コンビニでも使えるデビットカードはクレジットカードの変わりになるの?

コンビニでデビットカードを使う

日常的に利用する機会の多いコンビニ。
現金支払いの代わりにクレジットカードを使ってコンビニの支払いを済ませる人も多いと思います。
じゃあ、クレジットカードの代わりにデビットカードを使うことはできるのか?

また、コンビニ以外の場所でクレジットカードの代わりにデビットカードは使えるのか?
そのような疑問についてまとめます。

基本的にクレジットカードと全く同じ

デビットカードとクレジットカードの違いについては、「知ってナルホド!クレジットカードとデビットカードの違いとは?」にて解説しました。

「VISAデビット」なら、VISAカードが使えるお店なら基本的にどこでも使えます。
(主要なコンビニエンスストアはすべてVISAが使えるので安心です)

支払い方法に限っては、クレジットカードもデビットカードも基本的には同じです。
例えば、コンビニでデビットカードを使う場合は、3つのパターンがあります。

各種コンビニによって対応は違いますが、上記3パターンのうちいずれかの方法で、デビットカードでの支払いを行います。

一部のコンビニやスーパーでは、お会計の金額が少ない場合に限って「サインや暗証番号不要」で使えることがあり、これはデビットカードならではのメリットと言えますね。

また、デビットカードは基本的に即時に銀行口座から支払金額が引き落とされる仕組みですが、200円以下の買い物など、小さな金額の場合は後日引落となる場合があります。(VISAデビットの場合)

レジでの合言葉は「VISAで!」

デビットカードには、「J-debit」と「VISAデビット」の2種類が展開されています。
しかし、J-debitは普及率が低く、現在出回っている多くのデビットカードは、VISAデビットです。

しかし、まだ「デビットカード」の認知度があまり高くないために、コンビニの店員さんに「デビットカードで支払います」というと、J-debitを選択されることが多く、会計時にエラーになってしまうケースも報告されています。

VISAデビットカードで支払いたい時は、いかにもクレジットカードを使うかのように「VISAで!」と言いましょう。デビットカードにはクレジット機能は付いていないので、「VISAで」と言えば問題なく、デビットカードによる決済がおこなえます。

デビットカードが使えないケース

基本的にはクレジットカードと同じように使えるデビットカードですが、一部の支払いにおいては利用できないこともあります。

その代表例の一つが「定額料金の支払い」です。
クレジットカードは、携帯電話料金や月額利用料、公共料金の支払いなど、毎月・毎年のように定期的に発生する支払いに対しても、利用できます。

しかし、デビットカードは定額料金の支払いには使えません
商品の購入代金など、その時だけ発生する一時費用にはクレジットカードと同じように使えますが、定期的に発生する支払いには使えないことを覚えておきましょう。

【追記】
Visaデビットでも定額料金の支払いができるようになりました。
携帯や公共料金も!毎月定額料金でもデビットカードが使えるようになってる

もう一つが「ネットでの利用」です。
デビットカードもクレジットカードと同様に、問題なくネットで利用できます。
ネット通販や、インターネットサービスの支払いにも、VISAカードが使えるところなら、VISAデビットは利用できるのが特徴です。

しかし、一部のネット支払いについては、VISAデビットが使えない所もあります。
クレジットカードなら「VISA」のマークがあれば100%利用できますが、デビットカードの場合は必ずしも使えるとは限らないのです。

ちなみに、ネット支払いにおいて「デビットカードが使えるかどうか?」は現時点では見分ける方法がなく、使ってみて決済が通るかどうかで判断するしかありません。

イオンカードセレクト