える手軽さが高評価です。

ほとんどのJCBカードが使えるシーンで決済できるので、日頃の買い物からネット通販まで、幅広く使えます。

16歳から発行可能なので、高校生もキャッシュカードやデビットカードとして活用しています。

キャッシュカードとしては、セブン銀行ATMでいつでも入出金できます。

セブン銀行ATMは、コンビニATM設置台数No.1です。セブンイレブン店内だけでなく、駅などでも設置が増えています。現金が必要な場面でも、すぐに出金できます。

入会金・年会費0円ですぐ発行

スマホとタブレットを持つ女性

セブン銀行JCBデビット付きキャッシュカードは、入会金や年会費がいっさいかかりません。

セブン銀行の口座開設の際に、デビット機能つきキャッシュカードを選べば、無料で発行できます。

すでにセブン銀行のキャッシュカードがある人も、無料でデビット付きカードに切り替えられます。

カード切替の手続きは、セブン銀行ダイレクトバンキングにログオンして行います。

キャッシュカード裏面の番号入力が必要です。手元にカードを用意しておくとスムーズです。

セブン銀行のデビットカードは、

  • 銀行キャッシュカード
  • JCBデビットカード
  • nanacoカード

の3機能がひとつになった、多機能カードです。財布に1枚入れておけば、ATMでの入出金からショッピングまですべて完結します。

セブン銀行では、16歳以上の方なら、審査不要でデビットカードを発行できます。18歳以上で、審査が必要なクレジットカードより、持ちやすいメリットがあります。

万が一、不正利用被害に遭っても、最大500万円までの補償があります。現金を持ち歩くより安全なので、子どものおこづかい管理用としてもおすすめです。

発行後は、「セブン銀行 通帳アプリ」で買い物履歴をいつでも確認でき、家計簿代わりにも使えます。

セブン銀行の口座開設はこちら

セブン銀行の記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年9月5日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る