イオンデビットカード

イオンデビットカード

イオン銀行が発行しているのが、イオンデビットカードです。支払ったその場ですぐに、イオン銀行口座から引落が実行される点は、その他のVISAデビットと同じです。

機能としてはデビットカードなのですが、ややクレジットカードに近い特徴があるため、18歳以上の人しか持てない、やや敷居が高めの一枚となっています。(通常デビットカードは16歳から持てます)

また、デビットカードの発行にあたって審査も行われるため、どちらかと言えば「クレジットカードに近い」といえそうです。

イオンデビットカードは年会費は永年無料となっています。

イオンデビットカードの特徴

口座残高が不足していてもイオンが立て替え

イオンデビットカードが「18歳以上、審査あり」である最大の理由は、口座残高が不足していても最大10万円まで立て替えてくれるという、イオンならではの機能があるからです。

通常、デビットカードは銀行口座残高が足りない場合、支払いが行えません。原則として即時支払いとなるため、銀行にお金がないと使えないというのは、メリットでもあり、またデメリットでもあります。

しかし、イオンデビットカードの場合は、口座のお金が足りなくても、10万円までは立て替えてくれます。金利などはかかりませんが、実質的には「立て替え=一時的な借金」となるため、クレジットカード同様に、審査が必要なのです。

このような仕様はイオンデビットカードならではであり、他のVISAデビットカードにはこの機能はありません。

もし、イオンデビットカードを使いすぎてしまわないか心配という方は、「1回、1日、1ヶ月」あたりの利用可能な限度額を自分で設定することも可能です。

例えば、一日の利用限度額を5,000円までと決めておけば、カードを使いすぎる心配はありません。また、不正利用の被害も最小限に抑えることができます。(後述しますが、不正利用は全額補償されるので安心です)

充実の補償制度で安心

デビットカードを使う上で、もし盗難の被害にあったらどうしよう、、と不安を感じている人も多いと思います。しかし、イオンデビットカードにはカード盗難保障が無料で付いているので安心です。

もしも紛失や盗難によって、あなたのイオンデビットカードが不正利用された場合は、すぐにイオン銀行や警察に届け出を出します。

すると、イオン銀行が届け出を受理した日から61日前までさかのぼって、被害額の全額を補償してくれるので、あなたが不正利用の金額を支払う必要はありません。

また、ショッピング保険は年間50万円までが補償の対象です。イオンデビットカードを使って購入した商品が、初期不良が偶然の事故で壊れてしまった時でも、購入日より180日以内であれば、補償してもらえます。

こういった補償制度があるからこそ、安心してデビットカードを使うことができますし、補償がついている分、現金よりもお得となるのです。

ポイントが貯まります

CMでもおなじみの「イオンカード」は、利用金額に応じてポイントが貯まります。しかし、クレジットカードは使うのが怖いから持ちたくないと考えている人も多いと思います。

イオンデビットカードの場合は、クレジットカードとは違い、「即時払い」であること、そして前述の「補償制度」があるので、誰でも安全に使えます。

また、イオンデビットカードにもポイント還元サービスがついています。カード利用金額200円ごとに1ときめきポイントが貯まります。

ときめきポイントは、電子マネーのWAONと交換したり、様々なカタログギフトと交換することが可能です。

毎月5の付く日にイオングループのお店でデビットカードを使って買い物をすると、ポイントが通常の2倍貯まります。また、毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、イオンデビットカードを使うことで、イオングループ各店で5%OFFの優待が受けられます。

毎月10日は、イオングループの店舗以外の場所でも、デビットカードを使って買い物をするだけで、ポイント還元率が2倍、効率よく貯められます。

紙の明細が自宅に届く

イオンデビットカードを使って買い物をすると、すぐに「買い物をしました」という通知のメールが届きます。この機能は、もし不正利用された場合でも、すぐ気づけるメリットがあります。

また、デビットカードの利用明細を毎月自宅に届けてくれます。最近は、紙の明細を有料化して、WEB明細だけを発行する銀行も増えました。

しかし、イオンデビットカードの場合は無料で紙の明細を発行してくれるので、どうしても明細は紙で欲しいという方にとっておすすめです。

もちろん、パソコンやスマホでWEB明細を見ることもできるので、いつどこでいくら使ったかをすぐに把握できます。

海外でも使えます

イオンデビットカードが採用している「VISAデビット」は、日本だけでなく、海外やネット通販でも使えます

機能はデビットカードでも、システム上はクレジットカードと同じなので、「VISAで払います」と言えばOKです。ネット通販で買い物をする場合も、「クレジットカード払い」を選択して番号を入力すれば、自動的にデビットカード支払いとなります。

海外で使う方法は2パターンあります。

いずれの場合も、イオン銀行の取引関係処理経費が発生するため、1.60%の手数料がかかります。また、ATMの利用手数料として1回あたり200円+税が必要です。

例えば、海外ATMで3万円分の現地通貨を引き出した場合、200円の手数料+480円の事務関係処理経費を合わせて680円がかかります。結構高いですね。。

イオンデビットカードを選ぶべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

イオンデビットカードを選ぶ上でのポイントは、「ときめきポイントを貯めたい」、「銀行口座のお金がたりない時立て替えてほしい」、「年会費無料でデビットカードを使いたい」、「イオンのお客様感謝デーで優待を受けたい」の4つです。

逆に、海外での利用をメインに考えると、手数料が他のデビットカードよりもかさんでしまうので、おすすめしません。

また、立て替え機能が付いているため、クレジットカードとしての機能を内包しています。これによって、18歳以上の方でないと持つことができない他、デビットカード発行に際して審査が必要となってきます。

イオンデビットカードの口コミ

イオンカードセレクト