果たして金利は低いと言えるのか?ソニー銀行住宅ローンが持つ5つの特徴

説明

ネット銀行住宅ローンの中でも、ソニー銀行は人気です。私も以前、住宅ローンを考えた時に色々と比較したのですが、ソニー銀行住宅ローンは最終候補とした残った、3社のうちの1社でした。(結局私は、家を買うこと自体を見送ったのですが・・・)

なぜ、ソニー銀行が多くの利用者に選ばれるのか、その理由を5つの特徴にまとめます。一般的に言われているものから、あまり知られていないサービスまで、ご紹介したいと思います。

ソニー銀行住宅ローン5つのメリット

金利に関しては申し分がないくらいの低金利です。他のネット銀行住宅ローンと比較しても、上位3社に入ると思います。金利水準の良し悪しは、その時の状況にもよるので、事前に最新の金利を確認しておくことをおすすめします。

変動金利に強みを持っている

ソニー銀行住宅ローンは、特に変動金利に強みを持っています。比較してみるとわかりますが、おそらく変動金利だとソニーかイオン銀行住宅ローンが最も低金利になると思います。

ソニー銀行住宅ローンは、大きく2つのプランに分かれます。両者の違いは、「金利」と「手数料」です。どちらのプランにも変動・固定の両方が用意されています。

■変動セレクト住宅ローン金利プラン
変動金利がとてつもなく低いのが特徴。借入後に固定金利に変更することも可能です。

■住宅ローン金利プラン
取り扱い手数料が安いのが特徴。変動金利は高めですが、固定金利はこちらのほうが低いです。

変動金利での借り入れを希望するなら「変動セレクト住宅ローン金利プラン」を、最初から固定金利で住宅ローンを組みたい場合は「住宅ローン金利プラン」を選ぶことをおすすめします。

変動から固定への乗り換えはたった1日

ソニー銀行では以下のような面白い取り組みを実施しています。

まず、変動金利から固定金利には、いつでも無料で乗り換えることができます。それも、ネットからの簡単な手続きだけで、1営業日で切り替えが完了します。

そして、ソニー銀行では毎月1日に「今月の金利」が適用されますが、毎月15日前後に「来月の金利」が先に発表されます。

最初に低金利の「変動金利」で住宅ローンを組みます。毎月15日の「来月の金利」を見て、金利が下がるようならそのまま「変動」を維持します。逆に、「来月の金利」が上昇するようなら、タイミングを見て「固定金利」に切り替えることができるわけです。

つまり、自分が「金利が底を打った、これからは金利が上昇するぞ」と判断できるまでは、ずっと低金利の変動金利で住宅ローンを組むことができるのです。

しかし、これには注意点があります。
「変動 → 固定」は変更手数料無料ですが、固定金利適用期間は「固定 → 変動」の切り替えは手数料がかかります。つまり、「変動と固定をコロコロ変えられるわけではない」ということです。

参照:住宅ローン金利予想に使える!ソニー銀行住宅ローンの仕組みが面白い

取り扱い手数料が安い

住宅ローンの取り扱い手数料は、金利と同じく重視したいポイントです。ソニー銀行では、業界最低水準の手数料を提供しています。

■変動セレクト住宅ローン金利プラン
融資金額の2%+税

■住宅ローン金利プラン
一律4万円+税

変動セレクトの方は、他のネット銀行の手数料とさほど変わりません。しかし、固定金利に強みを持つ「住宅ローン金利プラン」の取り扱い手数料は一律4万円と、非常に安いです。

ソニー銀行住宅ローンは固定金利でもかなり強みを発揮します。私が比較したところでは、10年固定の場合、金利だけを見ると他社に劣るが、手数料を含めたトータルではソニー銀行が1番だったということが何度もありました。

変動金利に注目が集まりがちなソニー銀行ですが、固定金利を考えている人にとっても、非常に選びがいのある住宅ローンだと思います。

おまかせ入金サービスが凄くいい

ネット銀行の住宅ローンを選ぶデメリットとして、よく言われることがあります。
低金利なのは魅力だが、メインバンクとして使っていない。それに、自分の会社ではネット銀行を給与振込口座に指定できない

住宅ローンの返済は、原則としてローンを契約した銀行の口座からの引き落としになります。しかし、ソニー銀行をメインバンクとして使っていない人や、会社がソニー銀行を給与振込口座に設定してくれないケースも多いです。

そのような場合、毎月ローンの返済額を自分でATMから入金したり、給与振込口座からの振込によって、ソニー銀行の口座に入金しなければなりません。

これって、正直言って面倒ですし、毎月振込手数料がかかってしまうのは嫌ですよね。。。そこで登場したのが、「おまかせ入金サービス」です。

「おまかせ入金サービス」は、2014年からスタートした新サービスです。ソニー銀行では、「定期預金や外貨預金、投資信託の積立てや、住宅ローンの返済に使って欲しい。」としています。

自分の銀行口座と入金額を登録しておけば、毎月一定日に引き落としが実行され、そのお金が自動的にソニー銀行の口座に入金されます。もちろん、手数料はかかりません

■おまかせ入金サービスの利用イメージ

①給与振込口座である三井住友銀行の口座を登録しておく

②おまかせ入金サービスで移動する金額を設定

③毎月5日または27日に自動的に引き落としが実行される

④三井住友銀行の口座から設定額が引き落とされ、ソニー銀行口座に入金される(手数料無料)

⑤ソニー銀行口座から住宅ローンの返済額が引き落とされる

このサービスは大変便利ですね。

保証料・繰上返済手数料無料が0円

ソニー銀行住宅ローンは、ネット銀行ならではのメリットとして

となっています。

保証料は「銀行負担」なので、大手金融機関と比較して初期費用がかなり抑えられます。ソニー銀行住宅ローンは借り換えの利用者が半数以上を占めています。住宅ローンの借り換えでは、「保証料」は大きなポイントになってきますので、ソニーのような保証料0円、手数料が安い銀行というのは、かなり魅力的です。

また、現在、住宅ローンの保証料を払っている場合、借り換えをすることで残期間の保証料を返金してもらうことが可能です。返金された保証料を元出にして、ソニー銀行住宅ローンで借り換えをすれば、ほとんど新たな持ち出しをすることなく、借り換え手数料をカバーできます。

繰上返済は、ネットから簡単にできます。1回あたり最低1万円から、何度でも手数料無料で行えるので、少しお金が浮いたら積極的に返済を進めることが可能です。

いかがでしたか

ソニー銀行の住宅ローンは、「金利」で大きな競争力を持っています。しかし、手数料の安さや、おまかせ入金サービスといった付加サービスの良さも含めて、トータルで評価すると、非常に価値のある住宅ローンだとわかります。

住宅ローンは長期間にわたって契約・返済をするものです。金利だけでなく、金利タイプの変更や繰上返済のやりやすさなども含めて、総合的に比較することをおすすめします。

イオンカードセレクト