お金を借りているのがバレたくない人にソニー銀行カードローンをおすすめするワケ

内緒

急な出費が重なったり、どうしても欲しい物がある場合、ローンによる借入を考えます。数あるローンの中でも一番代表的なのが、カードローンです。

カードローンは、借りたお金の使い道が自由であること、そして審査が早く最短即日の融資が受けられるのがメリットです。(事業資金には使えません)

お金を借りていることは、できれば他の人にバレたくないですよね。家族や友人にもし知られてしまったら、あなたに対する印象も変わってしまうかもしれません。

しかし、最近の銀行カードローンは、プライバシーに配慮された設計となっているため、他の人に知られたくない場合でも、安心して利用できます。昔のように、自宅に借金の取り立てが…なんてことはありません。

ソニー銀行カードローンが人気の理由

ソニー銀行

プライバシー設計がしっかりしていることで人気なのが、ソニー銀行カードローンです。銀行口座を持っていない人でも、最短翌日融資が受けられるのが評判で、利用者数が急増しています。

→ソニー銀行カードローンの詳細記事はこちら

なぜ、ソニー銀行カードローンが人気なのか、選ばれるには理由があります。

銀行キャッシュカードを使って借りる

キャッシュカード

通常、カードローンに申し込むと、ATMに入れるための「ローンカード」が発行されます。これは、お金を借りる時だけに使うカードです。

ローンカードをサイフの中に入れて持ち歩くのは不安ですよね。落としてしまうというよりも、家族の方にサイフの中を見られたら、言い逃れができません。

しかし、ソニー銀行カードローンでは、ローンカードを発行しません。では、どうやってお金を借りるのかというと、通常の銀行キャッシュカードを使うんです。

上記の画像を見てください。左上に「普通預金」と書かれており、右下に「カードローン」と書かれているのがわかります。つまり、一枚のキャッシュカードを使って、銀行取引とローンサービスを使い分けることができます。

ATMにカードを左からいれると、銀行口座からの出金、右から入れるとカードローンでの借入となります。

これなら、家族や友人にサイフの中を見られても、「ソニー銀行のキャッシュカードが入っているだけ」なので、怪しまれることはありません。

紙の利用明細は郵送されない

WEB明細

カードローンの心配事でもう一つ、大きなものがあります。それが、利用明細が自宅に届くんじゃないかという不安です。実際、自宅に紙の明細書を郵送しているカードローンは存在しており、そのような場合は目立たない封書で届けられるケースがほとんどです。

しかし、もしその郵送物を家族に見られたら、間違いなく家族にカードローンの利用がバレてしまいます。そういった問題に配慮し、ソニー銀行カードローンでは、紙の明細は発行されません

利用明細はすべて、ネット上で確認します。パソコンまたはスマートフォンなどでログインし、自分のマイページから明細を確認する仕組みなので、安心です。自分以外の人が、その画面にアクセスすることはできません。

コンビニATMを利用するので安心

コンビニATM

ソニー銀行は、コンビニATMを中心とした「提携ATM」を使って銀行取引を行います。これは、ローンサービスを利用する時だけでなく、通常通り口座から出金したり、入金する場合も同じです。

コンビニのセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATM、そしてイオン銀行ATMは毎月何度使っても、ATM手数料が0円です。その他、E-net、ローソン、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のATMは毎月4回まで無料で使えます。(5回目以降も100円+税の手数料)

以前は、銀行窓口でお金を借りたり、無人契約機のような場所に行く必要がありました。しかし現在は、上記のようなコンビニATMで普通にお金が借りれます。

周りの人から見ても、ただ銀行口座からお金を下ろしている人にしか見えないので、お金を借りていることは、まずバレません。

コンビニATMを使うことにも抵抗がある人でも安心です。「振込融資」を使えば、パソコンやスマホで、ログイン後のマイページにアクセスし、依頼金額を入力するだけで、すぐにあなたのソニー銀行口座に依頼額を振り込んでくれます。

在籍確認はあります

在籍確認

申込時に、職場などへの在籍確認が不安な方も多いと思います。残念ながら、ソニー銀行カードローンにも、在籍確認があります。ですので、申込時に職場を偽るようなことはしないでください。

しかし、在籍確認に不安を感じることはありません。通常、在確は個人名で行われます。職場に電話をかけて、「佐藤と申しますが、◯◯さんはいらっしゃいますか?」といった具合で確認を取ります。決して、「ソニー銀行ですが、◯◯さんはいらっしゃいますか?」とはいいません。

そしてこの、在籍確認なのですが、クレジットカードを申し込む時でも行われるのが普通です。つまり、在籍確認されただけでは、それがローンの申込なのか、クレジットカードの申込なのか、判断がつかないわけです。

もちろん、電話応対した会社の方は、在籍確認の電話であることすら気づかないでしょう。

原則として提出書類なし

WEBから申込

ソニー銀行カードローンのメリットの一つに、原則として提出書類がひとつも必要ないことがあります。書類を提出しなければならないのは、以下のパターンです。

上記に該当しない場合は、提出書類不要ですぐに申し込めます。すでにソニー銀行口座を持っている人は、ネットから申込をすると、そのまますべての審査が自動的に終わります。

ソニー銀行の口座を持っていない場合は、同時に口座開設の手続きも行いますが、こちらの場合も書類の提出は不要です。ネットから申込をし、審査完了後、手元にソニー銀行のキャッシュカードが届きます。(もちろん、キャッシュカードは郵送で送られます)

キャッシュカードは、「本人限定受取郵便」で送られるため、必ず本人が受け取らなくてはなりません。その際に、配達担当の郵便局員にあなたが受取者本人であることを確認するため、「本人確認書類(免許証や健康保険証、パスポート等)」を見せます。

配達担当の方が、あなたがこの郵便の受取者であると確認をすれば、キャッシュカードの入った封筒を渡してくれます。これが事実上の本人確認となるため、ソニー銀行側には書類を提出する必要がないのです。

ソニー銀行カードローンのスペックまとめ

最後に、ソニー銀行カードローンのスペックをまとめます。

非常にスペックの高いカードローンです。中でも、個人的にはキャッシュカードで使えるという点が、メリットが大きいと感じます。

イオンカードセレクト