35年ずっとこのまま!フラット35の金利比較をしてわかったこと

フラット35

住宅ローンを組む時に、まず最初に考えたいのが「変動金利か固定金利か」です。
変動だと低金利での融資が受けられますが、将来の金利情勢によっては利息負担が増える可能性があります。

一方で、固定金利なら最初の時点で返済総額が決まるので、安心感があります。
中でも、35年間ずっと固定金利が続く「フラット35」は、国の支援を受けている制度であることからも大変人気が高いです。

フラット35のメリットは、「低金利で35年ローンが組める」ことです。
しかし、同じフラット35でも金融機関によって金利が違います
フラット35は330の金融機関が取り扱っているため、慎重に選ぶ必要がありますが、やはりここでも、ネット銀行は強いです。

35年の長期ローンとなるだけに、ほんの少しの差でも返済総額が大きく変わってきます。
フラット35の金利を比較して、最もお得な住宅ローンを選びましょう。

フラット35金利ランキング

ARUHI(アルヒ)

ARUHI

お申込みはこちら(無料)

「ARUHI」は、フラット35の取扱実績が5年連続No.1となっています。
フラット35といえばARUHIと言っても良いぐらい多くの人が利用しており、安心感も大きいです。

ARUHIの強みは、8疾病保障特約プレミアムをはじめとする保険関係サービスの充実や、ネット申し込みだけで完結し、来店不要という手軽さです。

また、アルヒは審査スピードにも定評があります。一日でも早く融資実行をして欲しい場合、選ぶメリットの大きい住宅ローンです。

楽天銀行

楽天銀行

お申込みはこちら(無料)

ARUHIに次いでフラット35で人気が高いのは、楽天銀行です。
業界最低水準の低金利と、楽天スーパーポイントによる還元など、キャンペーンにも積極的なので、トータルで見て楽天銀行が一番お得なケースも多いです。

楽天銀行のフラット35も、来店不要でネットで申し込みから融資実行まで完結します。
また、わからないことがあれば、スカイプ相談なども受け付けているのがネット銀行ならではの特徴です。

事務手数料は融資金額の1.404%(最低10万円+税)となります。
ただし、楽天銀行を返済口座に指定した場合、手数料が融資金額の1.08%に引き下げられます。

りそな銀行

りそな銀行

りそな銀行は、ネットからの申し込みで金利が0.1%引き下げられます。
しかし、引下げ後の金利がアルヒに並ぶかどうかのレベルなので、お得感が大きいとはいえません。

窓口を通じて対面で申し込めることが、りそな銀行の住宅ローンの強みと言えますが、ネット経由での申し込みのほうが割引率が高いです。

事務手数料については、インターネットからの申し込みで2万円引きとなっており、通常プランが融資金額の1.836%で、手数料重視プランが30,000円+税となっています。

みずほ銀行

みずほ銀行

大手メガバンクのみずほ銀行もフラット35を取り扱っています。
金利についてはりそな銀行とほぼ横並びで、みずほ銀行の方が気持ち高めといったところです。

みずほ銀行のフラット35を利用すると、ATM時間外手数料が月4回無料になったり、カードローンや多目的ローンの金利が引き下げられるといった特典があります。

事務手数料は通常プランが融資金額の1.836%で、手数料重視プランが30,000円+税となっています。

三井住友銀行

三井住友銀行

同じメガバンクでも三井住友銀行はフラット35にまったく力を入れていません。。。
ARUHIなどと比較して、約1%も金利が高く、他社と比較できるレベルではありません。

特に大きなキャンペーンも行っていないようなので、「フラット35」に関しては、三井住友銀行で住宅ローンを組むのはおすすめしにくいです。

事務手数料は一律で30,000円+税となっています。

イオンカードセレクト