メガバンクのATM手数料・振込手数料の比較で気づいた一番お得な銀行

銀行員

多くの人がメガバンク3社のうち、いずれかの口座を使っていると思います。

しかし、なぜその銀行口座を使っているのか、はっきりとした理由がない人がほとんどなのではないでしょうか。

例えば私は、三菱東京UFJ銀行の口座を長年使っていますが、私がUFJを選んだ理由は「初めてのアルバイトで給与振込口座として勤務先に作らされたから」という単純な理由です。

そして以前から私が思っていたのが、「メガバンク3社を比較した場合、一番お得な銀行はどこなのか?」ということです。

メガバンクの手数料を比較

今回はメガバンク3社のATM手数料・振込手数料を比較し、一番メリットの大きい銀行を探ってみます。

今回比較対象としたのは下記の3つの口座です。いずれも登録無料で使えます。

ATM手数料は三井住友銀行がお得

ATM

メガバンク3社ともに、一定の条件を満たすことでATM手数料が無料になります。

三菱東京UFJ銀行(メインバンクプラス)
メインバンクプラスの利用条件で最もハードルが低いのは「三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)」に登録すること。これだけでメインバンクプラスが使えるようになる。

メインバンクプラスはステージに応じて優遇条件が変わる。最もランクの低い「ホワイトステージ」の適用条件は「WEB通帳への切り替え」「MUFGカードなど対象クレカを使う」「預金残高10万円以上」のいずれか1つを満たすこと。

優遇されるのは?
これだけで三菱東京UFJ銀行ATMの時間外手数料が無料に。コンビニATMなどの無料条件を獲得するには、さらなるステージアップが必要。

三井住友銀行(SMBCポイントパック)
SMBCポイントパックの利用条件は、インターネットバンキング「SMBCダイレクト」と口座(残高別金利型普通預金)に登録すること。

SMBCポイントパックの優遇特典を受けるために必要な条件のうち、簡単なのは「給与受取口座に使う」または「WEB通帳に切り替えること」。その他の条件もあります。

優遇されるのは?
三井住友銀行ATMの時間外手数料が無料に。また、コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMの手数料も毎月4回まで無料に。

みずほ銀行(みずほマイレージクラブ)
みずほマイレージクラブは誰でも簡単に登録できます。

ただし、優遇特典を受けるためには「口座残高10万円以上」などの条件を満たす必要があります。その他の適用条件もあります。

優遇されるのは?
みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料。コンビニATM手数料が毎月4回まで無料。

3社の条件をまとめてみると、三井住友銀行が最もハードルが低く無料条件を獲得できるお得な銀行と言えるのではないかと思います。

無料で使えるインターネットバンキング「SMBCダイレクト」に登録し、あとは給与振込口座に使うか、WEB通帳に切り替えるだけで、コンビニATMだけでなくゆうちょ銀行ATMの利用手数料も月4回無料になります。

振込手数料はみずほ銀行がお得

ネットバンキング

続いて振込手数料を比較します。
最近はパソコンやスマホから「インターネットバンキング」を使って振込をする人が増えているので、今回はネットバンキングを使ったケースを想定して考えてみます。

三菱東京UFJ銀行(三菱東京UFJダイレクト)
三菱東京UFJ銀行・三菱UFJ信託銀行・じぶん銀行あてはすべて0円

他行あて振込手数料は?
他行あては、3万円未満は200円+税、3万円以上は300円+税の振込手数料がかかる。

振込手数料を無料にするには?
メインバンクプラスのステージを「プラチナステージ」にする必要がある。プラチナステージの適用条件は「住宅ローン借入残高500万円以上」「預金残高500万円以上」のいずれかの条件を満たすことなので、ハードルは高い。

上記の条件を満たせば、他行あて振込手数料が毎月3回まで無料となる。

三井住友銀行(SMBCダイレクト)
同一支店あては無料だが、本支店あては100円+税が必要。(ただし、SMBCはポイントパックに登録するだけで無条件で本支店あての振込手数料も無料に)

他行あて振込手数料は?
他行あては、3万円未満は200円+税、3万円以上は400円+税の振込手数料がかかる。ただし、関西アーバン銀行、みなと銀行、SMBC信託銀行などのグループ銀行への振込は100円+税。

振込手数料を無料にするには?
残念ながら条件はなし。

みずほ銀行(みずほダイレクト)
同一支店あては無料だが、本支店あては3万円未満は100円+税、3万円以上は200円+税の振込手数料がかかる。(みずほマイレージクラブの条件を満たすと本支店あても無料になる)

他行あて振込手数料は?
他行あては、3万円未満は200円+税、3万円以上は400円+税の振込手数料がかかる。

振込手数料を無料にするには?
「預金残高50万円以上」または「NISA口座を作る」と他行あて振込手数料が毎月1回無料に。

「預金残高500万円以上」または「みずほマイレージクラブカードを年間100万円以上使う」または「みずほグループに資産運用商品の残高がある」のいずれかの条件を満たせば、毎月4回まで無料となる。

上記を比較してみると、いずれもほんの少しの条件を満たすだけで「同じ銀行あての振込手数料は無料」になるので、条件はほぼ横並びと言えます。

他行あて振込手数料に目を向けてみると、無料条件のない三井住友銀行はともかく、三菱東京UFJ銀行も条件をクリアするためのハードルは高いです。

一方で、みずほ銀行は「みずほグループに資産運用商品の残高がある」という点に着目。「資産運用」と言うとかしこまってしまう方も多いと思いますが、

などの簡単な条件を満たすだけで、他行あて振込手数料が毎月4回も無料となります。購入金額に制限が設けられているわけではないので、投資信託などであれば1万円程度から購入できます。

外貨預金や投資信託などは一般的ですし、公共債なども安全性の高い資産です。

ただし、みずほ銀行で他行あて振込手数料の無料条件を満たすには、まず最初に「みずほマイレージクラブ」の優遇条件である「口座残高10万円以上」をクリアしなければなりません。

総合的にはみずほ銀行が一番お得?

いかがでしたか?
上記の条件はいずれもバランスが取れていて、比較しがいがありました。

それぞれの条件によって、あなた自身が最もハードルをクリアしやすいと思える銀行を選ぶのが良いと思いますが、トータルで見ると、最も条件が緩く優遇条件が手厚いのは「みずほ銀行」ではないかと思います。

また、三菱東京UFJ銀行は優遇条件が特に優れているわけではありませんが、元々、UFJグループ間での振込手数料が0円に設定されていたり、他行あて振込手数料(3万円以上)が他社よりも100円抑えられているなどの優位性も見られます。

関連リンク

イオンカードセレクト