ネット銀行活用法

未成年でもネット銀行の口座開設はできる?年齢条件の比較まとめ

学生

手軽に口座開設ができるネット銀行の中には、未成年でも申し込めるものもあります。

未成年がネット銀行の口座を開設するにあたっては、年齢親の同意が必要かどうかなどの条件があります。

今回は、無料で申し込めるネット銀行の中から知名度の高いものをピックアップし、口座開設の年齢条件を中心にまとめました。

「15歳未満」が1つのハードル

15歳

ネット銀行を大きく分けると、下記2種類に分かれます。

  • 年齢を問わず口座が開設できる銀行
  • 15歳以上から口座を開設できる銀行

このように15歳という年齢が1つのハードルになっていることが多いです。

幼い子供や孫のために口座を開設したい場合などは、15歳未満も申し込める、つまり年齢を問わず口座開設ができるネット銀行を選ぶ必要があります。

また、15歳未満の場合は親権者の本人確認が必要になるケースも多いです。

代表的なネット銀行の年齢条件をまとめると、下記のようになります。

銀行名 15歳未満 20歳未満
(未成年)
楽天銀行
セブン銀行
イオン銀行
ソニー銀行
オリックス銀行
ジャパンネット銀行 ×
じぶん銀行 ×
住信SBIネット銀行 ×

具体的な口座開設の条件と、ネット銀行の特徴について見ていきます。

15歳未満でも口座が開設できるネット銀行

まずは、15歳未満でも口座開設が可能なネット銀行を見ていきます。

多くは親権者の同意が必要ですが、年齢によっては未成年者(本人)が申し込めるネット銀行もあります。

楽天銀行

楽天銀行

申込み条件
  • 12歳未満の場合は、親権者が代理で手続きを行う
  • 口座名義になる本人と、同居している親権者の本人確認

楽天銀行のキャッシュカードは、12歳未満でも親権者が手続きをすれば口座を開設できます。

12歳以上あれば未成年本人も申し込めるため、未成年でも口座を開設しやすいです。

全国の提携ATMは約9万台とトップクラスの数なので、ATMでの入出金をよくする人にもおすすめです。

また、楽天銀行のキャッシュカードにはさまざまなタイプがあります。

15歳未満の人が持てるのは、キャッシュカード機能のみのカードです。

人気が高いクレジットカード機能つきキャッシュカードは18歳以上(高校生除く)しか持てません。

デビットカード機能がついたキャッシュカードなら、16歳以上で申し込めます。楽天デビットカードはJCBVISAが両方選べます。

クレジットカードもデビットカードも、規定の年齢になればキャッシュカードから解約なしで移行できます。

豆知識:「マネーブリッジ」も未成年から利用できる

非常に高い優遇金利で普通預金を利用できるマネーブリッジも、未成年から利用できます。

メガバンクを大きく上回る金利で普通預金を利用できるので、効率的に貯金をしたい人におすすめです。

マネーブリッジは楽天証券と楽天銀行で連携することが条件なので、楽天証券の口座を持つ必要があります開設費、維持費無料)。

楽天証券の口座も未成年が開設できるようになったので、普通預金をメインで使うのであればマネーブリッジがおすすめです(→マネーブリッジのメリット・デメリットについて)。

楽天銀行 詳細はこちら

セブン銀行

セブン銀行

申込み条件
  • 15歳未満の場合は郵送もしくは店舗での申し込みのみ
  • 口座名義になる本人と、同居している親権者の本人確認

15歳未満でも、郵送か店舗であれば申し込むことが可能です(15歳以上の人は、オンライン口座開設が便利です)。

ただし、店舗で申し込む場合は事前に書類を取り寄せ、記入済みの用紙を持参する必要があります。

店舗に来店する前に「15歳未満の口座開設に行きたい」と連絡した上で、記入済み申込用紙を持参すると、比較的スムーズに申し込めます。

セブン銀行のメリットは、セブンイレブンをよく利用する人がポイントを貯められることです。

セブン銀行の口座で取引を行うと電子マネーnanaco(ナナコ)ポイントが貯まるので、セブンイレブンでのお買い物をお得にできます。

デビットカード機能が付いた「セブン銀行デビット付きキャッシュカード」だと、よりnanacoポイントが貯まりやすくなります。

※デビットカードは満16歳以上から申し込むことができます。

セブン銀行 詳細はこちら

イオン銀行

イオン銀行

申込み条件
  • 未成年者の場合は親権者の同意が必要(後日、電話あり)

イオン銀行のキャッシュカードは、未成年でも本人名義で口座が開設できます。

親権者の同意が取れているかの確認のため、後日イオン銀行から電話が入ります。

15歳以上(中学生は除く)であれば、キャッシュ+デビットカード、18歳以上(高校生除く)であればキャッシュ+クレジットカードも選ぶことができます。

いずれも電子マネーWAON機能も付帯しており、オートチャージ機能を使えば2倍のポイント還元率で利用できるので、節約にも便利です。

また、クレジットカード機能つきのキャッシュカードは「イオンカードセレクト」と言い、キャッシュ+デビットより優待内容が多いです。

特に、イオンカードセレクトを持っているだけで、イオン銀行の優待サービス「イオン銀行Myステージ」のスコアアップ対象になります。

イオン銀行Myステージでは普通預金の金利優遇もあるので、定期預金に匹敵する高金利で普通預金に貯金ができます。

18歳になって高校を卒業したら、イオンカードセレクトに移行することをおすすめします。

イオン銀行 詳細はこちら

ソニー銀行

ソニー銀行

申込み条件
  • 15歳未満の場合、本人+同居している親権者の本人確認が双方必要
  • 15歳未満の申込みは郵送のみ

ソニー銀行も親権者の本人確認書類を提出することで、15歳未満でも申し込むことができます。

ただし、取引や問い合わせは親権者しか行えないと明記しており、15歳未満のトラブルを未然に防ぐようにしています。

ソニー銀行はデビットカードのキャッシュバックのメリットが大きく、最大で利用金額の2%がキャッシュバックされます。

15歳以上で申し込めるので、15歳になったらデビットカードを作ることをおすすめします。

ソニー銀行 詳細はこちら

GMOあおぞらネット銀行

GMOあおぞらネット銀行

申込み条件
  • 未成年の場合、先に親が口座開設をする必要あり

GMOあおぞらネット銀行とは、2018年から新しくサービスをスタートしたネット銀行です。

GMOインターネットグループとあおぞら銀行が共同で設立し、預金金利の高さやデビットカードのキャッシュバック率の高さなどで評判になっています。

15歳未満の子供も口座開設ができますが、その際は親が先にGMOあおぞらネット銀行の口座を開く必要があります。

親がGMOあおぞらネット銀行の口座を持ってからマイページにログインし、そこから「15歳未満の方の口座開設」というメニューへ進み、開設するという流れです。

先に親も口座開設をする必要があるという点では手間がかかりますが、子供と同じネット銀行の口座を持つと操作方法が同じなので、使い方を教え合うこともできます。

未成年口座の開設キャンペーンを行っている時もあります。

GMOあおぞらネット銀行の詳細はこちら

オリックス銀行

オリックス銀行

申込み条件
  • 未成年の場合、本人+同居している親権者の本人確認が双方必要

オリックス銀行は15歳ではなく、未成年(20歳未満)が申し込みのボーダーラインです。

未成年は親権者の本人確認が必要になりますが、郵送ではなくネットで申し込みを完結できるメリットがあります。

オリックス銀行は定期預金の金利の高さに定評があるのが最大のメリットですが、定期預金を組めるのは100万円からです。

子供が自ら使う口座というよりは、子供のために親が貯金するための口座として使う方が向いているかもしれません。

オリックス銀行 詳細はこちら

15歳以上で口座が開設できるネット銀行

次に、15歳以上から口座開設ができるネット銀行を見ていきます。

一番のメリットは、15歳以上であれば親権者の本人確認や同意がなくても申し込める点です。

ジャパンネット銀行

申込み条件
  • 満15歳以上(親権者の同意は不要

ジャパンネット銀行は、満15歳以上であれば親権者の同意なしで口座が開設できます。

申込後に届くキャッシュカードは全てVisaデビットカード一体型なので、初めてデビットカードを作る人も手軽に持てます。

もちろん年会費などの諸経費も無料です。

Yahoo!JAPANグループのネット銀行なので、未成年も安心して利用できる点も大きなメリットです。

ただし、ローン付き口座は20歳以上でないと申し込めません。未成年の方は、キャッシュカードのみの発行です。

ジャパンネット銀行 詳細はこちら

じぶん銀行

じぶん銀行

申込み条件
  • 満15歳以上(親権者の同意は不要

じぶん銀行は携帯キャリアのauを運営するKDDIが運営しており、auユーザーには特にメリットが多いネット銀行です。

たとえば、電子マネーau WALLETと連携することでポイントを貯めらます。

もし、au携帯電話などに契約していなくても利用できます。

auに契約していなくても、1年定期預金の金利が高い点や、セキュリティが厳重な点などのメリットがあります。

特にセキュリティ面は定評があるので、子どもに安全な口座を持たせたい場合などにおすすめです。

じぶん銀行 詳細はこちら

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行

申込み条件
  • 満15歳以上(親権者の同意は不要
  • 満15歳~17歳の場合は、郵送のみ

住信SBIネット銀行は満15歳~17歳の人は郵送申込のみですが、18歳以上はオンライン口座開設が可能です。

ジャパンネット銀行と同様、キャッシュカードには年会費無料のデビットカード機能がついています。

利用金額に応じたキャッシュバックがついており、クレジットカードよりお得に利用できる場合もあります。

また、楽天銀行のマネーブリッジと同じく、普通預金を特別金利で利用できるSBIハイブリット預金という制度があります。

SBI証券の口座は、親権者がSBI証券の口座を持っていることが条件になりますが、未成年も開設できます。

若いうちからしっかり貯金をしていきたい人にもおすすめです。

住信SBIネット銀行 詳細はこちら

デビットカードは未成年も安心して使える

財布を持つ男女

前述の通り、15歳以上から申し込めるネット銀行のキャッシュカードは、デビットカード機能が付いているケースも増えてきています。

クレジットカードと違い、デビットカードは未成年でも安心して持ち歩けます。

■デビットカードの特徴

  • 預金口座から「即時引き出し」で利用するので、使いすぎることがない
  • 口座のお金を引き出さずに済むので、ATMに並ばなくて良い
  • 利用金額に応じてキャッシュバックあり
  • 紛失時の損害補償付き

特に、未成年が利用する際にメリットとなるのは、お金の使いすぎを防げる点と、損害補償が付いている点です。

利用料金が後払いになるクレジットカードと違い、デビットカードは銀行口座から利用代金を即時に引き落とします。

つまり、預金にあるお金以上の金額を利用することはできません。

ATMに行かずにお金を引き出せるようなイメージです。プリペイドカードの使い方にも似ていると思います。

成人の方でも、クレジットカードを持ちたくない人にもおすすめです。

また、万が一デビットカードを紛失してしまった場合も、損害保証が付いているので安心です。

ネット銀行の関連記事

ネット銀行の口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る