デビットカード入門

デビットカードとは?知っておきたい3つのメリット・デメリット

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカードは、現金主義者の人にとって非常にメリットが大きい支払い方法です。
はじめてデビットカードを利用する時に知っておきたい、3つのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

デビットカードのメリットは、大きく3つあります。
他にもたくさんメリットはありますが、ここでは最も一般的な特徴をまとめました。

審査なしで発行できる

オペレーター

デビットカードは、支払いに使った時に、あなたの銀行口座からすぐに利用金額が引落される仕組みなので、クレジットカードのような「後払い」のシステムではありません。

よって、いわゆるカード破産のような「使いすぎて払えない。。。」ということにならないので安心です。

自分の銀行口座に入っているお金がデビットカードの利用限度額となるからです。(1日あたりの利用限度額を自分で設定することもできます)

「即時引き落とし」の支払いシステムなので、カード会社としても安心してカードを発行できます。

クレジットカードの場合「後払い」となるため、本当に支払い能力があるかどうかを確認する「与信審査」が行われます。審査に通過しなければクレジットカードは発行してもらえません。

しかし、デビットカードは「即時引き落とし」であり「銀行口座の残高内での利用」となるため、誰でも審査なしでデビットカードを発行できるのです。

これを特徴づける内容として、通常クレジットカードは18歳以上でなければ作れませんが、デビットカードはその安全性の高さから、15歳以上の方なら誰でも作れます

ATM手数料の節約になる

コンビニATM

私は、デビットカードの最大のメリットは「現金主義の人でも使えるカード」であると思っています。クレジットカードは怖いから現金で払いたいと考えている人こそ、デビットカードの利用メリットは大きいです。

デビットカードの場合、重い小銭を持ち歩く必要はなく、財布の中にカードを1枚入れておけばOKです。

お会計の時にも小銭を出す手間がなく、カードを渡せばスムーズに支払いが完了します。お会計がスマートにできると楽ですし、店員さんにも喜ばれます。(小銭出すのって時間かかりますよね…)

また、現金払いが中心の人は、定期的にお金を出金するためにATMに行く必要があります。

大抵、ATMは混雑して行列ができていますし、場合によってはATMの利用手数料がかかってしまうことも少なくありません。

しかし、デビットカードを持っていれば、ATMに行ってお金を引き出す必要がなくなります

ATMを利用する機会が極端に減るので、手数料もほとんど取られません。

デビットカードのデメリットの部分で後述しますが、一部のデビットカードは年会費がかかります。

しかし、ATM手数料を大幅に節約できると考えると、年会費を払ってでもデビットカードを利用した方がお金の節約に繋がります。

お金の管理がしやすい

スマホで明細管理

現金払いだと、どうしてもお金の管理がずさんになってしまいがちです。レシートを全部とっておくのもかさばりますし、「いつどこでいくら使ったのか?」家計簿でも付けていなければわからないですよね。

デビットカードは利用した直後に銀行口座からお金が引落される仕組みです。お会計が終わったら、もうレシートをもらう必要はありません

レジでの支払いが終わったら、携帯から銀行のデビットカードの明細ページを見てみると、今使った金額がすべて記載されています。

レシートをもらって家計簿を付けなくても、デビットカードの明細を携帯から見るだけで、「いつどこでいくら使ったか?」が完璧にわかるのです。

また、デビットカードではお金を支払った直後に「取引があった」ことをお知らせしてくれるメールが届きます。万が一不正にカードを利用された場合でも、身に覚えがないメールが届くので、すぐに対処できます。

ほとんどのカードでは、不正利用に対して補償が付いているので、現金よりも安心して使えるといったメリットもあります。

デメリット

一方で、デビットカードにはデメリットも存在します。
利用前に知っておくと役立つと思うので、じっくり検討してから発行を考えましょう。

ポイント還元率はクレカに劣る

ポイント

デビットカードの中には、クレジットカードと同様に利用金額に応じてポイントが貯まるものがあります。多くのカードでは、貯めたポイントは「キャッシュバック」によって還元されるので、実質的にはあらゆる商品が現金よりも安く購入できるメリットがあります。

しかし、デビットカードのポイント還元率は微々たるものです。クレジットカードの中には、「ポイント還元率2%以上」のものも存在するので、使えば使うほどポイントがたくさん貯まってお得です。

一方、デビットカードのポイント還元率は、クレジットカードと比較してやや劣るので、あくまでも「おまけ程度」と考えた方がいいでしょう。

ポイント還元率の高いデビットカード

最も最近は、クレジットカード並にポイント還元率が高いデビットカードが登場しています。

代表的なのは、ソニー銀行楽天銀行のデビットカードです。

どちらのデビットカードも年会費無料、キャッシュカード一体型なので普段使いにもおすすめです。

ソニー銀行「Sony Bank Wallet
最大で2.0%のキャッシュバック
楽天銀行「JCBデビット
常に1.0%のポイント還元率

特定の銀行に囲い込まれる

銀行マン

銀行がデビットカードを積極的に展開している理由は、「自分の銀行をもっと使ってもらいたいから」です。

現金払いが中心の人だと、A銀行から出金したり、B銀行から出金したりします。しかし、デビットカードは銀行と強く結びついているのが特徴です。

例えば、楽天銀行のデビットカードを使う場合、楽天銀行の口座からしか引落ができません。

よって、デビットカード中心の生活をすると、自然とその銀行の口座をメインで使うことになります。

私たち消費者にとっては特に大きなデメリットではないかもしれませんが、特定の銀行に囲い込まれてしまうので、自分がメインで使っている銀行のデビットカードを作ることをおすすめします。

一部のデビットカードは年会費が有料

悩む女性

一部のデビットカードは、年会費が有料となっています。(最大でも年会費1,000円程度)

年会費無料のクレジットカードも増えてきた昨今、有料のデビットカードがあるのは大きなデメリットと言えます。

クレジットカードのように、年間1度でも使えば無料といった条件をつけている銀行もあれば、最初から完全無料のデビットカードもあります。

ただ、上記でも述べたようにデビットカード中心の生活をするとATMを利用する回数が極端に減るので、ATM手数料は大幅に削減できます

■あなたが1年間に支払っているATM手数料はどれくらいですか?

もし年間のATM手数料が1,000円を超えているなら、デビットカードを持つことで節約できる可能性があります。

ATMの出金手数料が1回あたり200円+税と考えると、年5回以上ATM手数料が発生していると1,000円を超える計算になります。

もっとも、ジャパンネット銀行が発行しているJNB Visaデビットカードのように、年会費無料のカードも多数存在するので、必ずしも有料で使わなければならないわけではありません。

年会費無料のデビットカードを選ぼう

楽天銀行デビットカード

日常的にクレジットカードを使うことが当たり前となっている人にとっては、デビットカードを使うことには、あまりメリットを感じられないかもしれません。

しかし、いつも現金払いが中心でクレジットカードを利用したくない人にとっては、デビットカードは「安全でスマートな新しい選択肢」として、メリットもたくさん感じられると思います。

私自身が最も感じていることですが、カード払いは本当に便利なのでおすすめです。

特に、口座開設数600万口座を突破した「楽天銀行」のデビットカード(JCB)は年会費無料で16歳以上の方なら誰でも作れます

コンビニ、スーパー、ネット通販、ネットゲームのアイテム課金など、JCBが使えるお店であればどこでも、カード支払いができるようになり、支払った金額は即時に楽天銀行の口座から引落されます。

また、楽天銀行デビットカード(JCB)は、カード利用金額に対して1%の楽天スーパーポイントが貯まるという大きなメリットがあります。

楽天市場での買い物については、ポイント還元率が4倍(4%)となり、クレジットカードを持てない学生の方でも、よりお得に楽天市場を利用できるようになります。

楽天銀行のデビットカードは、ポイント還元率が1%を超え、さらに年会費が永年無料なので、クレジットカードに劣らないデビットカードとして口コミでも評判となっている一枚です。

銀行のキャッシュカードと一体型になっていますが、盗難補償や1日の利用限度額を自由に決められるので、安心して使えます。

楽天銀行デビットカードについては、次の記事で詳しく解説します。

デビットカード関連リンク

ネット銀行住宅ローンの口コミ投稿でAmazonギフト券プレゼント

この記事と関連するページ

ページの先頭へ戻る