家賃は月収の3割というのは嘘?それを目安すると家計がかなり圧迫します

家賃

一生懸命働いているのに、お金が全然貯まらない。節約もキチンとしているのに、なぜかお金が足りない。このような悩みを持つ人はとても多いです。

稼ぎは決して悪くないのに、なぜかいつも、手元に残るお金が少ない。この原因はおそらく「住宅、自動車、保険」のいずれかにあります。

あなたの家計を苦しませている原因の大半は、「毎月決まって支払いが必要な固定費」です。その中でも比較的、支払う金額が大きいものが「住宅、自動車、保険」の3つです。

住宅の場合は家賃、マイホームを購入した人は住宅ローンの支払い。自動車の場合も同様に、自動車ローンの支払いを含みます。

家賃は月収の3割という嘘

嘘

昔から、「家賃は月収の3割」という言葉がありました。自分が住む家の家賃は、毎月の手取り額の30%ぐらいが目安というわけです。

ちなみに、ここで言う「家賃」とは、管理費や共益費を含めます。また、「月収」とは手取り収入のことです。

私も初めて一人暮らしをした時、「家賃は月収の3割」を目安に考えていました。しかし、毎月の給料の3割を家賃に回していたら、すぐに破綻してしまうことに気づいて、やめました。

はっきり言います。
家賃は月収の3割」という言葉は嘘です。この通りに賃料を設定してしまうと、あなたの家計を大きく圧迫することになってしまいます。

そして、本来貯まるはずだったお金も、形のない「家賃」として跡形もなく消費されてしまうのです。

掲示板2ちゃんねるの「【生活費】家賃が給料手取りの3分の1以上【節約】 5」というスレッドでも、家計が赤字になっている人、ボーナスで補填している人が非常に多かったです。やはり給料の3分の1を家賃に回すと、生活が苦しくなってしまいます。

収入の3割の家に住んでいる人が多い

こちらのサイトは女性向けのアンケート結果です。

家賃を給料の2割以下に抑えている人はたった17.6%しかいません。3割以下の家に住んでいる人は54.3%と約半数となります。やはり、「家賃は収入の3割」を意識して家を選んでいる人が多いのでしょう。

逆に、月収の3割を超える家賃の家に住んでいる人も約50%います。しかし、後述する住宅ローンの返済比率を元にした意見では、「収入の4割を家賃に回しているのは家計の危険ゾーン」です。

賃貸・不動産情報サイトのアットホームが実施したアンケートによると、月収に対する家賃の割合は約35%が平均値となっています。

家賃を収入の3割にすると家計が苦しいのに、実際にはそれ以上の割合の家に住んでいる人が非常に多いのも、事実です。

家賃を割合で決めない

家賃を決めるとき、手取り給料に対する割合で考えている人が非常に多いです。しかし、ホームズのコラムに「年収に対する家賃の一覧」が掲載されていたので紹介します。

年収400万円:8.3万円
年収500万円:10.4万円
年収600万円:12.5万円
年収700万円:14.5万円
年収800万円:16.6万円
年収900万円:18.7万円
年収1,000万円:20.8万円

上記のコラムには年収400万円以下のめやす家賃が記載されていなかったので。。。
自分なりに考えてみました。

年収300万円:6.5万円
年収200万円:4万円
それ以下:実家で暮らすことをおすすめします。。。

上記はいずれも、月収に対する家賃の割合を2割前後に設定しています。個人的には、25%を超えない範囲で、出来る限り給料の20%程度に抑えるのが理想かなと感じます。

なぜ家賃は月収の3分の1と言われたのか

では、なぜ「家賃は月収の3分1」という言葉が巷に出回っているのでしょうか。その理由を調べたところ、「昔は月収の3分の1で良かった」ことがわかりました。

高度成長期だった頃の日本は、年功序列でしたから、勤続年数が増えるほど、年収も右肩上がりに増えていきました。多少無理をして、いい家を借りたり、買ったりしても、働き続ければ少しずつ生活が楽になっていったというわけです。

また、昔は今の時代に比べて好景気でしたから、「家賃補助」が出ていたケースも多いです。会社からの家賃補助があるのとないのとでは、話は全く異なってきます。

しかし、今は違います。
20代で新卒で社会人になった人が、同じ会社で働き続けて30代になっても、ほとんど年収が変わっていないということが珍しくありません。

そのような中で無理をして月収3分の1相当の家賃の家に住んでしまうと、10年経っても苦しい生活から抜けられず、お金も貯まりません。

どれくらいの家賃が理想なのか

では、住んでいる家が賃貸の場合、どれくらいの家に住むのが理想なのでしょうか。結論からいうと、「家賃は月収の2割」が目指すべき理想の回答です。

住宅ローンの返済比率

住宅ローンを組むときの目安に「返済比率(返済負担率)」という指標があります。この指標は実際に、住宅ローンの融資を行う金融機関も参考にしています。

返済比率とは、「1年間のローンの返済総額が、年収の何パーセントになるか?」です。

ローンの返済総額は実質的な家賃に相当します。つまり、「年間の家賃総額が年収の何割に相当するか?」ということです。

そして、住宅ローンを組む場合、返済比率は25%以下が目安と言われています。だいたい、年収の4分の1程度が、1年間に支払うローンの総額に適しているということです。

住信SBIネット銀行住宅ローンでも、以下のアドバイスを行なっています。

一般的に住宅ローンの毎年のローン返済額は年収の20~25%程度が目安と言われています。
これを参考に、収入から逆算することで、ローン期間を何年にするといくらまでローン借入が可能か、大体の目安となるでしょう。

マイホームを購入した場合は資産価値があるため、もし賃貸で家を借りるのであれば、「家賃は月収の2割以下」にすることが妥当だと考えます。

仮に、あなたの手取り月収を25万円とした場合、家賃の3割で家を借りると75,000円の家に住むことになります。しかし、もし家賃を月収の2割に抑えて、家賃5万円の家に住むようにすれば、毎月25,000円、年間にして26万円も浮くのです。

家賃を月収の2割に抑えるなんて無理という人へ

家賃が月収の3割なのは高すぎるため、理想を追うなら月収の2割が妥当です。しかし、現実問題として家賃を2割に抑えるのはとても無理だという人も多いと思います。

住む場所を変える

「家賃を月収の2割」を目安にすると、手取り額が20万円の場合、家賃4万円の家に住む必要があります。しかし、「東京の都心で家賃4万円の部屋はない」と言う人も多いと思います。

このような場合は、住む場所を変えるのが一番良いです。
例えば、地方に行けば家賃4万円で広い家がたくさんあります。東京で高額な家賃に家計を圧迫されながら生活するくらいなら、地方に引っ越して新しい職を探した方が、「ゆとりのある生活」を実現するためには良い選択です。

地方まで行かなくても、駅から離れた場所に住むとか、築年数の古い家を選ぶなど、家賃を落とすための方法はいくらでもあるはずです。

もしご実家があるのであれば当面は実家で生活をさせてもらうのも良いと思います。私たちの世代は、両親が持ち家を持っているケースが多いです。(昔は結婚の条件に家を建てる。みたいなのがありましたから)

その家を活用しない手はありません。
家賃が0円になれば、家計は一気に楽になります。家賃の支払いや家計のやりくりを気にすることなく、仕事に集中できます。

住宅ローンの借り換えを検討する

もしあなたがすでにマイホームを購入していて、返済比率が年収の3分の1程度となっている場合。住宅ローン金利の変動などで、毎月のローン返済額が家計を圧迫しているケースは少なからずあります。

このような場合は、「家を売って安い家に引っ越す」のがベストですが、さすがにそれは難しいでしょう。。。そこで提案したいのが、「住宅ローンの借り換え」をすることです。

近年は空前の低金利で、多くの銀行が低い金利で住宅ローンを販売しています。一般的に「ローン残高1,000万円以上、残期間10年以上、金利差1%以上」であれば、住宅ローンの借り換えでメリットが得られることが多いです。

ローンが家計を苦しめているなら、住宅ローンの借り換えは非常に良い方法だと思います。

さいごに

こちらのサイトに参考になる意見がありました。

そりゃ家賃払うために働いてるようなものですね。
無理すれば可能かもしれませんが、もし急な出費があったとき、絶対に困りますよ。
そういうところから、サラ金に手を出してしまうんですよね。
ちなみに僕は月収平均33万ですが、家賃5万8千円ですよ。

「職場が近いから」などの理由で家を決める人も多いと思います。しかし、「家賃を払うために働いているようなもの」になってしまっては元も子もありません。

適切な資産形成を行うためにも、家計の比率が高い「家賃」を見なおしてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

楽天銀行カードローン
イオンカードセレクト