VISAデビットを使うと手数料や金利が発生することはありますか?

無料

VISAデビットは、VISAカードが使えるお店なら原則どこでも使えます。使える場所が多いので普及スピードも早く、すでに多くの人がVISAデビットを活用しています。

デビットカードを持つ上で気になるのが、「金利や手数料が取られたりしないのか?」ということです。クレジットカードと性質が似ているので、クレカと同じように考えてしまう人も少なくありません。

クレジットカードとデビットカードの違いはこちらで詳しく解説しています。
知ってナルホド!クレジットカードとデビットカードの違いとは?

デビットカードで発生する手数料

デビットカードを使うと、あなたの銀行口座から利用額が即時引落されます。よって、後腹いによる「借金」ではありません。つまり、金利がかかることはありません。

最近では、後日請求の携帯電話料金をVISAデビットで支払えるケースも増えました。しかし、その際に金利が発生することはないので安心です。

また、手数料なども取られる心配はありません。VISAデビットは入会金などが一切不要なので、15歳以上の人であれば、原則として誰でもカードを持つことが可能です。

年会費0円のVISAデビットがおすすめ

手数料も金利もかからないのがVISAデビットの魅力です。しかし、一部のカードは年会費が発生します。これは、すべてのVISAデビットに言えることではなく、それぞれの銀行が独自に年会費を設定している状況です。

また、同じVISAデビットでも銀行によって特典なども違います。手数料や年会費を一切支払いたくない人は、年会費無料のVISAデビットカードを選ぶことをおすすめします。

年会費無料のデビットカードで代表的なのは以下の3つです。

ジャパンネット銀行は現在、すべてのキャッシュカードにデビット機能を付けています。つまり、ジャパンネット銀行に口座開設をするだけで、特に申し込みなどをする必要なく、JNB Visaデビットカードが持てます。

あおぞら銀行キャッシュカードプラスは、あおぞら銀行の銀行口座と紐付けて使うVISAデビットです。年会費というだけでなく、利用額の0.25%をキャッシュバックによって還元します。使えば使うほどお得になる人気の一枚です。

スルガ銀行デビットカードも同様に、年会費はかかりません。また、あおぞら銀行キャッシュカードプラスと同じく、利用額に対して0.2%のキャッシュバックがもらえます。

ただし、デビットカードと銀行口座は深く結びついています。もしあなたがメインであおぞら銀行キャッシュカードプラスを使おうと思ったら、あおぞら銀行の口座に一定金額を入金しておかなければなりません。その金額があなたのデビットカードの限度額になるからです。

そう考えると、普段からあおぞら銀行やスルガ銀行を使っている人にとっては、上記のVISAデビットはお得と言えます。しかし、そうでない方は利便性の高いジャパンネット銀行の発行しているJNB VISAデビットの方が使いやすいと思います。

イオンカードセレクト