手数料無料の定額自動入金サービスが使える銀行リスト!住宅ローン借り換えに

定額自動入金サービス

一部の銀行では、定額自動入金サービスを提供しています。

あまり知られていないのですが、このサービスを活用すると、振込手数料が減らせるだけでなく、資金移動の利便性を大きく高めることができるので、管理人としては非常におすすめです。

例えば、「貯金をするために毎月、別の口座に一定金額を移動したい」、「会社都合で給与振り込み口座を変更できない」、「メインバンクではない銀行の住宅ローンを契約したい」など。

こうした場合に、定額自動入金サービスのメリットが活かせます。

イメージ図はこのような感じです。
定額自動入金サービスのイメージ図

定額自動入金サービスとは

疑問

定額自動入金サービスとは、自動引落によって一定の金額を毎月、別の銀行に移動できる仕組みです。

振込手数料なども含め、定額自動入金サービスの利用は基本的に無料なので、このサービスを提供している銀行は選びやすいです。

利用シーン
例えば、あなたが毎月給料を受け取っているのが「B銀行」だとします。会社の都合により、給料を受け取れるのはB銀行のみとなっていて、変更ができません。

しかし、あなたがメインバンクとして使いたいのは手数料が安い「A銀行」です。幸いにもA銀行が定額自動入金サービスを提供していました。

そこで、あなたはA銀行の定額自動入金サービスに申込をし、必要書類に記入をして、毎月5万円の資金を移動できるように、手続きを完了させました。

これで、翌月からB銀行に振り込まれた給料のうち、5万円が毎月自動的にA銀行に移動されます。手数料は一切かかりません。

あなたは給料受取口座を変更することなく、毎月何かの手続きをしなくても、手数料が魅力的なA銀行をメインバンクとして使うことができます。

例えば私の場合、生活で使うお金はソニー銀行で管理しているのですが、毎月の給与を受け取っているのは別の銀行です。

そこで、ソニー銀行の定額自動入金サービスを活用して、給与受取口座から毎月必要な金額を自動的にソニー銀行に移しています。

一度手続きを済ませれば、あとは特別に何かしなくても毎月自動的にソニー銀行に設定額が移動できるので、大変便利です。

定額自動入金サービスが使える銀行リスト

定額自動入金サービスが使える銀行の一覧をまとめます。

一部、非対応の銀行があるものの、メガバンクや他のネット銀行を中心に、基本的にはどの金融機関からも自動入金をすることが可能です。

また、定額自動入金サービスはあくまでも「他行の本人名義の口座から自行の本人名義の口座」に資金を移動するためのものなので、他人名義の口座から入金したりすることはできません。

万が一残高不足などにより、定額自動入金が実行できなかった場合は、2回連続で引落ができなかった時点で、一旦自動解約となるケースが多いです。

じぶん銀行

じぶん銀行

じぶん銀行 定額自動入金サービスのスペック

auユーザーから絶大な支持を獲得しているじぶん銀行も、定額自動入金サービスを提供しています。

登録可能な金融機関の件数は最大5件となっており、新規申し込みや登録先の変更などはPCやスマホからいつでも操作可能です。

じぶん銀行は「無料のがん50%保障団信」などが人気で、最近は住宅ローンで評判です。口コミを見ても、じぶん銀行住宅ローンの変動金利が魅力的なので、借り換えを検討しているが、メインでは別の銀行を使っているので、定額自動入金サービスを活用するという方がたくさんいました。

au WALLETクレジットカードの引き落とし目的や住宅ローンの返済でじぶん銀行の口座を使う場合に、定額自動入金サービスが使えます。au WALLETクレジットカードの引き落としをする場合は、引落日を26日に設定しておくのがおすすめです。

ソニー銀行

ソニー銀行

ソニー銀行 おまかせ入金サービスのスペック

ソニー銀行では、定額自動入金サービスのことを「おまかせ入金サービス」と呼んでいます。ネット銀行の中でも早い段階からこのサービスを利用しており、私も実際に使っているサービスです。

定額自動入金が完了すると、メールなどで入金通知してくれるので安心です。

ソニー銀行も住宅ローンに強みを持っているため、借り換えなどでソニー銀行を使うことになった方がローン返済のためにおまかせ入金サービスを使うということが多いようです。

私の場合は、日常生活の資金をソニー銀行で管理していることから、特に何かの目的があるわけではなく、おまかせ入金で毎月一定金額を移動しています。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行 定額自動入金サービスのスペック

住信SBIネット銀行も、定額自動入金サービスを実施しています。

住信SBIネット銀行は、住宅ローンやカードローンに強みを持つので、返済用として定額自動入金サービスを活用するシーンが多そうです。

また、ネット銀行の中でも純金積立や投資信託など取扱商品が豊富なので、住信SBIネット銀行でコツコツと積立を始めたい場合にもおすすめです。

その他の方法としては、SBI証券との連携が必要ですが「クイック入金」を活用するやり方があります。

まず、指定金融機関からクイック入金を使ってSBI証券に入金。その後、振替サービスを使って住信SBIネット銀行に資金移動をすれば、手数料無料で金融機関同士の資金を移動することが可能です。

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行 資金お取寄せサービスのスペック

資金お取寄せサービス」というサービス名で展開していますが、サービス内容は他の銀行と同じです。

契約途中の金額変更や資金お取り寄せサービスの停止はネットからいつでも行なえます。

大和ネクスト銀行は、大和証券と連携している特別なネット銀行です。大和証券の口座を持っている人だけが口座開設できる仕組みで、証券口座の待機資金を外貨預金や定期預金で運用するという目的で使っている人が多いです。

本人名義口座への他行あて振込手数料が毎月3回まで無料となっていますが、使えるATMが少ないなどのデメリットも多く、通常の決済用途の銀行とは使い方を分けることをおすすめします。

住宅ローンを組む時に役立ちます

住宅ローン

上記の銀行リストを見て「ピン」ときた人はすごく感がいいと思います。なぜなら、定額自動入金サービスを提供している銀行は大抵、住宅ローンで競争力がある銀行だからです。

上記のうち、じぶん銀行やソニー銀行、住信SBIネット銀行はいずれも、ネット銀行の住宅ローンでトップクラスの人気を誇っています。

実際に、定額自動入金サービスと住宅ローンの相性は抜群に良いです。

最近は低金利であることから、住宅ローンの借り換えを検討している人も多いです。

金利や手数料、付帯サービスで比較をしていると、ネット銀行の住宅ローンに魅力を感じる方も多いと思うのですが、現時的には様々な問題があり、ネット銀行住宅ローンへの借り換えに抵抗を感じてしまう人も少なくありません。

例えば以下の様な理由です。

ネット銀行住宅ローンは魅力なんだけど…

  • 信用面での不安があり、メインバンクとして使うのはちょっと…
  • (会社都合などで)給与受取口座としては使いにくい
  • メインで使いたい銀行が他にある

このような場合に、「もし毎月の住宅ローン返済額だけを住宅ローン契約したネット銀行に入金できたら」便利ですよね。そこで使えるのが、「定額自動入金サービス」です。

例えば、ネット銀行で住宅ローンの借り換えをして、毎月の住宅ローン返済額が8万円になったとします。

しかし、そのネット銀行をメインバンクとして使う気はない。しかし、どうやらそのネット銀行は「定額自動入金サービス」を提供しているので、契約し、あなたが給料を受け取っている銀行から、毎月8万円を移動させることにした。

こうしておくことで、住宅ローンを契約したネット銀行には最小限の返済金額のみを入金しておくことができ、実質的にはそのネット銀行の住宅ローンサービスの部分だけを利用できるようになります。

住宅ローンの契約は大きな金額ですが、それによってメインバンクまで移動するとなると、生活に支障があるものです。

こうした場合に、定額自動入金サービスは非常に役立つのでおすすめです。

じぶん銀行住宅ローン