au WALLET スマートローンの使い方や審査とは カードなしで借入OK

au WALLET スマートローン

au WALLET スマートローンという新しい借入れサービスが、2019年4月から始まりました。

従来のカードローンと違い、au WALLET 残高にチャージする形で借入れができる、画期的なローンです。

au WALLET スマートローンでチャージしたau WALLET 残高は、いつもどおりau WALLET プリペイドカードau PAYの支払いに使えます。

クレジットカードやローンカードなしに、少額のお金を借りるのに便利なローンサービスになりそうです。

今回は、au WALLET スマートローンの使い方や審査、一般的なカードローンとの違いをわかりやすく解説します。

借入方法はすべてカードレス

スマホとタブレットを持つ女性

au WALLET スマートローンの一番の特徴は、借入方法です。

どの借入方法も、ローンカードの発行をしないことが共通しています。

au WALLET スマートローンの借入方法は3通りで、いずれもカードを持ち歩かずスマホだけで借入れができます。

■au WALLET スマートローンの借入方法

  1. au WALLET 残高へ直接チャージ
  2. 銀行口座への振込
  3. セブン銀行ATMからの現金引き出し

まず、冒頭でも説明した通り、au WALLET スマートローンは電子マネー「au WALLET」の残高に直接チャージできます。

auユーザーの中でもau WALLET プリペイドカードのカード決済、もしくはau PAYのQR、コード決済をよくする人向けの借入方法です。

また、一般的なカードローンの借入方法である口座振込ATMからの現金引き出しも可能です。

利用できるATMはセブン銀行ATMのみですが、カードを使わずスマホアプリから現金を借入れられます。

セブン銀行ATMには「スマホATM」という機能があり、au WALLET スマートローンもスマホATMに対応しているからです。

通常、ATM借入れではローンカードをATMに差し込む必要がありますが、au WALLET スマートローンは専用アプリのみで手続きが可能です。

セブン銀行ATMの「スマホから取引する」というメニューから、専用アプリからATMのQRコードを読み込めば取引ができます。

ちなみに、じぶん銀行もスマホATMに対応しています。

このようなau WALLET スマートローンの借入方法を活かすと、以下のようなシーンで役立ちます。

■au WALLET スマートローンの使い方 一例

au WALLET プリペイドカード支払い
家電やパソコンの購入など、大きな買い物をカード払いするために事前チャージ
au PAYのスマホ決済
au PAYはビックカメラやコジマなど、全国展開の店舗でも使える
au PAYで個人間送金
まとまった仕送りのための資金調達など、au PAYで送金をするための元手にすることも可能
口座振替
クレジットカード利用代金の引落など、銀行口座の残高を増やしたい時に
セブン銀行ATMから現金引き出し
飲み会代やご祝儀代など、現金が必要なシーンに

au WALLET 残高チャージならポイント還元あり

au WALLET ポイントイメージ

au WALLET スマートローンの使い道の中で、特におすすめなのはau WALLET残高へのチャージです。

なぜなら、au WALLET プリペイドカードとau PAYにはポイント還元があるからです。

ポイント還元の分で利息が少しでも浮かせることで、よりお得に借り入れができます。

■au WALLETのポイント還元率

  • au WALLET プリペイドカード:0.5~3.5%
  • au PAY:0.5~1.5%

au WALLET プリペイドカードは、MasterCardのクレジット決済ができるほぼ全てのお店で支払い可能です。

実店舗はもちろんネットショッピングでも、クレジットカードと同じような感覚で使えます。

使えるお店が多く、ポイント還元率がアップする優待店も多いので、現にauユーザーの2人に1人が利用しています。

私も、au WALLET プリペイドカードをApple Payに登録して、コンビニやドラッグストアで使っています。

一方、2019年からスタートしたスマホ決済「au PAY」も、楽天ペイやメルペイと店舗網を共有しているので、使えるお店は多いです。

LINE PayやPayPayのように、QRコード決済でスピーディーに会計ができて便利です。

個人間送金もできるので、仕送りや友達との割り勘にも使えます。

au WALLET スマートローンの特徴

その他、au WALLET スマートローンの主な特徴を見てみます。

まず、基本的なローンサービスの情報は以下のとおりです。

■au WALLET スマートローンの基本情報

  • 金利:年8.0~18.0%
  • 借入限度額:1万~50万円
  • 月々の返済日:毎月26日

限度額によっては低金利

電卓と財布を持つ女性

au WALLET スマートローンの金利は、年率8.0~18.0%です。

カードローンやクレジットカードのキャッシングの金利相場と同じくらいです。

最高金利の年18.0%は、やや高い印象かもしれません。

しかし、最低金利の年8.0%で借りることができれば、業界の中でも突出した低金利になります。

■カードローンの金利幅について

au WALLET スマートローンの年率に8.0~18.0%まで幅があるのは、借入限度額によって金利が変動するからです。

一般的にカードローンは、借入限度額が大きいほど金利が低くなります。

借入限度額は、ローン申し込み時(クレジットカードの場合は入会時)の審査で決まります。

金融機関は収入や借入れ履歴などをローン審査でチェックし、いくらまで融資するかを決めます。

au WALLET スマートローンの借入限度幅は、1万~50万円とやや少なめです。

審査の結果、最高限度額の50万円が適用された人は、年8.0%に近い金利でau WALLET スマートローンを利用できると思われます。

借入限度額50万円で適用金利が年8.0%、というのは、非常に低金利です。

限度額50万円で、年率10%を下回るカードローンはなかなかありません。

サービスが開始したら、審査に申し込んでみて自分の適用金利をチェックしてみる価値はあります。

au WALLET スマートローンに申し込んだらすぐに借入れをしなければいけない、ということはありません。

もしもの時のために、契約だけしておくのもOKです。

審査は必要

書類を確認する男性

au WALLET スマートローンは、カードを使わないと言っても正式なローンサービスなので、審査は必ずあります。

ローン審査では、本人確認書類の提出は必須です。

ちなみに、貸金業法という法律では、50万円以下の借入れでは収入証明書類の提出は必須ではありません。

しかし、他社でも借入れをしている場合など、審査を通して「収入証明が必要」と判断された場合は、給与明細や源泉徴収票の提出を求められる可能性もあります。

■豆知識:「総量規制」というルール

貸金業法では、「総量規制」というルールがあります。

総量規制とは、個人の借入総額は年収の3分の1に収めなければならない、という決まりです。

たとえば、年収120万円の人は、40万円までしか融資を受けることができません。

「借入総額」とは、複数の借入先の合計なので、すでに他社で借入をしている場合はau WALLET スマートローンでも限度額が少なくなる可能性があります。

返済方法はカードローンと同じ

積み木とカレンダー

au WALLET スマートローンの返済方法は、一般的なカードローンとほぼ同じです。

口座引き落としによる毎月返済が基本で、セブン銀行ATMや銀行振込で繰上返済も可能です。

■au WALLET スマートローンの返済方法

  1. 口座振替(毎月の口座引き落とし)
  2. セブン銀行ATMからの現金入金
  3. 銀行振込

口座引き落としの約定返済は、毎月26日(金融機関の休業日なら翌営業日)です。

しかし、少しでも利息を少なくしたいなら、なるべく早く完済して返済期間を短くすることが重要です。

ローンの利息は日割り計算で加算するので、借入れている日数が短くなるほど利息を抑えることができます。

たとえば、給料日前に借り入れをしたなら、給料が入ったらすぐに繰上返済をするのが望ましいです。

ただし、セブン銀行ATMは硬貨を取り扱えないので、1,000円単位でしか返済できないので注意が必要です。

利息の端数まで一括で完済したい場合は、銀行振込で返済します。

コンビニATMはセキュリティの問題上、硬貨の入金ができません。

auユーザーの多くが開設しているネット銀行「じぶん銀行」なら、振込手数料が月数回無料になるので、繰上返済を手数料なしでしやすいです。

もしau WALLET スマートローンの返済口座がじぶん銀行宛だったら、完全無料で振込返済が可能です。

ATM手数料は100~200円

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMの「スマホATM」機能が使えるau WALLET スマートローンは便利ですが、ATM手数料は有料です。

借入れ・返済どちらも100~200円+税の手数料がかかるので、現金キャッシングをメインにしたい人にとってはデメリットです。

■au WALLET スマートローン ATM手数料(税別)

  • 借入・返済額が1万円以下:100円
  • 借入・返済額が1万円超:200円

一方、au WALLET 残高へのチャージや銀行振込による借入れは、手数料がかかりません。

やはりau WALLET スマートローンは、現金よりもau WALLET 残高チャージや振込による借入がおすすめです。

返済時も、月々の口座引落としは手数料無料です。

銀行振込による随時返済は振込手数料がかかる可能性が高いので、じぶん銀行など振込手数料無料の銀行を利用することをおすすめします。

au WALLET クレジットカードを持っていると利用できない

au WALLET クレジットカード

au WALLET スマートローンは、誰でも利用できるローンではありません。

まず、成人済みで安定収入があり、auに契約している必要があります。

さらに、au WALLET クレジットカードをすでに持っていると、利用できない点も要注意です。

au WALLET スマートローンは「クレジットカードを使っていない人向けの少額ローンサービス」という位置付けのようです。

■au WALLET スマートローンの申し込み条件

以下の条件をすべて満たす人は、au WALLET スマートローンに申し込むことができます。

  • au WALLET クレジットカードを持っていない
  • au 携帯電話、au ひかり(au ひかり ちゅら)のいずれかに契約中
  • 入会時に満20歳以上70歳以下
  • 年金以外に安定収入がある
  • 会社員・公務員・個人事業主・アルバイト・パート・年金受給者のいずれか
  • 国内に現住所がある

そのかわり、au WALLET クレジットカードを持っている人は、クレジットカードのキャッシング機能を使えます。

クレジットカードのマイページからキャッシング枠を確認すれば、自分が今どれくらいのお金を借りられるかチェックできます。

もし、au WALLET クレジットカードを持っていなければ、au WALLET スマートローンも検討する価値はあると思います。

特に、クレジットカードの使いすぎを防ぐためにau WALLET プリペイドカードを使いたい人や、クレジットカードより低金利にキャッシングしたい人におすすめです。

au WALLET スマートローン 公式サイトはこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
FP(ファイナンシャルプランナー)のライター。メガバンクとネット銀行の使い分け、投資、スマホ決済でのポイ活などで資産形成中。難しそうな金融の話を、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、一条まつこ がメンテナンスを担当いたしました。(2019年10月2日 更新)

ありがとうございます。

この記事と関連するページ

質問・コメントはこちら
住宅ローン一覧
コメントを見る ページの先頭へ戻る