韓国ウォンへの外貨預金ができるネット銀行が意外と少ない件について

韓国

韓国で利用されている通貨が「韓国ウォン(英語表記はKRW)」です。海外旅行の中でも、韓国は人気の旅行先となっています。LCCのピーチなどを利用して格安の韓国旅行に行く人も多いですよね。

韓国の政策金利は、先進諸国の中ではやや高めです。よって、日本の銀行で預金をして得られる利息よりも、韓国ウォンへの外貨預金によって得られる利息の方が大きくなります。

今後円安が進み、「円安ウォン高」になると、韓国への旅行がしにくくなります。なぜなら、両替レートが高くなってしまい「こんなにお金払っているのに、これだけのウォンしか手に入らないの?」となるからです。

しかし、外貨預金で運用しておけば、高金利の利息が得られるだけでなく、円安が進んだ場合に為替差益が出ることで、「円安ウォン高」のリスクをカバーできます。

韓国ウォンの特徴

韓国の通貨

韓国ウォンは1962年に、それまで普及していた「ホワン」という通貨の代わりに使われるようになりました。

韓国自体は先進諸国となりますが、韓国ウォンは流通量が少ない特徴を持っています。流通量が少ないということは、為替レートが安定しにくい、つまり値動きが激しいことを意味します。

これまでにも、韓国ウォンの大幅な変動が問題視されてきました。例えば、1990年代後半には、アジア通貨危機の影響を受けて、わずか1ヶ月でウォン価格が半分になったことがあります。(1円あたり7.43ウォンから15.15ウォンに)

また、2008年のリーマン・ショック時にも、その影響を受けて「韓国通貨危機」を経験しています。韓国通貨危機では、1円あたり9.24ウォンから16.42ウォンへと、半年間で8割のダウンとなりました。

上記の理由が、韓国ウォンを多くのネット銀行が取り扱わない理由だと思います。基本的に流通量が少ない、変動幅が大きい通貨は銀行は扱いたがらないからです。

よって、韓国ウォンへの外貨預金はリスクが高めだと考えた方が良いです。どちらかと言うと、ブラジルレアルやトルコリラのような新興国通貨(マイナー通貨)だと考えるべきだと思います。

韓国経済について

韓国経済

韓国は日本と同じく、GDP(国内総生産)の4割以上を輸出に頼っています。輸出大国と言われている日本のGDPにおける輸出依存度が15%弱なので、韓国経済がいかに「輸出業」によって支えられているかがわかります。

ただ、輸出依存度が高い国はリスクだと言う指摘もありますが、経済的な評価の高いシンガポールなんかは約140%が輸出に頼っています。また、タイやベトナム、台湾も輸出依存度は韓国より高いです。

みなさんが知っている韓国の代表企業といえば、以下の様な企業ではないでしょうか。

韓国には上記企業を始めとする「10大財閥」が存在し、これらの財閥系企業が生み出すGDPが、全体の7割以上に達しています。例えば、サムスングループだけでGDPの約2割を占めています。

紙幣と小銭の種類

韓国ウォン

韓国ウォンは、英語表記では「KRW(コリアンウォンの略)」と表されます。数字の単位で使う時は「W」を使います。

紙幣の種類が4種類。

小銭の種類は5種類です。(ただしW1・W5はほとんど出回っていません)

日本の紙幣・硬貨とほとんど同じなのでわかりやすいですね。

韓国ウォンを外貨預金で扱うネット銀行

じぶん銀行

ネット銀行では、「じぶん銀行」だけが韓国ウォンの外貨預金を取扱っています。探してみましたが、韓国ウォンを取扱っているネット銀行はほとんどありませんでした。。。

じぶん銀行の場合、為替手数料は100通貨あたり片道20銭です。大手銀行と比較すると、かなり安い手数料なので、コストを気にせず外貨預金ができると思います。

ただし、じぶん銀行でも韓国ウォンに限っては「外貨普通預金」のみを提供しており「外貨定期預金」は取扱っていません。

じぶん銀行は、良心的な手数料で外貨預金に力を入れている、モバイル利用に強みのあるネット銀行です。最近では、au WALLETとの連携などを展開しているのが特徴です。

いろいろな通貨に外貨預金してみよう

その他の通貨は「外貨預金」カテゴリへどうぞ。

イオンカードセレクト