振込手数料比較!3万円以上の手数料が安い銀行は?

振込手数料ランキング

振込手数料が安いのもネット銀行の特徴の一つです。
ネット銀行は店舗を構える必要がなく、人件費が安く済むので、大手都市銀行と比較して、振込手数料が半額以下ということも珍しくありません。

また、一部のネット銀行は「一定回数振込手数料無料」のサービスを展開しています。
今回は大きな金額を取引する場合、3万円以上の振込をする場合に限定して、振込手数料が安いネット銀行を比較しました。

3万円以上の振込手数料が安いネット銀行

なぜ3万円かというと、ネット銀行の多くは振込金額3万円未満と3万円以上で、手数料に差を設けているからです。

また、今回は同じ銀行同士ではなく「他行あて」の振込手数料を比較しています。

1位:住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

■154円(税込)

住信SBIネット銀行の他行あて振込手数料は154円です。
振込金額にかかわらず、一律で154円を採用しているので、3万円以上でも、3万円未満でも振込手数料はダントツの安さです。

また、月1回~15は無料振込手数料が無料となります。(無料回数は会員ランクによって異なります)

振込手数料無料回数が設定されていることや、その後の手数料も安いことから、トータルバランスは非常によいネット銀行です。

2位:ソニー銀行

ソニー銀行

■200円+税

ソニー銀行の他行あて振込手数料は1回あたり200円+税です。

ソニー銀行には毎月1回だけ振込手数料無料回数が付与されるサービスがあるので、月に1回程度しか振込を行わない場合は、ジャパンネット銀行を選ぶよりも安くなる可能性があります。

また、年会費無料のデビット機能付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」に申込をするだけで、毎月の振込手数料無料回数が2回にアップします。(Sony Bank WALLETは個人的にもかなりおすすめで、私もすぐに切り替えました)

ソニー銀行は入出金で使えるコンビニの数も多いので、利便性が高いネット銀行としても知られている、優秀な銀行です。

3位:イオン銀行

イオン銀行

■200円+税

電子マネーWAONとの相性もよいイオン銀行。
イオン銀行同士の振込手数料は無料ですが、ネットオークションなどでもイオン銀行を利用している人をあまり見かけないのが悲しいところ。

他行あての振込手数料はソニー銀行と同じく200円+税ですが、イオン銀行には振込手数料無料回数の付与はありません。

イオングループの各店舗に設置されたATMで入出金をおこなうことが可能です。
もちろん振込は、ATMからではなく自宅や携帯電話からインターネットを使っておこないます。

4位:セブン銀行

セブン銀行

■200円+税

セブン銀行も、イオン銀行と同じく振込手数料無料回数はなく、他行あては一律で200円+税となっています。

振込手数料において、イオン銀行よりも劣るのは、セブン銀行同士の取引でも50円+税の振込手数料がかかることです。

セブン銀行は、コンビニ「セブンイレブン」のに設置されたATMで入出金が可能です。
そういった意味では、利便性においてはイオン銀行よりも高いです。

また、普通預金金利が高いなどの特徴もあります。

5位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行

■250円+税

ネットバンクの平均的なサービスを提供しているジャパンネット銀行。
国内初のネットバンクということで、利用者数も非常に多いのが特徴です。

ジャパンネット銀行も金額にかかわらず振込手数料は一律の250円+税となっています。

ジャパンネット銀行あての振込手数料は50円+税です。
ジャパンネット銀行は、Yahoo!オークションとの連携が強いので、オークションの入金、振込口座として使っている人も多いです。

口座を持っておくと、ネットオークションの取引時に、50円+税の振込手数料を利用できる機会も多いと思います。

まとめ

振込手数料3位のソニー銀行(200円+税)と、2位の住信SBIネット銀行(154円)とでは、たった62円の差しかありませんが、これを比率に直すと、住信SBIネット銀行の振込手数料は約30%も安いことになります。

住信SBIネット銀行には毎月、振込手数料無料回数が3回付与されます。
仮に4回振込手続きを行った場合、振込手数料無料回数が設定されていない4位のイオン銀行との差は710円になります

振込手数料を無料にしませんか?

イオンカードセレクト