0歳児の子ども用の銀行口座、ゆうちょ銀行以外での開設もありです

赤ちゃんと貯金箱

0歳の子ども用の銀行口座に、ゆうちょ銀行を開設する人は多くいます。

子ども用の銀行口座を作ると、出産のお祝い金やお年玉を管理できて便利です。教育費にあてたり、成人後にプレゼントしたりできます。

しかし、ゆうちょ銀行以外にも、0歳から口座開設できる銀行はあります。最近では、ネット銀行を選ぶケースも増えてきました。

おすすめの銀行口座の選び方と、子ども用口座を作るうえで、知っておきたい知識をまとめました。

ゆうちょ銀行のメリット・デメリット

ゆうちょ銀行は、0歳児の口座開設キャンペーンがあるなど、子ども用口座の開設を歓迎しています。

全国に支店やATMがあり、安心感もあるため、多くの親が子ども用口座に選んでいます。けれども、ゆうちょ銀行にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

ゆうちょ銀行が向いているのは、窓口に行く時間があり、大きな預金の予定がない人です。具体的な特徴は、3点あります。

来店申込みが基本

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行で子ども用口座を開くには、来店が必要です。

支店が近くにないと、育児がいそがしい時期に窓口まで行くのは、大変かもしれません。

ゆうちょダイレクト+(プラス)」という無通帳型口座なら、郵送のみで申し込めます。公式サイトから申込書を取り寄せ、郵送で申し込みます。口座開設まで約1ヶ月かかります。

ゆうちょダイレクトプラスで口座開設すると、紙の通帳を発行しません。マイペ-ジのログインID・パスワードの管理し、ネットバンキングのみで利用します。

「やはり通帳を発行したい」と思ったら、キャッシュカード・銀行印・本人確認書類を用意し、窓口に行く必要があります。通帳発行にも約2週間かかります。

通帳も持っておきたいなら、来店で口座開設するのがおすすめです。

印鑑を作っておく必要あり

定期預金の通帳

ゆうちょ銀行での口座開設には、銀行印に使える印鑑が必要です。あらかじめ印鑑を作ってから、口座開設に申し込みます。

ゆうちょ銀行で子ども用口座開設の際は、以下の書類が必要です。

■ゆうちょ銀行 0歳児の口座開設に必要なもの

  • 印鑑
  • 子どもの本人確認書類:健康保険証と住民票の写しなど、2つ以上持っていくと安心
  • 親の確認書類:健康保険証と住民票の写し

生まれたばかりの子どもは、顔写真つきの本人確認書類がありません。顔写真がない身分証明証が、2つ必要になる可能性があります。

健康保険証と母子手帳は、同じ扱いの身分証明証です。どちらか一方と、住民票を持っていくのがおすすめです。

※通帳を簡易書留郵便などで郵送し、本人確認を兼ねることもあり。

最近は、ネット通販で印鑑をオーダーできます。店頭で作るより低価格で、手軽に注文できておすすめです。

ネットバンキングなしでも使える

通帳を持つ男性

ゆうちょ銀行口座は、通帳やキャッシュカードで管理できます。

ネットバンキングサービス「ゆうちょダイレクト」に申し込まなければ、IDやパスワード保管の必要はありません。暗証番号だけ管理すればOKです。

お年玉や子ども用貯金のATM入金しか利用しないなら、それでも十分だと思います。

子ども用銀行口座の暗証番号(4桁)は、覚えやすい数字だと管理が簡単です。

しかし、他人が推測しやすい数字は避けたほうが安全です。誕生日などはおすすめしません。

出生体重など、親しかわからない数字での設定がおすすめです。

ネット銀行や、大手銀行のインターネット支店で開設した口座は、ATM以外の取引をすべてネットバンキングで行います。

スマホから送金できて楽ですが、振込などの取引をしないと利用頻度は少なくなります。

お年玉などの預金メインで使うなら、ネットバンキングは不要です。お祝いのお金は、現金でもらう場合がほとんどで、どのみちATMに行く必要があるからです。

預金金利は低い

ゼロ金利政策が長く続き、ゆうちょ銀行の預金金利はゼロに近い水準です。

普通預金はもちろん、定期預金を利用しても利息には期待できません。

少額の貯金だけの予定なら、そこまで気にしなくてもOKです。大きな金額を貯金するつもりなら、金利が高い銀行の検討もおすすめします。

ネット銀行という選択肢

スマホで貯金

ゆうちょ銀行ではなく、ネット銀行が向いている人もいます。来店なしで口座開設し、将来的には大きな預金もしたい人です。

ネットバンキングを使う機会が少ない人でも、ネット銀行は十分活用できます。

来店・印鑑不要で口座開設

ネット銀行は実店舗がなく、子ども用口座も来店不要で口座開設します。印鑑も不要です。

子ども本人と親の本人確認書類を提出し、口座開設するケースが多めです。

15歳以上からしか口座開設できない銀行もあるので、年齢条件の事前確認が必要です。

→0歳児の口座開設を受け付けているネット銀行はこちらです

預金金利が高い

電卓

子ども用銀行口座にまとまった金額を預けるなら、ネット銀行の高金利が活かせます。

ネット銀行の金利は、ゆうちょ銀行の数十倍以上です。大きな金額を長年預け続けると、利息差も大きくなります。少しでも子どもの預金を増やしたいなら、ネット銀行がおすすめです。

ゆうちょ銀行と楽天銀行で利息比較

ゆうちょ銀行と、ネット銀行口座開設数No.1の楽天銀行で、普通預金金利を比較しました。

楽天銀行には、マネーブリッジという無料の預金金利優遇サービスがあります。今回は、マネーブリッジ金利で比較します。

■100万円を20年間、普通預金で預け続けた場合の利息

ゆうちょ銀行(年0.001%):200円
楽天銀行(年0.1%):20,190円

※金利は記事執筆時点のデータで計算

子どもが成人して銀行口座を渡す際、楽天銀行なら2万円以上の利息もプレゼントできます。

コンビニATMが無料で使える

コンビニATM

ネット銀行には、自社ATMがありません。そのかわり、提携の他行ATMが多くあります。

特に、主要なコンビニATMは、ほとんどのネット銀行で利用できます。コンビニAMTは原則24時間使え、出勤前や仕事帰りにも手軽に入出金できます。

ATM手数料が月数回無料のネット銀行も多く、コンビニATMが無料で利用できます。

一定の銀行取引で手数料が無料になる銀行と、無条件で無料回数を付与する銀行があります。

15歳以下から口座開設できるネット銀行 コンビニATM手数料の比較
楽天銀行
残高10万円以上で月1回無料、それ以降残高に応じて最大月7回無料(残高以外の条件でも無料回数付与あり)
セブン銀行
セブン銀行ATMの入金はいつでも無料、出金は朝7時~夜7時のみ無料(時間外は100円+税)
イオン銀行
イオン銀行ATMの入出金はいつでも無料
ソニー銀行
入金はいつでも無料、出金は取引に応じて最大月4回無料
GMOあおぞらネット銀行
入金はいつでも無料、出金は取引に応じて最大月15回無料

紙の通帳は発行できない

ネット銀行は、紙の通帳がありません。キャッシュカードのみ発行し、残高や入出金履歴はマイページやアプリから確認します。

スマホでいつでも口座状況をチェックできて便利ですが、紙の通帳を手元に残したい人には不向きです。

マイページへのログインIDとパスワードも、管理する必要があります。

子ども用口座の豆知識

銀行選び以外にも、子ども用口座開設前に知っておくと得する知識をまとめました。

子どもの負担を減らし、節税になるポイントがあります。

銀行印は「名前のみ」もOK

押印する女性

銀行印は、結婚で名字が変わる可能性も考え、名前のみの印鑑にしておくと便利です。

結婚で名字が変わると、非常に多くの手続きが必要です。銀行印変更に窓口に行く手間だけでも省くと、子どもも助かると思います。

名前のみの銀行印は、ゆうちょ銀行だけでなく他の金融機関でも問題なく利用できます。

ほかにも、印鑑管理のうえで、銀行印だとわかりやすい工夫をするのもおすすめです。

銀行印のみ横書きで作る、凝ったデザインにするなど、ひと目で銀行印だとわかります。

銀行印は、以下の条件を満たせば、比較的自由なデザインで作れます。

■銀行印として使える印鑑の条件

  • 規定サイズ
  • 変形しない素材で作製

猫や犬などの動物、花や木などの植物をデザインに入れるのも可能です。大事にしたくなるようなデザインにすれば、紛失しづらくなるかもしれません。

残高110万円以上だと贈与税がかかる可能性あり

税金

子ども名義の預金に大きな額を入金すると、贈与税がかかることがあります。将来、110万円以上の預金がある口座を子どもにプレゼントしたい人は、要注意です。

贈与税は、年間110万円までなら非課税です。しかし、少しずつ入金しても、大人になって「通帳やキャッシュカードを渡した時点」で贈与したとみなされるケースがあります。

その場合、通帳を渡したときに110万円以上の預金があると、110万円を超えた金額に贈与税がかかってしまいます。

■毎年110万円以下の入金でも、贈与税がかかるかもしれないケース

  • 子どもが自分名義の口座があると知らない
  • 親が通帳やキャッシュカードを管理

口座名義人と、実際に口座を管理する人が異なる預金を「名義預金」といいます。0歳児のために親が開設した口座は、名義預金の代表です。

子どもの名義預金は、実質は親の財産だと判断される場合があります。

主に発覚する場面は、身内が亡くなった際の相続手続き時です。相続では必ず税務調査が入り、銀行口座を調べられます。

その際、子どもの口座に110万円を超える残高があると、税務署職員が探りを入れるかもしれません。収入がない子どもの預金に大金が入っていると、違和感があるからです。

贈与税は、双方が「贈与した」「贈与してもらった」と認識して、初めて成立します。子どもに内緒で預金すると、貯金中は贈与が成り立たず、通帳を渡した時点で贈与したとも判断できます。

子ども用口座の預金残高が、最終的に110万円を超えそうなら以下の対策をおすすめします。

■名義預金に贈与税がかからないための対策

  • 贈与契約書を交わす
  • 親と違う銀行印で口座開設

名義預金に贈与税がかからない基本対策は、贈与契約書を取り交わすことです。

子どもが未成年のうちは、親が法定代理人として契約手続きできます。祖父母からお祝い金をもらったら、親が法定代理人として「祖父母と子」の贈与契約書を取り交わしておけば安心です。

親から子どもへ直接お金を渡す際、贈与する人と法定代理人に同じ親の名前を書いても、法的には問題ありません。

フォーマットに決まりはありません。銀行公式サイトなどで配布のひな形を使うと楽です。個人的には、阿波銀行のフォーマットと記入例が見やすいと感じました。

口座開設時、親と同じ銀行印で口座開設する人も多くいます。しかし、子ども用の銀行印を新しく作るのをおすすめします。子ども用銀行口座が、名実ともに子どものものだと証明しやすくなります。

キャッシュカードと一緒に銀行印もプレゼントし、「責任を持ってお金を管理する」という自覚を持ってもらうのも、マネー教育として価値があると思います。

親御さん向けマネーコラム

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年9月24日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る