イオンデビットカード

イオンデビットカード

イオン銀行が発行するデビットカードとは別に、イオンクレジットサービスが発行するイオンデビットカードというカードがあります。

口座残高不足の際に10万円まで立て替える機能がある、後払い可能なデビットカードです。

クレジットカードに近い使い方ができるため、申込条件もクレジットカードと同じくらいのハードルがあります。申込可能年齢は18歳以上で、発行には審査が必要です。

一般的なデビットカードは、15~16歳以上から審査なしで持てます。

決済後すぐにイオン銀行口座から引き落とされる点は、イオン銀行が発行するデビットカードと同じです。

「クレジットカードはお金を使いすぎそうで心配だけど、少額の残高不足には備えたい」という人は、イオンデビットカードが向いています。

イオンデビットカードの特徴

イオンモール

イオンデビットカードは申込みハードルがやや高いものの、独自のメリットも多いカードです。

口座残高時の立て替え機能にくわえ、最大50万円のショッピング補償イオンでのポイント2倍など、メリットも多いです。

盗難保障もついているので、クレジットカードを持つことに抵抗感がある方でも安心して利用できます。

口座残高が不足していてもイオンが立て替え

安心

イオンデビットカードが「18歳以上、審査あり」である最大の理由は、口座残高が不足していても最大10万円まで立て替えてくれるという、イオンならではの機能があるからです。

通常、デビットカードは銀行口座残高が足りない場合、支払いが行えません。原則として即時支払いとなるため、銀行にお金がないと使えないというのは、メリットでもあり、またデメリットでもあります。

しかし、イオンデビットカードの場合は、口座のお金が足りなくても、10万円までは立て替えてくれます。

金利などはかかりませんが、実質的には「立て替え=一時的な借金」となるため、クレジットカード同様に、審査が必要なのです。

このような仕様はイオンデビットカードならではであり、他のVISAデビットカードにはこの機能はありません。

もし、イオンデビットカードを使いすぎてしまわないか心配という方は、「1回、1日、1ヶ月」あたりの利用可能な限度額を自分で設定することも可能です。

例えば、一日の利用限度額を5,000円までと決めておけば、カードを使いすぎる心配はありません。

また、不正利用の被害も最小限に抑えることができます。(後述しますが、不正利用は全額補償されるので安心です)

充実の補償制度で安心

カードで買物

デビットカードを使う上で、もし盗難の被害にあったらどうしよう、、と不安を感じている人も多いと思います。

しかし、イオンデビットカードにはカード盗難保障が無料で付いているので安心です。

もしも紛失や盗難によって、イオンデビットカードが不正利用された場合は、すぐにイオン銀行や警察に届け出を出します。

すると、イオン銀行が届け出を受理した日から61日前までさかのぼって、被害額の全額を補償してくれます。

盗難保障があることで、不正利用の金額を支払う必要はありません。

また、ショッピング保険は年間50万円までが補償の対象です。

イオンデビットカードを使って購入した商品が、初期不良が偶然の事故で壊れてしまった時でも、購入日より180日以内であれば、補償してもらえます。

このような補償制度があるからこそ、安心してデビットカードを使うことができますし、補償がついている分、現金よりもお得となるのです。

ポイントが貯まります

ポイント還元

CMでもおなじみの「イオンカード」は、利用金額に応じてポイントが貯まります。

カード利用金額200円ごとに1ときめきポイントが貯まります。

貯めた「ときめきポイント」は、電子マネーのWAONや、様々なカタログギフトと交換することが可能です。

イオングループなら毎日ポイント2倍

イオンデビットカードが利用できる「VISA加盟店」ならどこでも、ときめきポイントは貯まります。

例えば、ローソンなどのコンビニや、ネット通販での買い物でも、イオンデビットカードは使えますし、200円ごとに1ときめきポイントが貯まります。

また、イオングループのお店で使った場合に限り、毎日ポイントが2倍貯まるというメリットがあります。

イオンモールやダイエー、マックスバリュなどでは、200円で2ポイントを獲得することができます。(ポイント還元率1%)

さらに、毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、イオンデビットカードを使うことで、イオングループ各店で5%OFFの優待が受けられます。

毎月10日は、イオングループの店舗以外の場所でも、デビットカードを使って買い物をするだけで、ポイント還元率が2倍。普段よりも効率よくポイントを貯められます。

紙の明細が自宅に届く

郵送

イオンデビットカードを使って買い物をすると、すぐに「買い物をしました」という通知のメールが届きます。

この機能によって、もし不正利用された場合でも、すぐ気づけるメリットがあります。

また、デビットカードの利用明細を毎月自宅に届けてくれます。最近は、紙の明細を有料化して、WEB明細だけを発行する銀行も増えました。

しかし、イオンデビットカードの場合は無料で紙の明細を発行してくれるので、紙の明細書を発行して欲しい方には特におすすめです。

もちろん、パソコンやスマホでWEB明細を見ることもできるので、いつどこでいくら使ったかをすぐに把握できます。

海外利用にも向いている

旅行

イオンデビットカードが採用している「VISAデビット」は、日本だけでなく、海外やネット通販でも使えるシーンが多いです。

イオン銀行で発行するデビットカードは、JCBデビットです。VISAのほうが加盟店数が多く、クレジットカード決済できるお店の大半で利用できます。

国内でも、VISAかMastercardしか使えないクレジットカード対応店舗を見かけることがあります。

JCBも加盟店を増やしているものの、世界シェアNo.1のVISAにはまだ届かない状況です。

また、イオンデビットカードは海外での支払いにも向いています。海外事務手数料が1.60%と低く、少ないコストで決済できるからです。

デビットカードの海外事務手数料は、クレジットカードよりやや高い傾向があります。イオンデビットカードは、クレジットカードと同じ手数料相場です。

イオンデビットカードを海外で使う方法は、2パターンあります。

  • 海外のショッピングで使う
  • 海外ATMで現地通貨を引き出す

海外ATMにイオンデビットカードを入れると、現地の通貨で現金を引き出せます。ATM手数料は220円(税込)かかりますが、手軽に現地通貨を入手できます。

キャッシュカード機能はついていない

イオンデビットカードは、デビット決済機能のみのカードです。イオン銀行のキャッシュカード機能はついていません

デビットカードの多くは銀行が発行しているため、デビット機能とキャッシュカード機能が一体となったカードが主流です。イオンデビットカードの場合、キャッシュカードは別に持ち歩く必要があります。

デビットカードとキャッシュカードを分けて管理したい人に最適です。

ちなみに、イオン銀行が発行する「イオン銀行キャッシュ+デビット」は、デビット機能とキャッシュカード機能にくわえ、電子マネーWAON機能も付帯した多機能カードです。

▼イオン銀行キャッシュ+デビット
イオン銀行キャッシュ+デビット

イオンデビットカードを選ぶべき?

ネット銀行100の活用術 管理人のつぶやき

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

イオンデビットカードを選ぶ上でのポイントは、「ときめきポイントを貯めたい」、「銀行口座のお金がたりない時立て替えてほしい」、「年会費無料でデビットカードを使いたい」、「イオンのお客様感謝デーで優待を受けたい」の4つです。

また、立て替え機能が付いているため、クレジットカードとしての機能を内包しています。これによって、18歳以上の方でないと持つことができない他、デビットカード発行に際して審査が必要となってきます。

イオンデビットカードの口コミ

口コミ

イオン銀行は、この記事で取り上げた「イオンデビットカード(VISA)」の他に、「イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)」を発行しています。

「イオン銀行キャッシュ+デビット」は、イオン銀行のキャッシュカードとデビットカードが一体型になっており、15歳以上の方であれば審査不要で持つことが可能です。

個人的には、「イオン銀行キャッシュ+デビット」の方がスペックが高くおすすめできます。気になる方は次の記事をあわせてご覧ください。

こちらの記事もおすすめです

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年5月28日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る