住宅ローンの必要書類チェックリスト!借り換え・新規申し込み対応

住宅ローンの必要書類

住宅ローンの申込に必要な書類はどんなものを準備すればよいの?

ということで、住宅ローンの新規申し込み・借り換えで必要となる書類の一覧をまとめました。

銀行によって多少の違いはありますが、概ね下記の書類を準備しておけば大丈夫です。

仮審査での必要書類

記入漏れに注意

仮審査の段階では提出書類は特に求められません

WEBから仮審査に申込をします。紙での申込書類が必要となる場合は、書類に必要事項を記入して返送するだけです。

住宅ローンの審査は複数の銀行に同時申し込みをしても問題がないので、同時に複数の銀行に仮審査を出しておくことをおすすめします。

なぜなら、「仮審査や本審査でかなり待たされた結果、審査で落とされた → マイホームの購入資金の支払いが迫っている…」ということに陥らないためです。

必ずしも目当ての銀行から借入ができるとは限らないので、事前にいくつかの銀行をピックアップしておき、第1希望~第3希望を決めて、それら3つの銀行に仮審査を申し込みます。

必要な書類はすべて銀行側から案内がありますし、不明な点はサポートに問い合わせることでていねいに教えてもらえるので、わからないことがあればどんどん質問していくことをおすすめします。

一番避けたいのは「書類の不備・不足」による失敗です。書類の記入漏れなどがあると、何度も郵送でのやり取りが必要となるため、その度に借入までの期間が延びてしまいます。

申込が殺到していなければ、仮審査は通常1週間以内に結果が出ます

本審査での必要書類

本審査では提出書類が一気に増えます。
準備するのに時間がかかるものもありますので、仮審査の結果を待つ間に、取得できるものは用意しておきましょう。

住宅ローンに申込むすべての方。
住民票(本籍地の記載のないもの)(在留カードまたは特別永住者証明書 ) ※役所で取得します

年収証明書(源泉徴収票・住民税課税決定通知書または住民税課税証明書など) ※自営業の方は確定申告書や納税証明書、会社役員の方は法人決算書も合わせて提出(銀行や条件によっては2期分・3期分が必要となる場合もあります)

カードローンや自動車ローンなど、他に借入がある場合は、それらの返済予定表

売買契約書

重要事項説明書

検査済証

平面図・間取図

土地付き住宅を購入される方は、下記も必要です。
建築確認済証または建築確認通知書

建築確認申請書

住宅を新築される方は、下記も必要です。
工事請負契約書

建築確認済証または建築確認通知書

建築確認申請書

その他の提出書類は銀行が用意してくれます。
銀行から送付されたものに記入・捺印して準備した書類と一緒に返送します。

住宅ローンの借り換えの場合

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換えをする場合は、上記の書類に加えて下記を準備します。

住宅ローンの「借り換え」の場合は下記も必要です。
通帳(住宅ローンの返済が確認できるもの)

返済予定明細票

融資残高証明書

新築した住宅のローンを借り換える場合は、「工事請負契約書」も忘れずに準備してください。

審査通過後に提出する書類

審査に無事通過したら、住宅ローンの契約を行うために下記を用意します。ほとんどの書類は銀行から送られてきますので、手元に届いた書類に記入して返送するだけです。

住宅ローン契約書

抵当権設定契約書

登記に関する委任状

印鑑登録証明書(役所で取得)

登記済証(借り換え・増改築の場合に必要)

スマホ完結のauじぶん銀行住宅ローン

住宅ローンの書類を準備するのが面倒だという方向けに、スマホやパソコンだけで申込から契約までが完結する銀行もあります。

それが、最近注目を集めているauじぶん銀行住宅ローンです。

auじぶん銀行の住宅ローンは、業界で初めて紙の契約書を廃止し、申し込みから融資実行までネット完結できるようにしました。書類を取り寄せや捺印、郵送の手間が不要です。

審査スピードも飛躍的に早くなり、最短10営業日で融資を受けられます。一般的な住宅ローンの融資までの期間は、2ヶ月ほどかかることも珍しくありません。最短10日という日数は、ほかにはない早さです。

紙の契約書の廃止によって、収入印紙の貼付も不要となりました。借入金額5,000万円以下であれば2万円、5,000万円~1億円以下であれば6万円の収入印紙代の節約になります。

auじぶん銀行住宅ローンは、「50%がん団信」が無料という点も評判です。50%がん団信とは、がんと診断された時点で住宅ローン残高が半分になる保障です。

住宅ローンのがん診断保障は、金利上乗せによる手数料が必要なケースが大半です。auじぶん銀行なら、手数料なしでがんリスクに備えられます。住宅ローン残高が半額になるだけでも、大きな負担減となります。

じぶん銀行の関連記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
ネット銀行100の活用術の初代管理人です。低コストで便利なネット銀行を、多くの人に知ってもらうため、2012年にサイトを立ち上げました。貯金の方法やお金に関する知識をわかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2020年8月13日 更新)

ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る