楽天カードなしで楽天スーパーポイントを貯める方法まとめ 楽天銀行のフル活用が鍵

楽天銀行のポイントの貯め方

クレジットカードを使いたくない人向けに、楽天スーパーポイントを貯める方法を解説します。

楽天スーパーポイントを貯める代表的なやり方は、楽天カード決済です。カード決済やSPUを利用し、ポイ活する人が多くいます。しかし、楽天銀行を活用すれば、クレジット機能を使わずにポイントを貯められます。

特に、楽天銀行のデビットカードは非常に優秀です。カードの還元率は、楽天カードと同じ1%です。デビットカードのなかでも最高水準の還元率です。

楽天銀行の優遇サービス「ハッピープログラム」や、楽天ペイと組み合わせて使えば、より多くのポイントを獲得できます。

デビットカードはフル活用すべし

楽天銀行JCBデビット パンダカード

クレジットカードを使いたくない楽天ユーザーは、楽天銀行のデビットカードがおすすめです。

楽天銀行のキャッシュカードには、デビット機能をつけられます。口座開設時はもちろん、すでにあるキャッシュカードの切り替えも可能です。

楽天銀行デビットカードは、楽天カードと同じくポイント還元率1%です。100円につき1ポイントの還元で、少額から還元対象となるのもメリットです。

還元率1%とは、デビットカードのなかでは非常に高還元です。

デビットカードは、クレジットカードより還元率が低い傾向にあります。金融機関や運営機関にとって、デビットカードはクレジットカードより収益性が低い(儲からない)からです。

■デビットカードがクレジットカードより還元率が低い理由

  • 加盟店手数料が低い
  • キャッシング機能やリボ払い機能など、ローン機能がない

一般的なデビットカードの還元率は、0.2~0.5%くらいが大半です。ポイント還元がないデビットカードもあります。楽天銀行デビットカードの1%還元は、業界でも突出しています。

特にデビットカードが向いているのは、現金派の人です。デビットカードは、支払うと銀行口座から利用代金が即時引き落としとなります。その特性上、口座残高(所持金)を超える支払いはできません。

この点が、クレジットカードとの一番の違いです。後払いのクレジットカードは、支払い時点で口座残高が足りなくても決済できます。

実際に、消費増税にともなうキャッシュレス還元事業を受け、デビットカードを使い始めた人も多くいます。

▼クレジットカードとデビットカードの違い
クレジットカードとデビットカードの違い

楽天銀行のデビットカードは、VisaデビットもしくはJCBデビットから選べます。ほぼすべてのVisa・JCB加盟店で使えます。

有料道路料金など、残高不足だと困るシーンの一部では使えません。

街での買い物やネットショッピングなど、日常的なシーンでは不便なく使えます。

街のVisa・JCB加盟店

コンビニATMに足を運ぶ男性

楽天銀行デビットカードは、コンビニやスーパー、百貨店など、幅広いお店で使えます。日ごろの買い物をデビットカードで支払うと、常に実質1%引きです。

1ヶ月に3万円をデビット決済したら、翌月は楽天スーパーポイントが300ポイント戻ってきます。

支払い時は、「Visaでお願いします」「カードで」と言えばOKです。デビットカード払い、と伝える必要はありません。

お店側は、クレジットカードとデビットカードを同じ決済端末で処理します。どちらも決済手続きは同じです。

「デビットカードで」というと、J-Debit(日本独自の規格のデビットカード)と間違われる可能性があります。

少額の買い物でのカード払いに、抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、個人的にはコンビニなどのちょっとした買い物こそ、デビット決済が向いていると思います。

多くのお店は、デビットカードの少額決済ならサインや暗証番号が不要です。現金より早く会計を終えられます。長い列ができやすい朝のコンビニでも、後ろの人を待たせずに済みます。

楽天グループのオンライン決済

カードショッピング

楽天市場などのネットショッピングでも、楽天銀行のデビットカードは使えます。

通販でのデビットカードの使い方は、クレジットカードと同じです。支払い方法の選択時に「クレジットカード決済」を選び、カード番号や有効期限を入力すればOKです。

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループで楽天銀行デビットカードを使えば、さらにポイントが貯まりやすくなります。

たとえば、楽天市場で買い物をすると、支払い方法にかかわらず利用代金の1%がポイント還元されます。デビットカードのポイント還元と合わせると、合計2%還元となります。

楽天市場のポイントアップデーSPUを活用すれば、さらにポイント還元率は上がります。

楽天市場のポイントアップデー一例
楽天スーパーセール
3ヶ月に1度の大型セール。半額以下のアイテムを出品する店舗が多い。複数店舗での買い回りで、ポイント倍率は最大44倍になる。
お買い物マラソン
一定期間のあいだに購入した店舗数に応じ、ポイント倍率がアップする。10店以上の買い回りで、ポイント倍率は最高10倍になる。
楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日
楽天がスポンサーのスポーツクラブが試合に勝つと、翌日にポイントアップを実施。

その他、不定期にポイントアップキャンペーンを実施。

楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天グループのサービスを使うと、当月の楽天市場でのポイント倍率が上がるサービスです。

自分のSPU倍率は、楽天市場アプリのトップからすぐにチェックできます。

▼楽天市場アプリ SPUポイント倍率の確認
楽天市場アプリSPU

SPUのうち、楽天カードがなくてもポイント倍率が上がるサービスは以下のとおりです。いずれも、楽天銀行のデビットカードで支払い可能です。

■楽天カードなしで利用できるSPU

  • 楽天モバイル:2倍
  • 楽天トラベル:1倍
  • 楽天証券:1倍
  • 楽天でんき:0.5倍
  • 楽天ビューティ:1倍
  • 楽天TV:1倍
  • 楽天市場アプリで買い物:0.5%
  • 楽天ブックス:0.5倍
  • 楽天Kobo(電子書籍ショップ):0.5倍
  • 楽天Pasha(レシート撮影):0.5%
  • 楽天ファッション:0.5%

→より詳しいSPUの条件はこちら(楽天公式サイト)

たとえば、楽天トラベルで5,000円以上のホテルを予約し、楽天Koboで電子書籍を購入した月は、ポイント倍率が1.5倍になります。

楽天デビットカードで、もっともSPUポイント倍率が上がるのは、楽天モバイルです。ポイントも貯まりやすくなります。

楽天モバイルの支払い

スマホとタブレットを持つ女性

楽天モバイルを利用すると、SPUのポイント倍率が2倍になります。SPU対象サービスのなかで、もっとも高いポイント倍率です。

楽天モバイルは、楽天市場と同じく、利用代金の1%がポイント還元されます。このポイント還元は、どの支払い方法も共通です。

楽天デビットカードで利用代金を支払うと、デビット決済分の還元とあわせて2%還元となります。いわゆる、ポイント二重取りです。

■他社デビットカードは原則使えない

楽天モバイルの支払いに使えるデビットカードは、楽天銀行とスルガ銀行のみです。

クレジットカード払いは、他社カードも使えます。

au・docomo・Softbankの3大キャリアを利用している人は、楽天モバイルへ乗り換えると通信費も節約できます。

格安スマホへの乗り換え時に必要な、SIMロック解除やMNP(ナンバーポータビリティ)は、キャリア店舗に来店せずに申し込めます。

楽天モバイルへの乗り換えが完了した時点で、以前のキャリア契約は自動解約となります。別途、解約手続きする必要もありません。

現在、3大キャリアの違約金は、すべて無料もしくは1,000円です。2年縛りなどが問題となり、国がガイドラインを改正したためです。

違約金が1万円前後のプランに加入している人は、解約金が低い新プランに無料で切り替えられます。

手続き面も費用面も、格安スマホへの乗り換えがしやすくなりました。

楽天ペイの併用でさらに還元率アップ

楽天ペイのロゴ

楽天ペイに楽天銀行デビットカードを登録すると、よりポイント還元率がアップします。

楽天ペイは、利用代金の0.5%がポイント還元となります。還元率1%の楽天銀行デビットカードを登録して使えば、合計1.5%のポイント還元を受けられます。

ポイントアップキャンペーンなども併用すると、よりお得になります。

今までの楽天ペイキャンペーンは、コンビニやドラッグストア、特定の飲食店での楽天ペイ決済で5%還元などがありました。

多くのキャンペーンは、アプリからの事前エントリーが必要です。

ただし、楽天ペイが使えるお店は、楽天銀行デビットカードと比べると少なめです。

楽天銀行のデビットカードは、VisaやJCBの加盟店であれば世界中で使えます。楽天ペイは、国内の特定店舗でしか使えません。

主要コンビニやドラッグストアは広くカバーしているので、日常的な買い物では十分使えます。

楽天ペイが使えないお店のなかには、楽天ポイントが貯まるお店もあります。その際は、楽天ペイのアプリから楽天ポイントカードを提示し、支払いは楽天銀行デビットカード決済で行うことをおすすめします。

楽天ポイントカード機能も活用

楽天スーパーポイント

楽天ペイはスマホ決済機能だけでなく、楽天ポイントカード機能もあります。

楽天ポイント加盟店で、楽天ペイのポイントカード画面を提示するだけで、ポイントが貯められます。プラスチックのポイントカードを提示するのと同じイメージです。

■楽天ポイント加盟店の一例

  • ファミリーマート
  • 大丸
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • すき家
  • ツルハドラッグ
  • ビックカメラ

→加盟店の全店リストはこちら(楽天ポイントカード公式サイト)

楽天ポイントカードのポイント付与率は、多くのお店が100円につき1ポイント、つまり1%還元です(お店によって異なる)。デビットカード決済と併用すれば、利用代金の2%がポイント還元となります。

楽天ペイのポイントカード画面は、アプリトップの「ポイントカード」アイコンから出せます。自分用のバーコードが表示されるので、それを店員の方に読み取ってもらいます。

▼楽天ペイアプリ 楽天ポイントカードの提示画面
楽天ペイのポイントカード解説

店員の方がバーコードをスキャンすれば、楽天スーパーポイント付与となります。貯まったポイントを使う際も、同じ手順です。

ハッピープログラムの無料登録を忘れず

ハッピープログラム

楽天銀行は、銀行取引でも楽天スーパーポイントが貯められます。楽天銀行のハッピープログラムに無料会員登録すると、取引のたびに自動的に貯まります。

ハッピープログラムとは、所定の銀行取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、取引が増えるごとに優遇ステージが上がるサービスです。

優遇ステージは5段階あります。ステージごとに、以下3点の優遇内容がグレードアップします。

■ハッピープログラムの優遇内容

  • ハッピープログラムで獲得するポイントの獲得倍率
  • ATM手数料
  • 他行宛振込手数料

毎月25日終了時点での取引に応じ、翌月のステージが決まります。最上位ステージ「スーパーVIP」になると、ハッピープログラムでのポイント獲得倍率が3倍、ATM手数料は月7回無料、他行宛振込手数料は月3回無料になります。

▼楽天銀行ハッピープログラム ステージごとの優遇内容
楽天銀行ハッピープログラム

ハッピープログラムのランクを上げ、ポイント獲得倍率を上げるには、預金残高か取引数を増やす必要があります。

楽天銀行を貯蓄用口座に利用する人は、預金残高の条件がおすすめです。常に100万円を預けておくだけで、ハッピープログラムの最高ポイント付与率3倍を保てます。

預金残高を増やすのが難しい場合は、取引を増やします。ただし、ポイント獲得倍率3倍へ到達するには、取引件数が20件以上必要です。個人的には、少し大変だと思います。

→ハッピープログラムの対象取引一覧はこちら(公式サイト)

ポイント付与率2倍なら、取引件数10件のみで達成できます。楽天銀行を給与受取口座にし、口座振替(口座引き落とし)を活用すれば、取引件数を稼ぎやすくなります。

ATMで入金や出金を行うだけでも、取引条件にカウントされます。

■ハッピープログラムでポイント付与率2倍(プレミアムステージ)に上がる、1ヶ月の取引例

  • 給与受取:1回
  • 口座引き落とし:5回(ネット回線・公共料金など)
  • 楽天銀行から楽天Edyへチャージ:2回
  • ATM入出金:2回

上記取引を毎月続けると、楽天スーパーポイントが毎月20ポイントもらえます。

ハッピープログラムのステージをキープするコツは、給与受取や口座引き落としなど、毎月自動で行う取引を増やすことです。

公共料金などを口座引き落としにすれば、何もしなくても取引件数が毎月カウントされます。ポイントも貯まり、一石二鳥です。

ただし、楽天モバイルの口座引き落としはおすすめできません。口座振替の手数料が、毎月100円かかるからです。

楽天モバイルの支払い方法は、やはり楽天銀行デビットカードがおすすめです。手数料は不要で、むしろ楽天スーパーポイントを増やせます。

住宅ローン契約もメリットあり

家

マイホームを検討中なら、楽天銀行の住宅ローンも検討する価値ありです。

楽天銀行の住宅ローンに契約し、毎月の返済を楽天銀行から行うと、自動的にハッピープログラムのステージが1ステージ上がります。

本来、ハッピープログラムでポイント獲得倍率3倍に到達するには、預金残高100万円、もしくは取引20件以上という条件を満たす必要があります。住宅ローン利用中なら、預金残高50万円もしくは取引10件以上を満たせばOKです。

カードローンやフリーローンなど、その他のローンも対象です。

しかし、いずれも長期的に利用するのは望ましくないので、住宅ローンでのステージアップがおすすめです。

楽天銀行の住宅ローンは、ネット銀行ならではの低金利や、低い手数料で評判です。返済口座が楽天銀行だと、借入金利がさらに年0.3%引き下げとなります。

来店不要で申込が完結するので、店舗に行く時間がなくても手続きできます。

楽天銀行はネット銀行なので、実店舗での相談はできません。そのかわり、メールや電話、Skype相談など、多くの窓口を設けています。特にSkype相談は、土日も22時まで相談でき便利です。

→楽天銀行の住宅ローン申込み・キャンペーン確認はこちら

楽天銀行デビットカードの選び方

楽天デビットカード(Visa)

楽天カードを使わずに楽天スーパーポイントを貯めるには、楽天銀行デビットカードの活用が一番の近道です。

楽天銀行で発行できるデビットカードは、以下4種類です。ポイント還元率はすべて1%です。

■楽天銀行デビットカードの種類

  1. JCBデビット
  2. Visaベーシックデビットカード
  3. Visaシルバーデビットカード
  4. Visaゴールドデビットカード

このうち、年会費無料なのはJCBデビットVisaベーシックデビットカードです。

年会費有料のシルバーデビットカードとゴールドデビットカードは、ショッピング保険や旅行保険を手厚くしたい人向けです。

参考記事:Visaデビットのゴールドカードの特典とは

手軽にデビットカードを持ちたいなら、年会費無料のカードで十分です。

カードの国際ブランドにこだわりがないなら、Visaデビットがおすすめです。Visaは、カード国際ブランドのシェアNo.1だからです。国内はもちろん、海外でも使えるお店が多くあります。

Visaデビットは、年会費有料の銀行もあります。年会費無料で業界最高の還元率のVisデビットを持てるのも、楽天銀行のメリットです。楽天カードがなくても、しっかり楽天スーパーポイントを貯められます。

楽天銀行を使い倒す解説記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
2級ファイナンシャル・プランニング技能士。元は貯蓄下手だったが、現在は貯金や資産運用を自動化し、着々と資産形成中。メガバンクとネット銀行の使い分け方にはこだわりあり。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年11月28日 更新)

ありがとうございます。

質問・コメントはこちら
コメントを見る ページの先頭へ戻る