セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、JCBデビット機能とnanacoカード機能が一体になったキャッシュカードです。

nanaco支払いだけでなく、JCBカードが使えるお店なら原則どのお店でもデビット決済ができます。コンビニやスーパーだけでなく、ネット通販や海外旅行でもキャッシュレス決済が可能です。

カードの利用金額に応じてnanacoポイントが貯まるので、現金払いよりもお得です。

後払いのクレジットカードと違い、銀行口座から即時引き落としになるデビットカードなので、お金を使いすぎる心配もありません。

また、現金を使う機会が減るので、ATMに行く回数が減り、ATM手数料を節約できるというメリットもあります。

16歳以上なら審査不要、年会費無料で発行できるので、多くの人が発行しています。

一度使うとハマる理由

コンビニで買物

セブン銀行デビット付きキャッシュカードに切り替えると、JCBデビット決済でレジでのお会計がすぐ済むようになります。

コンビニで少し買い物をする程度なら、サインなし・暗証番号なしで支払えてスムーズです。

■デビット決済の流れ

以下の流れでデビット決済をすれば、早くて3秒ぐらいで支払いが完了します。

  1. 店員さんにデビットカードを渡す
  2. 店員さんがカードをレジのカードリーダーに通す
  3. レジからレシートが出てきて支払い完了

財布から小銭を探す必要がなくなり、レジで後ろの人を待たずにすみます。

現金を使う機会が減る

カード払い

私がデビットカードを使っていて感じるのは、現金で支払いをする機会が極端に減ることです。

これにどのようなメリットがあるかというと、サイフの中の現金がまったくと言って良いほど減らないんです。

つまり、ATMに足を運ぶ機会が少なくなるという大きなメリットがあります。

ATMに行くといつも混雑していて、時間を無駄にしてしまいますよね。まず、これがなくなります。

セブン銀行ATMが混雑していることは少ないので、セブン銀行デビット付きキャッシュカードを使うとATMの行列とは完全にサヨナラできます。

私自身、もう何年もATMの行列に並んだ記憶がないほどです。

また、ATMに行く回数が減るということはATM手数料を節約できるという金銭的なメリットもあります。

ポイントが貯まる

セブンイレブン

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、カード利用金額に応じてnanacoポイントが貯まります。

ポイント還元率は利用するお店によって異なります。

セブン銀行デビットカードの還元率
利用金額の1.0%
セブンイレブン、そごう・西武、セブンネットショッピング
利用金額の0.5%
それ以外のお店(全国のJCB加盟店)

セブンイレブンやそごう以外のお店でも、JCB加盟店なら原則どこでもデビット決済ができます。

現金で支払いをするより、セブン銀行デビットカードのほうが0.5~1.0%お得です。

たとえばセブン銀行のJCBデビットで、月3万円ペースで支払うとします。

0.5%還元で計算しても、年間で1,800ポイントが還元されます。

セブンイレブンや西武での買い物は還元率が倍増するので、さらに多くのポイントバックを受けられます。

日常生活でこつこつと節約したい人は、デビットカード払いを積極的に活用することをおすすめします。

電子マネーnanacoも一体型

nanaco

セブン銀行デビット付きキャッシュカードは、

  • セブン銀行のキャッシュカード
  • JCBデビットカード
  • 電子マネーnanaco

の3つが一体型となったカードです。

つまり、デビットカードで支払って獲得したnanacoポイントを、そのまま電子マネーnanacoに充当して使うことができる手軽さがあります。

これなら、サイフの中もスッキリしますよね。

ちなみに、nanacoカードを別で持ちたい方のために「セブン銀行デビット付きキャッシュカード(nanaco紐付型)」も用意されています。

スマホアプリでお金の管理ができる

セブン銀行 通帳アプリ

セブン銀行デビット付きキャッシュカードをスマホアプリと連携させると、デビットカードを買い物に使ってすぐ、アプリで明細が閲覧できるようになります。

つまり、レシートがなくても家計簿の代わりとして使えます

これなら、暇な時にアプリをチェックするだけで、今月どれくらいお金を使っているので、どういう内訳でお金を使っているのかが把握できます。

使ったお金を見える化することで、家計改善にも役立ちます。

カード払いって実は、現金払いよりもお金の管理がしやすいです。これからは通帳アプリの時代です。

海外でもネット通販でも利用可能

クレジットカードと同じように、セブン銀行のデビットカードも全国・世界のJCB加盟店で利用できます。

最近は海外でもJCBカードを使えるお店が増えているので、セブン銀行デビット付きキャッシュカードが使えるシーンも多くなってきています。

また、海外ATMで現地通貨を引き出せるのもセブン銀行デビット付きキャッシュカードの強みです。

JCB・CirrusマークのあるATMで現地通貨を引き出せば、セブン銀行の口座残高から自動的に両替して出金できます。

ATM手数料は100円+税と、海外ATM手数料としては安めです。

海外でセブン銀行のデビットカードを使うと、ショッピングでも現地通貨引き出しでも、海外事務手数料が利用金額の3%かかります。

海外事務手数料は少し高めですが、両替所での現金両替と比べると格安です。

デザインが豊富

セブン銀行デビット付きキャッシュカードのデザイン

セブン銀行デビット付きキャッシュカードには3つのデザインがあります。

いずれもスペックは同じで、好きなものが選べます。

紛失や盗難は500万円まで補償

大切なキャッシュカードを持ち歩くなんて…

本当に日常生活や海外でカード支払いをしても大丈夫なの?

これまで現金払いをしてきた方にとっては、カード払いに切り替えることに対する不安は少なからずあると思います。

私も学生の時に初めてクレジットカードを持った時は、サイフの中に入れて歩くのが怖くて、使う時以外は家に保管していました。

しかし、デビットカードには万全の補償が付いているので、毎日持ち歩いて、ガンガン使っていただきたいです。そうした方が便利ですから。

もし、デビット付きキャッシュカードをなくしてしまったり、盗まれてしまい、その間に誰かにカードを使われてしまった場合はどうなるか。

この場合は、1事故あたり500万円を上限として全額補償してもらえます。被害にあった金額は、1円も支払う必要はありません。

実際、これまでに事故の金額を支払わされたという話は聞いたことがありません。もしそのような危険性があったとすれば、だれもデビットカードなんて持ち歩きませんからね。。。

もしカードの紛失・盗難などの事故にあってしまったら、すぐにセブン銀行のサポートデスクに電話をしてください。

なんらかの理由ですぐに電話できなくても安心です。サポートデスクに連絡をした日から60日前までさかのぼって補償してくれる決まりとなっています。

利用者の口コミ

セブン銀行のデビット来たけどいいなぁ

nanaco一体型ありがたい。

楽天ポイント地元に帰ってきたらサークルKサンクスあんまなくてポイント消化しきれないから使い勝手悪くなったから

デビット利用バックでnanacoへ!

これで節約術使える(。・ω・。)

入会金・年会費0円ですぐ発行

スマホとタブレットを持つ女性

セブン銀行JCBデビット付きキャッシュカードは、入会金や年会費が一切かかりません。

セブン銀行の口座を開設する際に、デビット機能つきキャッシュカードを選べば無料で発行できます。

すでにセブン銀行のキャッシュカードを持っている人も、無料でデビット付きカードに切り替えられます。

カード切替の手続きは、セブン銀行ダイレクトバンキングにログオンして行います。

手元のキャッシュカード裏面の番号入力が必要なので、手元にカードを用意しておくとスムーズです。

セブン銀行のデビットカードは、

  • 銀行キャッシュカード
  • JCBデビットカード
  • nanacoカード

の3機能が1枚になった、多機能カードです。財布に1枚入れておけば、ATMでの入出金からショッピングまですべて完結します。

万が一カードが紛失や盗難に遭っても、最大500万円まで補償してもらえます。現金を持ち歩くより安全なので、子供のおこづかい管理として持たせるのにもおすすめです。

セブン銀行では16歳以上の方なら、審査不要でデビットカードを持てます。18歳以上で審査に通らないと発行できないクレジットカードより、発行しやすいのもメリットです。

発行後は、買い物履歴が「セブン銀行 通帳アプリ」でいつでも確認できるようになり、家計簿の代わりにも使えます。

セブン銀行 公式サイトはこちら

セブン銀行の記事

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年7月9日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る