外貨預金

外貨預金もできるだけ安く、ネット銀行7社の為替手数料を比較

外貨預金は為替手数料(為替コスト)に注意

ネット銀行の外貨預金は「為替手数料」が安く、メガバンクや地銀の20分の1(つまり95%OFF)に抑えることができます。

外貨預金は円に比べて、より高い金利での資産運用や為替差益が期待できます。経済誌などを見ていると、これから外国為替相場は円安に向かうという意見も目立ちます。

そういった背景から外貨預金への注目度が高まってきており、ネット銀行各社も外貨預金サービスに力を入れています。

外貨預金で気をつけたいのは、為替手数料(為替コスト)です。

いくら金利が高くても、手数料が高くては本末転倒です。

外貨預金は手数料は無料ですが、買いレート、売りレートの2つの両替レートに差が設けられています。それが実質的な取引手数料(為替手数料)となります。

ネット銀行の為替コストを比較

今回は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドルの主要5通貨で、ネット銀行の手数料比較をおこないました。

また、参考として大手メガバンクの三井住友銀行の為替コストも比較対象としました。

米ドル

米ドル

米ドルはリーマンショック後に長期間ゼロ金利となっていましたが、2018年からようやく金利が正常化しています。

過去の為替レートの動きを見ても米ドル円はとても安定しており、世界基軸通貨として高い評価を得ています。

外貨への分散投資を考える上で、真っ先に検討したい通貨です。

■米ドル 為替手数料を比較

銀行名 為替手数料
ソニー銀行 15銭
じぶん銀行 25銭
楽天銀行 25銭
住信SBIネット銀行 4銭以下
新生銀行 15銭
ジャパンネット銀行 5銭
イオン銀行 25銭以下(実質)
三井住友銀行 100銭

※イオン銀行の「実質」表記について…
イオン銀行外貨預金の為替手数料は預入時0円・売却時50銭(最大)なので、片道の実質為替手数料を25銭と表記しています

米ドルの為替手数料は、住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行がダントツに低いです。

ジャパンネット銀行は外貨預金サービスの中では後発なので、手数料で勝負をしてきていることがわかります。

ためしにジャパンネット銀行と三井住友銀行を比較すると、その差は20分の1です。この差は運用のリターンにも大きな影響を与えるほどの数字です。

住信SBIネット銀行のデビットカードは海外利用向け

住信SBIネット銀行が発行している「住信SBIネット銀行Visaデビットカード」は、外貨預金の米ドルから直接支払いができるという大きなメリットがあります。

アメリカの海外旅行や出張でクレジットカードやデビット支払いをすると、通常の為替レートに一定料率の手数料が加算されて、安くない手数料がかかってしまいます。

しかし、住信SBIネット銀行Visaデビットカードでは、米ドルからの直接支払いができるため、あらかじめ外貨預金に入金しておけば手数料なしで米ドル支払いができます。

住信SBIネット銀行の為替手数料は4銭以下ですから、金利収入を得るだけでなく、実際に外貨として米ドルを使うときにも大きなメリットがあるのです。

詳細は「米ドルの両替を安くできる?住信SBIネット銀行Visaデビットカードのメリット」で解説しています。

住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行の次におすすめなのは、ソニー銀行です。

通常の米ドル為替手数料は15銭ですが、自社の優遇プログラム(4段階のランク)で最上位ランクになると、手数料が8銭まで下がります。

ユーロ

ユーロ

米ドルに次いで人気のユーロも、世界的な不況の影響の影響でほとんど金利がつかない状況でした。

しかし、金融サイクルがようやく正常化してきたことから、今後米ドルに続いて利上げを行う見通しが出ています。

政策金利の利上げが行われると、それにともなって外貨預金の金利も高まります。

■ユーロ 為替手数料を比較

銀行名 為替手数料
ソニー銀行 15銭
じぶん銀行 25銭
楽天銀行 25銭
住信SBIネット銀行 13銭以下
新生銀行 40銭
ジャパンネット銀行 14銭
イオン銀行 取扱なし
三井住友銀行 140銭

ユーロの為替手数料も、住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行が一歩抜きん出ています。

もし会員ステージによる優遇を考慮すれば、ソニー銀行は為替手数料が8銭まで下がるので最も強みを発揮すると言えます。

しかし、ソニー銀行の為替手数料優遇は預金残高300万円以上が最低条件となるため、ハードルは高めです。

外貨預金の運用額が大きい場合は、ソニー銀行は最も低コストで運用できる銀行になります。

▼運用額が大きい方はソニー銀行がおすすめです

英ポンド

英ポンド

一般的にポンドは「値動きが大きい」と言われているため、外貨預金で安定した収益を得たいと考えている方は持ち分を少なめにするのがおすすめです。

■英ポンド 為替手数料を比較

銀行名 為替手数料
ソニー銀行 45銭
じぶん銀行 取扱なし
楽天銀行 45銭
住信SBIネット銀行 28銭以下
新生銀行 60銭
ジャパンネット銀行 30銭
イオン銀行 取扱なし
三井住友銀行 400銭

英ポンドも、住信SBIネット銀行の安さが目立ちます。

続いてジャパンネット銀行の為替手数料が安く、その他のネット銀行はほぼ横並びです。

ポンドは元々取引手数料が高めなので、三井住友銀行においては400銭(4円)ものコストがかかってしまいますが、多くのネット銀行では10分の1程度の手数料で外貨預金ができます。

ポンドも主要通貨の1つですが、じぶん銀行とイオン銀行は取り扱っていません。

▼外貨定期預金でさらにお得に

豪ドル

豪ドル

豪ドルも先進国の中では高金利通貨として人気があります。

しかし、値動きが比較的大きいことや、経済的な安定性の面から分散投資の1つとして考えておくのが良いと思います。

■豪ドル 為替手数料を比較

銀行名 為替手数料
ソニー銀行 45銭
じぶん銀行 50銭
楽天銀行 45銭
住信SBIネット銀行 25銭以下
新生銀行 40銭
ジャパンネット銀行 30銭
イオン銀行 25銭以下(実質)
三井住友銀行 250銭

豪ドルの外貨預金では、住信SBIネット銀行に並んでイオン銀行に優位性があります。

イオン銀行は特に外貨普通預金の金利が高いので、自分で運用タイミングを決めたい人におすすめです。

その次にジャパンネット銀行が続き、その他のネット銀行はほとんど同じです。

ソニー銀行は優遇手数料を考慮すると30銭まで割引されるので、ジャパンネット銀行と並びます。

豪ドル通貨についての詳しい情報は「高金利が魅力!豪ドルの外貨預金の安全性はどれくらいなのか?」にて説明しています。

NZドル

NZドル

オーストラリアとの貿易がさかんなニュージーランドは、通貨の値動きも豪ドルと似ています。

NZドルも豪ドルと同じく高金利かつ値動きは大きめ、手数料も豪ドルとほとんど変わりません。

よってNZドルも、銀行によって為替手数料が高い銀行とそうでないところがあります。

■NZドル 為替手数料を比較

銀行名 為替手数料
ソニー銀行 45銭
じぶん銀行 40銭
楽天銀行 45銭
住信SBIネット銀行 25銭以下
新生銀行 40銭
ジャパンネット銀行 30銭
イオン銀行 25銭以下(実質)
三井住友銀行 255銭

豪ドルと同じく、NZドルの為替手数料も住信SBIネット銀行イオン銀行が安いです。

イオン銀行の外貨預金サービスはやや遅めの2018年5月から開始していますが、豪ドル・NZドルにおいてはメリットが大きいと言えます。

住信SBIネット銀行は前述の通り、デビットカードで外貨払いができるというメリットもありました。

一方、イオン銀行は国内での日常使いメリットが大きいです。

イオン銀行で外貨預金をすると優遇サービス「イオン銀行Myステージ」のスコアが上がり、円普通預金の金利が上がるなどの特典が受けられます。

円預金の金利は住信SBIネット銀行よりイオン銀行の方が高いので、円・外貨どちらもお得に預金したい人はイオン銀行がおすすめです(→イオン銀行の詳細はこちら)。

為替手数料が高い通貨は長期運用でリスク軽減

積み木とカレンダー

豪ドルやNZドルは高金利が魅力ですが、米ドルと比べると為替手数料は数倍高いため短期での運用には向きません。

外貨預金は長期運用になるほど、為替手数料の影響が小さくなり、いわゆる「手数料負け」する確率が減ります。

数年スパンでの外貨預金を考えているのであれば、他の通貨と比較して為替手数料が高めの豪ドルやNZドルへの外貨預金を検討してみてもよいでしょう。

また、運用期間が長期間になる場合は「外貨普通預金」ではなく「外貨定期預金」がおすすめです。

外貨定期預金のやり方は、円定期預金と同じです。あらかじめ「満期」を決めて預け入れて、実質的には資金が拘束されます。

その代わり、外貨普通預金より何倍も高い金利が得られるのがメリットです。

参考記事:外貨預金の金利をさらにUP!外貨定期預金の3つのメリット・デメリット

住信SBIネット銀行の強さが目立つ

住信SBIネット銀行

外貨預金の為替コストでは、住信SBIネット銀行が圧倒的です。

そして、外貨預金の最後発となるジャパンネット銀行もかなり強い印象です。

また、ダークホースと言えるのがソニー銀行です。

会員ステージの手数料優遇を考えると、ジャパンネット銀行に並ぶほどの為替コストで外貨預金ができます。

外貨預金においては、手数料・金利を総合的に見ながら銀行を選ぶのが望ましいと思います。

一方で、三井住友銀行のような大手はかなり高めのコスト設定となっており、個人的には選ぶメリットを見出しにくいです。(特に英ポンドへの外貨預金では、400銭もの手数料を支払って、どうやって利益を出せと言うのか・・・というレベルです)

最近では、外貨預金の代わりにFX(外国為替証拠金取引)という選択肢もありますが、レバレッジをかけない外貨の現物取引をする場合は、ネット銀行を選ぶことは大変メリットが大きいと思います。

次の記事は「高金利!外貨預金に強みを持つおすすめネット銀行まとめ」です。

為替手数料が安い銀行でも、外貨預金の金利が高いとは限りません。最も良いのは、為替手数料が安く、外貨預金金利の高い銀行を選ぶことです。

運用を予定している期間が短期間であるほど「為替手数料の安さ」が重要となり、長期運用を考えている人ほど「預金金利」の高さを重視する必要があります。

外貨預金に関する人気記事

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る